« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

キハニ5000レストアその8

今日も微速前進です。
ラジエターのステーを取り付けました。

1002281

1×1のアングルです。
明らかに雰囲気重視です。
雰囲気的には成功か??自己満足の世界と言ってしまえばそこまでですが・・・

今日は、半田ごてのコテ先を交換しました。先端がポロッと落ちて、長さ的に再生不可となりました。

1002282

貧乏性ですのでギリギリまで使います。
白光のコテ先をそのまま使用!!色々なコテ先を使いましたが、これが私には一番フィットします。半年間ご苦労様です。

さてこれから2日間ほどははひたすらキサゲの予定ですです。

ところで今朝ほど、打出のタバコ屋さんから、”キャンブックスのキハ47物語”の本にキハニ5000のエンジン周りの図があるとの貴重な情報を頂きました。これで大体の寸法もわかります。前に検討したこれは使えないようですが、一番の悩みが解消しました。

キハニ5000レストアその7&お茶会

今日(もう昨日か)は模型をイジリ倒すぞ!!と考えていましたが、買い物などで時間が潰れて進捗はほんの少しです。
その作業はというと、屋根の手摺追加です。

1002271

位置決め方法を考えた挙句、切れ端ボックスの帯板を治具にしてケガキました。
位置は雰囲気重視です。(要は適当ということです)

夜は、打出のタバコ屋さんと甲子園の養殖海坊主さんとお茶会をしました。
それぞれの工作進捗度合いを見せ合いっこして、モチのアップです。

1002272

打出のタバコ屋さんは???の車輌です。ホンマ何すんねんです!!

1002273_2

甲子園の養殖海坊主さんはカッチリ&キッチリです。
1002274

カメラの画質が酷く屋根に段差があるように見えますが、もちろんありません。実物を見て唸っていました。
私の苦手なキサゲも完璧です。

お二方とも十分個性が見えており、楽しませていただきました。
モチロン、モチは十分上がりました。
そんなこんなで充実の一日でした。

2010年2月25日 (木)

キハニ5000レストアその6

昨日に続きキハニ5000を進捗させました。
反対側の配管とステップです。

1002251

写真はちょっと遊んでこんな感じです。
後はラジエターステー、ヘッドライト、タイフォン、開放テコ、標識灯掛というところでしょうか?
この休みには下回りの工作へGO!!てか

2010年2月24日 (水)

キハニ5000レストアその5 & 阪神5313

今日は少し進捗です。

予定どおり、ラジエターの配管です。写真とニラメッコしながら、φ0.6の真鍮線を愛用のダイソー製ヤットコでクニックニッ!!計4本を作成です。
前面に配管固定用の穴とステップの穴を開けて、何とか片面の半田付け完了です。

1002241

ちなみにステップはマッハ製のエッチング板です。
良い面構えになってきました。今日はここまで。

オマケ。
去年の7月10日に尼崎に留置してあった5313です。このときはもう見納めと思っていました。

1002242

大物側です。チョット高い位置でしたのでこれがやっと。
普段は見えない側なのである意味貴重かも?
たしかに、先日撮った5313はピカピカになってますね。

1002243

生き残りそうな予感あり?

2010年2月23日 (火)

キハニ5000レストアその4.1

平日はなかなか半田ごてを温めるまでの気にならないのですが、ある意味、進捗です。

まずはこれ

1002231

ラジエターの配管の前後部分にあるユニオンを部品ストックケースから発見。これで、少しは実感的な配管になるでしょうか?

そして、最も悩ましく情報のないエンジン部ですが、これも部品ストックケースからチョイス!!

1002232_2

実機の写真を見る限りでは、後のディーゼルカーのような大きなエンジンが見当たりません。悩んだ挙句、最も小ぶりなエンジンをということで、このパーツです。とはいえ、どの辺についていたのか、ドライブシャフトは?なんて悩みは尽きません。

ユニオンが見つかったことで、ラジエターの配管を作る材料は揃いました。しかし、実機の写真を見ると番号によって、また前後で微妙に違うではありませんか!!先日作ったDB10もそうだったように、この時期の車輌は製造所によってか、現場の職人によってなのか不明ですが、実に大らかですね。この辺は自分のセンス(そんなモンある?)を駆使してでっち上げてみましょう。

2010年2月21日 (日)

キハニ5000レストアその4

朝からバタバタしていたので、微速前進です。

まず手すり作りからです。

その1.ノギスで穴間隔測定

1002211

その2.0.4mmのシャーペンに線材を入れて片側を曲げます。

1002212

その3.先ほど測定したノギスの寸法で線材の長さを決めた上で、もう片方を曲げると手すりの出来上がり。

1002213

その4.3までの工程を繰り返して手すり量産して取り付け。隙間は福原金属の線材保持用厚紙です。

1002214 

手すり取り付け完了です。

1002215

屋根の狭間に線材を張って、今日はおしまい。次はラジエターの配管か?

もうすぐ引退?阪神の看板電車 5313 その2

先日乗車した阪神の看板電車ですが、また見かけました。

今回はデジカメを持っていたのでパチリ

1002201

唯一の正面幌の生き残り!(たぶん)裾の丸みが無く独特の風貌です。

1002202

今のところは運用に入っていますが、何時なくなってもおかしくない状況らしいです。

見かけたら、できるだけ写真撮ります。

本業?の模型は、キハニ5000ですが自分なりにはキサゲ完了です。

1002203

この程度で?というクレームは受け付け終了!

明日から上回りに部品をつけていくぞー

下回り・・・検討中です。

2010年2月18日 (木)

我が家のオート三輪

キハニ5000はキサゲ中です。なかなか、満足というレベルには行きません。

啓蟄前に妥協の虫がニョロニョロです。

で、ネタとして我が家で増殖中のオート三輪たちを紹介します。

1002181

右が現在発売中のTHEカーコレクション80のマツダT600です。

そして左は以前入手したコカコーラのノベリティのダイハツミゼットです。(さきごろ、オークションでも追加入手!!)

ミゼットの尺度は不明でしたがT600と並べて若干大きめですが違和感はありません。

ただ、ミゼットの方が車高が高いです。ただ、イメージ的にはT600はほんの少し実車より低いような気もします。

車高を調整すべくミゼットをバラシました。何とかなりそう!!

ミゼット色(うすみどり)に塗り替えてみようと検討中です。

しかし、オマケ恐るべしです。

2010年2月17日 (水)

キハニ5000レストアその3

今日は先日書いたとおりシルヘッダーを取り付けました。しかし、まだまだ小松島の達磨さんを抜け出せません。

1002171

キサゲはだいぶしたつもりでしたが、写真をみて・・・・

まだまだです。精進がたりません。

気合を入れてキサゲするぞ!!

その後は手すりか?

2010年2月16日 (火)

もうすぐ引退?阪神5314

今日、帰宅時にもうすぐ引退を噂されている阪神5314がやってきました。

携帯でパチリ!!

1002161

阪神のことですから、特に式典もないまま消えていくのでしょう。

バンドン式連結器も見納めでしょうか?

2010年2月15日 (月)

キハニ5000レストアその2

昨日から作り始めたキハニ5000。まだ屋根がない。あの車輌のようにならないように取り付けました。

1002151

とりあえず、小松島の達磨さん並でしょうか。

今日はここまで。苦手なキサゲをした上で次の工程(シルヘッダー取り付け)に移ります。

2010年2月14日 (日)

今日の工作(キハニ5000のレストアその1)

今日の工作は少しです。

まずはモハ152

1002141

キャンバス押えと縦樋を取り付け、アングルをというところで愛用の治具が破損しており中断。

眺めつつ、妻面のドア・簡単な配管など取り付けるかを検討中。宣伝じゃないけどバランスが肝心!!

次に何気なくオークションでまとめ購入に入っていたつぼみ堂のキハニ5000

1002142

部品は全然足りません。取り敢えずバラシテ組直し。

エッチング板でも作る予定。2両編成で走らせようと考えています。

次に待つは岡山で取材をしてきたキハ41000系の資料を生かして

キサハ04を完成まで持ってきます。現状はこれ

1002143

アップに耐えられない状態です。

どこまで手を掛けるかはこれからこれから。

岡山の鉄道行脚

昨日は所属している冗車会のメンバー3人と鉄道三昧の一日でした。
我が家を午前7時すぎに出発!!

11時半にまず岡山臨港鉄道 キハ7001 ・7002を見学。
ボロボロです。後は朽ち果てるだけという雰囲気です。
近くにある吉ヶ原 柵原ふれあい鉱山公園の車輌とはえらい違いです。

1002131

で吉ヶ原 柵原ふれあい鉱山公園です。
まずこれ!ホハフ2004。前回訪問時(22年前)には乗車しました。
私が唯一乗車した開放型の展望車?です。

1002132

そしてキハ312 キハ702です。
ひたすら、床下の写真を撮りました。
製作中のキサハ04や着手準備中の江若の編成の貴重な資料となるでしょう。

1002133

そして、鉱山用の機関車。他に2両ありました。
小さくていい感じです。大きなスケールで作ってみたくなりました。

1002135

さらに、岡山市内に向かう道中で峠のテッペンにあるキハ311。
ボロボロとの情報でしたが、思ったより綺麗でした。
エンジンが無く、まさにキサハ!!
これだ!とのことで写真を取り捲りです。ブレーキ装置が丸見えです。
再現するのか?ウウーーン・・・

1002134

そして、最後の車輌が悲惨でした。英田の岡臨なんて可愛いものです。
某所の客車たち。撤去費用もないためか、土に還ろうとしています。10年後にはどうなっているのか?

1002136

番外編

吉ヶ原のすぐ近く”卵かけごはんの店らん”で定食!
メニューは迷いようも無くこの一品!!
堪能させていただきました。

1002137_2

そして、岡山模型での模型談義を経て帰宅!
家に辿り着いたのはAM2時前!ブログを書く気力もなくzzz...

最後に夕食時に立ち寄った”うかいや東相生店”のソウルフード【腿揚げ】がなくなっていたのはショックでした!!

それ以外は天気も良く、最高の一日でした。

2010年2月12日 (金)

今日の収穫

今日は帰りにリサイクルショップに寄り道しました。

収穫品はこれです。

1002121

BMWイセッタ

1950年代のバイクの単気筒エンジンを積んでいる通称バブルカーです。

これを繁華街で停めて、前開きのドアから出ると視線を浴びること請け合いです。

サイズは1/20ぐらいでしょうか。イタリアンレッドに塗装しなおしてやろうと目論んでいます。

ちなみにメイドインチャイナです。たぶんファミレスのレジ横などに並んでいるようなオモチャでしょう。いい感じです。

明日は岡山で鉄道まみれになる予定です。柵原と某模型店に出没します。

キハ05系統があるので、これで悩んでいるキサハ04の床下機器を決め込みができるでしょうか?

2010年2月11日 (木)

何気ない一日

今日は朝からトランスフォーマや007を見つつ、次に作るものの物色をしていました。

その際、出てきたのが”ヘロヘロ真っ黒”の電車(写真撮るの忘れた)

以前、オークションで十把一絡げで購入したものに入っていたカワイ製モハ152

153・165系の混成で編成を作るべく集めていたのでその一両に仕上げます。

精密なプラ製品が出た今では、手を掛け甲斐はありませんので、素朴に仕上げる予定です。

で結果

1002111

こんな感じです。

カツミ製では妻面のキャンバス押さえや雨樋はありませんが、その程度は付けようかなと考え中です。

息子がガンガン走らせるには丁度良い感じになりそう うんうん

結局、次に手を着ける車輌は決め切れませんでした。

2010年2月 7日 (日)

タキ45000生地完成

今日はイベントがあり、朝からバタバタしていました。

取り敢えず、素組完成です。KATOの台車を仮止めで記念写真。

1002071

写真に撮ると、アラが一杯見えますね。

特に、追加ディテールはする気がないので、下地→色と進んでいく予定です。

良い気分転換になりました。

さて次は・・・

2010年2月 6日 (土)

タキ45000製作中 その2

今日、外は雪が舞っていました。

先月、2月は暖かくなるとの予報を聞きましたが、今のところ外れているようです。

きょうはタキ45000の工作の続きをしました。

まず、タンクに手すりを付けた後、タンクを組み立てました。

1002061

ひたすらヤスリなどでゴシゴシ

1002062

なかなか綺麗にとはいきません。

その後、欠品しているデッキ部を宮沢の網目板で製作。

1002063

これらを取り付けて、ハイチーズ。

1002064

後の残り部品はホワイトメタルです。

明日には生地完か!!

2010年2月 4日 (木)

タキ45000製作中 その1

今日は本当に寒かったですね。そのような中、バタバタしてなかなか落ち着かないので

簡単にできそうな貨車を作ってみることにしました。

取り出したのが衝動買いしてしまった安達製作所製のタキ45000です。

製作開始しました。

3分割のタンク、板材を丸めており接合部に補強を追加しつつ固定して、

鏡板も取り付けて・・・!?

以前、秋田の日本海沿いで見かけた、廃車体のようになりました。

1002041

風呂上りに一枚。

今日の工作はここまでです。

間違えると、組めなくなるので、組み立て順を確認します。

寝床で・・・

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

ウェブページ

ブログパーツ

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

  • いぶき工房
    バス・鉄道を紙技を駆使してカッコ良く作られています。一度失敗したらやり直しが効かない接着剤!!紙挫折経験を持つ金属工作派の私からすれば、まさに神業です。ウィットなブログ(お茶の間にて)もGOODです。
  • 茶の間にて
  • レールギャラリー六甲(六甲模型教材社)
    幼いころから通い詰めた模型店です。 豊富な部品在庫でいつも助かっています。 休日にフラッと私が出掛けるというのは、ココというぐらい自分の生活の一部になったお店です。
  • 岡山模型店DAN
    付き合い始めて30年以上。訪問した際にはお喋りを楽んでいます。店主の写真や色のこだわりにはいつも感嘆しています。
  • LazyJack
    こだわりが凄い!!どの製品も実物と見紛うばかり。 レイアウト関係部品では有名ですね。車輌関係部品も秀逸で、実物どおりの釣り掛けモータなどもあります。 トクイ車輌では繊細ですが固定しやすい国電の窓枠を特に愛用させていただいています。
  • You-enてっど
    このページの管理人の方とは、通勤時に一緒になることがあります。その際には、いつも楽しい時間を過ごします。「熊本市周辺の鉄道のちょっと古い時代から現在までの写真と1/80鉄道模型」の渋いこだわりを感じるHPです。
  • メジロのめ次郎ホームページ
    ネコさんのCRAFT MODELS 6に掲載の蒸気機関車の質感に引き寄せられて訪問しました。私の目からウロコがドバッと落ちた情報があり、大変感謝しています。今後も掲示板での情報や、工場での製作内容も大いに参考にさせていただきます。
  • RailModel& café くろがねや
    京都の哲学の道にある”くろがねや”さんです。 人柄の良い店主さんです。模型の腕も一流です。 へぼ職人とはえらい違いです。 近くへ行かれた方はぜひ和んでください。
  • HINODE MODEL&岸日の出堂
    佃煮と鉄道模型を扱っているお店です。 人の良い店主さんやっておられます。 3丁目の夕日に出た”こだま”号の作者で、 阪神百貨店の鉄道模型フェアの顔にもなった スッゴイ腕前です。長田に行かれた際には 是非立ち寄ってください。
  • 鉄道模型NEXTホームページ
    その昔、銀河模型からの昔馴染みが社主をされています。センスの良くちょっとマニアックな模型たちが良い感じです。 ヘボ職人は、社主の作られた山陽電鉄3000系の型紙にチャレンジして、見事玉砕した思い出があります。 そろそろ、ペーパーにリベンジなんて考えているヘボ職人には気になるメーカーです。
  • 切粉だらけの工作室からⅡ
    卓越した技術を持っておられるクモハ32000さんのブログです。ヘボ職人のお手軽とは逆の世界を見ることができます。
  • 阪鉄車輛
    コメントのやり取りをきっかけに親しくなった阪鉄車輛さまのHPです。容量が一杯になったそうで、freemlでブログを展開されています。丁寧な工作、美しい塗装、隠れたるギミックと羨ましい腕の持ち主です。これだけで一見の価値があります!!
  • H5の工作日記
    たぶん、この国のどのモデラーもこの方の作り方には目を丸くすること請け合いです。是非みなさんもH5ワールドを体験してください。
  • 汽車をつくる
    ブログの主は30年前ぐらいから存じ上げています。さらに共通の友人もイッパイ!!ただ、ヘボ職人とはラベルが違う達人のお一人です。貨車関係の技術的アプローチなど楽しませていただいております。
  • 汽車好きクラーケン
    冗車会会長のクラーケンさんがブログ開始です。汽車好きなんてカワユイ名前ですが、中身は・・・これからのお楽しみ。
  • E.NUKINAの60's鉄道模型コレクション
    古い物、特に鉄道模型社の話題でお付き合いしていただいています。奥が深い世界にドップリと浸かっておられるお方のホームページです。
  • イヌゲージ鉄犬
    このページは禁断のページです。(爆)っと咳をするイヌフルエンザがうつる可能性があります。行く場合は心してください。なお、その件に関する苦情は一切受け付けません。^^
無料ブログはココログ