« 何となくEF60です | トップページ | GW前半戦のご報告 その3 »

2011年5月 3日 (火)

リニア・鉄道館の旅その6

今日は車両の偏った紹介です。
あくまでも模型工作ネタでの撮影なので作る予定の無いもの
は除外です。
初っ端はED11です。

001

佐久間でじっくり撮ったので、今回の目的は屋根上でした。
それは割愛して気になった点を2つ

003

まず、乗務員側の窓が一つ外れていました。

004

そして、パンタからの電気が遮断されていました。
館の名札を掛けた方が居られたので、修正をお願いして
おきました。
次はED18です。20年前に浜松工場で見て以来です。

005

これは車体は鉄博でじっくり見ましたので、下回り中心に
観察しました。
でも、やっぱり気になるのはこれですね。

006

そして、明治村からやって来たジハです。

007

明治村からそのままですが、反対側からの操作用ワイヤー
が垂れたままです。せめてテンションを掛けておいて欲しいな
と感じました。

008

初見のモハ1です。

009

気になったのはジャンパ線掛け。
開けてみると、ちゃんと再現されていました。

010

そして、模型で再現したい引張り棒受
図面では見てましたが、実物を見てニヤニヤしていました。

011

そしてクモハ12・・・というよりクモヤ22です。
初めての鋼製車ということでの入場でしょうが解体された
50番台の方が好きでしたね。
レベルから言うと、モハ63と位置が逆なような気がします。

012

EF58です。私的には青にして欲しかったなと感じました。

013

ここでは、砂撒き用の空気管を観察・・・EF13の参考?
ウーーン・・・

014

そして流電です。電気周りやカバーの一部を除けば、
よく復元できています。
ただ、東海の展示物としては原形ではなく、飯田線末期
のスタイルにして欲しかったものです。

015_2 

今回、クモハ12を1台解体してまで復元したモハ63
・・・コメントなしです。(いらんことを言いそうなので・・・)

016

また、海坊主軍団の怒髪天を衝く客車の展示です。
いつか、通路を作っていただくことを切に願います。

017

雨ざらしのケ90です。せめて、屋根だけでも作って
欲しいですね。潮風が吹くところですから、気になるところ
です。

018 

鉄博からの里帰りのバスです。
展示場所が判りにくかったですが、よい感じで見ることが
できました。

019

いろいろ言われる展示方法ですが、パブリックな施設としては
致し方なしのところでしょうか。
鉄博と似た展示方法でしたが、エントランスを除いて天日が
あることから、明るさはまずまずです。
今回は先遣隊としての訪問でした。
次回は仲間と来る予定です。

« 何となくEF60です | トップページ | GW前半戦のご報告 その3 »

鉄道実物」カテゴリの記事

コメント

あ~ぁ 所詮客車の扱いはこんなもんなんですな・・・ 特別公開!に期待しますか? あるんかそんなもん??

クモヤ22とモハ63の扱いを入れ替えるべき、というのは同感です。
アレでは復元の手間に関わった皆さんが報われません。(`Д´)

>特別公開
バックヤードツアーみたいなのを考えてるとか何とか、中日新聞に載ってましたので、期待してみましょう。

天然海坊主さま
よこやまさんの情報どおり、今の混雑が収まったころに開催を検討しているようです。抽選必至でしょうが・・・
しかし、貨車なんて1両もおません。JR東海旅客会社なので致し方なしでしょうか?カモ博があるからでしょうか?
よこやまさま
本当になぜクモヤ22がここに状態です。
ただ、設備的には入れ替えはできそうなので期待しています。望み薄ですがね。

ケ90のキャブ内の写真は撮っていませんか。
ちょっと気になる事があるので・・・。

毎度です。
当日は雨が本降り状態で、傘をさしてまでの撮影はしませんでしたので、撮っていません。すみません。
次回は撮ってきます。 o(_ _)oペコッ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何となくEF60です | トップページ | GW前半戦のご報告 その3 »

ウェブページ

ブログパーツ

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク

  • いぶき工房
    バス・鉄道を紙技を駆使してカッコ良く作られています。一度失敗したらやり直しが効かない接着剤!!紙挫折経験を持つ金属工作派の私からすれば、まさに神業です。ウィットなブログ(お茶の間にて)もGOODです。
  • 茶の間にて
  • レールギャラリー六甲(六甲模型教材社)
    幼いころから通い詰めた模型店です。 豊富な部品在庫でいつも助かっています。 休日にフラッと私が出掛けるというのは、ココというぐらい自分の生活の一部になったお店です。
  • 岡山模型店DAN
    付き合い始めて30年以上。訪問した際にはお喋りを楽んでいます。店主の写真や色のこだわりにはいつも感嘆しています。
  • LazyJack
    こだわりが凄い!!どの製品も実物と見紛うばかり。 レイアウト関係部品では有名ですね。車輌関係部品も秀逸で、実物どおりの釣り掛けモータなどもあります。 トクイ車輌では繊細ですが固定しやすい国電の窓枠を特に愛用させていただいています。
  • You-enてっど
    このページの管理人の方とは、通勤時に一緒になることがあります。その際には、いつも楽しい時間を過ごします。「熊本市周辺の鉄道のちょっと古い時代から現在までの写真と1/80鉄道模型」の渋いこだわりを感じるHPです。
  • メジロのめ次郎ホームページ
    ネコさんのCRAFT MODELS 6に掲載の蒸気機関車の質感に引き寄せられて訪問しました。私の目からウロコがドバッと落ちた情報があり、大変感謝しています。今後も掲示板での情報や、工場での製作内容も大いに参考にさせていただきます。
  • RailModel& café くろがねや
    京都の哲学の道にある”くろがねや”さんです。 人柄の良い店主さんです。模型の腕も一流です。 へぼ職人とはえらい違いです。 近くへ行かれた方はぜひ和んでください。
  • HINODE MODEL&岸日の出堂
    佃煮と鉄道模型を扱っているお店です。 人の良い店主さんやっておられます。 3丁目の夕日に出た”こだま”号の作者で、 阪神百貨店の鉄道模型フェアの顔にもなった スッゴイ腕前です。長田に行かれた際には 是非立ち寄ってください。
  • 鉄道模型NEXTホームページ
    その昔、銀河模型からの昔馴染みが社主をされています。センスの良くちょっとマニアックな模型たちが良い感じです。 ヘボ職人は、社主の作られた山陽電鉄3000系の型紙にチャレンジして、見事玉砕した思い出があります。 そろそろ、ペーパーにリベンジなんて考えているヘボ職人には気になるメーカーです。
  • 切粉だらけの工作室からⅡ
    卓越した技術を持っておられるクモハ32000さんのブログです。ヘボ職人のお手軽とは逆の世界を見ることができます。
  • 阪鉄車輛
    コメントのやり取りをきっかけに親しくなった阪鉄車輛さまのHPです。容量が一杯になったそうで、freemlでブログを展開されています。丁寧な工作、美しい塗装、隠れたるギミックと羨ましい腕の持ち主です。これだけで一見の価値があります!!
  • H5の工作日記
    たぶん、この国のどのモデラーもこの方の作り方には目を丸くすること請け合いです。是非みなさんもH5ワールドを体験してください。
  • 汽車をつくる
    ブログの主は30年前ぐらいから存じ上げています。さらに共通の友人もイッパイ!!ただ、ヘボ職人とはラベルが違う達人のお一人です。貨車関係の技術的アプローチなど楽しませていただいております。
  • 汽車好きクラーケン
    冗車会会長のクラーケンさんがブログ開始です。汽車好きなんてカワユイ名前ですが、中身は・・・これからのお楽しみ。
  • E.NUKINAの60's鉄道模型コレクション
    古い物、特に鉄道模型社の話題でお付き合いしていただいています。奥が深い世界にドップリと浸かっておられるお方のホームページです。
  • イヌゲージ鉄犬
    このページは禁断のページです。(爆)っと咳をするイヌフルエンザがうつる可能性があります。行く場合は心してください。なお、その件に関する苦情は一切受け付けません。^^
無料ブログはココログ