« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

2011秋のりゅーでんさんの運転会 道中編その4

三島駅で電車待ち中に伊豆箱根鉄道のホームには
復活赤電がやってきました。1100系です。
最後の花道ですね。

11113001

帰りにはじっくり撮影しようと心に決めて軽く撮影・・・
これがあとで後悔することに

11113002

なぜ、伊豆箱根鉄道のホームに行かなかったのか?
それはこいつに乗るためです。
185系の踊り子号です。
これは、なんと伊豆箱根鉄道内は快速。すなわち特急料金
がいらないということをなかむらさんに教えていただいて
いたからです。

11113003

そして先頭車の一番前列に乗ってやろうと待っていると、
なんと先客にぼおるどういんさんが居られました。
楽しく、修善寺に到着して、お迎えのりゅーでんさんと合流しました。
途中のトラブルなどの話をお聞きしながら修善寺の脇をとおり

11113004

見えてきました花月園!!
4日掛けて・・・いやいや8時間掛けての到着です。

11113005

ここまではさすがに遠かったですね。

11113006

さあ宴の始まりです。
続く

2011年11月29日 (火)

2011秋のりゅーでんさんの運転会 道中編その3

吉原の岳南鉄道乗換え口で三島までの切符を購入しました。
なんと硬券でした。

11112902

吉原では機関車たちが佇んでいました。
工場をバックに1枚

11112901

やってきたのは313系です。

11112903

またまたノンビリとオノボリサンをしていました。

11112911

そして、原駅に着いた時に目の前に油庫が見えました。
初見です。

11112904_2

カッコ良いですね。
車内の妻板部には路線図が

11112905

なんかうれしいですね。
そんなこんなで三島です。さすがに三嶋大社の門前町
駅舎まで神社仏閣造りですね。

11112910

ここからは伊豆箱根鉄道です。

11112906

ここで、時間があったのでお腹を作ります。
目に入ったのは駅そばです。

11112907

きつねより山菜の方が安いではありませんか!!

11112908

もちろん注文したのは山菜そばです。

11112909

ちょっと甘めの出汁で、美味しくいただきました。
さて、もう少しで修善寺です。
続く

2011年11月28日 (月)

2011秋のりゅーでんさんの運転会 道中編その2

今までは車での訪問でしたので、叶いませんでしたが、
今回初めて岳南鉄道に乗りました。

11112728

待っていたのはこの電車7000型です。
両運単行の可愛らしい電車です。

11112801

乗り込んで、かぶりつきに陣取りました。

11112802

そして、しばらく走ると・・・ジャーン!!
正面に富士山が見えるではありませんか!!
オノボリサン全開です。

11112803

そして比奈付近の工場です。
製紙工場でしょうか?

11112804

時間を十分取っていたので、終点まで乗ります。

11112805

30分弱で終点に到着しました。

11112806

端っこの駅舎です。

11112807

その昔、クラーケンさんと訪れたときにはED28が鎮座して
いましたが、今は電車が2両だけの終端駅でした。
時間があったので電車を眺めていると、こんな広告が
行きたいけど遠いですね。

11112808

そして、約20分後の折り返しで岳南富士岡へ

11112810

まず、目的の電鐘式の踏み切りです。
ここは構内ではなく普通の道路にありました。
もちろん動画を撮りました。

11112809

そして、電気機関車たちです。
まずはデキ501です。こちらは現役でしょうか?

11112811

そしてED29です。こちらは台車の破損だったと思いますが
休車状態です。
どちらも富士山をバックに撮りました。(・∀・)イイ!

11112812

駅構内にはこんなものも。
軌陸車です。この2台ともがそうです。

11112813

タイヤの間に車輪が見えますね。

11112814

そして吉原に帰ります。

11112816 

比奈では電車からED40を1枚

11112815_2

そんなこんなで終着吉原に到着です。

11112817

岳南鉄道を堪能しました。
もちろん続く

2011年11月27日 (日)

2011秋のりゅーでんさんの運転会 道中編その1

金曜日7時前に出発しました。
結構ぎりぎりだったので、いつもの乗った電車については
撮れませんでした。
今回、乗ったのは新幹線です。
ぷらっとこだまを利用して静岡に向かいます。

11112721

このチケットには1ドリンク券が付いているので
車内販売のコーヒーを頂きました。

11112722

ほっとしたひと時を過ごしている時に見えたのが名鉄です。

11112723

そして、ウトウトとしている間に静岡に到着です。
ここで乗ったのはこれ211系です。

11112724

最後尾に乗ってみると仕切りが
業務室となっています。

11112725_2

ドア1つ分が荷物室になっています。
たぶん車内便ですね。

11112726

クハニ211というところでしょうか。
車内で富士山を眺めつつ、旅を楽しんでいました。

11112727

そして到着したのは、途中の目的地である吉原でした。
もちろん目的はこれ!!
岳南鉄道です。

11112728

こいつに乗って終点に向かいました。
続く

クラーケンさんのリベットウチダシキその3

今日は昼間近所のホームセンターへ行って、ポンチのストッパに
使う部品を買ってきました。
ストッパはいたってシンプル。
ボール盤のベースの所定の位置にΦ10の穴を開けて、そこに
M10の寸切りボルトを立ててナットでしっかり止めます。
あとはもう2個のナットで適当な位置に今日買ってきた部品を
止めて出来上がり。

11112711_2

その部品、冗車会のレイアウト工事をした古いメンバーは
良くご存知ですが、パイプなどを固定するUボルトの渡し板で、
長穴が2個開いています。
1個45円。汎用品ならではの価格ですねぇ、この穴、幅が9mmと
ちょっと小さいのでルーターで広げて、5分で出来上がり、
部品代も200円でおつりが来ました。
チャックに対して大きく動くハンドルを押さえるので、こんな物でも
すごく微妙な調整が出来ます。

その後、ポンチを作るのですが、長野のMさんから
「ルーターに品物を付けて高速回転させて、グラインダーで削ったら
相対回転数が上がって芯が出やすい」と教えてもらったので、
ルーターに付けれるΦ2.35程度のハイス材を探したのですが
適当なのが無く、あきらめて、結局当初の予定のエンドミルの
折れたもの・・・・元1mmがたくさんあるので・・・
を旋盤のコレットに加えて最高速(いつも細い物を削るので元から)で
回して、ルーターにダイヤモンドカッターを取り付けてこれも最高速で
削ったところ、

11112712

ほぼ思い通りのものが出来ました。

11112713

それで打ったのが最後の写真ですが、

11112714

右の昨日の物に比べて、
ルーペで見ても問題なく、ムラ無く綺麗に打てたと思います。
板のフチから0.3程度で、この設定のまま160の道具箱を作って
しまおうと思います。

クラーケンさんのリベットウチダシキその2

きのうから始めたリベット打出し機ですが、
今日は仕事が暇だったので、夕方から始めました。

きのう切り出した物を、コテとバーナーで半田付けして、
大方の作業は終わりですが、これが大きいのと分厚いの
で意外に時間が掛かりました。

11112701

それがすむと旋盤でダイを作れば本体は完成です。

ダイはきのう書いた通り、鉄のホーローセットを使い、
0.3センタードリルでポンチマークを作って0.2のドリルを
もみこみました。

11112702

0.2は高くて非常に折れやすいので深さは0.5ほどとしました。
その後、センタドリルの分を端面仕上げして所定の形に
削りました。

11112703

ついでにリベットのピッチを0.5、0.75、1.0、1.25に対応する
4本を作ってしまいました。

11112706_2

その後、これらをバーナーと水で焼入れをしました。

この六角レンチを使う鉄のボルト類には炭素が入っていて
焼きが入るので、強力な物を作ることが出来ます。
焼入れは、いくらやってもいつも勘ですが、要するに、
加熱温度が大事で、加熱した部材の赤色がどの程度か、
と言うことで、
温度が低いと焼きが入らず、高いともろすぎて
割れてしまいます。
また、あまり温度を上げると、細いところが溶けてしまうので、
低い温度から何度かやってみて、焼きの入り具合を確認して
適正な感じ(色合い)を探します。

それを本体のタップ穴にねじ込み、バネ座金をはさんで
ナット止めして、ダブルナットの効果を出して、
適正な高さに合わせます。
その後上の奥行きストッパ板をネジ止めして、
出来上がりです。

11112704_2

これをボール盤にネジ止めして、試しに打ってみました。

11112705

ピッチはほぼ良い感じですが、ポンチのストッパもポンチの
作り直しもまだなので、0.2ではかなりデリケートで、
リベットの形はいまいちです。

明日は今日部品が足らなくて出来なかったポンチのストッパと
ポンチ自体を0.2に対応した形で作ろうと思います。

2011年11月26日 (土)

こおろぎ達

デブロギさん(エンマコオロギ)はこの1週間でパタパタパタと
昇天しました。確かにハネもボロボロになり
老いた感じはしました。
みんな不思議なことに自分のお気に入りの遊び場で
眠りに付きます。

11112601

あとは、小さなコオロギさんが数匹。
もう初冬でしょう。なんとか年を越して欲しいと願っていますが。
ちょっと厳しいかもです。
さびしい気持ちでイッパイです。 ( ´・ω・`)

2011年11月25日 (金)

80系の工作その27

なんとか下回りも進めています。

11112501

カプラー高さも調整して、先日の運転会でMPの慣らし方法
をお聞きしましたのでそれも実践。
2時間の空運転です。いきなり負荷を掛けると調子が悪く
なるそうです。
そして色入れ。
息子のガンダムマーカで試してみました。

11112502

まあまあでしょうか。

クラーケンさんのリベットウチダシキその1

クラーケンさんがリベット打ち出し機を製作し始めたようです。

「160のディテールの仕上げで、煙室横に道具箱のようなものが
あって、それが全周小さなリベット、
もし1ヶ所でもピッチがずれると箱にならんし、そのピッチも
キッチリと寸法を出さんとだめ、
自連後やから撤去してることにするつもりやったけど、
「逃げ」が見え見えなのでやっぱり作る事にしました。

リベットは今まで160でやったように全部けがいてもええけど、
それでは面白くないので、新しく作る事にしました。
送り装置はクロステーブルを使ってすごいのを作ってられる
上級者の方も居られますが、
私はそんな難しいことも出来ないので、以前からリベット
打出し機として使ってるプロクソンの古いボール盤を
使うことにしました。
原理は原点に返り、オーソドックスな引っ掛け式で、
ダイを旋盤で精度を出して挽いて、その淵に前に打った
リベットを引っ掛けるようにしたので、
直径を合わせればピッチが正確に決まるはずです。
ダイの半径は、リベットピッチ - リベット半径で、 リベット径0.2の場合、
ピッチが1mmの場合はダイの半径は0.9、ピッチが0.5の場合、
半径は0.4となり、旋盤で寸法を決めた物を数種類作ればどんな
ピッチも正確に打てることになります。
だから客車の裾のリベットなどもキッチリと最後まで同じ
ピッチで打てるはずです。
だから、20m級客車の裾のリベットの最大長さは217mmで
私は設計していますが、1mmピッチで217個で行けるかも・・・・

きのうやっと図面が終わり、今日から作業開始です。
問題がなければ多分2、3日で出来るはずです。

リベットの径は0.2にするので、旋盤のコレットで精度を出して
センターに開ける必要があります。
ダイは機械屋さんの間で「ホーローセット」と呼ばれる、
いわゆるイモネジですが、これなら頭がないので旋盤にセットできます。
その作業はまだ先ですが、今日は板金関係の工作をしました。

11112511_2

写真が今日の工作分で、ベースと奥行き方向のガイドです、
大きな板に打つことを考えて、長く作りました。
ベースはちょうど手元にあったt3の真鍮板で、平行が出ていないの
ですが、最大幅80程度で長さは365です。
その大きさを元に、客車などでも使えるように、奥行き30mmまで
ずらせるガイドも手元にあったt1幅37mmの真鍮板を使いました。
角材は高さを決めるための物で、4mm角です。
うまくいけば明日半田で組み上げ、旋盤作業まで行ければと思います。」

何か難しそうなものができそうですね。( ゚д゚)ポカーン

リベンジ

昨日のエスニックに続き、懲りずにチャレンジしてきました。

11112401_2 

三宮でフォーを食べてきました。
薄味で、風味も悪くなくでしたが
なんとなく、最後は厳しくなりました。
ここは美味しいと評判のお店です。
すみません ( ´・ω・`)

連敗です。

2011年11月23日 (水)

チャレンジ!!

今日は某所でカップ麺を買ってきました。
なんとエスニックなカップラーメンです。

11112301

パッケージもエスニックですね

11112302

中身は・・・おや?麺が変な方向に

11112303

スープは液体と粉末でした。

11112304

そしてお湯を注いでビールと一緒にい・・・

11112305

一口食べてリタイア。
自分はエスニックが苦手なのがわかりました。
香りが・・・・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
あとは奥さんに平らげていただきました。(´-д-`)

2011年11月22日 (火)

某所・運転会2011秋!その3

昨日は阪神電車以外の私鉄電車たちを紹介します。
いぶきダンナさんの山陽電鉄5000です。

11112201

良く乗るお馴染みの電車です。
ただ、よく見るだけに作る難しさもひとしおです。
雰囲気がバッチリです。
で、同じく山陽電鉄の3000系です。

11112202

昔、自作しかけて挫折したことがあります。
パンタ車の赤い配管がかっこ良いです。
いつかはリベンジをと考えています。
で、佃煮屋さんの山陽電鉄200系です。こちらはOゲージです。

11112205

一度、作り掛けましたが挫折・・・というより連結面をミス。
なんとかこの編成を再現と考えています。

11112206

もちろん阪急電車も疾走します。
2000系ですね。
冷房化前の原形です。私にとってはザッツ阪急の形ですね。

11112203

そして、レールロード社主さんの5100系です。
さすがの造形ですね。

11112204

これは珍しい神戸電鉄3000系です。
なんと2編成も疾走していました。

11112209

そして、模型で初めて見た神戸市交通局の電車です。
3000系ですね

11112208

そして、私鉄とは違いますが、TGVなんかも疾走していました。

11112207

楽しい1日を楽しめました。

2011年11月21日 (月)

某所・運転会2011秋!その2

この運転会は私鉄電車たちが多いのも特徴です。
特に阪神電車は特筆物です。
まずは8000系です。
なんとプラ板製とのことです。

11112101

スマートな雰囲気が出ています。しかし、裾のRは削って
付けたのでしょうか。すごい造形です。
そして播磨観光タクシーさんの7600系です。

11112102

こちらはペーパー製です。
この雰囲気はザッツ赤胴車ですね。
赤胴車が群れていました。

11112103_2

青胴車はヘボ職人所有の電車がコソッと走っていました。

11112104

銀河模型製です
もちろんNゲージもこのとおり、
阪神電車が戯れています。

11112105

お次は他の私鉄を紹介します。

2011年11月20日 (日)

某所・運転会2011秋!その1

1日遅れての報告です。
まずは、朝はフットサルに行って汗をかきました。

11112001

今回は飛び抜けた長老でした。
インターバルはヘロヘロです。
午後は1年ぶりの某所の運転会です。

11112002

NとHOが両方走っています。
今回も多彩な車輌が走っています。

11112003

冗車会では見ることができない車輌たちもイッパイです。
特に今回はジョイフルトレインの競演でした。

11112004

実物は見たことがありませんが、個性的な車輌たちです。
そして、カンタムサウンドの音も満喫できました。

11112005

このような車輌が一堂に集まるところも圧巻でした。

11112006

そして、一般的には個性的な車輌たちも・・・
続く

2011年11月19日 (土)

80系の工作その26

初めて使うMPギアの駆動部の試作です。
モータの支持板を作りました。

11111901

床板も加工しました。

11111902

ユニバーサルジョイントを付けての動作確認。

11111903

取り合えず問題ないようです。

11111904

明日、試運転してこの寸法の良否を判断します。
目標としていた金曜日の完成は断念です。
ただ、日曜日には形になりそうです。

三木よりライブスチームへのいざない

三木の干し殺しさんよりのお便りです。

「アスターのC62-2、45mmゲージです。
ライブもやっているの?ではありません。少し前になりますが
修理をしただけです。

11111811

 アスターホビーのC62 2です。走らすのが主たる目的ですので
細かい作りではありません。塗装は耐熱塗料を塗りました。

11111812

 キャブ内です。逆転も左のレバーを引きます。ニュートラルもあります。

11111813

 煙室扉の下はオイル溜です。スチームに混じってシリンダーへ入ります。

11111814

 車軸と直角に見える真鍮パイプは汽笛です。鳴らすと急激に
カマの圧が落ちます。

11111815 

 従台車の間に見えるのが灰の排出口です。

11111816

 バラバラ状態。担いばねも重ねます。

11111817

 組立途中。実に組みにくい。アスターの設計もどうかしてる?

で、誘(いざな)いですかって?私はしません。試験走行もしましたが、
* 家の中ではできない。水、油をまき散らす。
* 安物の炭ではすぐ燃えてしまう。
* メンテナンスがたいへんです。」

細かく見るのは初めてです。しかし、あんなところに汽笛があるとは
なんか不思議な感じがしますね。
で、我家は?間違って落札した1番ゲージのGG-1で十分懲りています。
あのデカさはウサギ小屋には向きません。

2011年11月18日 (金)

80系の工作その25

80系はMPギアを使います。
インサイドギヤからのジャンプアップです。

11111801

ところでMPはギア、これは英語(gear)読みですね。JISはギヤです。
まず、床板の加工です。
ポンバシで購入したモータを使います。
各車輌2軸駆動です。
モータ穴を開けました。

11111802

そして、モータの穴でインサイド用のモータ穴にボルスタ受け
を作りました。

11111803

そして、反対側の穴は、昨日切り取った連結器受けを使います。

11111804

1個は穴の形状に削りました。

11111805

あと2枚は面倒になって、角穴に広げて埋め込みました。

11111806

もちろん裏打ちをしましたので、継ぎ目は頑強です。
晩秋の夜長は続きます。

2011年11月17日 (木)

80系の工作その24

今日は221の12両編成が来ました。
さて、いつまで見ることができるでしょうか?

11111701

帰りはお久で三ノ宮で乗り換えです。
駅前ではイルミネーションが始まっていました。

11111702

帰宅後、工作開始です。
見つけ出した床板たちです。

11111703

以前、製作したクハ86にあわせます。

11111704

連結器はトミー製です。

11111705

そして連結器を加工します。

11111706

サクッと床板を加工します。
フェニックス系の床板は端っこの連結器受を取り除きました。

11111707

ピノチオ系はバネ部を切り抜きまし。

11111709 

やっぱり完成した雰囲気が見たいということで
仮止めしました。
塗りは噴飯物ですね。タッチアップで何とかします。

11111711

1次型は塗りもまあまあでしょうか

11111712

連結器用の加工だけは今日中に終わらせようと考えています。

2011年11月16日 (水)

80系の工作その23

今朝の電車です。
大好きな混結です。この時間は221系の12両編成でしたが
最近はこの編成が増えています。

11111611

しかし、連結間のヘッドライトは意味があるのでしょうか?
やるにしてももっと方法があるのでは?と感じます。
そして例によって帰宅後の進捗です。
屋根の塗装をしました。

11111612

まあまあでしょうか?

11111613_2

2m以上はなれれば、それらしく見えます。(´,_ゝ`)プッ

11111614

デ51の屋根は少し灰色が濃い過ぎたようです。

11111615

三木の干し殺しさんのような近影はおません。(´-д-`)
さて明日は下回りの開始です。
実は、床板がどこかに消え去っています。まずは探索です。
キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ

三木よりの進捗連絡です。

三木の干し殺しさんからの進捗報告です。

「 80系、突貫工事ですね?その忙しいところへ投稿です。

11111604_2 

前回おまけの続きです。マスキングをはがしました。
ナンバーと飾り帯は磨きだし。

11111605_2

Hゴム塗装の練習になります。解放テコは後日黒に塗ります。
前回掲載EF10の続編。ヘッドライト点灯します。

11111601_2

 テールライトも点灯します。

11111602_2

 足回り、塗装前。軸箱控えも取り外し可能。
鉄道模型社の組立説明では組殺しでした。

11111603_3

そりゃ、あんまりだろう?」

うーん、さすがに細かい仕事ですね。
それにしても、模型社とは思えませんね。
いじくればここまで来るのですね。( ^ω^)おっおっおっ

2011年11月15日 (火)

80系の工作その22

コンクリート枕木て交換するんですね。
そりゃそうだ。

11111501

今日は80系の屋根塗装の準備です。

11111502

マスキングも完了です。

11111503

明日は屋根塗装を強行です。
何とか今週中に走るようにしたいと考えています。

2011年11月14日 (月)

80系の工作その21

今朝は元町駅前でカラスが鳴いていました。

11111421

最近、多くなって来ましたね。
しかし、器用に立ってますね。
帰宅後、80系の工作です。
ベンチレータを付けました。
ここで、大問題・・・避雷器の位置を間違えていました。

11111422

時間がないので、何とかごまかそうと考えています。(u_u。)
超ジャンクのペーパーのモハも塗装しました。
厚塗りです。ほぼ扉は消えました。
元のパンタ穴を塞いでサハ代用とします。

11111423

そして近鉄デ51の再塗装です。

11111424

にきび肌が軽く荒れた肌程度となりました。
ヘボ職人クオリティです。 ( ^ω^ )
三木の干し殺しさんなら間違いなく廃車 \(;゚∇゚)/

三木の干し殺しさんの自己紹介

三木の干し殺しさんの自己紹介が来ました!!

<鉄道模型、ふたたび>
結局のところ、鉄道模型をやめる行為(部品等の処分)が
小さな火を付けてしまい、加えてクラーケン宅を訪問したこと、
昨年の運転会を見に行ったことが火に油を注いでしまうこと
になりました。

<再開への道>
 ラジコンもしておりますので(←最近はクラブ員が倍増して
行く気がしません。時間もありませんが。)、道具類は処分して
おりませんので、まずは環境整備に注力しました。

<工作室のご案内>

11111401

 左下からパソコンモニタ、その右の黒いのがパソコン本体
(自作。次回買うことがあればメーカー品にします!)さらに
その右が作業テーブルです。
 天井近くにあるのがヘリコプターのFRPボディ。これは
スケール機です。(結構デカイです。ロータリーエンジン搭載予定)
右からは撮影ブース、その左は塗装ブースです。
 イスはもともと風呂で使うモノでして、介護関係で売っていました。
高さがちょうど良いです。

11111402

 工作テーブル中心の写真。青く見えるボディはつぼみ堂の
EF65、塗ったばかりでまだマスキングを除去していません。
さあ、結果は、、、
(当鉄道ではマスキングの除去は‘はがす’と‘とかす’があります。)

11111403_3   

 右側は撮影ブース、手前にカメラの三脚が見えますが、
その左手(撮影ブースの下)にあるのはエアー減圧弁や
フィルターです。時期によってはかなり水を捕捉します。
 撮影ブースの左は塗装ブースですが、2つのシロッコファンで
黒いパイプ2本を通して屋外へ排煙します。
(カレンダーのうしろが窓)タミヤ模型のそれです。
 下に見えるのがベビコンです。
撮影してからカレンダーに気づきましたが、この空間、
5月で時間が止まっています。

11111404

 同工作室の別角度。部品と雑誌関係。ここにもヘリがあります。
充電等の整備をすれば飛ぶはずです。

11111405

 工作室につながるとなり。左手にあるのはベルメックスの旋盤。
(後ろ姿)これは30年以上前に購入し、その30年近く放置。
2年前に組み立てました。が、16番には向きません。
大は小を兼ねませんね。処分を検討中(可能ならば買い換え)、
しかし、東北の震災で処分は延期中。
 右に見える、赤いポリの上は超音波洗浄機。20m級客車が
入るこれは高かった!また残念ながら思うほどの効果はまだ
体験していません。洗浄液の選択が難しいようです。
場合によっては塗装が落ちてしまう!

11111406

 左はご存じ、遠藤機械の切断機。そのままでは使いにくいと
思ったのでサブテーブルを手前に設置。キー材を埋め込み、
そこそこの直角ならすぐ切れるようにしています。
加えてねらい目の長さに切断できるよう、定寸装置も付けようと
しましたが失敗。次回です。
 右もご存じ、折り曲げ機。

11111407

 御影石定盤です。アルミ合金プレートには16番と13mm用の
溝を通しています。台車や車輌の高さ確認に使います。

他にもいろいろありますが、今回はこれまでにします。

<以下おまけ>

11111408

 塗装途中のEF65。来年の運転会用?ではありません。
なぜか13mm仕様。

11111409

 エコーモデルのいすずボンネットバス。これ、たいへん難しい。

11111410

機関車を組むより難しいです。想定の完成域に達せず、
近々廃車予定。」

うーん工作室の設備たち!!羨ましい物がイッパイ!!
特に塗装ブースは欲しいと感じていますが・・・場所が・・・
しかし、バスのデキが×とするとヘボ職人のは・・・・
(∩゚д゚)アーアーきこえなーい

2011年11月13日 (日)

須磨浦山上遊園へGO!!

今日は家族でお出かけです。

11111311

いつもの阪神電車です。

11111312

そう言えば、姫路でB-1グランプリが開催されていますね。

11111313_2

人いっぱいのところは苦手なのでパス。
途中須磨駅で乗り換え

11111314

ここには味のある信号があります。
今でも現役?

11111315

須磨浦公園駅で降りてロープウェイへ
私自身は40年ぶりの乗車です。

11111316

義経の看板を掲げた箱に乗り込みました。

11111317

日本でここだけに現存するカーレーターに乗ります。

11111318

25度ぐらいの斜度らしいです。
決して乗り心地の良い乗り物ではありませんが、子供達は
喜んでいました。

11111319

そして、源平合戦の古戦場らしく来年の大河にあやかった
顔出し看板がありました。

11111320

次にリフトに乗り換えて遊園に向かいます。

11111321

昭和34年製でした。50年超えですね。

11111322

こんな感じで谷を越えます。

11111323

遊園地のメインの乗り物サイクルモノレールです。

11111324 

そして、近くの旗振山頂上へ。
そこの茶屋で休憩しました。

11111326

ここは、摂津と播磨の国境らしいです。

11111327

そして、カートに乗って遊園の有料乗り物を制覇しました。

11111328

そんな中、子供達が気に入ったのはこの遊具。

11111329

ひたすら滑って遊んでいました。
私が気になったのは物搬用のゴンドラです。

11111330

下からゴンドラが見えました。
横にはモノレールも走っています。

11111331

そしてちびっ子広場へ

11111332

すぐそばには噴水が

11111333

須磨浦山上遊園のシンボルです。
思わず「ドーム♪ レインボー♪ミュージック♪ファンファーレ♪
ド・レ・ミ・ファ ドレミファ 噴水パ~ レ~ス」なんて歌を口ずさみます。
私の年代の神戸人ならみんな歌えるのでは?
というぐらいメジャーなCMでしたね。
その後回る展望台でお茶をして、

11111334

神戸の市街地の風景を楽しみ

11111335

30年前の遊具が売りのゲーセンでエアホッケーをやって

11111336

帰途に付きました。

11111337

駅で気になるポスターが

11111338_2 

そういえば、ご無沙汰ですね。水族園も

11111339_2

3000系のファーストナンバーを眺めてから帰りました。
ゆるーい遊園地でしたが、子供達には大好評でした。
例によって、私はヘロヘロになりましたが・・・

80系の工作その20

さて、山場の塗装です。
緑色が塗れたらほぼできた気持ちになれます。
まず、適当に金太郎さんの輪郭をとります。

11111304

2次型も同様に

11111305

そして、端材でテンプレートを作ってマスキングしました。
で、塗りあがりです。
まず2次型。
吹き込みは想定の範囲内でした。

11111306

1次型です。
中心に吹き込みがありますが、これも想定の範囲内でした。

11111307

クハ85は上部の塗り分けが甘いようです。
ここもタッチアップでなんとかします。

11111308

何とか上回りの完成は見えてきました。

2011年11月12日 (土)

クモハ73その7

とある駅のむかごも収穫時期ですね。
下にはあれもあるのでしょうか?

11111201

手摺を付けました。

11111202

できてきた感じでいっぱいです。

11111203

屋根上は避雷器関係の工事も必要ですね。

11111204

そんな中、アングルを取り付けました。

11111205

これで来週の完成が見えてきました。

2011年11月11日 (金)

冗車会の運転会2011 その14

運転会には息子も参加しています。
ずーっと運転手でしたが、やはり自分の車輌もということで
夏休みの宿題にクモユニ143を作りました。

11111020

そして、古いインサイドギヤの流用で快調に走っていました。

11111024

そしてヘボ職人のは?
超失敗塗装のデ51です。
天然海坊主さんからは屋根のルーフィングサンドの代わりに
できる塗装と言われました。

11111021

もちろん帰宅後はシンナープールに一直線!!

11111022

再塗装に備えています。 (;´Д`A ```

2011年11月10日 (木)

冗車会の運転会2011 その13

  運転会ネタがまだ続きます。
電車で来られるおそまつくんさんを迎えに福知山へ。
待っている間に駅前のC11を観察しました。

11111010

福知山ゆかりの機関車に福知山機関区の転車台らしいです。

11111018_3

下から見ると迫力があります。

11111012

後姿がかっこ良いですね。

11111013

この角度からの運転台は初めてです。

11111014_2 

動作部も下から覗くことができました。

11111016

反対側はこんな感じです。

11111015

正面から見ると走り出しそうなほど状態が良いです。

11111017

こんなのも欲しく感じました。

クモハ73その6

乗務員横の手摺を付けるために穴を開け始めました。

11111001

順調に進んでいます。
これは手摺も取り付けられそう?

11111002

てなわけには行きませんでした。
あと5ヶ所というところでドリルの在庫が切れました。
ヾ(_ _*)ハンセイ・・・
ということで土曜日に続く

2011年11月 9日 (水)

貨車の整備

160で空転させながら重たーーい車輌を引いて絶賛されて
いましたが、クラーケンさんには不満が残っていたようです。
そのリベンジを果たすべくの工作です。

「運転会では160が龍田車輌さんやいろんな人の自作貨車を
15両も牽いたら空転すると言う醜態をさらしたので、
ここ数日は貨車の整備をしています。

ほとんどの貨車は、エコーの軸受けそのままで、軸で磨り
減ってたりして「軽く回る」には程遠い状態でした。
あまりにひどい物はパブローラーでごまかして運転会に
望んだんですが、それらも全部真鍮のブッシュを
入れることにします。
市販のブッシュはエンドウのものを持ってるんですが、
直径が2.5もあり、
軸箱の幅より広くて、とても使えたものではありませんので、
作ることにしました。
ピポットの先端をあけるドリルを昔作ってたんですが、
苦労して探してみると肝心の先端が欠けていて使えない状態。
仕方がないので、ダイヤモンドやすりで研ぎ直しです。
それを旋盤にセットして、Φ2.0の丸棒から流れ作業で量産です。
慣れてくると1個1,2分で作れるので、

11110911

とりあえず10両分ほど作って、

11110915

軸受けにΦ2.1の穴をくって組み込み、

11110912

幅を調整して日光のスポーク車輪に交換して

11110913

試運転をしました。

11110914

結果は写真でご覧のとおりで、平坦で22両まで牽くことが出来ました。
これだけ牽けば実物並みでしょうか。でこぼこ感がええですねぇ。
すぐ横で目を近づけて見てるとええ感じです。

貨車自体は、床板やその受けにt1.0を使っているようで、
普通のメーカー製なんかに比べて重いのですが、
家で運転するときは、前進、推進の繰り返しなので、これだけ
つなぐと、前の方の2軸貨車はウェイトを積まないと脱線しやすいのですが、
この貨車群はそんなこともなく、非常に気持ちよく走らせることが出来ます。
やっぱりこれくらいの重量がある方が安心ですね。
まぁ、普通のエンドレスでは推進運転はめったにしないので、
トレーラーは軽い方が良いという人も多いですが、
冗車会のヤードは本来入換用。やっぱりある程度重く作って、
機関車を強くするのがええんじゃないか?と思います。

このブッシュ、日光の昔の台車にも使える寸法にしたので、
客車等も順次改造していこうかと思います。

欲しい人!
うちへ来てもらえれば、コーチしますので、自分で作ってくださいね。」

ヘボ職人の貨車達は龍田車輌さんの程重くはありませんが、
ブッシュを入れたくなりました。
うちの標準軸受はモア製で2.3mmの穴で取り付きます。
そろそろ更新工事をやろうかな??

クモハ73その5

今日はこんな虫を見つけました。
カメムシでしょうか?

11110903

でも足長いねー・・・羨ましい・・・
少しエンジンが暖まって来ました。
配管関係を取り付けます。電車にとっては見せ場ですね。

11110901

福原金属で入手した割りピンの元で配管を止めました。
空気管側もマッハの管支えでは幅が出るので同じように
止めました。

11110902

しかし、高砂の工場さんのようなHゴムに憧れますね。
こいつはヘロヘロです。
まあ、分相応というところでしょうか ( ^ω^ )

関西1デイパスでのお出かけ 京阪大津編

1デイパスには京阪の大津近辺のフリー切符の引き換え券も
付いて来ます。

11110540_2

そこで、石山から山科までそちらに乗ることにしました。

11110541

浜大津でしばらく撮影です。
トーマス電車がやってきました。

11110542

京阪はトーマスに力を入れていますね。
と・・・えらいもんが来ました。
けいおん電車です。俗に言う痛電ですね。

11110543

しかし、よくできています。
窓も潰しています。

11110544

なんか凄いことになっています。

11110545

なんとなく乗るのが恥ずかしい。
これも歳でしょうか?

11110546

こんな電車が来るとホッとしますね。

11110547

山科への電車に乗ります。

11110548

クロスシートでした。

11110549

1人シートの方に乗って帰途につきました。
六甲道→神戸→長浜→彦根→米原→石山→浜大津→山科
→六甲道の道程でした。
316.5kmで普通に払うと5900円ということで3000円の
お得でした。
終わり

2011年11月 8日 (火)

関西1デイパスでのお出かけ 米原編

1デイパスは近江鉄道も乗り放題でしたので、
米原まで乗りました。

11110533

目的地へ向かう途中、朝ホームから写したこの並びを横から

11110534

撮影です。
新旧交直流機関車の並びです。

11110535

いつまで見ることができるでしょうか。
そして目的地の鉄道総合研究所米原風洞技術センターへ
そこの3両の新幹線の試作車が目的です。
まず300Xです。443km/hの記録の持ち主です。

11110536

お次はSTAR21です。JR東日本ですね。
これも425km/hの記録の持ち主です。

11110537_2

最後にWIN350です。これは500系の試作車ですね。
これは350km/hの記録の持ち主です。

11110538

スピードスター達を見学したあとは
北びわこの12系が来ていたので撮影です。

11110539

朝とは反対側の車輌ですが、

11110500

縦長窓の100番台でした。
こんなオリジナルの12系はどのくらい残っているのでしょうか?
つづく

やっと捕捉しました。

ズーッと狙っていたスズメガ(ホウジャク)のホバリングを
捕捉できました。

11110801

私の中ではトップクラスに好きな虫です。
惚れ惚れします。殆どの人は蛾と気づいていないのでは?
そしてお久の微進捗です。
前面に手摺を取り付けました。

11110802

なんか正方形ですね。
少しずつペースを上げて行かねばですね。

2011年11月 7日 (月)

関西1デイパスでのお出かけ 近江鉄道ミュージアム編

次の目的地は年に1回必ず訪問している
近江鉄道ミュージアムです。
今年は、ED14が4両並んでいました。

11110527

壮観ですね。
来年はED31でお願いします!!
そして凸電の並び

11110528

去年までとは配置が変わりました。
おかげで、陸橋から屋根上の写真が撮れました。
まずロコ1101です。

11110529

シンプルな配置ですね。
次にED31です。

11110530

手摺や配線が良く見えました。
2両並べてボンネット部も観察です。

11110531

そして階段の窓から真横の写真を。

11110532

今年も良い写真が撮れました。

6500の進捗

京都よりの進捗報告です。

「写真はフレーム、、、

11110702

シリンダーに比べて余りにも、
華奢でホンマかいなと思いますがほぼ、スケールです。

11110701

ホンジャーーーまた」

一瞬、火縄銃か?と思うような華奢なフレームですね。
そういえば、品川のピッツバーグも華奢なフレームだったのを
覚えています。

2011年11月 6日 (日)

関西1デイパスでのお出かけ 長浜編

昼過ぎに長浜駅に到着してすぐに長浜鉄道スクエアに
向かいます。

11110511

一目散にこいつを見に来ました。
ED70です。昔、敦賀の機関区で見て以来です。
正面ドアは塞がれたままです。日章旗が飾られていました。

11110512

そして並んで置かれているD51です。

11110513

向かって右のデフが欠けていますね。
入れ替え用でしょうか?
お次に運転室です。よろしいですね。

11110514

そしてD51の運転室・・・やっぱり凄いですね。

11110515

鉄博のSLのシュミレータを思い出します。
完敗でした。難しかったです。
また、上から見える場所もあり、屋根上を観察できます。

11110621

建物の柱が少し邪魔で鉄博やリニア館のようには見えません。
そこまで言っては贅沢でしょうか。
そして噂の小高コレクションです。
機関車の横に飾ってありました。

11110516

お次は別館の資料展示室へ
長浜ゆかりのED30です。
現地ではてっきり珊瑚製と思っていましたが、ホビー製の
ようです。しかし、ボロボロですね。

11110517

そして鉄道博物館に飾ってあったED70です。
こいつは、ここにこそですね。

11110518

そして同じくDF50です。

11110519

そして、超大型模型のナ10!!
1/5です。さすがの迫力です。

11110520

お約束のジオラマ
よくできていますが・・・手前に貨車が転落しています。

11110521

中庭にはこんなものも
陶器製のD51です。大きいです。信楽焼でしょうか?

11110522

気になったポスター。

11110523

ヘボ職人が幼少時の特急たちですね。

11110524_2

旧長浜駅舎を見学して

11110525

次の目的地へ移動します。
つづく

冗車会の運転会2011 その12

まだ続いてるのと言われそうですが、運転会ネタです。
冗車会ならではのイベントはこれ枝豆狩です。
これが家族へのお土産となります。
もちろん自分用でもあるのですが

11110611

息子だけ、全然関係ないところにいますね。
このあと満面の笑みをたたえながらカマキリを持ってきました。

11110617

なんたって、丹波の黒豆の枝豆です。
深い香りや味など、自分が食べた枝豆ではこれに追随する
ものはありません。

11110612

そして、柿やザクロなど

11110613

野趣豊かな果物も収穫しました。

11110614

そして、魚取り
海老・メダカ・イモリなどなど

11110615_2

今年の狙いはヨシノボリ系の魚

11110616_2

3匹ほど採れました。
ここだけ見ると運転会??なんて感じますね。

お久のグルメ

今日は、子供達がお出かけしたので奥さんと近所の
気になったお店でランチです。
御影のベーネベーネです。阪急に乗る際にいつも前を通っており
気になっていました。

11110601

まずはイタリアのビールで口を潤わせて!!

11110602

前菜で1杯

11110603

夜はいろんなおつまみもあるようです。
お茶会に使えますね。

11110604

メインのピザですね。
お勧めとマルゲリータを注文。
良い塩梅でお酒がすすみました。

11110605

本当に美味しく頂きました。
行きやすいお店がまた1軒できました。( ^ω^ )

2011年11月 5日 (土)

関西1デイパスでのお出かけ 行きの道中編

本当は日曜日を予定していたのですが、雨模様とのことで
予定を1日早めました。

11110526_3

まず向かったのはぽちのお祭りです。
神戸駅の近くでやっていました。

11110501

さーっと見て自分の欲しい物は無かったのでサクッと退散
神戸駅へ
ちょうど来た貨物列車を1枚。

11110502

そんなこんなで来た新快速に乗りました。

11110503

三ノ宮駅で席を確保しての旅です。
大阪駅はまだ工事が続いているようですね。

11110504

このキャラはなんとなく車のコマーシャルに出ているカンガルー
似ていますね。
そして高槻の明治製菓の壁です。

11110505

よくできています。かじってみたくなりますね。
そして高槻の電車区です。

11110506

205系は健在ですね。
そして京都駅で湘南色・・・ホッとする風景です。
やっぱり歳?

11110507

草津でのサプライズ。
SL北びわこ号12系ですね。

11110508

そして前から・・・EF65・・・試運転でしょうか?

11110509

そして目的地に到着

11110510

長浜です。
続く

2011年11月 4日 (金)

冗車会の運転会2011 その11

冗車会の運転会のメインイベントといえばコレ!!
晩餐です。

11110422

今回は炭火を使ったバーベキューです。
料理長の野性好きさん&副料理長の天然海坊主さんの
見事な手並みで準備されます。

11110423

ヘボ職人はアルコール・おつまみ・朝昼の弁当など軽い
お手伝い程度です。

11110421 

クラーケン会長の音頭で、宴会開始です。
ネタはやっぱり鉄道オンリー!!

11110424

楽しく深ーいひと時が過ごせました。

復活・・・まだまだ

電車の中吊り広告です。

11110411

こんなところで国鉄色復活です。
でも、阪神電車のなかですが・・・
昨日は眠くて・・・20時前に寝ました。
2時半に目が覚めました。

うちの若手のレポートです。その4

高砂の工場さんの進捗です。
運転会でも見せてもらいましたが、ヘボ職人のそれとは
違う次元でした。その進捗です。

「製作中の80系電車Dコック蓋の表現をどうするかで悩んでました。
スジ彫をうまくする自信はなく・・・
先日、模型屋さんで目に留まった写真のパーツを購入車体に
角穴をあけて、

11110402

1ヶ所仕上げてみました。

11110401

なかなか良い感じです。
ぴったりの角穴をあけるのが面倒ですが、正式採用です。
他の車両も順次加工をする予定です。」

そんなー・・・普通やおまへんで!!……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ
ちなみにタバコ屋さんは角穴治具でホリホリされていましたね。
ヘボ職人の80系はたしかドアコックはなかったような・・・
ヽ(`д´)ノナンデヤネン

追伸!!かりんとう万十美味しかったよ!!

京都よりのお便り

「近況、、
フレームの製作に着手しました、、、と言っても、
機械がやります(手動ですけど)

11110323

ナンバーもゲットしました、、、長野のMさんの
手書き原版です、、、、

11110321

酒の肴になります。。。」

11110322

酒量が相当行きそうなできですね。

2011年11月 3日 (木)

冗車会の運転会2011 その10

ほぼ会員といってさしつかいないのではと思われる
おそまつくんさんの製作途中品です。

11110311

ずっと載せているのでお馴染みですが、実物はもっと良い
ものでした。

11110312

しかし、重量感たっぷりです。
拡大しても、もちろん破綻なしです。

11110313

そしてお次はEF10です。
これは、昨年から参加されている三木の干し殺しさんの作品です。

11110314

カチッとしたできです。破綻なしです。
下回りもこのとおり、カッチリできています。

11110315

しかし、これが鉄道模型社製とは言われるまで判りませんでした。
たぶんスクラッチより数倍大変だったでしょうね。
そして、今回参加されませんでしたが、龍田車輌さんの貨車たちは
大活躍でした。

11110316

バラエティ豊かでこれもカチッとできており惚れ惚れしました。

今日はスイーツ

今朝は朝からフットサルで汗を流しました。

11110301

結果は・・・聞かんでください。 ( ̄Д ̄;;
そのあと向かったのは宝橘さんです。

11110302

高砂の工場さんが運転会の時に持参されて衝撃を受けた
かりんとう万十を手に入れるためです。
パッケージはこんな感じです。

11110303

中身は丁寧に紙に包まれていますが、表面のパリッとした
感覚を残すためか封はされていません。

11110304

そして万十は?
こんな感じです。表面がカリッと感がありかつモチモチしていて
中身のあっさりとしたあんを包んでいます。

11110305

上品な味で熱いお茶にピッタリです。
で、こんなのどう ( ^ω^ )・・・(謎

その後は・・・疲れて昼寝です。 

2011年11月 2日 (水)

冗車会の運転会2011 その9

今回写した会員でトリは打出のタバコ屋さんです。
東肥鉄道筑前参宮鉄道の蒸気動車ジハ1です。

11110201

なんやねーーんです。途中経過を良く知っていますが
全ての機構を丹念に推測の上での製作です。
お次はクモヤ22です。
実機はモハ30系のモハ10からの改造です。

11110202

リベットの無くなった部分の表現もされています。

11110203

貧乏症のヘボ職人にはできない芸当です。
お次は今年の新作オヤ35です。
片方は自連

11110204

反対側は密連

11110205

後続の車輌ができるのが楽しみです。
お次は我々の間でのお約束幻の車輌たちです。
まず、キハユニ48000です。
計画形式図からの推測です。貫通ドアのない気動車
たしかに不要ですね。ドアも斬新です。

11110206

そして幻の国鉄車輌に出ていたキクユニ15です。
ローカル線用に計画されていたそうです。
こんなのが走っていることを想像するだけでも楽しいのですが
現実にできるのは模型ならではの楽しさですね。

11110207

そして、阪神国道電車の金魚鉢の戦時バージョンです。
これも計画形式図からの製作です。

11110208

床下も手抜きなしです。LazyJack製の釣り掛けモータで
快調に走っていました。

11110209

そしてタバコ屋さんの幅の真骨頂の鉄道模型社のED41です。
なかなかのプロポーションです。

11110210

なんと寸法のエラーである幅の広さを唐竹割りで修正されて
います。後からのプロポーションも良いですね。

11110211

私も幅広のまま作り掛けているこいつがあるんですよね。
是非並べてみたいものです。
そして夢屋のDF92です。
この色はあまり知られていませんが、1枚の工場での写真から
色を塗られたそうです。

11110214

そして最後は超旧作の電車です。
え?台車がおかしい?

11110212_2

これは、振子機構の試作車です。
ベアリングが奢られています。

11110213

リニアモーターカー並の速度で疾走していました。
例によって濃いい車輌たちでした。

2011年11月 1日 (火)

冗車会の運転会2011 その8

今回は昨年入会された(半ば強制的に?)佃煮屋さんです。
土佐くろしお鉄道の阪神タイガース応援列車です。

11110101

どうやったら、これが紙で表現できているのか判りません??
塗装もむっちゃ綺麗です。
そして、DF90です。武里ホビー(珊瑚製)です。

11110102

前面が合わないらしい難物もそつなく作られています。
塗装も綺麗でかつ力強く走っていました。
そして、山陽電鉄の250型です。

11110103

カッコ良いです。これは好きな車両です。
でも見せ場はここ!!

11110104

可動ホロです。本当に実感的な動きをします。
絶賛発売中とのことです。
そしてこれも山陽電鉄のカモ電です。ここから貨物を運んで
いたのでしょうか?

11110105

そして、相方にこんな洒落た車両たちがいました。
こんな編成が今走ってきたら、鼻血が出るね。

11110106

そんな中、フリーですが、何かローカル私鉄にいそうな
機関車も作っておられました。

11110107

南海の電気機関車+つぼみのED25のボンネットらしいです。
ドアの描写など遊びでも手抜きなしですね。
そして以前、私の小型貨車を牽引していただいた武里ホビーの
DD502です。

11110108

実は、我家にもバラバラがありますが・・・そのうちなんとか
ものにしたいですね。
レパートリーの広い佃煮屋さんの車両たちでした。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

ウェブページ

ブログパーツ

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

  • いぶき工房
    バス・鉄道を紙技を駆使してカッコ良く作られています。一度失敗したらやり直しが効かない接着剤!!紙挫折経験を持つ金属工作派の私からすれば、まさに神業です。ウィットなブログ(お茶の間にて)もGOODです。
  • 茶の間にて
  • レールギャラリー六甲(六甲模型教材社)
    幼いころから通い詰めた模型店です。 豊富な部品在庫でいつも助かっています。 休日にフラッと私が出掛けるというのは、ココというぐらい自分の生活の一部になったお店です。
  • 岡山模型店DAN
    付き合い始めて30年以上。訪問した際にはお喋りを楽んでいます。店主の写真や色のこだわりにはいつも感嘆しています。
  • LazyJack
    こだわりが凄い!!どの製品も実物と見紛うばかり。 レイアウト関係部品では有名ですね。車輌関係部品も秀逸で、実物どおりの釣り掛けモータなどもあります。 トクイ車輌では繊細ですが固定しやすい国電の窓枠を特に愛用させていただいています。
  • You-enてっど
    このページの管理人の方とは、通勤時に一緒になることがあります。その際には、いつも楽しい時間を過ごします。「熊本市周辺の鉄道のちょっと古い時代から現在までの写真と1/80鉄道模型」の渋いこだわりを感じるHPです。
  • メジロのめ次郎ホームページ
    ネコさんのCRAFT MODELS 6に掲載の蒸気機関車の質感に引き寄せられて訪問しました。私の目からウロコがドバッと落ちた情報があり、大変感謝しています。今後も掲示板での情報や、工場での製作内容も大いに参考にさせていただきます。
  • RailModel& café くろがねや
    京都の哲学の道にある”くろがねや”さんです。 人柄の良い店主さんです。模型の腕も一流です。 へぼ職人とはえらい違いです。 近くへ行かれた方はぜひ和んでください。
  • HINODE MODEL&岸日の出堂
    佃煮と鉄道模型を扱っているお店です。 人の良い店主さんやっておられます。 3丁目の夕日に出た”こだま”号の作者で、 阪神百貨店の鉄道模型フェアの顔にもなった スッゴイ腕前です。長田に行かれた際には 是非立ち寄ってください。
  • 鉄道模型NEXTホームページ
    その昔、銀河模型からの昔馴染みが社主をされています。センスの良くちょっとマニアックな模型たちが良い感じです。 ヘボ職人は、社主の作られた山陽電鉄3000系の型紙にチャレンジして、見事玉砕した思い出があります。 そろそろ、ペーパーにリベンジなんて考えているヘボ職人には気になるメーカーです。
  • 切粉だらけの工作室からⅡ
    卓越した技術を持っておられるクモハ32000さんのブログです。ヘボ職人のお手軽とは逆の世界を見ることができます。
  • 阪鉄車輛
    コメントのやり取りをきっかけに親しくなった阪鉄車輛さまのHPです。容量が一杯になったそうで、freemlでブログを展開されています。丁寧な工作、美しい塗装、隠れたるギミックと羨ましい腕の持ち主です。これだけで一見の価値があります!!
  • H5の工作日記
    たぶん、この国のどのモデラーもこの方の作り方には目を丸くすること請け合いです。是非みなさんもH5ワールドを体験してください。
  • 汽車をつくる
    ブログの主は30年前ぐらいから存じ上げています。さらに共通の友人もイッパイ!!ただ、ヘボ職人とはラベルが違う達人のお一人です。貨車関係の技術的アプローチなど楽しませていただいております。
  • 汽車好きクラーケン
    冗車会会長のクラーケンさんがブログ開始です。汽車好きなんてカワユイ名前ですが、中身は・・・これからのお楽しみ。
  • E.NUKINAの60's鉄道模型コレクション
    古い物、特に鉄道模型社の話題でお付き合いしていただいています。奥が深い世界にドップリと浸かっておられるお方のホームページです。
  • イヌゲージ鉄犬
    このページは禁断のページです。(爆)っと咳をするイヌフルエンザがうつる可能性があります。行く場合は心してください。なお、その件に関する苦情は一切受け付けません。^^
無料ブログはココログ