« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

春!!

今日は少し暖かくなり過ごし易い1日でした。
・・・・健康な人にはね 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

花粉アレルギーでボロボロです。
微熱と大量の鼻水そしてクシャミ。もうワヤです。
もちろん工作なんて手に付きましぇん。
明るいうちに帰宅して寝んねです。

1003311

雨よ降ってくれーーー\(*`∧´)/

2010年3月30日 (火)

西武鉄道E851の製作(その2)

今日は微速前進です。
継目の処理がまだできていませんが窓を全て抜きました。

1003301

前面の継目をなくさないといけませんね(写真ほど凹んでいません。)
ちなみに内側はこのような状態です。

1003302

補強はバッチリです。
踏んでも外れません。(実績あり・・・・)

で、上の写真の目立つ継目を消してみました。

1003303

めでたしめでたし

2010年3月29日 (月)

今日の出来事

今日は寒かったですね。
帰宅時に見た電車です。

1003291

山陽電鉄の3000系です。
まだまだブイブイ走っています。

駅に付くとなんと雪が降っていました。
で、ツーショットです。

1003292

見えにくいでしょうが、雪に桜です。
さすがに花見客は居ませんでした。
サブッ!!

2010年3月28日 (日)

西武鉄道E851の製作(その1)

今日は、行事で殆ど工作をする時間はありませんでした。
少しの時間でついつい触ったのがこれです。

1003281

E31の同僚です。
ピノチオのエッチング板です。
曲げ曲げして前面を付けてこんな感じです。

1003282

E31と並べて

1003283

サラッとできる?
下回りはありません。
EF81の下回りが要りますね。
仕掛かりが増えるのでしょうか?

お茶会

夜は、例によって打出のタバコ屋さんと甲子園の養殖海坊主さんとお茶会をしました。
で今日は打出のタバコ屋さんの進捗です。

1003273

不思議な車両が全貌を見せてきました。
キハニ5000と並んでパチリ!!

1003274

同じスケールですよね?
ちょっと不安。
形式図を見るのが怖い(^-^;

西武鉄道E31の製作(その3)

前回、ほぼ生地完成まで持って行きました。
で、次の工作です。

1003271

ということで、もう一丁です。
ハックルプライヤーで固定しつつハンダ付け

1003272

今日はここまで。
重連での牽引を考えています。

2010年3月24日 (水)

初心者??がっちゃピンさんの作品!!

ハンダ付け初心者がっちゃピンさんの作品です。
鉄道模型に興味を持たれて作ってみたいと言われていたので、簡単な説明をしたところ作ってこられた作品です。

1003241

アルモデルのNゲージのディーゼル機関車です。

1003242

アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!! 
30年以上、この世界にいるヘボ職人を一瞬にして抜き去って行きました。
HOの車輌を作りたいそうです。
明石のクラーケンさん時間を見て同行します。ご指導のほどよろしくお願いいたします。

○○行き!!

急な用事で○○県に行きました。

1003243

で、飛び込んだのがここです。

1003245_2

そう、ピノチオ模型です。
大変親切な応対をしていただきました。
感謝!感謝!です。

で次の日、仕事をということで、5年前から家で保管していた安全靴を持参して履くと

1003244

崩壊しました (・_・)エッ....?
まさに崩壊、ズボッと底が抜けました。全然履いていなかったのに!!びっくりでした。

2010年3月22日 (月)

開花!!

近くの公園の桜の木の1本に花が咲いていました。

1003224

いつもより早い開花ですね。

その後、中華街でこれを買ってきました。

1003225

今ちまたでは具入りラー油が 流行っているそうですが、以前からお気に入りはこれです。
桃屋のようにだれにでもという軽い辛さではありませんが、辛味好きには最高です。
ご飯に掛けると何杯でもいけます。
ダイエットキラーです。

西武鉄道E31の製作(その2)

今日も昼過ぎからの工作です。
手すり類の追加程度でしたので、サクッと完成させてしまいました。

1003221

1003222

1003223

あとは、手元にないホイッスルとネジ止めできる部品たちです。
ホイッスル入手後に完成させます。

2010年3月21日 (日)

西武鉄道E31の製作(その1)

キハニは動力待ち。日立10tはほぼ完成とのことで、お手軽工作をなんかしようと考えていたところ、ニュースで西武鉄道のE31の引退を告げていました。
アコード社(なぞのメーカー)のE31を取り出して中身を覗くと、お手軽工作に丁度よさげとのことで、作り始めました。

1003214

俗に言う、ロスト多用の精密キットですね。
で、昼過ぎに戦闘開始。野球、相撲、大食い、パイレーツオブカリビアンの後半をじっくり見つつここまでできました。

1003215

1003216

さすがに完成までには持って行けませんでした。
実物のさよなら運転までには生地完成にするつもりです。

気分転換その4

軽く付けて終わりの部品を残し生地完成と思っていましたが、鉄道番外録3の表紙を眺めているとステップがあまりにも違う!!
衝動的にステップを切り出し。

1003211

「ヒ」て文字に見えます。
キットに入っているものと比較すると

1003212_2

えらい違いです。安達製の梯子はこれとかこれにつあっており、汎用品として重宝していますが、今回のものには小さすぎるようです。
実機に乗せてみると

1003213

いい感じです。(自己満足)!!
日立10tは軽い気分転換のつもりでしたが、これと違い手間が掛かっています。

2010年3月20日 (土)

気分転換その4

テールライト・ヘッドライト・ステップの取り付けと微調整は残っていますが取り敢えず生地完成ということにします。

少しこだわったグリル周り。ホワイトメタルから採寸しましたが、少し大きいようです。
ゆがみはありますが、良い雰囲気と自己満足

1003205

ドアハンドルを取り付け、機械室上の雨樋0.3の線で表現

1003204

後ななめから

1003206

前ななめから

1003207

今日、お風呂に一緒に入って磨き上げる予定です。
あっドアハンドルがひとつ折れてる(TоT)

気分転換その3

勢いでフィンも作りました。

1003201

大胆にもアップです。
帯板を並べました。作り方は別の機会にします。(写真撮るのを忘れました)
ボンネット部に組み付けました。

1003202

私の腕ではこんなもんです。

1003203

この感じを出したかったのでOKとします。
明日には生地完成の予定です。

気分転換その2

日車の10tちょっと進捗です。
このキットのフロントグリルとキャブの下部がホワイトメタルでできていますが、他の部位に比べて出来が落ちています。特にグリル部は寸法も合ってなく、一回り小さい状態です。とりあえず、その部分は真鍮で作り直すことにしました。
まず、キャブ下です。

1003191

内側の寸法を測ります。

1003192

1mmの板で内張りを作ります。

1003193

切り出した板に一回り落ち込んだ部位の外板用ガイドを付けます。

1003194

0.4mmの板で外板を作ります。

1003195

キャブの下とドッキングです。
次にグリルです。

1003196

0.4mmの板で基礎板をグリルの縁は0.15mmの洋白でグリルの側板は0.7mmの板で作りました。リベットの味付けをしてこんな感じです。

1003197

あとはグリル内側のフィンをどう入れるかですね。ここができればほぼ完成です。
予定より早く出来上がりそうです。

2010年3月18日 (木)

気分転換

ヘボ職人は、製作においてはスピード狂でアッと言うまに完成に持って行きますが、一旦手が止まると、次の動作が億劫になる性質です。そのため、我が家には仕掛かりの山があります。(山脈です。)
キハニ5000は、ブログの効果か逆効果かネバネバと工作を続けています。が、たまには浮気もします。(オロ36は屋根先の部分を細々と修正中)
で、今回も浮気です。ちょっと気分転換です。
オークションで手に入れたジャンクの日車10tディーゼル機関車です。

1003181

我が家の貨車達(珊瑚の古典貨車エッチング板が大半)を引くには年代が新しいですが、大きさ的には丁度良い機関車です。
3連休のどこかで生地完成に持って行きます。

【オマケ】
ヘボ職人のお気に入り!
ページ右の帯の下のほうにブログパーツを先日から追加しました。
このような映像は最近の流行のようです。流行を追うことはまずありませんが、ミニチュアアートのような雰囲気で気に入っています。見ていて飽きません。

2010年3月17日 (水)

2日連続!通勤ロマンスカー乗車!!

数ヶ月乗っていなかった、通勤ロマンスカーに今日も出会えました。そして、特等席を確保してパチリ☆

1003172

1003171

今日は5630Fでした。これで2編成制覇です。
何か良いことがあるかも?
単純なヘボ職人でした。

2010年3月16日 (火)

生地完成・・・養殖海坊主さんより

甲子園の養殖海坊主さんから「2年ぶり製作の甲子園での初客車、要領を思い出しつつ作りました。」とのコメントといっしょに写真が送られてきましたので掲載します。

生地完成その1

Photo

生地完成その2

Photo_2

わが車輌と違い、拡大しても破綻がおません。
見習いたい!!
でもでも、圧巻は床下です。

まず全体像

Photo_3

で、詳細たち
その1

Photo_4

その2

Photo_5

その3

Photo_6

その4

Photo_7

その5

Photo_8

写真をクリックすると変なページ、いやいや大きな画面に変わります。じっくり見てください。
しかし、こんなブログではなく、本に載っている記事のレベルでも高い位置におりますね。
ヘボ職人とは対極です。(そもそも本からお呼びがかからない!!)
取り敢えず、工作の刺激は発散していきます!!

通勤ロマンスカー乗車!!

今日の帰りは、久しぶりに通勤ロマンスカー(ヘボ職人の勝手な名付け)の特等席を確保しました。(もちろん自由席です)

1003161

一人掛けの前から3席目です。
ワイドな窓ガラスがこの座席位置のみ堪能できます。
これで座席が回転したらパーラーカー?
混雑緩和のために1列減らしているそうです。
外から見るとこんな感じ

1003162_3 

そうです。山陽電鉄5030系の5632Fでした。

乗り換えの時に阪神の普通電車故障のため1本運休との
アナウンスがありました。
これはもしかしたら5311系か!

と降車駅の向かいの電車を見ると

1003163

元気でした。
慌ててフラッシュなしで撮るとこの写真・・・・
ウブということでお許しを

2010年3月15日 (月)

キハニ5000レストアその15

例によって鼻息・・・いやいや微速前進です。(今朝は花粉が多かった!!)
昨日の写真を見て、エンジンを固定せねば!!と少し工作。
エンジンがマウントの下吊になっています。エポキシ固定では下手するとエンジン落下させて走り去るなんて変な気動車になるので、0.5の線でしっかり固定準備をしました。
写真はチョットCM風に!
題して「新型キハニ5000誕生」なんてね

1003151

1003152

1003153

一番下の写真でエンジンの上の方にマニホールドが成型されていました。
ここに排気管を繋げばOKです。
スパルタンなエンジンに見えます?実際は大きい図体に250ccのバイク並のヘナチョコです。たぶんロングストロークでトルクはあったのでしょうが、坂道発進はきついでしょうね。
良く考えると1/87の軽便エンジンがスケール的にぴったりなんて・・・よく営業運転ができたものですね。

2010年3月14日 (日)

キハニ5000レストアその14

昨日足りなかったエンジンマウント用のチャンネルと連結器受を近所の模型店で購入してきました。
そして、図面をみながらこのパーツと現物合わせでエンジン周りを作りました。
こんな感じです。
まず、苗穂工場で見える方向から。

1003148

次は、マフラー側から。

1003149

図面では排気口がマフラーの前後に見えたので付けてみました。
しかし、エンジンからの取り出しが分りません。たぶん各シリンダー部の横にマニホールドが出ているはずですが。
そして車軸と反対側から

1003150

しかし、アップに耐えませんね。
キサゲテ仕上げると少しはマシになるでしょうか。
キハニ5000はエンジンを上から吊るすようなマウントになっています。
いかにも創成期の気動車ですね。

オロ36の軽工作 その1

気分転換にオークションで入手したピノチオ製スハネ30の箱に入っていた、たぶんオロ36(ジャンク品)を製作します。
私が所属する冗車会では客車部会(海坊主軍団)がありすばらしい車輌たちがいますが、家運転で引かせる車輌が欲しくなり、適当にでっち上げます。

取り敢えず箱にします。適当とは言え、内扉ぐらいは0.7×0.3の帯板で表現します。

1003141

次にトイレと洗面所の仕切りです。座席を作るつもりはありませんが、さすがにトイレから反対側が透けるのはいただけません。ただ、端材で適当に。

1003142

次に扉です。車端側には1.5×0.4の帯板をその反対には1×0.4の帯板を張り、さらに模型社のリベット押し出し機でポンチマークを付けて0.4mm穴を開けます。

1003143

そして、0.3の線材で作ったハンドルを固定します。

1003144_2

でドアの出来上がり。

1003145_2

手抜きですみません。
それから車体につけてみました。

1003146

屋根と妻板もつけてみました。

1003147

模型店の開店時間になりましたのでこれまでです。

2010年3月13日 (土)

キハニ5000レストアその13

今日はしばらくぶりの工作です。
まずカプラーを車体、下回りどちらに取付けるかを考えました。
前面の連結器受の繋がりを考えると塗装は面倒ですが車体マウントとします。
で、マウント部を製作。

1003131

高さは適当に写真から割り出して決めました。
エコーの連結器受を切らしていましたのでこの部分はここまで。

次に下回りです。
同じジャンクに入っていた軸受。たぶんホビー製です。

1003132

取付けるためのマウントを準備します。

1003133

こんな感じです。

1003134

軸受けを切り出したマウントに取付けて床下に固定。
で、組み立ててみました。ほっぽらかしていたら良い色になっています。

1003135

エンジンマウントの材料や連結器受などがありません。
明日にでも購入しようと思っています。
また、動力はFMギアでも入れようと考えています。
懐具合から生地完成は来月かなと思います。

2010年3月11日 (木)

今日の出来事その2

今日はこんな風景が見れました。

1003111

普段使われない小さいホームに特急が来ました。

1003112

手前のホームとの間に各駅停車が来ました。

1003113

各駅停車を通り抜けて特急に乗車!!

わかる人にはわかるレアな風景です。

2010年3月10日 (水)

今日の出来事

今日は帰りにこんなものを貰いました。

1003101_2

乗り換えて乗った電車はこれ

1003102

阪神5313・5314です。
風の便りでは夏ごろまで残るそうです。
お得感のある帰途でした。

2010年3月 8日 (月)

見せ合いっこの会

昨日は予定ではカモハクへ行く予定でしたが、雨天中止しました。
行く予定だった4人で製作模型の見せ合いっこの会をしました。(岡山に行ったメンバーと同じです。)
私のキハニ5000は特に変わりないので他の人の作品を載せます。

冗車会会長の明石の蛸坊主(自称です。蛸坊主よりクラーケン?)さんの作品
1003081

指先に載る車輌?

1003082

しっかり動力が入っています。軽いので少し集電は悪いそうですが、4mm径のモータでスムーズに走ります。私にはありえません。

打出のタバコ屋さんの作品

1003083_2

カニ?12系?

1003084

出来上がりが楽しみ楽しみ!

甲子園の養殖海坊主さんの作品

1003085

この間の客車の下回り進捗です。

1003086

蓄電池箱が浮いているのが秀逸です。
すっきりかっちりが凄いです。

1003087

1003088

楽しい時間をすごしました。

さて、私はキハニ5000の動力系を妄想中です。

2010年3月 6日 (土)

キハニ5000レストアその12

昨日の運動のダメージからヘロヘロ状態でした。そこをなんとか気合を入れて工作開始です。
客室扉のステップですが、適当な帯板材が無かったので0.4mmの板からを切り出して作りました。

1003068

次に、近場の模型店でエコー製ホイッスルを購入のうえ、加工開始です。

1.まずホイッスルを曲げるのに押さえ板を製作です。1.5mmのきりで穴を開けました。

1003061_2

2.そこにホイッスルをハンダで固定

1003062

3.クニッと曲げます。

1003063

4.次に台座を作成。ジャンク材からステップを取り出し、0.6mmの穴を開けました。

1003064

5.曲げたホイッスルをハンダ付けをしてパーツ完成

1003065

6.出来上がり

1003066

横から

1003067

写真で見ると、ラッパが変形している?うーーん全然見えん。
これで良しとします。
ベンチレータは塗装後に接着予定ですので、あと札差などを付けて上回り完成です。
明日からやっと下回りに移行です。モータの位置など検討中です。

キハニ5000レストアその11

今日(あ!もう昨日)は会社帰りにフットサルの試合で汗を流し、ヘロヘロになって帰って来ました。
そんな中でも、キハニ5000の上回りの完成が見えてきたという、高めのモチベーションに後押しされて、例によって微速前進です。
で!エコーのタイフォンを探しました。・・・・・ない!!えーーーー
急遽、予定変更!!で、雨樋を作りました。
写真を見ながらφ0.4の真鍮線を雰囲気重視(要は適当)で曲げて取り付けました。

1003051

1003052

まあ、こんな感じですね。
キサゲはボチボチ進めます。
本来、雨樋は断面が半丸の形状です。しかし私の腕で再現は到底無理です。
よって、雰囲気重視。どうですか?
今日はここまでです。
明日、エコー製タイフォンを買ってきます。クニッと曲がったあの形状!1セットで成功するか?
それは明日のお楽しみ。

2010年3月 4日 (木)

キハニ5000レストアその10

これでも前進!!
ヘッドライトを付けました。ん?たったそれだけ?
まあ、平日なんてこんなものです。
そこで、大胆にも超アップをお見せします。

1003041_2

破綻箇所を数えるゲームではありません。
しかし、実機でどう目を凝らしてもステップ部のヘッダーのハンダは見えません(◎д◎;)
写真恐るべしです。標識灯掛デカッ
模型誌に載ってる生地完成の写真なんて、まあ夢ですね。
さて、お次は難関タイフォンか?

おまけ

1003042

これなーんだ?
これぞヘボ職人流!!

2010年3月 3日 (水)

キハニ5000レストアその9&大人買い

例によって微速前進です。(もうお約束です)
標識灯関係と開放テコを取り付けました。

1003031

標識灯はエコー製のロストを奢りました。
反対側です。

1003032

サボっていたのがバレバレ!!ラジエターに緑青が発生?
後はヘッドライト・ホイッスル・雨樋ですね。
いい感じになってきました。

オマケ
昨日入手の仲間達を一気に大人買い!

1003033

ピンクのキャデラックとシルバーのコルベットがお気に入りです。
右端のキャデラックは場に合いませんね。
スケールやクオリティが合っていません。

オマケのオマケ
45年物の電車
1003034

今日の帰りに見かけました。
最近ホットな阪神の5311系より5歳年上です。
こちらはまだまだ現役ですよね??

2010年3月 2日 (火)

本日入荷

今朝、おやつを購入すべくコンビニに行った際、コーヒーの上におまけを見つけました。
即購入です。
1003021

キャデラックのオープンカーです。
豪華なアメリカの代表ですね。いつものダイキャストと異なりプラ製車体です。
しかし、アップで見ても破綻ない出来です。(さすがに重さは安っぽいです。)
1/80より大きいのが残念です。(担当者の方見てたら是非1/80でおねがいします)
私的には、コーヒーがオマケと化しています。

昨日、今日と鉄分は抜きです。

なんとなくうれしい

アクセス解析を何となく見ると。

1003011

累計777!!
パチンコはしないけど、うれしい数字。
良いことがあるかな?

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

ウェブページ

ブログパーツ

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク

  • いぶき工房
    バス・鉄道を紙技を駆使してカッコ良く作られています。一度失敗したらやり直しが効かない接着剤!!紙挫折経験を持つ金属工作派の私からすれば、まさに神業です。ウィットなブログ(お茶の間にて)もGOODです。
  • 茶の間にて
  • レールギャラリー六甲(六甲模型教材社)
    幼いころから通い詰めた模型店です。 豊富な部品在庫でいつも助かっています。 休日にフラッと私が出掛けるというのは、ココというぐらい自分の生活の一部になったお店です。
  • 岡山模型店DAN
    付き合い始めて30年以上。訪問した際にはお喋りを楽んでいます。店主の写真や色のこだわりにはいつも感嘆しています。
  • LazyJack
    こだわりが凄い!!どの製品も実物と見紛うばかり。 レイアウト関係部品では有名ですね。車輌関係部品も秀逸で、実物どおりの釣り掛けモータなどもあります。 トクイ車輌では繊細ですが固定しやすい国電の窓枠を特に愛用させていただいています。
  • You-enてっど
    このページの管理人の方とは、通勤時に一緒になることがあります。その際には、いつも楽しい時間を過ごします。「熊本市周辺の鉄道のちょっと古い時代から現在までの写真と1/80鉄道模型」の渋いこだわりを感じるHPです。
  • メジロのめ次郎ホームページ
    ネコさんのCRAFT MODELS 6に掲載の蒸気機関車の質感に引き寄せられて訪問しました。私の目からウロコがドバッと落ちた情報があり、大変感謝しています。今後も掲示板での情報や、工場での製作内容も大いに参考にさせていただきます。
  • RailModel& café くろがねや
    京都の哲学の道にある”くろがねや”さんです。 人柄の良い店主さんです。模型の腕も一流です。 へぼ職人とはえらい違いです。 近くへ行かれた方はぜひ和んでください。
  • HINODE MODEL&岸日の出堂
    佃煮と鉄道模型を扱っているお店です。 人の良い店主さんやっておられます。 3丁目の夕日に出た”こだま”号の作者で、 阪神百貨店の鉄道模型フェアの顔にもなった スッゴイ腕前です。長田に行かれた際には 是非立ち寄ってください。
  • 鉄道模型NEXTホームページ
    その昔、銀河模型からの昔馴染みが社主をされています。センスの良くちょっとマニアックな模型たちが良い感じです。 ヘボ職人は、社主の作られた山陽電鉄3000系の型紙にチャレンジして、見事玉砕した思い出があります。 そろそろ、ペーパーにリベンジなんて考えているヘボ職人には気になるメーカーです。
  • 切粉だらけの工作室からⅡ
    卓越した技術を持っておられるクモハ32000さんのブログです。ヘボ職人のお手軽とは逆の世界を見ることができます。
  • 阪鉄車輛
    コメントのやり取りをきっかけに親しくなった阪鉄車輛さまのHPです。容量が一杯になったそうで、freemlでブログを展開されています。丁寧な工作、美しい塗装、隠れたるギミックと羨ましい腕の持ち主です。これだけで一見の価値があります!!
  • H5の工作日記
    たぶん、この国のどのモデラーもこの方の作り方には目を丸くすること請け合いです。是非みなさんもH5ワールドを体験してください。
  • 汽車をつくる
    ブログの主は30年前ぐらいから存じ上げています。さらに共通の友人もイッパイ!!ただ、ヘボ職人とはラベルが違う達人のお一人です。貨車関係の技術的アプローチなど楽しませていただいております。
  • 汽車好きクラーケン
    冗車会会長のクラーケンさんがブログ開始です。汽車好きなんてカワユイ名前ですが、中身は・・・これからのお楽しみ。
  • E.NUKINAの60's鉄道模型コレクション
    古い物、特に鉄道模型社の話題でお付き合いしていただいています。奥が深い世界にドップリと浸かっておられるお方のホームページです。
  • イヌゲージ鉄犬
    このページは禁断のページです。(爆)っと咳をするイヌフルエンザがうつる可能性があります。行く場合は心してください。なお、その件に関する苦情は一切受け付けません。^^
無料ブログはココログ