« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

うちの若手のレポートです。その2

高砂の工場さんの続報です。
ヘボ職人もこれから手を付ける部分でもあり参考にしたい
ところですが・・・

「札差を取付ました。
資料を見ていると取付位置や枚数に個体差があることに
気付きました。

11093031

急行札受?の無いパターンにしてみました。
トイレの臭気抜きもt0.4の板からだいたいの大きさで
作り取付ました。

11093032

これも形状に個体差があるみたい。」

参考になりますね。
個体差なんて一切考えていませんでしたが。
さて、ヘボ職人の腕でここまでやるのか??

今日は家事

入居して11年のマンション。
そろそろいろいろな物が壊れ始めています。
この間はガス給湯器の部品が故障。なんとか分解掃除で修理完了。
そして今回は

11093021

こいつです。台所の水栓です。

11093022

付け根からもげました。
メーカのHPで部品を確認してコーナンに注文。で、今日入荷!!
交換です。
まず、元栓を止めて、ここの 水栓を開けて配管の水圧を
逃がします。これをしないと部品を外したとたん部品はなくなるは
水が飛んでくるはでワヤになります。
そして説明書にしたがって交換です。

11093023

カバーを外して、壊れた部品を外します。
ここで、余りにも水垢がイッパイなので、汚れたところを
掃除です。

11093024

本来は外さない部品を外して掃除です。
ただ、Oリングが痛んで漏れる可能性があるので
ここまでの掃除はお勧めしません。
掃除は傷を付けない綿棒などで

11093025

しかし、実害はないとは言え汚かったです。
組み立てる時にはネジ止めをゆっくりやることがキモです。
傾いたり無理やり入れてねじ山を痛めたりしたら無残ですので、
交換した部品たちです。ご苦労さまでした。

11093026 

そして開栓ですが、空気と一緒に水が飛び散るので注意!!
ゆっくり水栓を開けます。

11093027

なんとかメンテナンス完了です。
さて次は何が壊れるのやら・・・修理好きのヘボ職人の
楽しみは続く?

野生好き邸の工作部屋の整備

野性好きさんの工房です。

「先日までにVブロック、ハイトゲージを購入しましたが、
定盤が小さくもてあますので、ついでに石定盤も購入しました。
この3種で17000円くらいです。

11093011

今後は、ノギスでのケガキから開放されるかな?」

ヘボ工房の100倍以上きれいやね。
80系ができたら掃除を考えよう!!

京都よりのお便りです。ボルト!!その2

続けてボルト加工の京都の工房ですね。

「今夜も挽物屋さんでした

11093001

昨日の物、、イマイチ大きく(平径が1.00mm)

11093002

平径0.9mm、、、0,1でかなり違います」

やっぱり小さいように見えませんね。

2011年9月29日 (木)

疲れが・・・

昨日の疲れか・・・工作の気持ちに行きません。
で、そんな中撮れた奇跡の1枚

11092921

花の中のお尻フリフリを狙っているときに撮れました。
ホバリング中のミツバチです。
花に祈りをささげているように見えますね。
そして、高砂の工場さんのように並べてみました。

11092922

5連+3連の8連になりそうです。
さて明日からはラストスパートです。たぶん

藤江交通6号の進捗連絡その12

野性好きさんのこだわりの工作です。

「本日はメゲそうになりながら工作開始、バルブギアを含めた
下回りがクルクル回ることが目標です。
結果は、バルブスピンドルの保持部品が実物どおり必要、
あとは何とかクリアしました。

11092911

シリンダ中心間隔を元の23.8mmに戻し、サイドロッド、
クランクピン、クロスヘッドの裏をひたすらヤスリ取ります。
万一干渉してもいいように、クロスヘッド裏は緩い円弧で
ツルツルにしました。
バルブギアはラジアスロッドとバルブスピンドルをひん曲げて、
クロスロッドとの干渉を予防しました。
以上をもって、動輪は一応クルクル回りました。
しかし、コンビネーションレバーの天辺でバルブギアが踊ります。
なので、保持が必要になります。
あの、短いスライドバーに保持部品を付けられるか?
しばらく悩みが続きます。」

見るのが楽しみやなー!!

京都よりのお便りです。ボルト!!

みなさん、ピッチが上がっているようですね。

「今晩は、小物の製作

11092901

六角ボルトの切削、、、切断時に3本ほど何処かへ飛んでいきました
探す気力はありません。」

写真だけ見ると大きい物に見えますね。

2011年9月28日 (水)

きょうはお疲れです。

今日は飲み会参加でお疲れモードです。
そんな中、かっこ良いこいつにが撮れました。

11092801

蛾です。私は”ガーさん”と親しみを持って呼んでいます。
名前は知りませんが、とにかくステルスみたいな機能美を
持っています。迫力イッパイで見ほれていました。
で今日は工作お休みです。

11092802

今週末には上回り完成とします。
しかし、高砂の工場さんの

11092803

これらと同じ素材とは思えませんね。
Hゴムを一度削って鼻筋を出して半丸に加工した線材で作り
直すなんて。
ヘボ職人がチャレンジすると・・・スクラップですね。
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

京都よりのお便りです。今晩の工作

今晩の工作とのことです。・・・3時すぎこりゃ深夜では?

「クロスヘッドにメインロッドが入る所をエンドミルで切削
ピストン棒削りだし、1,8mmで長さ20mm、撓ってなかなか
真っ直ぐ削れませんが

11092821

取りあえず、一本
質問の件 写真の通り安全策で行きました」

安全策?・・・よー判りませんが、それはすごい!!

クラーケンさんの進捗 その24

そろそろ車両として見えてきたクラーケンさんの進捗です。

「昨日は後の妻板を付けただけなんで、進捗は送りませんでしたが、
今日は、キャブに火室を付けて、キャブ内の水タンクを作りました。
それから、煙室下部のエッチングの設計ミスによるスキ間を
埋める板を作って付けました、

11092813

その後、ボイラーに煙室を付けて今日の上周りの工作は終わり。
下回りでステップの踏み段のところに幅0.7の帯板にリベットを打った
物を作りました。

11092811

順序がバラバラですが、1枚目の写真の手前の板は、床板と、
上周りの取付穴を開けるための治具です。
t0.5の上下に角線を貼って作りました。
上側は上周りにキッチリはまって、リアタンクとサイドタンクの
取付穴を開け、下側は床板にキッチリはまります。
該当の穴は1.1を開けていて、上周りは1.1を開けてM1.4タップの
下穴に、下回りは1.1を開けて、1.4に広げて、下から皿モミです。
上周りは煙室で1本、リアタンクで1本、サイドタンクで左右各2本の
計6本で下回りに固定する予定で、

11092812

モーターを前向きに入れる関係で、ボイラーは火室にはめる
だけの予定です。
そうすることによって、火室とリアタンク、サイドタンクは全部
ウェイトに出来て、効率良く動輪に重量が掛かる予定です。

運転会には形になりそうですね。

そうそう!今まであまり綺麗な接写が出来なかったので、
ヘボ職人お勧めのリコーCX5を買っちゃいました。
今日の写真は全部それですが、ストロボを使わなくても綺麗に
撮れるのはびっくりです。」

エー感じにできてきましたねー
ちなみにうちのはCX2です。\(;゚∇゚)/

2011年9月27日 (火)

うちの若手のレポートです。

高砂の工場さんの進捗です。
本当のところ、ヘボの作る80系とは次元が違います。
他のところにアップしてた約6ヶ月間のレポートをまとめてみました。

「KSのキット組立中6+4の10連目指してます。

001

1.5次車製作時の残骸が残っていました。
手前の2点がキットの前面パーツから切取ったものです。
運行窓上辺とヘッドライト下あたりから上と両サイドを残して
門型に加工して、切取った部分を板金加工で復元しました。
その後車体に取付ました。

002

久々に作業しました。
クハ4両の連結面を少しだけ・・・

003

涼しくなって来たので、工作再開です。
80系の運転台をそれらしく作りました。
とりあえず1輌分だけですが・・・

004

クハ86-100に運転台を付けてみました。

005

変わった加工した時には、工程を書くようにします。
でも、何が変で何が普通かの判断が・・」

とな・・・全部ヘボ職人からすれば変です。
進捗楽しみにしてます。

京都よりのお便りです。ロッド!!

京都の師匠の工作です。

「合運に参加の方はお疲れ様でした
今年も、盛り上がりましたか???
合運の呑み会の時間、ちょうど我々も、鹿ケ谷で盛り上っていました
さすが、当日の工作は無しでした。
今晩はここまで、カッターマークを残して置くか!!!です
さすがに裏面に溝は入れませんが、裏面からも少し薄く削ろうと思います

11092711

材料は洋白の快削丸棒です
製材して平板からの切削です、、、、大した量はいりませんので、
何とかなりました」

すごいですね。
切削加工ですか。ヘボにはない世界ですね。
そっちにも行きたかったのですが・・・クラーケンさんに連絡が
つきませんでした。
ここ数年で今回の合運は本当に楽しかったです!!

80系の工作その11

今日は昼休みに仕事場近くの溝で遊びました。
目だった収穫はこれです。

11092701

コオイムシですね。メスでしょうか?
この時期に背負っていませんものね。
で、帰宅時にイッパイ飛んでいたので狙いました

11092702

コウモリです。最近の乗りです ( ̄ー+ ̄)
今日は80系工作に戻りました。
手摺をつけました。

11092703

上回りの完成も後直ぐです。

2011年9月26日 (月)

箸休めその2

今日は、大好きなイトトンボが目の前にとまりました。

11092621

このハカナサがなんともいえませんね。
で、今日も箸休めです。
屋根を作ります。
端材で寸法を採りました。

11092622

そして屋根を0.4mmの板で作り固定です。

11092623

なんとなく、ツンツルテンな屋根がいやだったので、
0.3mmの線材で縁取りを付けました。

11092624

日本の私鉄用機関車らしくなってきました。
続く?

藤江交通6号の進捗連絡その11

野生好きさんの進捗報告です。

「本日は更新を決めた片方のバルブギアを組み、
両方あわせてフレームに載せました。
写真ではそれらしくなっていますが、実は動きません。

11092611

実物はコンビネーションリンクとクロスヘッドが重なっており、
これを表現すべく、スライドバルブの穴を中心より相当外側に
開けましたが、これでも両者が干渉します。
解決策としては、シリンダ中心を23.8→25.0→24.2くらいまで狭め、
且つコンビネーションリンクをひん曲げるしか無いのではないかと・・・・・。
情けない話ですが、CADで検討していないので仕方なしです。

めげそうですが、明日もがんばります。」

細かいことは判りませんが  (;´Д`A ```
むっちゃカッコ良いです。

養殖海坊主さんの今年の完成報告

養殖海坊主さんのこれこれが完成したそうです。
昨年に続き完成報告です。

「運転会に向けて各方面から進捗連絡がありますのでこちらも少し。
生地完成になっていた客車2両が完成しました。

11092601_2

ヘボの声・・・スハ43?

11092602

11092603

写真では分りにくいですが、今回も塗装がいまいちです。
特に屋根が塗料の濃度調整に失敗してまだらになってます。
昼から天気下り坂と言うことであせりがでたのか原因かも。
次回塗装時に手直しすると言うことで現状このままです。

11092604

ヘボの声・・・オハ61?

11092605

さらに、塗装後の吊り下げ乾燥中にオハ61の床板が落下し、
ステップがひん曲がると言うダメージが発生。
ヤットコで何とか修正してパクトラタミヤでごまかしてます。
ここも次回再吹き付けです。
塗装以外にもいろいろアラがありますが、やっぱり完成すると
うれしいですね。

え、お題は貨車?それは・・・・」

貨車?( ̄○ ̄;)!

大丈夫、誰も作っていないです。

2011年9月25日 (日)

箸休め

昨日の合運でカワイのサウス ショアの機関車を
手に入れました。

11092521

正面から見るとこんな感じです。

11092522_2

広い!!このままでは、他とのバランスが取れませんね。
そこで唐竹割して幅を詰めることにしました。

11092523_2

まず分解。
なんとボンネットのサイドは一体成型です。
途中の写真は撮り忘れましたがこんな感じです。

11092524

ボンネットの中央部は帯板で繋ぎました。

11092525

これで他の車両とバランスは取れそうです。

藤江交通6号の不進捗連絡

ヘボ職人と同じくお疲れモードの野性好きさんのレポートです。

「本日は昨日の疲れで昼までグッタリ。
昼からバルブギアを触っていて、外れる、折れる、曲がるで、
触れば触るほど分解していき、片方のバルブギアを更新する
ことにしました。
写真は無しです。ラジアスロッドは必要個数2に対し6個製作、
間接ピンは必要個数8個に対して、もう20くらい切削しました。
ノコは8/0を使ってから取り回しが気持ちよくなり、順調に進めます。
ただ、10個くらい切り出すと極端に切れ味が悪くなり、
折れてしまいます。明日から、またメゲることなく、進めます。」

そりゃーこんなところや

11092511

ここでの楽しい談笑なんてそりゃー疲れたでしょう ( ^ω^ )
体が二つあれば!!なんて感じていた私です。

ご近所スイーツ

今日は、近所にできて気になっていたパンケーキ専門店
バオバブに行ってきました。

11092501

パンケーキのお店というのは初めてです。
店内は落ち着いた雰囲気でした。
私はプレーン、嫁さんはいちごシロップを注文しました。

11092502

見た感じ、焼きが甘く感じたのですが、香ばしくふっくらと
仕上がっていました。
あっさりとした味で、美味しく頂きました。
そのあと、買い物で駅に向かう途中、石屋地区のだんじり
の休息に会い、秋を感じました。

11092503

徳井の祭ももうすぐです。
そして公園で豆でっぽうの玉が生っているのを見ました。

11092504

パン!!という良い音を出して飛んで行ったのを思い出します。
みょうに懐かしがっているヘボ職人でした。

クラーケンさんの進捗 その22

クラーケンさんの辛口工作レポートですね。

「上周りの組み立てに掛かったけど、エッチング板の
設計ミスというか何と言うか・・・が随所に出始めましたねぇ。
キャブの前妻の下の方が全くないとか、サイドタンクの長さが
おかしいとか、それに合わせてサイドタンクの上板の寸法が
おかしいとか・・・・
まぁキットにすれば分かるかも・・・だけどね。
もちろん全体の幅が広すぎるのはキットにしても直らないし、
メーカーの姿勢の問題やね。

11092411

この程度の全軸距離では実物同様先輪の横動は必要なく、
160はメインロッドがサイドロッドより内側になっているため、
一般的な16番のシリンダー中心距離25mmに対して、
この車は22mmにしています。
それでも実物の正確な1/80では床板最大幅が26.67mmに対して、
この車の29.5mmとやはり広いですねぇ。
これはエッチング板を使ったから、板厚分を狭くすることしか
出来ないから、仕方がないけど・・・
エッチング板の元々のキャブ幅は28もあって、1/80のスケールでは
24.92mmだから3mmも広い。
エッチング板を使わなければ、16番で幅方向を完全にスケールに
出来るってことになるねぇ、16番の古典機では夢やね。
まぁお陰でシリンダーが床板からへこんだ感じが出たけどね。

11092412

それにしても最大幅が26.67mmって・・・・D52等や最近の電車等の
最大幅2900mmの1/80の36.25mmに対して、
10mmも狭い!この時代の客車なんかもそうやけど、やっぱり
小さいねぇ・・・・

明治39年登場の「最急行」に使ったいわゆる「オイラン型」と
呼ばれる一党は20m級の全長19500mmで3軸ボギー、

11092413

これで、断面が小さいから、20m級でもはるかに長く見えて
格好ええよ!6400が引く列車写真が有名やね。
ぜひ作りたいねぇ!
けど、機関車が160では入換用やね。」

最急行なんて伝説の世界やね。
ヘボ職人とは違う世界やー\(;゚∇゚)/

2011年9月24日 (土)

合運に行ってきました

今日は、いつもの電車や

11092401

行き先はここでした。

11092402_2

こんな電車や

11092403

多くの車両が走っているのを堪能しました。

11092404

あまりにも濃いい内容でしたので、詳細は雑誌をご覧ください。
帰りに来た電車はこれ!!

11092406

1日楽しい日を過ごせました。

2011年9月23日 (金)

80系の工作その10

今日は遊びすぎ&飲みすぎのお疲れモードなので
軽工作です。

11092341

避雷器の配線を取り付けます。
見事に失敗したのですが、内容は内緒です。
ごまかして使います。

11092342

0.2mmの線を使いました。太さにメリハリがついてまずまず
でしょうか。
お疲れモードなので今日はここまでです。

今日はグルメ

今日は時間が取れたので、グルメに走りました。
お昼のひと時は御影のにしむらコーヒーです。

11092331

ケーキSETを頂きました。
私は葡萄のパイ包み

11092332

嫁さんはモンブラン

11092333

ここのケーキは裏手のSECESSIONで作られています。
非常に上品な味で楽しめました。
で夕食は近所のヴィン・サントに行きました。

11092334

地中海風の魚料理です。
ワンテンポ遅れて写真を撮ったので、崩れていますが
盛り合わせも美しかったです。

11092335

リゾットもおいしかったです。

11092336_3

私は日本酒、嫁さんはワイン。良く料理に合っていて
満足です。
雰囲気も良くお勧めです。

11092337

また行きたいと感じさせるお店でした。
贅沢な1日でした。

藤江交通6号の進捗連絡その10

野性好きさんの工作進捗です。

「本日久しぶりの進捗です。全開モードに至らず
半開モードでしたが、やっと念願のバルブギアが
形になりました。

11092321

今回、ピンを切削しましたが、芯円度が今一でハンダが
回ったりしたので、次回からは、線材を使ってロッドの
両側でハンダ付けする方法がベターと感じつつ、
やれやれです。

明日は組み立てをご覧いただけるかも。。。。。

ほな、また。」

こりゃ楽しみ楽しみ!!

京都よりのお便りです。DRO?

京都の御仁よりの進捗報告です。

「先日、中間報告をしましたDRO(この前DRPと誤記入)
取り付け、完了しました

11092311

かなり、やっつけ仕事ですが、まあ、使えたら良いので。。
使用報告、、、もっと早く(最初から)付けたら、今までの
作業はもっと楽だったと思います
また、精度も上がっていたのでは!!後悔してます
今後の作戦、大御所さんに快削の洋白板を貰いましたので、
ロッドの溝入れです
キーカッターを買いました
(結構高い!!!モノタロウの一割引きセールでも)
チョッと削って見ましたが、、よく切れます、、、当たり前か!。

11092312

本番は明日以降、、、明日は(今日)昼からビールの予定です
ので、、また、飲酒運転
でも、刃先を飛ばしたら<<いっぺんに酔いがさめるでしょうなー」

刃先が飛んできたら・・・∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
考えないでおきましょう。

クラーケンさんの進捗 その21

クラーケンさんもラストスパートというところでしょうか。

「きのうは急な出張とその後の作業で疲れたので、作業はなしでした。

今日も忙しかったけど、ちょっとだけ作業しました。
どうも上周りは好きじゃないので後回しにしていましたが、
下回りが大方終わってしまったんで今日から久々の上周りです。
まず、屋根の後の切欠きをして妻板に合わせて曲げました。
その後炭庫後板と側板後部を40度に削ります。
その関係で自動的に車体幅がエッチングの設計より0.8mm狭くなります。
その上の後妻板下部を曲げて寸法を出して切断しました。
前妻は幅を0.8mm狭くするため真ん中で切断して0.8mmに調整しました。
後妻も狭くする必要がありますが、組立の時に微調整します。

11092301

ボイラーは火室部の動輪の当たりの整形をして、ボイラー下部の
ギヤーボックスの切欠きをして、今日の作業は終わりです。」

これからは上回り編ですね。

2011年9月22日 (木)

福フチさんからのお便り「三兎物語第1話」

福フチさんもそろそろ運転会の準備ですね、お便りを
頂きました。

「トクイさん、昨日は某所でバッタリ遭遇し駅まで送って
もらいありがとう。
運転会まであと1ヶ月!お互いにネタの材料の仕込みでしたね。

お題の貨車に取り掛かろうとしてゴソゴソしてたら、
藤江交通さんの1C1を見てええなあと思い出して取り出して
きたが、この「なんさつ」で30年程前に買って熟成させて
10年程前にそのまま軽く作ろうと一気にここまでしてまた熟成。

11092211_2

何が原因でストップしたのか忘れてしまい、箱の中のパーツを
見てもさっぱり。藤江交通さんのようにバルブギヤを作るような
ことはしてませんがさすがにDV18は使う気にならず、先週末の
連休に以前クラーケン氏に分けてもらった小さい方のモーターの
ウォームを外して、細い軸にはパイプをかまして瞬間でない!
ロックタイト(笑)で固定しなんさつのウォームを付けました。
さあこれでモーターは載ったぞと上回りを乗せてみると??
妻板の板厚分モーターが当たっていて上下ズレてましたとさ。

11092212

次に取り出したのは義父の古いカツミの初期のC53で、
嫁か嫁の妹が小さい頃引っ掛けてデッキ部が取れてしまった
ものです。曲がった部分をヤットコで直してあとは塗装を剥がして
ハンダ付けすれば復元できそう。
たぶん30年以上動かしてないはずでしたが、調子よく動くのには
驚きました。

11092213

二兎を追うものは一兎を得ずというのに、三兎追って
どうなるのでしょうか?
全部逃げられるのか??
続く(たぶん)」

30年の眠りから・・・凄いですね!!3日で煙を吹いて
寝てしまった車両なら手持ちであります。
ハイ!続報をお待ちいたします。( ^ω^ )

秋が来ました!!

台風が暑さを持っていってくれました。
近所の公園ではその余波か

11092201

見たことないキノコが生えていました。
電車も涼しげに見えます。

11092202

帰宅路もこんな感じです。

11092203_2

がらでもない写真を撮ってしまいました。
そして帰宅後、コンビニを10軒まわりました。
目的はコレです。

11092204

そうです”おまけ”です。やっとのことでそろえました。
主要部位は金属製です。重量感があります。

11092205

ウルトラセブンをリアルに見た世代の私には揃えずにおけない
シリーズでした。
しばらく会社の飲み物は

11092206

こいつです!! 

2011年9月21日 (水)

80系の工作その9

通勤時の台風の影響は通り道の雨漏り程度でした。

11092113

昼過ぎからは雨もやみました。
お久の我家の水槽です。

11092111

昨年、冗車会で捕獲した1つがいのグッピーが大量の子供達
を生みました。
主であるメダカは目立ちません。
そんな中、六甲模型で線材をそしてLazy Jackから注文していた
窓枠が届きました。

11092114

工作は配管の続きです。
電気管を0.7の線材で付けました。

11092115

もう1両のモハはウルトラジャンクで放置されていた小高の
ペーパーでなんとかしたいと考えています。

11092112

しかし、塗料にウレタンか何かを使っているのか、変な層が
できていて、平滑にはできそうにありません。
色味だけでもあわせればごまかせるか、やってみます。
ただ、これには配管などは付けません。
去年までなら使うことなど考えもしなかったのになー ( ̄ー ̄)ニヤリ

クラーケンさんの進捗 その19

台風が来る中、工作に励んだクラーケンさんの報告です。

「今日は仕事がきつかったんで、あまりたいしたことはしていません。

ボイラー周りの調整をして図面寸法通りに調整して、
あとは下回りをきっちりと組み立ててみて、各部の当たりと
車輪のスムーズな回転の確認をしました。

11092101

これで下回りは一部のディテール関係を除いてほぼ完成です。

11092102

きょうはこれだけです。」

11092103

家の前の川がこんなんになりながら、オイオイです。

2011年9月20日 (火)

80系の工作その8

今朝から台風が持ってきた雨が本格的に降っていました。

11092011

そのため、早めの帰宅です。
帰宅路に阪神三宮の工事見学です。

11092012

見えにくいですが天井が高く綺麗になっています。
また、ホームの延長工事も盛んでした。
今日は、工作の山場である配管関係の工作です。

11092001

穴を何とか開けて、マッハの配管止めを使って、取り付けです。
写真には撮っていませんが、ダイソーヤットコが大活躍しました。

11092002

今日はここまで、ボチボチです。
配管、小物、アングルで上回り完成ですね。
次に付ける電気管を0.6にするか0.7にするか検討中です。

京都よりのお便りです。

京都の御仁よりの進捗報告です。

「皆さん、お盛んなようで何よりですフライスにDRO、まだX,Z軸ですが、、、
ナカナカ便利な物です、明日Y軸の取り付けをします(早よ、せんと)
バックラッシュを気にすることなく、前進後進が出来ます、、、
今日も哲学の道沿いの店で飲んでいましたが帰って来てからの工作、、、

11092031_2

飲酒運転ですが、何とかエンドミルも折らずここまで、、、」

そして次の日は

「今日は尻棒です

11092032

低圧側のみに付きます。」

何とも言えない重量感ですね。
実物より正確ではと思わせる雰囲気が・・・
うーんありえませんね。\(;゚∇゚)/

クラーケンさんの進捗 その18

大雨の中もがんばっているクラーケンさんの報告です。

「今日は下回りの部品の取り付けです。
最初にモーションプレートの横に前ステップを直角に取付、
この部分は40度に削ってるのでセロテープで簡単に直角を
出せます。
それから、全体の位置の確認をした後、床板に台枠を
はめ込んで半田付け。
シリンダーにドレンコックを付けて、モーションプレート等を
一気に床板下面に付けます。
後は後ステップに踏み段を付けて今日の作業は終わり。
キサゲはまだ不十分なので明日に持越しです。

11092021_2 

その後、動輪等を組み立てて、スライドバーのクロスヘッドの
ストロークの確認をしました。

11092022

市販の動輪を使った関係でクランク半径が大きくて、ストロークが
長く、実物より1.5mm程度長くする必要があります。」

へーですね。ストロークに違いがでるんだ。
ロングストロークということは、実物ならトルクアップでしょうかね
と判らんながら適当なことをつぶやくヘボでした。

2011年9月19日 (月)

80系の工作その7

地道な作業の連続です。
妻板の縦桟を取り付けました。

11091904

そして、雨どいです。
ハイトゲージでケガキです。

11091905

まあ、こんなものでしょう。

11091906

そしてM車の手摺とパイピングです。
これが一番の峠ですね。

11091901

見本はこの車両。
つぼみ堂のモハ80を魔改造した車両です。
幻の国鉄車両に掲載されていました。

11091903

自分なりには結構がんばっています。
今回もそうしますが、パンタの鉤外しは省略しています。

11091902

取り合えず手摺穴は全部開きました。

11091907

あとはパイピング用の穴です。

クラーケンさんの進捗 その17

ヘボ職人と違って、難しい用語の並ぶ工作ですね ( ̄▽ ̄)

「今日は最初に後のステップの踏板を切り出しました。
差込用の出っ張りは上部は丸穴なので、丸くしましたが
細かいので結構面倒です。
その後、端バリの加工です。
実物で4’間隔でバッファの穴を開けます、自連後なので穴だけですが、
次は台枠と止めるリベットですが、他のところより大きく、0.4です。
このリベット、昔々サンゴが出していた、埋込リベットという物で、
写真の真ん中の1升瓶のような物です。
今まで使い道がなかったので初めて使ってみました。

11091911

写真手前は完成状態です。
これを床板に取り付けて、後部ステップも付けて、
火室の側を組み立てました。
これで今日の作業は終了です。

11091912_2

最後に下回り関係を置いてみました。

11091913

明日はこれら全部を付けようかと思います。

2011年9月18日 (日)

80系の工作その6

今日は朝から子供達と灘浜サイエンススクエアに行ってきました。

11091801

我家の雨の休日の定番です。
目一杯遊んで、昼寝をして、夕食後の工作です。
モハ80を3両とサロ85を1両の工作を開始です。

11091802_2

取り立ててこれという作業はありません。
ひたすら、地道な作業です。
と、愛用のCDがリック アストリーを鳴らしている最中に
不調となりました。
パイオニアの25連装の機械です。

11091803

分解清掃の実施です。
レンズをアルコールで拭いてやりました。

11091804 

これで大体直ります。たぶんね

クラーケンさんの進捗 その17

夏場にヘロヘロになっていたクラーケンさんも体調も良好な
ようですね。

「やっぱり作業が終わって、ビールで1杯やりながらこれを
書くのって・・・えーなぁ。

今日も板金です。
まず前のステップ関係の切り出しです。
前のステップは、モーションプレートと一体になってて、
モーションプレートの横にステップがあって、その内側が
砂箱になっています。
数字の「1」のような形の物はステップの後の板で、その横の
厚板と共に砂箱の構成物です。
ステップはt0.4で、曲げは当然内側に45度づつの削り込みを
して折り曲げます。後で内角にリベット付きの板を貼ります。

11091811

それらの横の大きいのは、火室下部と灰箱を一体にした物
です。普通に周りの4面と取付面からなります。
リベットは床板より大きく、こちらは0.35です。

11091812

2枚目の写真は昨日作ったシリンダーとモーションプレートを
台枠にはめてみた物です。
とりあえず位置決めのスリットにはめて雰囲気を見てみました。
シリンダーが付くと雰囲気が出ますね。
スライドバーはまだ長いままで、ロッドを入れてから図面寸法に
切る予定です。
このモーションプレートの後(写真で右側)に前部ステップ等が
付きます。
クロスヘッドはモーションプレートの穴を通るので分解可能
なので、これらは下回りに半田で固定してしまおうかと
思っています。

明日は端バリの加工と・・・ステップ等が完成するかな?」

うわー!下回りが見えてきました!ワクワク

2011年9月17日 (土)

80系の工作その5

今日の昆虫はアシナガバチです。

11091701

一生懸命の巣作りでしょうか。
彼らには申し訳ないですが、撤去をお願いしました。
我家ではお久に机の工作スペースを片付けました。
えっまだまだ・・・・(≧m≦)

11091702_2

気を取り直して、工作の開始です。
こんな物を取り出して来ました。

11091703

そうです前面です。
平面にHゴムを描くなんてセンスを持ち合わせていない
物ですから、0.3mmを巻きました。
高砂の工場さんのように半丸に削ってなんてなんてできません。
でした。・・・チャレンジはしてみたのです!!

11091704

そして、窓の縦桟の表現です。
試行錯誤の末、厚板の端の角を落として、切り取ります。
そうです。この形は縦桟を横から見た形です。

11091705_2

取り付けてみました。

11091706

まあ、無いよりましという感じでしょうか。
前面の手摺穴を開けて。

11091707

箱に組んでしまいました。

11091708

まあまあというところでしょうか。

11091709

これができれば先頭車だけで6台です。
中間車も作らないといけませんね。

クラーケンさんの進捗 その16

そろそろ全容が見えてきそうなクラーケンさんからのお便りです。

「今日はシリンダのキサゲをして、ドレンコックの穴を開けました。
ドレンコックはエコーの小型機用を使ったので、ここだけは最近の160の形です。
その後、モーションプレートと

11091722

キャブ下のステップを切り出しました。

11091721

これが結構難物で・・・・かなり小さいので切り出す前に外形
の大きいところと穴を仕上げて、最後に直線で切り取りました。
ステップの下部にはブレーキの軸受も兼ねるので実物も結構分
厚くなっています。
その上の切り込みと小さな穴はステップの踏板取付の案内です。

11091723_2

今日はこれで終わり、明日は前のステップや他の部品の
切り出しかな。」

スクラッチでも図面を書かないヘボ職人とは対極の工作です。
ワクワクしながら見ております。

昨日の収穫

今日の通勤中、ふと見ると電車のクーラーを母線が突き抜けて
いるのが見えました。

11091715

で、パンタの無い車両を見ると

11091716_2

同じ場所に穴が開いていました。
共用化ですね。でもなんか塞いだ方が良くない?
機能には関係ないし、見えにくい場所だしというところ
でしょうか?
そして、電車が信号機の不調で停止したとき、思わず
ラッキーと心の中で叫びました。
だって、こいつの前だったんです。

11091711

通常はこんな写真は撮れません。
なぜなら、この側は工場で、電車からだとぶれるスピードです。

11091712

さすがに障害物があり、細かいところまでは見えません。
反対面は逆光ですが撮れました。

11091713

しかし、パッチワーク状態ですね。
この裏側の写真も早めに撮りに行こうと決めました。
たぶん、この電車の中で唯一喜んでいた人間です。

2011年9月16日 (金)

80系の工作その4

お久で通勤の時の虫さんです。

11091601

このお方が捕獲したのと同じイモムシさんです。
スズメガの仲間です。溜池の水草を歩いて?いました。
アッ・・・あっちもやらねば
と気を取り直して・・・オイオイ
今日は3次型の工作です。
これもジャンクで入手したものですが、綺麗に帯板が
付いています。ただ、他と合すため。

11091602

アルコールランプで取っちゃいました。

11091603

こんな感じです。

11091604

お次は前面の手摺です。
ノギスの段差を利用して量産です。

11091605

そして福原金属の台紙をスペーサーにして取り付けです。

11091606

取り合えず取り付きました。
微修正は必要ですが、まあこんなものでしょう。

11091607

ちょっと高めの手摺です。この辺はカンですね。

11091608

そして、車体を箱にしました。

11091609

1次型と3次型の先頭車が箱になりました。
雨どいや小物はありますが、ここまで来れば何とか
できそうです。

11091610

お次は中間車ですね。

藤江交通6号の不進捗連絡

野生好きさんからの不進捗報告です。

「本日は半日かけてバルブギアをつくりましたが、ハンダが回って、
ポキっと折れて、おじゃん。

11091620

あした、また作ります。Φ0.5のピンはちょっと細すぎたか?」

細すぎたてあんた。わたしゃ見えんよ。
さてどうなることやら。

クラーケンさんの進捗 その15

クラーケンさんもエンジンが温まってきたようです。

「今日はシリンダの組み立てと、煙室、火室を仕上げました。
シリンダは普通に組み立てただけで特に何もありませんが、
床板の補強板と上部が当たる事が分かって0.8mm削りました。
スライドバーは昔エコーで買ってきてもらった0.8角の洋白です、
モーションプレートと合わすまでは上下一体です。

11091611

キサゲとドレンコックは明日?
煙室は切り出した状態で曲げてしまったので、曲がった状態
で前板と当てるところを40度程度に削ります。
前板も外周を40度程度に削ってどちらも端面の板厚が0に
なるようにして、合わせに注意しながら半田を流しました。
いつもの方法ですが、Rが付いてると難しいねぇ。
前板と横板のリベットはやっぱり・・・合わんねぇ。
その後、火室と共に、下のラインを切りそろえましたが、
エッチング板を信じて切り出した煙室前板、すそが0.25mm
短いことが分かりました。

11091612

もうどうしようもないので、とりあえず、横板を正規より0.1mm程度
短くして、前板の下が少しあいた状態にしてますが、
何か対策を講じなければ。」

0.1とか0.25とかあまりヘボには関係ない数字ですね。( ^ω^ )

2011年9月15日 (木)

お次は?80系工作その3

きょうは、前面の一部をケガキつつ・・・・

11091501

けがき針の先端が折れちゃいました (´・ω・`)
さすがプロ用!!ヘボは拒否ですか・・・・
気を取り直して工作です。

11091502

まず前面に部品を付けました。
そして、後ろ側は・・・・

11091503

たりゃーとここまでやっちゃいました。
1次型の雰囲気が出てきました!!
勢いでやったので、写真は撮っていません。
後ろからはこんな感じです。

11091504

今日はここまでです。机の荒れが激しいですね。
しかし、今の勢いを保ちたいので猪突猛進です。
週末での車体完成が見えてきました。

2011年9月14日 (水)

クラーケンさんの進捗 その14←が正しいそうです。

とうとう、御大クラーケンさんから復活の狼煙です。

「工作開始から14日目です。
今日は、端バリから始めました。
前がt1.5、後ろがt1.0です。上下寸法はフライスで平行を出して、
その他は手仕上げです。
これで台枠の主要部品が終わりなので、次はシリンダー。
前後板をt1.0から切り出して、t0.3を曲げて外板にします、
それにエコーの小型機用シリンダ部品の湯口を切って板との
接触面を仕上げて部品は終わり。

11091421

それで終わろうかとも思いましたが、少し元気が残ってたので、
火室後板を作りました。
今日はこれだけです。」

今日はこれだけって・・・私と違う世界ですね。 ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

80系の工作その2

今日の帰り道、台風の時に避難していた看板が戻っていること
に気づきました。

11091401

まあ、当たり前のことなんですが、なんとなくうれしい。
・・・変?
そして、お買い物。

11091402

NACHのドリル刃です。高い!!
ですが、切れ味最高です。最近ホームセンターにないので
割引品ではありません。

11091403

ちょっと気になったプロ用ケガキ針です。
これでプロ並みの腕に・・・・(*´v゚*)ゞ
そして軽工作です。

11091404

3次型にも穴を開けました。
明日は部品取り付けです。さてどちらを奇数にしようか?
そして、ととさんの影響でこんな物をバラシました。

11091405

つぼみ堂のクモハ73です。
しかし、すごい顔です。真ん中でか過ぎ。

11091406

乗務員ドアがこの形であの顔はなさそうです。
このまま組んでしまうか・・・それとも( ̄ー+ ̄)
とりあえず80系を片付けてからですね。

藤江交通6号の進捗連絡その9

勢いに乗っているヘボ職人ですが、野性好きさんも
進んでいます!!

本日は8:00~16:00、休憩・お買い物タイムを除いて結構やりました。
AMはエキスパンションリンクとリターンクランクの締結と調整。

11091411

CADで検討していないので、調整を強いられ悔やまれます。

11091412

なんとか動輪がスムーズに回転したので、バルブギアに突入です。
頭で検討すること1時間、旋盤で間接ピンを製作することとしました。
ピンはΦ0.5-0.02×1.0、頭を再切削して、後から刺して使用します。
こうするとロッドの先端を小さくできます。
旋盤様様です。

11091413_2

予定のバルブギア(ラジアスロッド、コンビネーションレバー、
ユニオンリンク)の幅は最大0.7、最少0.5です。
本日はココまで。

この辺の物までくるとヘボ職人は (゚◇゚) です。
とりあえず、両数だけでもとがんばるです。

2011年9月13日 (火)

藤江交通6号の進捗連絡その8

ヘボ職人と違い細かい作業が続く野生好きさんの便りです。

本日は、定盤の整備のあと、エキスパンションリンクを
取り付けました。

11091311

材料は洋白t0.3×0.7。穴はΦ0.6、ピッチ11.0。ナットは
Φ0.5×1.4×0.3。旋盤のステッキで切り落としました。
加減リンクの再整形も済み、全体的には汚いですが、
見える部分はいい感じになるはず。

何すんねんの状態ですね。

お次は?80系工作その1

デ51は動力系を考えるのに時間を貰うとして
次の工作へと向かいます。
で、取り出したのはこれです。

11091301

80系の1次型を出してきて作り始めました。
以前、ジャンク品を購入したものです。
オデコを付けて、0.2mm厚の帯板でシルヘッダーを付けました。
合わせて2枚窓の3次型も作ります。

11091302

手摺を穴を付けました。

11091303

まあぼちぼちやります。

2011年9月12日 (月)

近鉄?の別のデ51製作 その1

30年近く前に購入したひかりのデ51です。

11091201

当時は見事に挫折しました。

11091202

どっぷりと熟成されています。
で、組み始めました。

11091203

あっさり組み上げました。
当時は、ここまでもできなかったのです。

11091204_2 

床板を作ります。
16.5mmで組み立てるのですが、幅が明らかに狭すぎです。

11091205

そこで、車体下端の幅を広げます。
電気機関車では良く見られる構造に近いです。

11091206

組みつけてみた感じは・・・
やっぱりカッコ悪いですが、関係なく進めます。

11091207

台車枠を取り付けました。ダミーにします。
なんとかいけそうです。

11091208

やっぱり不細工ですね。

11091209

正面から見ると、ガニマタの極みですね。
動力を考えていかねばですね。

2011年9月11日 (日)

近鉄デ51製作その6

家族でお久の有馬富士公園へ行ってきました。

11091101

子供達は思い思いのところで遊んでいます。
日陰でのんびりしていると、息子がキリギリスを捕まえてきました。

11091102

私の手の上が気に入ったのか、手の上で10分ぐらい
足やひげの繕いをして、草むらへ帰っていきました。
帰宅後、工作です。
一気に車体を組んでしまいました。

11091103

前面に標識灯を取り付けるために、配線を通す穴を開けました。
説明書では0.5mmでしたが、0.3mmでちょうど良い感じでした。

11091104

この通り、標識灯は配線付きのロストワックス製です。
次に屋根上

11091105

そして車体と順番に組んでいきました。
丸窓ですが、繊細な挽き物でした。

11091106

それを一つ一つの窓に取り付けます。

11091107

こまごまと部品を取り付けて、最後に前面を側板に取り付けて
ほぼ出来上がりです。
仮にくんで見ました。

11091108

私の腕ではこんなものです。
養殖海坊主さんのようなキサゲの腕(忍耐力?)が欲しいです。

11091109

さて、あとは細かいディテールの追加と集電装置の取り付け
後塗装となります。
今度の3連休にするとして。
とりあえず、今回で中締めとします。
しかし、これに合う塗料てあるのかしらん??探してみます。

藤江交通6号の進捗連絡その7

素組みのヘボ職人とは違う次元を行く野性好きさんの
続報です。

今日は外出するので、1時間の軽工作。
加減リンクを整形し、フレームと合体。

11091111

あんまり小さいので、ろくろく整形できず、

11091112

また、加減リンク受けもやや大きめで作ったので、
殆ど隠れて、あーあ残念!

こんな工作できたら楽しいやろね・・・無理

2011年9月10日 (土)

近鉄デ51製作その5

車両を見ていて、どの通勤車にも付いているこの丸い
標識灯?何でしょうか?

11091001

床下の真ん中あたりに付いており、たまに光っています。

11091002

そして、ある駅で柵に付いていたつる。

11091003

ムカゴでしょうか?すると、もう少しして下を掘ると・・・
あるのかな?
工作は床下の小物を付けていきます。

11091004

繊細なロストワックスのパーツ達です。
ハンダの付くところを処理して・・・

11091005

簡単にできたように見えます?
結構、悪戦苦闘しました。一つ間違えたら振り出しに戻る
ですから。
そして、配管。
キットに付属の配管は細かったので、Φ0.8で作りました。
うーん、もう少し太いような気もします。

11091006

塗装後のことも考えるとこんなものとの結論から工作を
進めました。
管ささえは虎の子の洋白の薄帯板です。

11091007

0.5mm×0.15mmを使用しました。
工作自体は簡単です。
グッと縛ってハンダ付けです。

11091008

まあ、こんなものでしょう。
そしてエア溜めも取り付けました。

11091009

そして床下器具。
たって、角棒2本です。

11091010

あっさりしています。
出来上がりはこんな感じです。

11091011

これで下回りの工作は完了です。下回りであと残っている工作は
集電ブラシの製作なので塗装後ですね。
さて、お次は上回りです。サクッとできるか?
つづく

2011年9月 9日 (金)

近鉄デ51製作その4

秋の花も咲き始め、ブンブンと蜜を求めた虫達が飛んでいました。

11090901

今日は大回りしながらの通勤で、お久の山陽電鉄3000系も撮影。

11090902

エンジンも十分暖まっての工作です。
床下の工作です。
取り付けるロストの部品の湯口を切断です。
この瞬間が一番ドキドキ・・・ピンと飛ぶと終わりなので。

11090903

湯口を取ったあと、裏を仕上げてハンダ付けの準備です。

11090904

そして指定の場所に取り付けました。

11090905

お次は連結器受けです。
ここはキサゲ刷毛でお掃除です。これもハンダ付けの準備

11090906

そしてスカート部に取り付けです。

11090907

カプラ台も取り付けました。
最後に取り付けたので、ちょっと失敗するとバラバラです。
カプラ台からハンダを流すように固定しました。

11090908

やれやれです。
床板にアングルを固定して

11090909

床板の土台はできました。

11090910_2

さて明日は細かい部品の取り付けです。

藤江交通6号の進捗連絡その6

絶好調の野性好きさんからのお便りです。

本日は、これも懸案の加減リンク受け。
ハンダ付けが嫌いなので、この手の工作は苦手です。

11090913

ネジはM1.0の洋白。受けは0.3燐青銅。これにM1.0を立てました。

11090912_2

加減リンクは0.5洋白。やっぱり小型機、えらいちっちゃいので苦労しそうです。

11090911_2

明日は加減リンクの整形と取り付けをっと。

さて、こっちも作るぞ!!

2011年9月 8日 (木)

近鉄デ51製作その3

最近、朝の電車が225系の6連となりました。

11090801

真新しい電車に毎日乗るのも良いものです。
そして、恒例の?通勤路の生き物です。
今日は公園でセキレイが遊んでくれました。
近づいて写真を撮ろうとすると逃げるの繰り返しであきらめて
他の被写体を狙おうとすると・・・・

11090802

目の前にやってきてポーズ!!です。セキレイの舞を
見せてくれました。
帰宅後、工作の開始です。陽水を聞きながらの作業でした。
ギヤ関係を組みます。

11090803

実はこれが阪和・・・いや難解でした。\(;゚∇゚)/
説明書にはギヤをビスで止めるとかいているだけです。
これでは止まってしまいます。よーく見て内部に入れる部品
を発見!!ほぼ、アハ効果状態でした。
そんなことを繰り返しつつ

11090804_3

車輪まで取り付け。インサイドギヤ側を非絶縁として
全軸集電とする予定です。
そして唯一のハンダ付け。ギヤケースの底板です。

11090805

モータの表現がされています。
今日の作業はここまで。亀さんの歩みで行きます。
でお片づけ。部品が飛んで行かないように愛用のケース
に仕分けです。

11090806

ただ、我家ではケースごと樹海に消えることもしばしば
ED28のパーツやーいです。゜゜(´□`。)°゜。
今のところ、週末には・・・

11090807

こいつのようにペースを飛ばすテンションです。
つづく

2011年9月 7日 (水)

近鉄デ51製作その2

秋の匂いがしてきたのか通勤路の池で亀さんの
甲羅干しが再開しました。

11090707

勢いが付いた工作です。
台車のパーツを付けです。
この機関車独特の左右の軸バネをつなぐバランサーです。

11090701

横から見るとこんな感じ・・・

11090702

実際は右のバネと繋がっているのでバネは台車と
繋がっていないのですがここの加工は難しいので
パス。雰囲気で行きます。
次に砂箱の取り付けです。

11090703

砂箱を取り付けるには軸バネ受け部を削って平面にします。

11090708

そして、ブレーキシリンダ取り付けの穴を開けます。

11090704

あとはサクサクと取り付け

11090705

準備は万端です。
スッキリと組みあがりました。

11090706

お次は動力と床ですね。

藤江交通6号の進捗連絡その5

エンジンの掛かった野生好きさんからの続報です。

本日は加減リンク受けを試作しました。
一番左がマシなやつ。内寸1.5mm。

11090721

ニッパーでニュっと握って「ザ・ベンダー」でこちょこちょっと。
ピンはM1.0でやってしまおうと、これも試作。アップでは酷いです。

わたしゃでけんけどね・・・byへぼ職人

京都よりのお便り・・・お久です

お久で京都の御仁よりのお便りです。

やっと、涼しくなってきました、、、涼しくなってもビールは旨い、、、
今までに、一番涼しい所でビールを飲んだのは、、
中国のスイリン(北の方)-15℃位かな
撮影の合間に飲みましたが、飲んでる間に瓶のビールが
凍ってきます、、、早よ、呑まないといけません、、

Dsc0007_2

本題

煙室前面、、、クリートが3個足りません、、、、、

11090711

発注中です

どう見ても自作の模型には見えんです。

2011年9月 6日 (火)

近鉄デ51製作その1

今日も涼しい朝を迎えました。
通勤途中の池ではイトトンボが飛んでいました。

11090601

本当は大好きなコガネグモのおすの写真も撮ったのですが
某購読者が卒倒してはいけないので自粛です。
帰りはこんなポスターも発見

11090602

そういえば、最近行っていません。
久しぶりに西九条から安治川トンネルを通って行こうかな
なんて考えています。
そして工作です。
今回は下回りから開始します。

11090604

仮に取り付けてイメージ!!
こりゃ絶縁側の処理をせねばいけないようですね。
そして開始!!

11090605

サクッと台車枠だけを作りました。
正面からはこんな感じです。

11090606

この機関車はこの辺の造形もポイントです。
で、同時完成予定のED28ですが、パーツが全然無い
ことが判明!!

11090603

樹海から出てくるのか!!
もちろん続く!!

2011年9月 5日 (月)

お次の工作

例によって通勤の時の小動物です。

11090501

カマキリですね。オスです。
なかなか愛嬌のあるしぐさを見せてくれました。
そして社内食堂のA定食です。

11090502

なかなか涼を感じさせるメニューでした。
秋を感じながら帰宅後、次の工作ネタの観察です。

11090503

こいつを作ろうと考えています。
ストレートに組みます。

11090504

独身時代の遺産です。
いっしょにお手つきの兄弟機も完成させようと思っています。

11090505

結構、年季が入っています。
作っていたクハ79300はこちらで続くと思います。
たぶん。

2011年9月 4日 (日)

藤江交通6号の進捗連絡その4

私の工作欲に火を付けた。野生好きさんからの進捗連絡です。

本日までにタンク・キャブ支えを製作しました。

11090411

折り曲げたり、イモ付けしたり、切っては付け、切っては付け・・・
その挙句にフランジに当たってリューターで削り・・・・

11090412

慣れない老眼鏡で目が疲れ、頭痛・・・・・
明日は絶対に加減リンクを作るど!

こんな形でタンク支えを作るのね。
へーーですね。
やっぱり、蒸気はヘボ職人には敷居が高い工作です。
次回が楽しみ!!

軽工作ファイナル!!

今日は買い物やらなんやらイベントを一通りすませた
後の工作です。

11090401_2

ヘッダー下を仕上げます。
糸鋸でコシコシ

11090402

不要部分を抜きます。仕上げてからドアなどの小物を
取り付けました。で完成です。

11090403

ヘボなりのできですが気に入っていただけますでしょうか?

11090405

仕上げ前の水風呂に入っています。

11090406

もう少しキサゲをして、明日ぐらいにお嫁入りに出発予定
です。いましばしお待ちを。

2011年9月 3日 (土)

軽工作その2

お久のリハビリは結構乗って来ました。
乗務員ドアの後の窓を500mmに改造です。

11090321

上下にシルヘッダーがあるので切り取ったところも見えない
ので、気楽です。
まあまあというところでしょうか。

11090322_2

ドアヘッダーも取り付けました。

11090323

これで300番代の感じになりました。
まあ、こんな感じです。
作業は少し残っていますが、リハビリには良い工作でした。
早ければ明日にはお嫁に出します。

名古屋に行ってまいりました!!その6

よこやまさんに駅まで送っていただき・・・
忘れ物を取りに会場へ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
そして散策しながらの帰宅です。
おんぶバッタです。仲睦まじい夫婦です。

11090301

殿様の幼虫です。
自然が回りにイッパイの施設でした。

11090302

途中気になった物は・・・ビーバーの年代物室外機です。
現役でしょうか?

11090308

駅に着いて待っていると。
来ました!!古式豊かな名鉄電車。

11090303

飾りっけなしのタラコですね。
飾り文字もかっこ良いです。

11090304

こいつに乗りたかったんです。
室内のカーテンも素敵です。

11090305

そして、最後の獲物の東芝君もゲット!

11090306

バリバリの現役ですね。

11090307

そして、満足の1日はのぞみで無事帰宅の締めでした。
おしまい

軽工作です。

お久の金属加工です。
リハビリというところでしょうか。

11090311

ちょっとアップに耐えませんね。

11090205

こいつの作り替えです。

11090312

こんな感じです。
まあ、元よりは少しまし?
こんなんで良いですか?(謎 ( ^ω^ )

名古屋に行ってまいりました!!その5

運転会の車両たちです。
よこやまさんの凸電と最近の貨車たちです。

11090211

そして同じくよこやまさんのED25とヘボ職人の貨車です。
小型凸電にはピッタリです。

11090212

私の所から転籍したEF81300とタンク車たちです。

11090213

こんな近鉄のすれ違いもありました。

11090214

その横では工作をされている方も

11090215

そしてNゲージも走っています。

11090216

京阪特急です。

11090217_3

もちろん名鉄特急も激走しています。

11090218

羨望のこんな機関車や

11090219

私好みのこんな機関車たちまでバラエティ豊かです。

11090220

私の車両たちも走らせて頂いて

11090221

で本当に堪能しました。
ありがとうございました。
後は帰宅編です。

2011年9月 2日 (金)

台風接近

今日は朝から風が強かったですね。
そん中、通勤中の小動物シリーズです。

11090201

おたまじゃくし達です。
そして帰宅時の駅の看板が無くなっていました。

11090202

よく見ると、端っこに結わえてありました。

11090203

台風対策ですね。
今日の工作です。カワイのクハ79?です。

11090204

ちょっと遊んで見ます。
そしてまず

11090205_2

裸んぼにしちゃいました。
さてどうなる?

2011年9月 1日 (木)

名古屋に行ってまいりました!!その4

今回は若手君の作品たちです。
安達のC57です。

11090101

Nゲージから転向の第1作とのことです。
Nでハンダ付けの経験もなく我流とのことです。
自分のその時・・・・思い出したくない!!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

11090104

スムーズに走っていました。
恐ろしい若手さんです。
そして同じ若手さんのDD51カンタムです。

11090102

購入即で汚したらしいです。

11090103

オモチャっぽいのが気に入らなかったそうです。
私には出来ません。
センスを気持ちよく伸ばして欲しいものです。
続く

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

ウェブページ

ブログパーツ

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

  • いぶき工房
    バス・鉄道を紙技を駆使してカッコ良く作られています。一度失敗したらやり直しが効かない接着剤!!紙挫折経験を持つ金属工作派の私からすれば、まさに神業です。ウィットなブログ(お茶の間にて)もGOODです。
  • 茶の間にて
  • レールギャラリー六甲(六甲模型教材社)
    幼いころから通い詰めた模型店です。 豊富な部品在庫でいつも助かっています。 休日にフラッと私が出掛けるというのは、ココというぐらい自分の生活の一部になったお店です。
  • 岡山模型店DAN
    付き合い始めて30年以上。訪問した際にはお喋りを楽んでいます。店主の写真や色のこだわりにはいつも感嘆しています。
  • LazyJack
    こだわりが凄い!!どの製品も実物と見紛うばかり。 レイアウト関係部品では有名ですね。車輌関係部品も秀逸で、実物どおりの釣り掛けモータなどもあります。 トクイ車輌では繊細ですが固定しやすい国電の窓枠を特に愛用させていただいています。
  • You-enてっど
    このページの管理人の方とは、通勤時に一緒になることがあります。その際には、いつも楽しい時間を過ごします。「熊本市周辺の鉄道のちょっと古い時代から現在までの写真と1/80鉄道模型」の渋いこだわりを感じるHPです。
  • メジロのめ次郎ホームページ
    ネコさんのCRAFT MODELS 6に掲載の蒸気機関車の質感に引き寄せられて訪問しました。私の目からウロコがドバッと落ちた情報があり、大変感謝しています。今後も掲示板での情報や、工場での製作内容も大いに参考にさせていただきます。
  • RailModel& café くろがねや
    京都の哲学の道にある”くろがねや”さんです。 人柄の良い店主さんです。模型の腕も一流です。 へぼ職人とはえらい違いです。 近くへ行かれた方はぜひ和んでください。
  • HINODE MODEL&岸日の出堂
    佃煮と鉄道模型を扱っているお店です。 人の良い店主さんやっておられます。 3丁目の夕日に出た”こだま”号の作者で、 阪神百貨店の鉄道模型フェアの顔にもなった スッゴイ腕前です。長田に行かれた際には 是非立ち寄ってください。
  • 鉄道模型NEXTホームページ
    その昔、銀河模型からの昔馴染みが社主をされています。センスの良くちょっとマニアックな模型たちが良い感じです。 ヘボ職人は、社主の作られた山陽電鉄3000系の型紙にチャレンジして、見事玉砕した思い出があります。 そろそろ、ペーパーにリベンジなんて考えているヘボ職人には気になるメーカーです。
  • 切粉だらけの工作室からⅡ
    卓越した技術を持っておられるクモハ32000さんのブログです。ヘボ職人のお手軽とは逆の世界を見ることができます。
  • 阪鉄車輛
    コメントのやり取りをきっかけに親しくなった阪鉄車輛さまのHPです。容量が一杯になったそうで、freemlでブログを展開されています。丁寧な工作、美しい塗装、隠れたるギミックと羨ましい腕の持ち主です。これだけで一見の価値があります!!
  • H5の工作日記
    たぶん、この国のどのモデラーもこの方の作り方には目を丸くすること請け合いです。是非みなさんもH5ワールドを体験してください。
  • 汽車をつくる
    ブログの主は30年前ぐらいから存じ上げています。さらに共通の友人もイッパイ!!ただ、ヘボ職人とはラベルが違う達人のお一人です。貨車関係の技術的アプローチなど楽しませていただいております。
  • 汽車好きクラーケン
    冗車会会長のクラーケンさんがブログ開始です。汽車好きなんてカワユイ名前ですが、中身は・・・これからのお楽しみ。
  • E.NUKINAの60's鉄道模型コレクション
    古い物、特に鉄道模型社の話題でお付き合いしていただいています。奥が深い世界にドップリと浸かっておられるお方のホームページです。
  • イヌゲージ鉄犬
    このページは禁断のページです。(爆)っと咳をするイヌフルエンザがうつる可能性があります。行く場合は心してください。なお、その件に関する苦情は一切受け付けません。^^
無料ブログはココログ