« 私もミーハーです。 | トップページ | 京都よりのお久のネタです。 »

2012年5月21日 (月)

クラーケンさんの工作開始宣言?です。

古典の好きな方どうですか?
クラーケンさんのこだわりのお話です。覚悟を!!

「ブログねたになるかどうか・・・

今年始め位から、今年の工作予定で図面を進めてきたんですが、
もう半年近く過ぎてやっと工作に掛かれるとこまで来ました。
図面としてはまだ下回りの主要部のみなんですが、

12052111

図面は今日で一旦終わって、明日から工作に掛かろうと思います。

基本的な構成は160とあまり変わらなくて、テンダーになった位ですが、実物が明治10年2月の神戸-京都間開通式の列車を牽引するために、明治9年にCテンダーの7010(後の形式)から、2-Bテンダーの5100に改造した物で、実物の改造方法も少しはわかるかなぁ・・・と思って、金田さんの7030(7010と同型)組立図をCADに書いていって、それを元に5100の形式図の寸法によって、流用する物を探しながら各部をまとめて行きました。

結果は驚くべき物で、従来よく言われていた改造方法よりかなり巧妙で、台枠はモーションプレートから前だけを新製して、従来の板台枠の内側に重ね継ぎして幅を狭めて先台車の車輪の横動の逃げとしたようで、シリンダー等は従来の位置なので、シリンダーから新第1動輪までの距離は同じなので、ロッド類からバルブギヤー等、全部流用できる。
全体が、動輪が大きくなった半径分だけきっちり上がってるので、ボイラーと台枠の関係や火室等も元のまま。
ただ、床板の高さは改造前と同じなので台枠との相対位置は下がってるのと、キャブはボイラーと一緒に上げてしまうと上がりすぎになるし、そのままの高さでは前妻の丸窓とボイラーが近くなりすぎるようで、床面にかまし物をして3”ほど上げている。
テンダーは元のままのようなので、結局、大きな工作は、台枠前部の切り出しと先台車の受けだけで、動輪と先台車を輸入してきて交換するだけでこれだけの大改造を成し遂げたと言うことに・・・まさに設計の妙!
設計者の大先輩として、WMスミスって人、すごいねぇ!!!
これ以外に5130のテンダー6両を新製したり、初のボギー客車を作ったり・・・まだ開国したばかりの明治一桁の時代の話と考えればすごいでしょ?
このまま残ってたら、国産第1号の機関車もトレビシックの860より10年も前に達成してたかも・・・・
けど、着任たった4年で明治11年にはイギリスに帰ってしまった・・・、その後本国での大活躍は言うまでもないですねぇ。

後任のライトは5490のタンク>テンダー改造くらいで、こんなのはサイドタンクを撤去してテンダーの新製だけで簡単で、あとは煙突の改造ばかり・・・・かな、その後、トレビシック(兄)が来るんやけど、こんなことを書き出すときりがない。

そんなこんなで・・・・は福原さんの口癖やったけど・・・
7010は最大幅28.8mm、シリンダ中心距離22.5mm、5100は最大幅29.0mm、シリンダー中心距離22.0、その違いは7010はクロスヘッドとサイドロッドの距離で5100はそこには先輪だけでサイドロッドがないからなのと、5100はシリンダー外側にカバーがあってシリンダー最大幅が7010より広くなってランボード補強との段差の関係で少し広くなった。
とまぁ・・・・どちらにしても16番では究極の狭さに挑戦します。

運転会までに2両走るようになってたら奇跡?やねぇ。」

はい、ブログにしちゃいました。私にゃ何がなにやらです。
でも楽しみ楽しみ。

« 私もミーハーです。 | トップページ | 京都よりのお久のネタです。 »

クラーケン殿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私もミーハーです。 | トップページ | 京都よりのお久のネタです。 »

ウェブページ

ブログパーツ

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

  • いぶき工房
    バス・鉄道を紙技を駆使してカッコ良く作られています。一度失敗したらやり直しが効かない接着剤!!紙挫折経験を持つ金属工作派の私からすれば、まさに神業です。ウィットなブログ(お茶の間にて)もGOODです。
  • 茶の間にて
  • レールギャラリー六甲(六甲模型教材社)
    幼いころから通い詰めた模型店です。 豊富な部品在庫でいつも助かっています。 休日にフラッと私が出掛けるというのは、ココというぐらい自分の生活の一部になったお店です。
  • 岡山模型店DAN
    付き合い始めて30年以上。訪問した際にはお喋りを楽んでいます。店主の写真や色のこだわりにはいつも感嘆しています。
  • LazyJack
    こだわりが凄い!!どの製品も実物と見紛うばかり。 レイアウト関係部品では有名ですね。車輌関係部品も秀逸で、実物どおりの釣り掛けモータなどもあります。 トクイ車輌では繊細ですが固定しやすい国電の窓枠を特に愛用させていただいています。
  • You-enてっど
    このページの管理人の方とは、通勤時に一緒になることがあります。その際には、いつも楽しい時間を過ごします。「熊本市周辺の鉄道のちょっと古い時代から現在までの写真と1/80鉄道模型」の渋いこだわりを感じるHPです。
  • メジロのめ次郎ホームページ
    ネコさんのCRAFT MODELS 6に掲載の蒸気機関車の質感に引き寄せられて訪問しました。私の目からウロコがドバッと落ちた情報があり、大変感謝しています。今後も掲示板での情報や、工場での製作内容も大いに参考にさせていただきます。
  • RailModel& café くろがねや
    京都の哲学の道にある”くろがねや”さんです。 人柄の良い店主さんです。模型の腕も一流です。 へぼ職人とはえらい違いです。 近くへ行かれた方はぜひ和んでください。
  • HINODE MODEL&岸日の出堂
    佃煮と鉄道模型を扱っているお店です。 人の良い店主さんやっておられます。 3丁目の夕日に出た”こだま”号の作者で、 阪神百貨店の鉄道模型フェアの顔にもなった スッゴイ腕前です。長田に行かれた際には 是非立ち寄ってください。
  • 鉄道模型NEXTホームページ
    その昔、銀河模型からの昔馴染みが社主をされています。センスの良くちょっとマニアックな模型たちが良い感じです。 ヘボ職人は、社主の作られた山陽電鉄3000系の型紙にチャレンジして、見事玉砕した思い出があります。 そろそろ、ペーパーにリベンジなんて考えているヘボ職人には気になるメーカーです。
  • 切粉だらけの工作室からⅡ
    卓越した技術を持っておられるクモハ32000さんのブログです。ヘボ職人のお手軽とは逆の世界を見ることができます。
  • 阪鉄車輛
    コメントのやり取りをきっかけに親しくなった阪鉄車輛さまのHPです。容量が一杯になったそうで、freemlでブログを展開されています。丁寧な工作、美しい塗装、隠れたるギミックと羨ましい腕の持ち主です。これだけで一見の価値があります!!
  • H5の工作日記
    たぶん、この国のどのモデラーもこの方の作り方には目を丸くすること請け合いです。是非みなさんもH5ワールドを体験してください。
  • 汽車をつくる
    ブログの主は30年前ぐらいから存じ上げています。さらに共通の友人もイッパイ!!ただ、ヘボ職人とはラベルが違う達人のお一人です。貨車関係の技術的アプローチなど楽しませていただいております。
  • 汽車好きクラーケン
    冗車会会長のクラーケンさんがブログ開始です。汽車好きなんてカワユイ名前ですが、中身は・・・これからのお楽しみ。
  • E.NUKINAの60's鉄道模型コレクション
    古い物、特に鉄道模型社の話題でお付き合いしていただいています。奥が深い世界にドップリと浸かっておられるお方のホームページです。
  • イヌゲージ鉄犬
    このページは禁断のページです。(爆)っと咳をするイヌフルエンザがうつる可能性があります。行く場合は心してください。なお、その件に関する苦情は一切受け付けません。^^
無料ブログはココログ