2019年11月11日 (月)

突然、凸電を作ります。その7

1両では寂しいのでデ61も作ります。
これは安達製のキットです。
で、軽い加工です。
フィルタを埋め込む加工です。

19111101

こんな感じです。

19111102

実車に近い感じになったかな?

19111103 

まあ、自己満足ですね。

2019年11月10日 (日)

突然、凸電を作ります。その6

なんやかんややって、完成まで来ました。
参考にした岳南のデキ500と並べます。

19111001

そして塗装です。
適当な色ということで、首都圏色を塗りました。

19111002

パンタの碍子の加工は残りましたが、ここで区切りにします。
近鉄デ8の完成です。

2019年10月25日 (金)

突然、凸電を作ります。その5

引き続き下回りの工作です。
アルパワーを使用します。

19102501

ちょっと乗せてみましたが腰高ですね。

19102502

台車を取り付ける治具も作りました。
といってもコの字の枠ですがね。

19102503

床下に入れるためにアルパワーの端部を
加工します。

19102504

穴を開ける位置決めの治具を作って

19102505

ボンネットの関係で丸くは開けることはできませんがね。^^;

2019年10月24日 (木)

突然、凸電を作ります。その4

台車枠を切り出します。
写真と睨めっこしながら適当に作りました。

19102214

台枠はこれも写真と睨めっこして製作です。
2mmの線材でタンクを表現しました。

19102215 

上下をネジで止めれる様に加工して取り付け

19102216

そして標識灯掛けを0.8mmの板から切り出し。

19102217

連結器の作用棒を付けて

19102218

上回りの工作はオシマイです。

2019年10月23日 (水)

突然、凸電を作ります。その3

車体の工作です。
まず、補強材?を貼ります。
0.2×1mmの洋白です。

19102205

そして当工房のセオリー通り屋根上から
0.8mmの板からパンタ台を切り出します。

19102206

19102207

0.4×2.5mmの板を介してパンタを付けて
それを治具にしてパンタ台を固定しました。

19102209 

次に帯板をコの字に加工して

19102208

屋根上に開けた穴に埋め込みました。
これがランボードの台になります。

19102210

0.4×2mmの板を並べてランボードの出来上がり。

19102211

ヘッドライトを付けて真ん中の部分の完成です。

19102212

ボンネットに手摺と点検蓋と砂箱入口を付けて
車体とドッキング

19102213

車体工作はほぼ完了です。

 

2019年10月22日 (火)

突然、凸電を作ります。その2

ボンネットの製作です。
まずリベットを打ち出します。

19102201

そしてエアフィルタ部を製作。
0.8mmの線材を並べました。

19102202

そして組み立て。

19102203

仮に置いてみて

19102204 

ニヤニヤします。^^

2019年10月15日 (火)

突然、凸電を作ります。その1

ご無沙汰していましたが、仕事やらなんやらで
工作をしていませんでした。
で、突然開始です。
今回のにはリベットを打ちます。修行です。

19101401

で、側板を打ち終わり。
修行のレベルが低いです。^^;

19101402

そしていつもの方法で曲げて形を整えました。

19101403

現物合わせで妻板も作りました。

19101404

窓枠を加工して

19101405

箱にしました。

19101406

さて、月末までにできるのか?

2019年9月24日 (火)

ちょっと遅れましたが展示会の告知です。^^

5年前に行った展示会
http://dick-kerr.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-5d91.html
こちらが今年も開催されるとのこと

19092401

このコメントを頂いていたのですが・・・

19092402

直近でブログ告知をと思っていたら忘れていました。
ごめんなさい
SNSでは発信していて、友人から訪問連絡が!!

19092403

この世界感!!
あれから5年!!是非見に行こうと思っています。

場所は阪急甲陽線苦楽園近くギャラリー6cです。
http://www.galerie6c.net/index.html


お時間があれば是非見てください。一見の価値はあります。



2019年9月19日 (木)

ちょっとお散歩です。

藤沢で時間ができたので江ノ電散策しました。
腰越で降りて

19091901

江の島駅に向かいます。
そして電車が飾ってあるこちらで一服。
おはぎを頂きました。^^

19091903 

そして江の島を眺めつつ 

19091904

こんな写真を撮ったりして~^^

19091905

楽しい散策でした。

2019年9月18日 (水)

こてはし鉄道に入線しました。

ずっと懸案だったこてはし鉄道への入線を果たしました。

19091801 

やはり流石のレイアウトです。
腕が激甘の私は整備の甘い車輛たちでご迷惑を
お掛けしました。
次回は全開で楽しめる車輛を入線させるべく精進します。

«なぜか新幹線。^^

ウェブページ

ブログパーツ

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入りリンク

  • いぶき工房
    バス・鉄道を紙技を駆使してカッコ良く作られています。一度失敗したらやり直しが効かない接着剤!!紙挫折経験を持つ金属工作派の私からすれば、まさに神業です。ウィットなブログ(お茶の間にて)もGOODです。
  • 茶の間にて
  • レールギャラリー六甲(六甲模型教材社)
    幼いころから通い詰めた模型店です。 豊富な部品在庫でいつも助かっています。 休日にフラッと私が出掛けるというのは、ココというぐらい自分の生活の一部になったお店です。
  • 岡山模型店DAN
    付き合い始めて30年以上。訪問した際にはお喋りを楽んでいます。店主の写真や色のこだわりにはいつも感嘆しています。
  • LazyJack
    こだわりが凄い!!どの製品も実物と見紛うばかり。 レイアウト関係部品では有名ですね。車輌関係部品も秀逸で、実物どおりの釣り掛けモータなどもあります。 トクイ車輌では繊細ですが固定しやすい国電の窓枠を特に愛用させていただいています。
  • You-enてっど
    このページの管理人の方とは、通勤時に一緒になることがあります。その際には、いつも楽しい時間を過ごします。「熊本市周辺の鉄道のちょっと古い時代から現在までの写真と1/80鉄道模型」の渋いこだわりを感じるHPです。
  • メジロのめ次郎ホームページ
    ネコさんのCRAFT MODELS 6に掲載の蒸気機関車の質感に引き寄せられて訪問しました。私の目からウロコがドバッと落ちた情報があり、大変感謝しています。今後も掲示板での情報や、工場での製作内容も大いに参考にさせていただきます。
  • RailModel& café くろがねや
    京都の哲学の道にある”くろがねや”さんです。 人柄の良い店主さんです。模型の腕も一流です。 へぼ職人とはえらい違いです。 近くへ行かれた方はぜひ和んでください。
  • HINODE MODEL&岸日の出堂
    佃煮と鉄道模型を扱っているお店です。 人の良い店主さんやっておられます。 3丁目の夕日に出た”こだま”号の作者で、 阪神百貨店の鉄道模型フェアの顔にもなった スッゴイ腕前です。長田に行かれた際には 是非立ち寄ってください。
  • 鉄道模型NEXTホームページ
    その昔、銀河模型からの昔馴染みが社主をされています。センスの良くちょっとマニアックな模型たちが良い感じです。 ヘボ職人は、社主の作られた山陽電鉄3000系の型紙にチャレンジして、見事玉砕した思い出があります。 そろそろ、ペーパーにリベンジなんて考えているヘボ職人には気になるメーカーです。
  • 切粉だらけの工作室からⅡ
    卓越した技術を持っておられるクモハ32000さんのブログです。ヘボ職人のお手軽とは逆の世界を見ることができます。
  • 阪鉄車輛
    コメントのやり取りをきっかけに親しくなった阪鉄車輛さまのHPです。容量が一杯になったそうで、freemlでブログを展開されています。丁寧な工作、美しい塗装、隠れたるギミックと羨ましい腕の持ち主です。これだけで一見の価値があります!!
  • H5の工作日記
    たぶん、この国のどのモデラーもこの方の作り方には目を丸くすること請け合いです。是非みなさんもH5ワールドを体験してください。
  • 汽車をつくる
    ブログの主は30年前ぐらいから存じ上げています。さらに共通の友人もイッパイ!!ただ、ヘボ職人とはラベルが違う達人のお一人です。貨車関係の技術的アプローチなど楽しませていただいております。
  • 汽車好きクラーケン
    冗車会会長のクラーケンさんがブログ開始です。汽車好きなんてカワユイ名前ですが、中身は・・・これからのお楽しみ。
  • E.NUKINAの60's鉄道模型コレクション
    古い物、特に鉄道模型社の話題でお付き合いしていただいています。奥が深い世界にドップリと浸かっておられるお方のホームページです。
  • イヌゲージ鉄犬
    このページは禁断のページです。(爆)っと咳をするイヌフルエンザがうつる可能性があります。行く場合は心してください。なお、その件に関する苦情は一切受け付けません。^^
無料ブログはココログ