« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

大中遺跡

山陽・鉄道フェスティバルの後は大中遺跡に行きました。
まずは播磨町郷土資料館でしす。
お約束の顔出し看板です。

11103011

裏には日曜日の祭用の動物達が。
もののけ姫風ですね。

11103012

そして中に展示されている土器を観覧したあとは
体験コーナーです。
火起しですね。

11103013

そして、裏手にある別府鉄道の車両たちを見ました。
郷土館の前が別府鉄道の路線跡です。
ハフ5です。綺麗に保存されています。

11103014

車内も入ることができます。懐かしい香りがしています。
息子はこの匂いに戸惑っていました。
たしかに今風ではありませんね。

11103015

そしてDC302です。
銘板などがアンポンタンに盗まれています。
車両にあればこそなのに・・・お金?

11103016

こちらも車内に入れます。
カッコ良いです。

11103017

そして遺跡にある復元された住居たちです。

11103018

子供達はこわごわ見ていました。
娘は蛙を捕まえてきました。保護色ですね。

11103019

そしてタンポポの種飛ばしです。

11103020_2 

芝生の坂で滑ってお遊び

11103021

なんでも遊びにできるのはこいつらの特権ですね。
次に兵庫県立考古博物館に行きました。

11103022

中で紐作り教室で紐を作った後は

11103023

展望台に昇りました。

11103024

郷土資料館を見下ろしました。

11103025

そして公園で遊ぶだけ遊んで

11103026

別府鉄道跡をプラプラ土山駅に帰りました。

11103027

例によって遊ぶだけ遊んでヘロヘロになりました。

クモハ73その4

今日は歯が割れて治療に行きました。
経年劣化です。
その後、阪神バスでお出かけしました。

11103111

と室内の表示を読んでいると、こんなのがありました。

11103112

室内を探してみると真ん中辺と

11103113

一番前寄りにカメラが取り付けてありました。

11103114

良い悪いでなく時代でしょうか。
で工作ですが、EF11については前後のブロックの製作に
手間が掛かるので、後回しにします。

11103115

そこで、クモハ73です。
しかし、屋根のRが違いますね。個性として突き進みます。

11103116

取り合えず、前面に必要な穴を開けました。

11103117

明日は手摺などを取り付けています。
80系は?日曜日に塗ろうと考えていましたが雨模様で断念
次の休みの開いた時間にチャレンジ予定です。

冗車会の運転会2011 その7

某所で話題になっている高砂の工場さんの80系です。
まず1次形

11103102

彼らしくスッキリ作られています。
そして冗車会では3両目となる1.5次型です。
まるで、キットにラインナップされているかのようなできです。

11103101

お次はオーソドックスな形ですね。
2次型でしょうか鼻筋が羨ましいです。

11103104

これは100番台?
こちらも鼻筋がバッチリですね。

11103103

仕事が忙しいそうで、中々進まないとぼやいていました。
でもここのところの進捗状況なら、来年には完成か?
楽しみ楽しみ!!

冗車会の運転会2011 その6

お次は私といつも昼のお弁当を手配している福フチさんです。
幻系の競作の時に作られたキハユニ40です。

11103030

こんな合造車も合っても良いですね。
そして今年唯一できてきた競作品の貨車です。

11103031

そつなく作られています。
これの20両の列車なんてのも話題に上がりました。
来年は私も作っていこうと考えています。

2011年10月30日 (日)

お買い物

551の豚まんと色を購入に三宮にお出かけしました。
気になったのはこの看板。
阪神三宮駅の工事の説明です。

11103001

駅の構成は真ん中が行き止まりとなります。

11103002

工事の方は東口側の工事が進んでいます。

11103003

そして、ジョーシンでの衝動買いです。

11103004

お久のNゲージです。
飾り兼参考資料です。
この辺が気になりました。

11103005

しかし、表記類も完備です。
ここまで拡大しても破綻しません。

11103006

凄いですね。

11103007

玄関の飾りに仲間入りです。

2011年10月29日 (土)

鉄道模型社のEF11 その4

デブロギは室内の温度と豊富な食事のお陰か元気です。

11102933

今日は、台車枠を全部貼り付けました。

11102930

ちょっと車軸を保持するのは厳しいようです。

11102931

エッチング板から部品を切り離しました。

11102932

ホワイトメタルの部品を含めてできるだけ使う予定です。

今日は山陽・鉄道フェスティバルに行って来ました

今日は家族とお出かけしました。

11102901

途中、JRの快速の競争を楽しみました。

11102902

そして着いたのは東二見車庫で行われた
山陽・鉄道フェスティバルです。

11102903

真っ先に訪問したのは、模型の運転会場です。
人気コーナーで超満員でした。

11102904

多分、全国の鉄道祭で最も車両のコダワリが凄いと思っています。
なんたって、山陽電鉄の車両はもちろんですが、阪神や神戸電鉄
など周辺私鉄車両で埋まっています。

11102905

神戸電鉄や阪神電鉄がそれぞれ並んでいます。

11102906

隣ではNゲージも走っていました。
もちろん山陽電鉄が中心に走っていました。

11102907

そして実物ですが、工場で気になったのは
アントです。もちろんアント工業製です。

11102908

そしてマルチタイタンパーの試乗です。

11102909

内側への操作台です。初見です。こりゃー凄い!!
1度走っている車両に乗ってみたいです。

11102910

もちろん、車両たちも充実です。
山陽電鉄で急行の表示は始めてみました。

11102911

そして、2000系です。今年も近くに行けませんでした。

11102912

そして、保存車200形です。

11102913

こんな看板を売っていました。
息子はつり革を買いました。

11102914

やっぱり、仮台車は気になりますね。

11102915

B-1グランプリに出品する出店たちでにぎわっていましたが
気になったのはケンタッキーの鉄道セット・・・
どういう意味でしょうね?

11102916

そして戦利品です。
使用済みカードです。200円でコレだけ入手できました。

11102917

阪神の出店ではこんなもの
ノートが良いですね。

11102918

そして逸品は3000系のポスターです。
かっちょ良いです。

11102919_2

この後、大中遺跡に行きましたが、その紹介は明日にでも。
ハイ!続きます。

2011年10月28日 (金)

鉄道模型社のEF11 その3

めっきり秋も深くなりました。
温度が下がったためか、通勤路ではコオロギの声も
少なくなりました。我家のデブロギは健在ですが・・・
そんな中、溜池の鴨も増えてきました。

11102811

今日の工作ですが、分解した台車枠をクレンザーで掃除して
1セットを組んでみました。

11102812

見た目は分解前と変わりませんが、ハンダをたっぷり流しました。
強度は上がりました。
ヘボ職人の工作中の車両は汚いと指摘されましたので
少しお掃除。

11102813

まあ、こんなものでしょう。
この調子で進めていきます。

冗車会の運転会2011 その5

お次は料理長である野性好きさんの藤江交通6号です。
ブログでは出していたのですが、実物は初見です。

11102801

しかし、繊細で難しい構造ですね。

11102802

ヘボ職人には無煙・・・いやいや無縁の世界観です。

2011年10月27日 (木)

鉄道模型社のEF11 その2

結局、誘惑に負けてEF11を触り始めました。
基本的にストレートに組むつもりです。
でも模型社はそれが一番難しいです。
組まれていた台車枠をばらしました。

11102711

フニャフニャしているので、ハンダが流れていないと感じた
ためですが、案の定でした。

11102715

ペラペラ2枚でもしっかり貼り付ければある程度の強度は
見込めます。
そして車体です。
ほぼ面一に薄い床板が取り付けてあります。

11102712

これも取り外します。
アングルは短めです。

11102713_2 

ハンダも残らず取りました。

11102714

これから、ボチボチと台車周りを作って行く予定です。

冗車会の運転会2011 その4

副会長と幹事さんの天然・養殖両海坊主さんの車両写真が
ないので、同じく海坊主軍団(客車部会)の人工海坊主さんの
作品を紹介します。

11102701

まずはスハユ31です。
ヘボ職人は知らない車両です。どこを走っていたのでしょうか?
なんと、裾のリベットを打ち出したそうです。ヘボ職人にはありえない
力作です。もちろん海坊主軍団の真骨頂床下は!!

11102702

カッチリできています。迫力あります。
そして2両目 オハ46です。

11102703

これも3等表記付きです。
チョイ古ですね。

11102704

そして床下も標準装備。
がんばってこれに見合った動力車を作らねばです ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

2011年10月26日 (水)

今日は修理でした

今日は車の修理出しと体の修理をしました。
車は扉の不調で交換です。
体は腰の不調で・・・交換とは行きませんので修理です。
また、持病の腸の不調でこれは薬です。
車の修理の帰りに小寄公園で機関車を見ました。

11102611

ふと気づいたのがこれ

11102612

電鐘式の踏み切りです。
鳴らしてみたいですね。
機関車も綺麗でした。
そして、市電はというと・・・
ボロボロです。

11102613

修理が必要ですね。
そして、改築工事が始まった摂津本山駅です。

11102614

昭和のたたずまいを残した駅も少なくなりましたね。
六甲道で降りてバス乗り場へ
そこにいたのが、日野のポンチョです。

11102615

気になっているミニバスです。
最近のバスでは、乗ってみたいバスの一つです

11102616

帰りにダイソーでお買い物をしました。
ミニ丸の彫刻刀です。
窓抜き用の丸タイプはこの辺で売っていないので代用品
になればと購入しました。

11102617

そして金属製の洗濯バサミです。

11102618

ハンダ付けに使用するのには、固定する部分がプラなので
加工は必要ですね。

11102619

そして、夜ですが運転会の余剰品の出し合いっこで入手した
EF11です。鉄道模型社製です。クラーケンさんの供出品です。

11102620

側面の窓配置がダウトですが、それに勝る魅力があります。
箱はありませんが部品はそろっているようです。

11102621

説明書もありました。

11102622_2

さて、難物はこの台車。
ヘロヘロです。

11102623

物にしたいなーですが・・・
80系、73系、EF70とその次ぐらいでしょうか?
いずれにしても、体調を直してからですね。

冗車会の運転会2011 その3

クラーケンさんの2両目DB10です。
福原金属のエッチング板からの2年前の競作です。

11102601_2

そしてこれもベアリング&クラッチですね。
集電も凝っています。

11102602

お前もやれと言われますが・・・
そのレベルに行くハシゴがありません。
そして打出のたばこ屋さんのDB10です。

11102603

たばこ屋さんの指摘で判明したのが片面はラジエタグリルが
無いことです。
私もスタイルブックと常識に騙されていました。
写真を見たときには仰け反ったのを覚えています。
手元のキットは・・・

2011年10月25日 (火)

冗車会の運転会2011 その2

まずは会長であるクラーケンさんの160です。
初の屋外撮影を試みました。

11102511

先だってからの連載の生地完成です。

11102512

屋根の後はこんな感じだったそうです。
何のため??それは不明です。

11102514

車内も作られています。
近代機と比べればあっさりとしていますね。
そして、クラーケンさんの標準仕様を組み込んだ下回り。
メカ好きならではの構造です。

11102513

そして走行風景

11102515

ズシッと重たいコダワリの貨車達を20両ほど空転させながら
ですが牽引していました。
本人は気に入らないようで更なるパワーアップをと考えて
いるそうです。 (´ρ`)ぽか~ん

野性好きさん!次の一手 ( ^ω^ )

機関車の弁構造について悩んでいた野性好きさんの
進捗予定連絡です。

「運転会以来、ワルシャート式に嫌気がさし、何か進むものは、
と考えると客車に行き着きました。
藤江交通路線もOKですが、台車等問題もあるので、久しぶりに
省線を出してきました。写真は何でしょうか?

11102521

29500です。中型の幅で大型のフレームと高さを持ったものです。
その他予定は、もう皆さん忘れたと思うので
29500-21280-27830-27800-27000 です。
ニ-ヘロフ-イフ-イ-イテ
保護塗装をして保管状態になってから早9年です。
そろそろ完成に向けて動き出します。」

そうだそうだ!!壁にぶつかりゃ避けても良いんだ!!
内にも腐るほどの作り掛けが (・_・)エッ....?

こんなのメッケ!!

今日の帰り道にボーと車窓を見ていると神戸駅に
こんなのがいました キヤ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

11102501

ヤ141ですね。お初です。
はい!!そこの人!!どう?

11102502

夜で厳しいけど似ている223系とツーショット

11102503

そして工臨とのショット!!

11102504

後姿を1枚
珍しいものを見ることができました。

2011年10月24日 (月)

冗車会の運転会2011 その1

まずは全体像です。
レイアウトは変わりはありませんが!!
戻すのが面倒との人が多く、車両が少なめです。
そんな中へぼ職人も持って行った50両の内10両しか
出しませんでした。(;´д`)トホホ…

11102401

夜にはまあまあですが、真ん中のヤードには出ませんでしたね。

11102402

ただ、例によっての色が少なめです。

11102403

これだけ見ればジミーな運転会ですね。

2011年10月23日 (日)

所属クラブの運転会でした

昨日から1泊で所属クラブである冗車会の運転会に
行ってきました。

11102301

遅くの帰宅でヘロヘロです。
こんな虫とも戯れて来ました。
明日から走った車両たちの報告をいたします。
今日は寝ます。(-.-)zZ

2011年10月22日 (土)

建機のおまけ!!

今回のおまけは男の子が大好きな建設機械です!!

11102201

はい!!私も男の子です。
気持ちはね ( ^ω^)おっおっおっ

11102202

チョロQ系ではなくて、ゼンマイ方式です。

11102203

こんな並び好きです。

11102204_2

お尻も!!
思わず2SET購入しました。⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーーーン

2011年10月21日 (金)

なんだかなー

今朝はお久で朝の電車が貨物列車と並走です。

11102121

今でも、ワクワクします。
昔はゲタ電とEH10でしたねー
そして、我家のデブロギです。最近は逃げません。

11102122

手乗りとまでは行きませんが。
そして、デ51を塗りました。・・・失敗です。

11102123

柚子に負けない肌です。色味はよいのですが、
ちなみに車体の色はおそまつくんさんに教えていただいた
ディーゼルカーの色です。タラコです。
黄色は成功したのですが。
ちなみに黄色はピンクを下地に塗りました。
以前、プロのお方に建機の塗り方として教えてもらいました。
ここは良い感じです。
来週には上回りやり直しか!!

三兎物語第4話

福フチさんの駆け込み報告です。

「土曜夜は夜勤で朝5時すぎまでやって、昼の3時から慌てて
塗装現場(実家)にチャリで走ってなんとか塗りました。

11102111

急いてことを仕損じて、運転会が終わったら早速全塗という
お粗末さです。
おまけにワキの保護棒も塗装現場に持って行くのを忘れ、
運転会では保護棒なしです。
いつも同じ反省文という声も聞こえますが・・・
この調子で作れば来年の運転会には1編成できるでしょう。
大ミハソ氏や天ヒネ氏も合わせると3編成行き交うのですがねえ。

45年前のC53は古いモーターのままでも走るので、デッキ部分を
修復して

11102112

剥がした部分のみ吹きました。いずれエアホースなど交換
したいと考えてます。」

取り合えずの竣工でしょうか?
めでたしめでたしです。

クラーケンさんの進捗 その37 残工事!!

クラーケンさんが走りといういつものこだわりに入ってきました。

「160、走りました!
・・・は後回しで・・・

あれから、集電ブラシを作りました。
大分悩んで、絶縁は最近手に入れたピッチの細かいプリント
基板を使いました。

11102101

写真上はブラシ、燐青銅t0.1を使いましたがちょっと硬めで、
これが抵抗になって惰行があまり利きません。
真ん中はランボード下に貼り付けてタップを立てるネジ座。
下はプリント基板です、これは最近はやりの表面実装タイプで
穴なしで、銅箔を合わせて厚さは0.4しかありませんので、
スペースが要らなくて助かります。
この基板の銅箔部に上のブラシを半田付けして床板にM1.4で
止めれば終わり。
t0.1はやっぱり切りにくいねぇ、思わず8/0のバローべの糸ノコを
注文してしまいました。
このブラシを避けるため、上周りのウェイトをまたルーターで鉛の
粉を浴びながら削りました。

それで完成と思ったのですが、クロスヘッドがさびしいので、
スライドバーに当たるところに帯板を貼って、
ネジを自作しました。

11102102 

ハタボーさんにチャレンジですねぇ。
こちらのは、ネジはM1.0、座金はΦ1.6のt0.1、ナットは対辺1.3です。
材料はドリルロッドです。


・・・で、試運転。
車輪は軽く回るようになっていたので、いきなりスムーズに
走りました。
クラッチの利きも問題なし、惰行はブラシのせいでいまいちですねぇ。

11102103 

慣らし運転はこれからですが、運転会でぶんぶん走らせたら
大丈夫です。

ただ、牽引力は・・・・
完成重量は185gです。
これだけウェイトを積むとモーターが負けてますねぇ。
2軸の真鍮貨車20両も引くと止まってしまいました。
空転もなしで・・・
とまぁ、これは想定内。

11102104

とりあえず最小のモーターを入れて様子を見てみようと言うことで・・・
現在のモーターはマシマの1015ですが、モーターを前に向けたこの
構造ではモーターは長い物に乗せかえられて、動輪に掛かる重量は
減らないので、
1020でも1024でもいけそうです。
明日積み替えて、運転会で牽引力を試したいと思います。」

楽しんでますねー
フワは編成の中間ぐらいでは?と突っ込んで見たりして( ^ω^ )

2011年10月20日 (木)

デ51の仕上げ準備

明日は雨予想ですが、塗装準備をしました。

11102001

まず一緒にお風呂に入ってクレンザー洗いです。
そして、水洗いのあとアルコールで脱脂しました。

11102002

その後は手袋で扱います。

11102003

そして、ドライヤーで乾かして後は放置です。

11102004

さて明日はどうなるやらです。

宮沢製2900のレストア?手記・・・こりゃレストアやおません!!

クラーケンさんのお知り合いからの作品紹介です!!
いやー穴があったら入りたい気持ちになりました。

「皆様、はじめまして。愛知県在住の”偏酋長”と申します。
鉄道模型を10歳に始めて、今年で44年になりました。
たまたまクラーケン様の知遇を得まして、愚作を発表
させていただきます。

ネタは宮沢2900形のレストアです。
1970年2月に模型屋で購入。当時、中学の入学祝いで
買ってもらった西尾克三郎氏「記録写真 蒸気機関車」の
写真に触発され、CやDの付かない古典機が欲しく、
同時に模型屋に入荷したトビー4030とどっちを買おうか
迷い、もし4030にナンバープレート
が付いていたら文句なく4030を買っていたでしょう。
ところがナンバーが無かったので2900を
選んだのです。これが苦労の始まりでした。
で、皆様ご存じの通り、組立の悪さにオーバースケール、
高校生時代に早くも不満が高まり、イラスト(暇だったのネー)
のように改造するプランも立てたのですが、

2900

1980年には廃車、ジャンクとして分解されてしまいました。

それから30年、備南鉄道さんのサイトなどでレストア例を目にし、
一方、当鉄道は”模型の墓場”じゃないか? と深く反省、
今年4月に残骸を工作台上に引き出し、展望の無いまま
勢いだけで改造に着手しました。

BEFORE(白黒) 

11101922 

と AFTER(カラー) 

2900_111008_02

2900_111008_06

の写真をお目にかけます。

改造の概要は下記の通りです。
・設計 金田さんの1/80形式図集を基本。台枠、シリンダ
     を一部CADで作図(寸法出し)
・サイドタンク 下1/3でカットし縮め、スケール17mmに。
         縦リベットは間引き。
         乱れていた縁取りエッチングパターンを削り、
         Φ0.6で縁取り。キャブもカットし上下短縮。
・妻板 両サイドをカットし、幅をスケール約29mmに短縮。
・ボイラ t0.3を焼き鈍し厚いウレタンゴム板上で丸め。
     加工硬化するので追加で2回鈍したら1時間で丸まり
     ました。意外に簡単。
・煙室部 t0.3を丸め、段差はt0.6を丸め継ぎ足しスケール
      より1mmオーバー
・台枠  オリジナルはコ字曲げで形状が不安定のため廃棄、
      t1より自作。意外に簡単。
・動輪  オリジナル。軸箱可動(線バネ式)のため動輪を抜いて
      軸箱挿入
・ロッド  サイドロッドは第2動輪部で切り離し関節化。クロスヘッド
      は珊瑚5900用を流用
・シリンダ 7mm角棒 +東京の素材メーカー取寄せの特殊寸法
       パイプΦ7.5 より自作スライドバーはNゲージ洋白
       レールより。ガイドヨーク追加。
・後部砂箱 細いです。オリジナルの頂部をドリルレース成形し、
        Φ7丸棒を継ぎ足し
・エアタンク パイプ+真鍮釘成形で自作。バンドがオフセット
         しています。
・駆動部分 ギヤ付き動輪を第2動輪に移動、オリジナルの
        ギヤをアダチD51ギヤBOXを加工して収容。
        モーターは秋葉原200円モーターPPN13を、
        斜めの台に強力両面テープで固定。ジョイントは
        シリコンゴム。
・サウンド   PFMサウンド対応。Φ20スピーカー(8Ω、0.1W)を
        薄手の自作エンクロージャー
        に収容。コンタクトホイールはサカツウ製で第3動輪装着
・その他のオリジナル流用部品 煙室扉、蒸気溜、煙突、従台車
・主な交換部品 <珊瑚> B6用砂箱、安全弁、2500用送水パイプ、
               2500用キャブステップ、96用ブレーキシュウ
            <だるまや>ナンバープレート
           <ニワ>ブレーキシリンダ
・塗装前処理 ミツカン酢による酸洗+液体クレンザージブ
          +中性洗剤 
・塗装  トビカ トップガード。ウエザリングブラック擦り込み
      +パステルで粉塵汚れ

サイドタンク切接ぎの裏打ちt0.3使用 が最大の失敗で、平面性が
悪くて継ぎ目を隠しきれず、リベットも一部失いました。
右側(機関士席側)下部にエアータンクからエアー管がキャブに
這っているのは、継ぎ目隠しです。
といった具合で、D級機がせいぜいC級機になった程度で、
皆様の作品に比べたら月とすっぽんですが、「こんなこともする奇特
な御仁もおるんだ」とご笑覧いただけたらと思います。」

手間が凄いですね!!その成果も良い感じで・・・
私の腕では無理!!
我家にもある2900のジャンク!どこにでもある?

11101921

素直にゆるーくレストアします。ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

2011年10月19日 (水)

クラーケンさんへの誘惑

クラーケンさんの160への誘惑連絡が入りました。

「客貨車専門、カマの無い龍田車輌です。
でも本当は「カマが無い」のではなく、「カマを作る腕が無い」のです。

先日、帆船さんに「北炭の客車」エッチングして貰いましたが、
160用にこんな客貨車のエッチング板も有ります。

11101911

連想ゲームみたいですが、
誰かが機関車作られるとそれに牽かれる客貨車を

11101912

作りたくなります。

11101913

皆さんからの「こんなカマ作ってるゾ-!!」
情報をお待ちしています。」

ヘボ職人には無煙(ん?)ですが、ツ!!こりゃーかっこ良いですねー
さて、クラーケンさんどう出る?

さげぽよ?

遅ればせながら”さげぽよ”なんて言葉を使ってみました。
なんか、疲れ気味です。
そんな中、通勤電車です。

11101901

顔はイカツイですが、中身は優しいですね。
ヘボ職人と同じ系統の電車?
てなことで、近鉄デ51の塗装準備です。

11101902

しかし、コレに塗る色がおません。
何か良い方法を検討中です。
取り合えず走る状態にします。

2011年10月18日 (火)

そろそろですね。

運転会に向けての準備開始です。
そろそろこいつも完成させなければですね。

11101812

良い色になってきましたが・・・色は?どうしよう・・・
そして、最近はじめたレストア

11101811

入手してばらしてビックリなぜか屋根に大穴が開いていました。
部品も大分たりないので、ボチボチ進捗です。
来年は赤い電機を作りたいななんて考えが芽生えています。

クラーケンさんの進捗 その36 生地完成!!

祝!!生地完成です。
なんやかんやで完成しましたね。

「今日は、最後のディテールのまとめその他です。
きのう作ったボイラー周りの部品と配管関係を付けて、
水タンクの隅に手すりを付けました。これは珍しく、帯板
で巻いて取り付ける方法、いわゆる福原さんが前に
発売していた方法です。
次に自連の開放テコ受けを作りました。
開放テコ受けの側寄りはエコーのパーツ、前はそのまま、
後は加工して使いました。
中央部はリベット付き帯板を加工して作りました。

その後、煙突のキャップ、やはりちょっと幅小さくしました。
ついでに車体に半田付けしました。
煙突を上から見てネジ頭が見えるのはきらいなので。

これで、外観関係は完了。

一度総組立をして見ます。
が、案の定、すんなりと組み立てられるはずもなく・・・
まぁ想定の範囲内ですが・・・
車体のウェイトを削りまくって何とか組立が出来ました。

11101801

それで記念写真を撮って・・・・

11101802

いよいよ火入れ式ならぬ通電式ですね。
まぁ一応動輪は回転しましたが、ギクシャクするので
今後調整をしようと思います。

11101803

で、完成!と思うでしょうが、まだ集電ブラシを考えてもいません。
さぁどうなりますか・・・・

11101804_2

・・・というわけで、開始から伸べ36日間、夜だけの作業でしたが、
何とか形になりました。
ひとえに皆さんの応援のおかげだと思います。

11101805

何とか運転会までにちゃんと走るようにして、デビューさせて
やりたいと思います。
ヘボ職人の期待に反して、未塗装の予定です。

それでは次回作で。」

なーんもできていないヘボ職人としては何も言えません。
実機を早く見てみたいですね。

2011年10月17日 (月)

京都よりのお便り!!

京都より珍しい時間に進捗連絡が入りました!!

「皆さん励んでおられていますなー

珍しく、早い時間です。

メインロッドに溝が入りました、、、

11101721

酒の肴にして、今日の工作は無しです。

たまには早く寝ます、、、。」

22時20分!!昼寝ですか?

しばらく亀さん?

なんか疲れたーてな感じのここのところです。

11101711

いま、お疲れモードなのは仕事が忙しいからなんですが・・・
ボチボチ気分転換の工作をしつつ

11101712

ギアを入れていこうと考えています。 (* ̄0 ̄)ノ

クラーケンさんの進捗 その35

なんかえーなー、もう直ぐてな感じ!!
クラーケンさんの進捗です。

「今日はまず、きのう作った3枚の板です。

11101701

これはシリンダーの内側、バルブ部分です。
ここはバルブ部が直接見える車も多いのですが、
160はカバーが付いて、スライドバルブのスピンドルカバーが
先端を覗かせています。

11101702_2

現在はこのカバーが撤去されてバルブが直接見えています。

11101703_2

この部分の空洞にウェイトを入れました、作り方はいつもの
ハンマーワークです。

11101704   

これは先輪に軸重を加えるための物です。

この後、カプラー受を付けて、下回りはとりあえず
出来上がり・・・・かな。

それから、次は上周りのディテールです。
まぁ見てのとおりですが、細くて奥行きが大きいのでほとんどは
バーナーによる半田付けです。
煙室体積が大きいのでちょっと焼けましたね。
右側のハンドレールは中空になっていて、煙室の何かを
操作するための引き棒(原形についてた排気ブレーキの
操作部を外に出した?)になっています。

11101705

その取り付けで悩んでいますが、明日何とかします。
サイドタンクの手すり等を含め、外観は明日出来るん
じゃないかと思います。
その後は楽しい下回りの調整で、運転会までにちゃんと走るか!!」

もう目の前ですね。

2011年10月16日 (日)

阪急レールウェイフェスティバルに行ってきました。

今日は家族でお出かけです。
駅に行く途中に石屋川隧道の記念碑があります。
日本で最初の鉄道トンネルの碑です。

11101621

そしていつもの阪神ではなく、阪急電車です。

11101622

そして正雀に付きました。

11101623

そして、阪急レールウェイフェスティバルに到着しました。

11101624_2

いきなりオークションをやっていました。
奥さんに我家の扉にと提案しましたが、あっさり却下。ヽ(´▽`)/
まあ、そんなもんですね。

11101625

そしてタクシーや

11101626

バス!!を見た後は

11101627

アトラクションです。
クイズラリーや

11101628

乗用模型や

11101637

ビンゴなどで遊びました。

11101638

お父ちゃんとい息子は途中で分かれて電車見学です。
整備中の電車です。

11101629

パンタグラフなど機器がいっぱいです。

11101630

そして気になったのがこれ
カットモデル?
でもまだ廃車になっていないよね。

11101631_2

裏に回るとこんな感じです????

11101632

中間車の改造用でしょうか?それともアトラクション用?
そして、ターレットも見学。

11101633

お次は川重神戸にあった600です。

11101634

むっちゃ綺麗です。新車並でした。
内装も良い感じでした。

11101635_2

これも工場ぐらいでないと見ることができない中間車と
なっている先頭車です。転落防止装置を除けば原形ですね。

11101636_3

そして今では正雀名物のデイ100です。
900と一緒に動態保存です。

11101639 

乗車整理券を入手できませんでしたが、良い音を立てながら
走っていました。若いファンがあんな音で100キロを超えるなんて
ありえないなんて話していました。たしかに若い人にはそうですね。

そしてミュージアムゾーンです。
宝塚ファミリーランドの遺構のようなものですね。

11101640

懐かしいカットモデルたちですね。

11101641

さすがにこれは懐かしいを超えていますが・・・

11101642

今回一番気に入った車両です。2003です。
カテゴリーでは電気機関車です。
たしかにこの方向から見るとボンネットなしのウエスティングハウス型に
見えますね。

11101643

これは懐かしい電車さんです。ちょっとヘッドライトの方向が変?

11101644

こんな車両もありました。

11101645

この看板は見たことがありませんね。

11101646

車庫にいた気になった車両は救援車の4020です。
遠いい場所でした。

11101647

最後にマルタイを見て帰りました。

11101649

子供達も喜んで遊んでいました。
楽しい1日でしたが、お父ちゃんはヘロヘロになって帰りました。

クラーケンさんの進捗 その34

クラーケンさんの小物工作シリーズですね。

「今日は機構部品で残ってるカプラーと、ディテール関係を
始めました。

写真1枚目が今日作った物です。
右端は水タンク給水ハッチ、真ん中はカプラー関係、これは
初めは普通にKDカプラーの#58を付けようと思っていましたが、
やっぱり座がある方が格好良いので、面倒ですがエコーの座と
KDカプラーの#58を組み合わせることにしました。

11101611

さて、その左の板3枚、何でしょう?
答えは明日。

さて、カプラーですが、座を付ける場合の参考になるかと
思いますので、ちょっと詳しく書きます。
構造は、カプラーの胴を延長して先にΦ1.0の穴を開けると
言うことです。前は#6などの長いカプラーの胴にΦ1.0の穴を
開けてたのですが、ちょっとした衝撃でその部分が折れてしまい、
実用になりませんでした。
カプラー胴の先の方は幅が1.6程しかなく、そこに1の穴を開けると
横は左右0.3しか残りません、真鍮なら大丈夫ですがダイキャストは
すぐに折れてしまいます。
そこで今回は、この胴の部分に真鍮の角パイプを被せて補強する
こととしました。
角パイプと言っても市販品はないので作らなければなりません。
一般の角パイプは普通のパイプを圧延ローラーで整形して作りますが、
模型はそうも行きませんので、
チャンネルを作ってうえをふさぐ方法としました。
そして、ネジ穴のところは穴をふさぐ形で板に穴を開けた物を詰めます。
この角パイプは出来るだけ小さくしたいので、壁の厚さは0.2としました。
チャンネルは板を曲げても良いのですが、寸法がギリギリなので、
フライスで削りだしました。

11101612

写真2枚目は上の板を貼る直前です。
で、3枚目が仮組立の物と、組立前の状態です。

11101613_2

カプラーはエポキシで固定する予定ですが、復元バネを付けなければ
いけないのでまだ仮組みです。

11101614

で、4枚目はハッチです。
実物写真では横から全く見えないのと、組立図は側面にのみ
書いてますが、その長さはサイドタンクとほぼ同じなので、
楕円か長円だろうと考え、イギリスの機関車に多い楕円としました。
ふたの上面が膨らんでる物も多いのですが、同じメーカーの機関車で
フタが見える物があり、それは平らだったのでこれもそうしました。
つまみも全く分からないのですが、1100等で写真のような物が付いて
いたので、旋盤で削って作りました。
つまみの直径は0.5です。

今日は以上。
明日は今日作った3枚の板の取り付けと、配管、小物関係・・・
それで製作物は大体終わるかな?」

カプラーはなかなか悩ましいところですね。

三兎物語第3話

福フチさんの今回は進捗報告です。

「微速ながらも12日はハコなって屋根を乗せてみました。

11101601

13日は能書きの通り付けたら床板が見えてしまい
妻板に付く床板取付板を付け直して中梁を付けたら時間切れ。

11101602

14日は台ワクができて末期の山陰線浜田-米子間の行商用?に
使ってた頃の姿にしたかったので蓄電池箱の穴を埋めました。

11101603

今日15日は朝から仕事の同僚達と大蔵海岸でバーベキューに行ってきました。
夕方帰って来て屋根も穴あけを変更してこれから配管に入ります。
さてこんな調子で明日塗装できるかな??」

貨車作ってくる人がいるとは・・・
Σ(・ω・ノ)ノ!

2011年10月15日 (土)

えきそばリニューアル!!

限定商品で日清の姫路のえきそば のリニューアルです。
姫路B級グルメの姫路おでん風味です。
B-1グランプリが姫路で開催されるからでしょうか?

11101501

もちろん従来品も併売です。

11101502

色が暖色系にシフトしてますね。

11101503

パッケージ裏は姫路おでんの説明がされています。

11101504

中身はこんな感じです。

11101505

姫路おでんに使用されているしょうが醤油が追加されています。

11101506

この醤油を最後に掛けます。

11101507

味は?
従来の味にしょうがの風味が追加されたものでした。
突飛な味ではありません。個性?というには少し足らないような。
しかし、限定商品にバリエーションが出るといいうことは
人気ということでしょうね。
工作?今日も疲れか?ブログネタになるほど触っていません。
寝ます。

京都から、挽き物

旅行に行かれていた京都の師匠からのお便りです。

「先週は長野でビールに浸っていました。
長野は秋、から初冬の気温です(朝方は6℃~8℃)
今日の昼食はOJの御大と一緒にしました。
昼間からビールで乾杯(ちょっとだけ)
なんやかんや、資料、パーツを頂いていますので
御大の工作のお手伝いに煙突を一本進呈しました。

11101521

9200型用です」

こんなのがサクッとできたら楽しいだろうな・・・無理ヾ(´ε`*)ゝ

クラーケンさんの進捗 その33

次回ぐらいには完成車体が見えるか?
クラーケンさんの工作連絡です。

「さて、私の160ですが、
きのうに続き、ブレーキ装置です。
引き棒が動輪をはさんで4本あるので、動輪の動きを考慮して、
写真のような感じになりました。
ブレーキハンガーの左右の渡しは芯にΦ0.4を通した
外径0.6のパイプで、一番外側の0.4を半田で止めてるだけなので、
パイプに付いているブレーキハンガーは自由に回転します。

11101511

また、後のブレーキ軸は中に0.6を通した外径1.0のパイプで、
段差をつけて、キャブステップ下部の軸受けにプチッと差込みます。
ブレーキ軸のベルクランクはエコーのブレーキてこパーツセットの
一番小さいのを2枚重ねにして加工しました、
エッチングで大量に入っているので使い道が多くて大好きです。
このクランクの先のΦ0.4の線にブレーキ引き棒をはめて、
やっと出来上がりです。
だから、現時点では各部が可動するので、
ブレーキを動かせます・・・・・・
と・・・・書いて、ブレーキ軸のベルクランク、そのうち1個は90度の
てこが付いて手ブレーキになるはず・・・・を作るの忘れてた!!!
これでは全くブレーキが利かない!どーしよーーー
まぁ時間があれば作ると言うことにしましょうか。

で、それを台枠に付けるためのM1.0のネジで止めるための
穴をけがいて唖然。
台枠の補強にした側板を結ぶ上板や、モーションプレートの
ところのふさぎやらが、ブレーキハンガー上部と、それを止める
ネジに当たって、穴さえ開けられない状態です。
「ブレーキなんか、後から考えれば良い」と思ってたのが
仇になりました。やっぱりこういうものもきっちり設計段階で
考えていないと・・・・
結局、この段階でフライスにセットしてΦ2.0のエンドミルで
削る破目に・・・・

11101512

その後、台枠の側板にM1.0用の穴を開けるんですが、第1動輪用の
穴が、ちょうど前ステップの裏、
台枠の穴からピンチャックに長く出してくわえた0.5のキリで内側から
だましだまし開けて、それを3段階で大きくして1.0にしました。
ここのネジは台枠内側から入れて、ブレーキハンガーはタップです。

11101513

後半最大の難関がクリヤーできたので、あと1週間で何とかなりそうです。
但し、塗装は無理!」

塗装?
無理?
いーや、あんたならできる!!

2011年10月14日 (金)

やっぱり呑んだ翌日は・・・キツイ (u_u。)

今日は帰りに気になっていた阪神元町の広告です。

11101401

発売中!の後に顔が出ます。最近多いですね。
帰宅後、工作机の椅子に座っても・・・気が乗らん。

11101402

ということで、整備中、工作中の車両たちを

11101403

80系は間だけでもできれば走らせますね。
300番台はライトレンズとワイパーが要りますね。
・・・今日も寝ます。Zzzzz・・・・

クラーケンさんの進捗 その32

さて、クラーケンさん!!この土日で完成するのか?

「懸案のブレーキ装置の構想がやっとまとまったので、
工作再開です。

ブレーキハンガーは昔のトビーのネルソン用を整形、
穴あけをして所定の寸法に仕上げ、次はブレーキ引き棒。
これがなかなか厄介で・・・・
t0.3で幅は0.6しかありません、これを真鍮で作ると、
もうペラペラなので、強度を考えてステンレス板を使いました。

11101411

ステンレス板はいつものSUS430ですが、細長いので
ヤスリかけで結構苦労しました。
それを4本作っただけでもう疲れたので、今日はこれだけです。

11101412

明日はパイプをたくさん切らなければなりませんが、
明日ブレーキを終わらせたいと思います。
そうすれば、残る工程はわずかです。」

なんか完成しそうな予感!!

午前様でした

今日・・・昨日は友人との飲みでお久で更新できませんでした。
生きています!!
今朝はこんなものや

11101311

こんなもの

11101312

の写真を撮っていました・・・昨日か  (;´Д`A ```
明日も仕事・・・もう寝ます。

藤江交通6号の進捗連絡その15

野生好きさんの生みの苦戦記でしょうか?

「試運転の結果、なんと右ユニオンリンクが吹っ飛び、
しばらく意気消沈でしたが、本日復旧しました。
まだ、隠れ故障の根を持っていますが、それはそのときのこと、
です。結果はまだ回転せず。

11101301

動輪上下動の抑制が無さ過ぎてロッドがV字になってしまいます。
やっぱり動輪押さえをもうちょっとマシな方法に変えましょう。
せめて運転会で皆さんに安心して触ってもらえるように。」

チャレンジしての苦戦は楽しめますよ!!あとあとたぶん。 ( ^ω^ )

2011年10月12日 (水)

運転会の準備です

今日の帰りの山陽電車です。やっぱり模型化は難しい!!

11101201

そして帰宅後、秋の運転会シーズンに向けて車両整備です。

11101202

ヘッドライトが取れてしまってます。
根っこがもげています。

11101203

ドリルで残った部分を削ります。

11101204

そこで取り出したのはCAB製の部品です。

11101205

電車用ヘッドライトです。プラ製なので点灯できるのでは
この方にお願いして確保しました。

11101206 

元々の部品より一回り小さいです。

11101207_2

取り合えず取り付けてみました。
写真で見るより暗いです。

11101208

横からも小さいですが、妥協するかな?

11101209

なんとかナイトラン向けに整備する予定です。

三兎物語第2話

福フチさんの進捗?報告です。

「トクイさん、みこし担ぎお疲れさんでした。
ウチの地区にはみこしが4基と子供みこしがあって、
トクイ村でもこんな大きいのを担ぐのかと思ってました(笑)

11101211

土曜から貨車を作らねばと黄色い箱を開けて、

11101212

日曜は朝からベランダのゴーヤを片付けて、聖護院ダイコン
やらタマネギを植えて昼からゴソゴソして夜は4車線の道を
封鎖して4基が盛大に集まる祭りの締めを見に行ったりで
してやっとここまで。

なんさつは藤江交通さんのバルブギヤを見て、やっぱりええなあ
と思いちょっと待った!で1兎持ち越し。」

そんな大きな神輿があったらえーなーと思うけど、
この辺の道では無理ですね。

2011年10月11日 (火)

クモハ73その3

そろそろひっつき虫も良い感じで熟れてきました。
子供達と遊ぶのが楽しみです。

11101111

つぼみ堂改造の233を作っていると、瀬戸のお方から
指令が来ました。

11101112

ひかり模型の001です。今作っているつぼみ堂製との
違いはアルミサッシの桟の位置です。
まず、つぼみ堂製と平行して組むので、箱組まで済ませました。

11101113_2

ちょっと並べてみました。
同じ前面構成ですが・・・窓の寸法が違う

11101114

はなくそ(大鉄型通風口)が付く寸法があるので、ひかり製は
少し高さ方向が長いようですね。
まあ、これも個性として進めていきます。

うちの若手のレポートです。その3

高砂の工場さんの進捗です。
運転会で見せてもらえるのが楽しみです。
ただし、ヘボ職人のとは並べたくないような・・・(;´Д`A ```

まずはモハ80 101です。
「戸袋窓が1段凹んだタイプにしてみました。

11101121

キットが更新車タイプでしたので、LazyJack製窓枠が嵌るように
広げて窓枠を取付。その後でHゴムを作って取付。」

そして、クハ86の2次型

「運転台の取付をしました。

11101122

乗務員ドアはピノチオ製ですが、下部のプレス表現の凸部は
削り落としたあと、帯材を加工して取付しました。」

そして、珍車1.5次型

「100番台に続いて運転台の取付を行いました。」

11101123

この流れで以前貰っていた運転台です。

「パーツを削って、付けてそれらしく。こんなものでしょう。」

11101124

中央上段:元になったパーツ(福島)
左下段 :不要部を取除いた物
右下段 :完成品

こんなものどころではおませんね。
本当に楽しみ!!

クラーケンさんの進捗 その31

クラーケンさんの進捗連絡です。
涼しくなって元気になったようです。

「今日はちょっと用事があって、一工程だけです。

まぁ写真を見ていただければ一目りょう然ですが、
大正14年の自連化後と設定してるので、
「A7」は邪魔ですので削りました。
キサゲは、もう40年も使ってる年期物で、毎日使う物で、
作業の度に研いでいるので大分短くなりました。

11101101

これ1本でひたすら削ります、・・・と言っても片面5分程度
ですが・・・・
エッチング板は、エッチング液の流れの影響で、出っ張りの
横が少しえぐれているので、最後の仕上げに気を使いますが、
全部キサゲで削って、最後にナイロンタワシで磨いただけです。

11101102

作業はこれだけ、後は、上周りのディテールやブレーキの
構造等の調査とある程度の寸法だしをやりました。」

ヘボ職人がやるとちゃんと痕跡が残ります!!
はい!!自身があります。

2011年10月10日 (月)

80系の工作その19

今日は予定通り上回りを塗り始めます。
定石どおりエコー製札差を切り離す前にハンダメッキして

11101031

そして切り離します。

11101032

バーナワークで取り付けました。
水→中性洗剤→アルコールで脱脂の行程を経て
プライマー→オレンジの順に塗装です。

11101033

どうもプライマーの塗りに失敗したようでザラザラです。
ヘボ工房クオリティで進もうとしましたが・・・・
資金難で緑を買えず・・・・A4ケースに入れてお蔵入りです。
小遣いが出次第完成させます。 (=´Д`=)ゞ

徳井神社の秋祭り!本宮!!

昨日はブログの題名にもなっている徳井村の中心徳井神社の
秋祭り本宮でした。
好天に恵まれ、最高のお祭り日和でした。

11101011

多くの人が集まってきました。
そんな中、厳かに本殿から神輿が出てきます。

11101012_2

本宮の始まりです。
徳井村のメインバンクあましんさんの太鼓を先導に練り歩きます。

11101013

子供神輿も準備万端

11101014

気合を入れての練り歩きです。

11101015

子供達は少しお疲れ気味です。

11101016

途中、徳井会館での休憩や、高島酒店でのアイス休憩を
挟んでがんばりました。

11101017

そして、最後に神社の前を全力疾走で3往復!!

11101021

ヘロヘロに成りながら、無事帰還しました。

11101018

そして、祭りの片付け後にお楽しみの宴!!
宮司さんや世話役さんの音頭の元、開催でーす。

11101019

楽しいひと時を過ごしました。

11101020

帰りに信号で一人酔いつぶれていた方を拾ったのは
内緒です。
お疲れ様でした。また来年!!

クラーケンさんの進捗 その30

気になっていた煙突関係の製作ですね。

「今日は、「明石の挽き物やさん」です。

とは言え、最初はきのうの煙室扉のヒンジを削ってからですが・・・。
ハタボーさんから最初にエッチング板と動輪と挽き物をもらったのが、

11101001

この機関車を作り始めるきっかけとなったんですが、
いよいよ、それを付ける段階に来ました。
煙突は2両分あったので、写真は取り付けた物と元の状態です。
元の状態では、裾は旋盤で挽いたままの状態だったので、
ヤスリ等で煙室に合わせて削りました。
煙突は、原型では先細でキャップはもっと小さいのですが、
明治中期の写真では先太になって、キャップも大きくなっています。
ただ、キャップのツバはちょっと大きいので、削ろうかどうしようか・・・・
仕上げはまだなので、少し隙間がありますね。

11101002

ドームの裾は削ってくれていたのでそのまま付けました。
安全弁カバーも作ってくれていたのですが、裾の広がりが無かったので、
腕試しもかねて作ってみました。
上の排気管はΦ1.6のパイプです。
屋根をスケールで作ったので、エッチング板の火室の安全弁カバーの
センター位置では、屋根板の段のところに排気管がきますねぇ。
安全弁カバーを図面通りのところに付けると、0.8mm程度狂っていました。
排気管は長く切ったのでカットする必要があります。
それで、全体を組み立ててみると・・・・

11101003

酒の肴になりそー
えっ、火室とボイラーに隙間があるって?
それは火室のウェイトを付けるとちゃんとなるはずです。」

酒の肴?判りますねー

2011年10月 9日 (日)

80系の工作その18

少しずつ完成に向かっています。

11100911

写真に撮ると酷い出来です。
キサゲに励まないといけませんね。
息切れでダウトがありますが、良しとします。
札差はエコー製を奢りました。
サーっとトーチワークです。

11100912

3次型はライトケースを付けるのにアングルを削りました。

11100913

何とか上回り完成です。

11100914

そしてクハ85も上回り完成です。

11100915

あと少しで塗りに入れそうです。

クラーケンさんの進捗 その29

私の80系も佳境ですが、クラーケンさんもそんな感じです。

「今日は煙室扉のヒンジです。

まず、0.8角の端っこにΦ0.45の穴を開け、端面を丸めます。
それから、煙室の穴に入れるところをΦ0.8の丸形に丸めます。
この辺は細かい作業で虫眼鏡(老眼鏡)が離せません。

11100901

それをΦ0.4の線で一旦つないで、
煙室に取り付けるところの座板を1.2x0.2の帯板をなまして
横にゆるく曲げて4.5mmピッチでΦ0.8を開けて、端面を
丸めます。

11100902

これは一旦ここまでで、取り付ける時には2つに切り離す
予定・・・でした。
これらを煙室にあてがって当たりを見ると・・・
例のエッチング板の寸法違いの段差のせいで、せっかく
作った座板を付けられない事が分かり、泣く泣く廃棄です。
気を取り直して、煙室の所定の位置にΦ0.8を開けて、
煙室側のヒンジの受けを付け、その後で当たりを見ながら
煙室扉を付けました。

11100903

扉側のヒンジを扉のカーブにあわせて整形して、軸を通して
全部を固定しました。
扉を開けようかとも思いましたが、開けると内部も作らねば
ならなくて大変なので塞いでしまいました。

ヒンジはキサゲと扉側を薄く削らなければいけませんが、
時間が来てしまったんで、それは明日とします。」

失敗しても、トリャーと付けちゃうヘボ職人とはちがいまんなー

2011年10月 8日 (土)

80系の工作その17

さて、80系のラストスパートです。
京都の師匠から教えていただいた車両の養生です。

11100821

1日漬けたら何か白い物が出ていました。
隙間の残留フラックスが置換されるようです。
そして小物の取り付けです。
まず、1次型から。
正面窓下の通風口を付けます。
適当に切った帯材の裏にハンダを乗せます。

11100822

後はバーナーワークです。
ピンポイントで暖めて固定し、位置修正しました。

11100823

そして、ジャンパー栓を付けました。
開けた形にしたかったのですが、手持ちにないので断念。

11100824

正面はあとタイフォンを接着するだけです。

今日はイベントです。

今日は末娘の幼稚園最後の運動会です。

11100811

好天に恵まれ良いコンディションでなによりでした。
そして、徳井神社のお祭りも始まりました。

11100812

こじんまりしたユルーい祭りです。

11100813

ヨーヨー釣やストラックアウトなどの遊びや

11100814

徳井村民による焼きソバやたこ焼きなどの軽食など
ほのぼのとやっています。

11100815

徳井神社については月末にテレビで放映されるそうです。
それから、播磨観光タクシーさんの言っていた神社の裏側は
こんな感じです。

11100816

石はコレでしょうか?
西側に一般のお宅のようでした。
さて、明日は本番の神輿担ぎです。

クラーケンさんの進捗 その28

エンジン全開のクラーケンさんの工作報告です。

「今日は屋根のはめ込み構造と、煙室扉を作りました。

・・・・その前に・・・・
皆さんの綺麗な工作台を見て・・・数年ぶりに旋盤周りの
掃除をしました。ハタボーさんと違って、うちのはML-210です。

11100801

うず高く堆積していた切り粉を取り除くと、切削油はこぼれてるわ、
色んな刃物が埋まってるわ・・・・
旋盤周りだけで灰皿のかんかん2/3くらいになりました。

その、せっかく掃除したばかりの旋盤で、煙室扉を作りました。
素材はΦ13の丸棒です。

11100802

煙室前面のエッチングパターンは、Φ13で出っ張りがあるのですが、
組立図ではΦ12弱です。
一体何を見て・・・・
削りとるのも面倒なのでそのままとしましたが、不要な段が付きました、
これだけは実物よりディテールがある・・ってねぇ。

11100803

Φ11.8、最大厚さ0.7mmでさらっと作りました。

その後、屋根板の裏側に、1x2のアングルを切った物を半田付けして、
角度を調整して終わり。

11100804

車体につけてみたら・・・

11100805

ちょっと隙間が開いてますねぇ、これは完成までに何とかせんと・・・

今日は工作はたいしたことないですねぇ。」

ゼーッタイ、これ見てニヤニヤしとるね。
よろしいでんなー!!

2011年10月 7日 (金)

クモハ73その2

今日の昼食はすき焼きでした。

11100741

残った汁をごはんに掛けて食べたら最高でした。(・∀・)イイ!

で、きょうの工作ですが、昨日から手をつけましたが、やはり顔
ぐらい作りたくなり今日は箱にしました。

11100742

京阪神間の”しょーせんでんしゃ”で良く見た顔です。

11100743

寸法なんて適当です。まさに雰囲気重視です。
80系が終わったら、いじくってやろうと思っています。

藤江交通6号の進捗連絡その14

野性好きさんの進捗報告です。
これも運転会でみれるかもですね。

「毎日うだうだと考えては寝て考えては寝て。
本日やっと重い腰をあげました。ブレーキロッドの固定です。
後部がブラブラやったんで、固定し、試運転。

11100731

結果は、前進はほぼ問題なく回転しますが、後退がダメです。
前進で当たりがとれたら、動輪軸の固定方法を練り直せば
なりません。

11100732

また、左モーションプレートに相当の応力が掛かっており、
疲労で折れるかもしれません。たっぷり油をやって長時間
試運転の予定です。
ほな、また。」

なぜ、前後で調子が変わるのでしょうか?
蒸気をやらないヘボ職人には判りません。 ┐(´-`)┌

京都から、挽き物やさん

ヘボ職人とは対極的な工作をされている京都のお方よりの
進捗報告です。

「まいど
お疲れさんです
形になってきましたなーーー
しかし、ややこしい屋根やねえーー
今日の進捗 煙突のスソ合わせ+++++
フライカッターブンブン回して削ります

11100721

そう言えば、最近ハンダ付けをやっていません。。

古い客車、、、※※※※※※※※※※※※

11100722

マツモト模型特製、、、、おそまつくん製作所製、、でした」

煙突の裾ってどうなるのか皆目わかりません。(^-^;
客車はザッツマッチ箱ですね。

クラーケンさんの進捗 その27

クラーケンさんの160もそろそろ佳境ですね。

「きのうは、あまり時間が取れなかったので、屋根の構造を
考えていました。

今日は早速製作です。まず、材料の切り出し、
エッチング板は、単なる板が1枚だけだったので、それを
2重屋根にすべく、t0.3から、屋根板の1.5mm短い物を切り
出しました。
それを屋根板と同様に曲げ、2重部分のスペーサーとして、
0.8角を下屋根の淵に0.2mm程度ずらせて付けます。
同じ角材を屋根後部のカーブに合わせて折り曲げ、その
へこんだところに、Φ0.5の穴を等間隔で開けましが、
微妙にずれています、はたぼーさんのような工作は
やっぱり無理やねぇ。

11100711

ここの構造、写真でははっきりせず、明治村の保存機は
屋根を丸々変えてしまってるので参考にならず、
この辺りは多分に創造の産物です。
同じ角材で、屋根の前のスペーサーを作り、それらを
半田で組み立てます。

11100712

上には雨樋があるので、0.5角で、角に隙間を開けて取り付け、
切断面を45度程度に削って、今日の作業は終わりです。

11100713

屋根ははめ込みにする予定なので、「ハマリ」を作らねば
なりませんが、これから構造を考えて、明日の作業にしよう
と思います。

11100714

写真は下回りと上周りをネジ止めしてしっかり組み立てた
物に乗せただけです。」

なかなか格好良いですね。
運転会が楽しみです。

クモハ73その1

80系をお風呂に入れているのでその間の軽工作です。
つぼみ堂のクモハ73のジャンク品を組み立てます。

11091405

この顔でしたが、関西型に変えちゃいます。
まず車体を見て乗務員扉を変更します。

11100701_2

パテで改造なんて腕はないので、切り抜いてしまいます。
そしてジャンク品から適当な鋼製乗務員扉に変更です。

11100705

そして前面です。
連結側の面を治具に前面を切り出しました。

11100702

そして適当に写真から割り出した寸法でHゴムを作って貼ります。

11100703

そして、適当な幅を残して窓を切り抜きます。

11100704

まあまあというところでしょうか
今日はここまでです。

2011年10月 6日 (木)

80系の工作その16

今朝の通勤時のひと時です。

11100601

鴨がやってきました。
白鳥の湖ならぬ鴨の湖(関取?)ですね。
今日の工作です。
昨日の湯上りの車両たちです。

11100602

今日はアングルを取り付けました。
なんとか完了です。

11100603

予定より1日遅れですがなんとかできそうです。
きょうも車両たちとお風呂に入ります。

2011年10月 5日 (水)

80系の工作その15

秋を感じ始めた通勤路のアジサイがなぜか満開です。

11100511

今日の工作はまず、裏側を処理です。

11100512

ニッパーでプチプチです。
車内はそれなりにです。このお方みたいなセンスや腕は
ないので、見えないところの処理はなしです。

11100513

そして窓枠です。
先日、購入したLazyJack製を使います。

11100514

なんたって、位置決めに時間不要です。
嵌め込めばバッチリです。

11100515

しかも、車体板による引っ込んだ感じもなくなり、
ピノチオの秀逸なプレス窓枠と並べても違和感なしです。

11100516

あっという間にできました。

11100517

お次はアングルです。
ピノチオの治具を使います。

11100518_2

ドヒャッとハンダを流しました。

11100519

さて、お風呂に一緒に入ります。

クラーケンさんの進捗 その26

クラーケンさんの工作は、今回もウエイト作りです。

「今日は、ウェイト関係です。
まず、1x5の帯板を各寸法に切断して、各水タンク下面の、
ウェイトを切り欠いた所にはめ込んで半田付けしました。
ついでにウェイトも付けてしまいます。次は、火室のウェイトを
作りました。例によって、ハンマーワークです。
1枚目の写真の物をまずサイコロ状にして、肩のRを整形しました。

11100501_2

元の物がちょっと大きすぎたので、
適当にカットしながらハンマーで、細かい寸法出しは
荒目のヤスリです。

11100502

これを火室いっぱいに入れます。

11100503

この後、前に作った治具で水タンク下面にタップを立てて
今日の作業は終わりです。
この後、動輪とロッドがウェイトに当たるので削る必要が
ありますが・・・

今日作った火室のウェイトは30g、下回りのネジ止めの
機構部品を除いた重量は130gになりました。
どれくらい牽くか・・・・・

そうそう、ヘボ職人がハンマーワークを「特殊作業」のように
書いてたけど、これこそ「案ずるより生むが易し」やってみたら、
意外に簡単よ。
鉛は、鋳造したままより、叩くと密度が上がって重くなるしね。」

ヘイ!そのうちチャレンジしてみましょ ( ^ω^ )

2011年10月 4日 (火)

80系の工作その14

いつの間にか公園の桜が色付いていました。

11100412

秋ですね!!
我家のコオロギも大きくなってきました。
栄養豊富な餌のためかデブロギと呼んでいます。
良い音を聞かせてくれます。
でも、そろそろ繁殖なので、草むらに放ってやりましょう。

11100411

今日は雨樋を取り付けます。
ハイトゲージを滑らせてケガキです。

11100413

サクッと付けてしまいました。
着々と完成に向かっています。

11100414

週末は天気が良さそうなので、スパートですね。

2011年10月 3日 (月)

80系の工作その13

のどかな亀さんの語らいを見つつ通勤でした。

11100401

何とかこの程度まで片付きました。

11100402

かたわらはこんなのですが、

11100403

80系は少しだけ進捗です。
手摺を取り付け終えました。やれやれです。

11100404

予定より少し遅れましたが
後は小物の取り付けです。週末には塗装を目指します。

クラーケンさんの進捗 その25

クラーケンさんのヘボ職人にはありえない技の披露です。

「先週は、仕事が忙しかったので、ほとんど工作が出来ません
でしたが、5日ぶりの工作です。

今日は前回作った穴あけ治具で床板に穴を開けて、
上周りは、タップを立てるのに板を付ける必要があるんやけど、
その板を付けると、リヤータンクとサイドタンクのウェイトが
付けられなくなるので、
先にそこに入れるウェイトを作りました。
写真1は素材の普通のウェイト、

11100301

それをハンマーでたたいて延べ棒にします(写真2)。

11100302

それをさらにたたいて、大体の形にして、ヤスリで整形して、
リヤータンク用が出来ました。
写真3の手前がそれ、

11100303

奥はさらにたたいて、次のサイドタンクの素材にしたものです。
それを切ったり、たたいたり、削ったり・・・で、完成。

11100304

ここまで作ってたった55g・・・・やっぱり小さいからねぇ・・・

上周りにはめて見ました。
へこんだ所に、後ほどt1.0の板を付けてタップを立てます。

11100305

今日はまだ時間が早いのですが、ハンマーを振るったので、
もう握力が無くなって・・・、今日は終わりです。」

凄いなーといつも思うけど、真似する気にはなれない
技ですね。
この機関車もイッパイ引きそうですね。

2011年10月 2日 (日)

今日はおかたづけ

ここのところ内々で工作室の散らかりが話題に
ということでかたづけをしていました。
とはいえ、なんぼやってもダメダメでしたので
そんな中から出てきたものを

11100221

この形式なーんだ?
答えはC53らしいです。

11100222

何をどう見たらこんな形状になるんでしょうか?
ぱっと見、D50かと思った。
まあ、チョコエッグなので無茶苦茶ちっちゃいですので

11100223

こんなものでしょうか?

徳井神社の秋祭の準備

今日は徳井神社の秋祭の準備です。

11100211

幟を立てて回ります。
足を痛めている私は組み立て担当です。

11100212

神社の周りにも立てて回ります。
和気藹々と作業を進めていました。

11100213

来週に向けて足を直して行きたいと思っていますが!!
さあ、治るのでしょうか?

京都よりのお便りです。

涼しくなってきて、みなさん工作が進んでいるようですね。

「夕方から哲学の道沿い で呑んでいました
昨日も呑み会だったので今日は少し自粛して、、、
帰ってからの工作、、、

11100201

片側のみ写真を見たら、
コッターピンを忘れていました工作室のみだけでなく
家全体が大変です
しかし、埃で死んだ奴は居ない!!!
M様、、、掃除を出来る事自体が羨ましい、、、
旋盤の下に挽き粉が山盛りになって来ました」

粉塵爆発なんてのがあります・・・そこまでは・・・
そりゃそうです。

京都よりのお便りです。挽き物屋?ボルト!!その3

ボルトの作り方です。
ヘボ職人にはありえない技術ですね。

「龍田車輌さんのリクエスト平径0.8mm、軸0.5mm
ちょっとこれ以下は不可

11100121

11100122

11100123

11100124 

ピンバイスは頭が六角のもの(昔、福原さんで購入)

11100125

突っ切りバイトは Dさんお勧めのもの
(よく切れます、買ったままで使用)
クラーケンさん、失礼しました失言でした、、、反省、、、
本当は綺麗な工作台で工作がしたいと思っています。。
でも、ムリ
龍田車輌さん宅もキレイです。」

龍田車輌さんちは綺麗なことは想像付きます。
ヘボ職人の部屋は・・・樹海です。
しかし、六角の作り方は目からウロコですね。
でけんけど・・・

2011年10月 1日 (土)

藤江交通6号の進捗連絡その13

野性好きさんの進捗です。

「先日バルブギアができましたが、バルブスピンドルが踊るので、
本日はそれを押さえ込もうと、受けを作りました、左右で微妙に
違う寸法なので、平均をとって、スライドバーから1.8mm×1.0mmとして
イモ付けしました。穴はあらためて1.1で開けなおしました。

11100111

なんとか動輪は回りましたが、スライドバーは取れるし、
右前死点でつっかかるわ。
モータを付けて慣らし運転しようにも、動輪押さえがええ加減なので、
ろくろく回らず。手で強引に回して当たりが取れた模様。

ここらで紙の客車でもやろうかと・・・・・・。」

私と同じ箸休めですか。
でも紙も楽しみ!!

80系の工作その12

今日はフットサルのためにお出かけしました。
西明石のクモヤ145の撮影をしました。
団地内の人にお断りして1枚撮りました。

11100101

そして、東二見のコンビニで朝食を撮りつつ風景を1枚
良い風景でしょ。

11100102

そして・・・足をやっちゃいました。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

11100103

そのあと足を引きずりながらクラーケン邸裏の川で
川海老を捕獲しました。(クラーケンさん撮影)

11100104

帰宅後、爆睡して工作です。
ひたすら穴開けです。

11100105

2両分は完了しました。

11100106

高砂の工場さんと比較は厳禁です。(=´Д`=)ゞ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

ウェブページ

ブログパーツ

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

  • いぶき工房
    バス・鉄道を紙技を駆使してカッコ良く作られています。一度失敗したらやり直しが効かない接着剤!!紙挫折経験を持つ金属工作派の私からすれば、まさに神業です。ウィットなブログ(お茶の間にて)もGOODです。
  • 茶の間にて
  • レールギャラリー六甲(六甲模型教材社)
    幼いころから通い詰めた模型店です。 豊富な部品在庫でいつも助かっています。 休日にフラッと私が出掛けるというのは、ココというぐらい自分の生活の一部になったお店です。
  • 岡山模型店DAN
    付き合い始めて30年以上。訪問した際にはお喋りを楽んでいます。店主の写真や色のこだわりにはいつも感嘆しています。
  • LazyJack
    こだわりが凄い!!どの製品も実物と見紛うばかり。 レイアウト関係部品では有名ですね。車輌関係部品も秀逸で、実物どおりの釣り掛けモータなどもあります。 トクイ車輌では繊細ですが固定しやすい国電の窓枠を特に愛用させていただいています。
  • You-enてっど
    このページの管理人の方とは、通勤時に一緒になることがあります。その際には、いつも楽しい時間を過ごします。「熊本市周辺の鉄道のちょっと古い時代から現在までの写真と1/80鉄道模型」の渋いこだわりを感じるHPです。
  • メジロのめ次郎ホームページ
    ネコさんのCRAFT MODELS 6に掲載の蒸気機関車の質感に引き寄せられて訪問しました。私の目からウロコがドバッと落ちた情報があり、大変感謝しています。今後も掲示板での情報や、工場での製作内容も大いに参考にさせていただきます。
  • RailModel& café くろがねや
    京都の哲学の道にある”くろがねや”さんです。 人柄の良い店主さんです。模型の腕も一流です。 へぼ職人とはえらい違いです。 近くへ行かれた方はぜひ和んでください。
  • HINODE MODEL&岸日の出堂
    佃煮と鉄道模型を扱っているお店です。 人の良い店主さんやっておられます。 3丁目の夕日に出た”こだま”号の作者で、 阪神百貨店の鉄道模型フェアの顔にもなった スッゴイ腕前です。長田に行かれた際には 是非立ち寄ってください。
  • 鉄道模型NEXTホームページ
    その昔、銀河模型からの昔馴染みが社主をされています。センスの良くちょっとマニアックな模型たちが良い感じです。 ヘボ職人は、社主の作られた山陽電鉄3000系の型紙にチャレンジして、見事玉砕した思い出があります。 そろそろ、ペーパーにリベンジなんて考えているヘボ職人には気になるメーカーです。
  • 切粉だらけの工作室からⅡ
    卓越した技術を持っておられるクモハ32000さんのブログです。ヘボ職人のお手軽とは逆の世界を見ることができます。
  • 阪鉄車輛
    コメントのやり取りをきっかけに親しくなった阪鉄車輛さまのHPです。容量が一杯になったそうで、freemlでブログを展開されています。丁寧な工作、美しい塗装、隠れたるギミックと羨ましい腕の持ち主です。これだけで一見の価値があります!!
  • H5の工作日記
    たぶん、この国のどのモデラーもこの方の作り方には目を丸くすること請け合いです。是非みなさんもH5ワールドを体験してください。
  • 汽車をつくる
    ブログの主は30年前ぐらいから存じ上げています。さらに共通の友人もイッパイ!!ただ、ヘボ職人とはラベルが違う達人のお一人です。貨車関係の技術的アプローチなど楽しませていただいております。
  • 汽車好きクラーケン
    冗車会会長のクラーケンさんがブログ開始です。汽車好きなんてカワユイ名前ですが、中身は・・・これからのお楽しみ。
  • E.NUKINAの60's鉄道模型コレクション
    古い物、特に鉄道模型社の話題でお付き合いしていただいています。奥が深い世界にドップリと浸かっておられるお方のホームページです。
  • イヌゲージ鉄犬
    このページは禁断のページです。(爆)っと咳をするイヌフルエンザがうつる可能性があります。行く場合は心してください。なお、その件に関する苦情は一切受け付けません。^^
無料ブログはココログ