« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

関西合運2012年に行ってきました。

土曜日の1日です。用事もあり、阪急電車でお出かけ。

12093001_2

いつもどおり動く歩道を通り

12093002_2

北新地で河内磐船まで

12093003_2

そこで交野線に乗り換えて、

12093004_2

私市駅に到着です。

12093006_2

駅でこのポスターに目が行きました。
とうとう旧3000系も引退するようです。

12093005_2

目的地までの道中は例によって自然を満喫して

12093007_2

やっと到着です。
龍田車輛様にご無理を言ってのゲスト参加です。
感謝です。

会場ではGゲージのN電が居ました。
車内まで作りこまれており、良い感じです。

12093008_2

私の大好きな小型電車も疾走していました。

12093009_2

メイン会場では、この作者さん

12093011_2

この作者さんや

12093012_2

この作者さん歓談して

12093013_2

会場手前でお会いしたこちらの超絶工作の作者さん
工作に悶絶していました。
これ、パンタのヒンジです。
たしかに実物どおりといってはそれまでですが・・・・
ふつう、この作り方はできません。

12093014_2

もちろん機能もバッチリです。
私なら、部品があっても組み立てることは到底不可能です。

12093015_2

そしてタスキの部分です。
線材を叩いて穴を開けて、もう一方の線材を中に通して
パイプを取り付けた・・・・強度と見た目の両立???
簡単に言われましても・・・これだけ拡大しても破綻なし
良い物を見せていただきました。

12093016_2

その後、くろがねやさんのご主人と一杯飲みつつ世間話を
した後、今回は初めて宴会までの参加しました。

12093017_2

写真が少ない??
楽しくて楽しくて、カメラまで気が行きませんでした。
宴会でもタバコ屋さんの後輩の古い模型好きさん
関東からのゲストの方々を交えての模型談義でした。
濃いい面々との濃いい歓談!!最高でした。


で、ED60のデビューは?
そりゃ悲惨な状態でした。今度、修正予定です。

2012年9月29日 (土)

ED60を作りますねん その14

昨日の朝ですが、遠くですが大きな船が見えました。

12092907

拡大しましたが、前の船を見ても大きさが際立ちます。

12092908

そして駅のムカゴは熟れてきました。

12092909

溜池の土手も秋を醸し出しています。

12092910

ハチも秋の刈り入れ時で目いっぱい働いていました。

12092911

夕方はコウモリも全開です。

12092912

試運転を!!と思ったらジョイントが滑り動きません。
さすがしなのマイクロです。ストレートには組めません。

12092901

そこで、0.5mmの線材を貫通させて

12092902

動軸にも切れ目を入れます。これで滑らないはず!!

12092903

組み込みました。もうボロボロです。(;´Д`A ```

12092904

これで、竣工ですが・・・ステップが無いのを今・・・
まあそのうちという事で ( ^ω^ )

12092905

試運転!!

12092906

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーという音で
走りました。世の中でこの動力で何両走っているんだろう。

2012年9月28日 (金)

ED60を作りますねん その13

さて、ほぼ完成が見えてきました。

12092801

ナンバーを付けます。
番号はこの車両にエッチングされている8番にします。
エンドウのインレタを使います。

12092802

ピンセットで1個ずつ付けていきます。
粘着力が弱いので調整が比較的簡単にできます。

12092803

とはいえ良い感じに貼るのは至難の業です。
なんとなく・・・

12092804

サイドはエッチングナンバーの上に取り付けます。
なんと全く同じ形状です。本来は当たり前なんですが・・・

12092805

何とか貼り終えました。

12092806

パンタの穴にあったパンタがこれしかありません。
暫定的にこれを使います。

12092807

やっぱりパンタが付くとシャンとしますね。

12092808

後はカプラーと走行の調整です。
明日デビュー予定ですが、さていかに。

2012年9月27日 (木)

ED60を作りますねん その12

久しぶりに通勤電車からクモヤ145を映せました。

12092708

パッチワークが気合が入っています。
そんなわけで、やっと塗り始めました。
悩んだ末に見たことのある阪和線にします。

12092701

ついでに以前レストアしていたエンドウのEF81300も
塗りました。

12092702

途中を取り忘れましたが、こんな感じです。
やっぱり難しいですね。

12092703

もちろんガラス入れもしました。

12092704

フィルタ関係は両面テープを使います。

12092705

取りあえず、側面は完了です。

12092706

全体像が見えてきました。
そしてEF81300もまあまあというところでしょうか?

12092707

ED60は週末デビュー予定です。

2012年9月26日 (水)

三木よりのお便り!!ストラクチャーはいかが?転車台の巻その9

順調な転車台工作のレポートが来ました。
今回はメカ編です。

とにもかくにも、くるくる回るようにしたいものです。
で、駆動系の仮組です。
 左に見えるモーターが転車台旋回用、右手前のモーターが
施錠部材駆動用モーターになります。
転車台駆動は平ギヤで大きく減速されますが、おもちゃ
ギヤで少々うるさいようです。

12092601

給電ブラシはまだ取り付けていません。駆動系の様子です。
中央の軸が旋回中心軸で、この中に施錠用部品が
上下します。

12092602

仮組完了です。施錠部材用モーターの出力部周辺には
リミットスイッチが2個付きます。

12092603

さて我方のED60とどちらが大きな音か・・・
それは負けない自信があります。o(*^▽^*)o

2012年9月25日 (火)

久しぶりにおまけです。

懲りずに”おまけ”です。
ボスドライバーショットという銘柄でドライバー専用らしいですが
関係なく購入しました。
今回のおまけはこれです。

12092301

マリオカートです。

12092302

子供たち。特に末娘が大好きなのでつい買ってしまいました。

12092303

もちろんプルバック機能付きです。

12092304

2缶タイプもありましたが、こちらは大型のフィギアです。

12092305

こちらは気になった物だけを購入です。

12092306

昼休みに飲む缶コーヒーが無くなっていたので、大量購入です。
行き付けのコンビニの店員さんにも”おまけの人”なんて
覚えられています。
もうアホですね。

2012年9月24日 (月)

三木よりのお便り!!ストラクチャーはいかが?転車台の巻その8

三木の干し殺しさんの転車台も佳境ですね。
例によって本人さんの解説です。

続いてピット本体の組立。ピット側面(壁)の上面につながる
部分に大きなRが付いています。(赤矢印)これはプレスの
工程上さけられません。組説にも書いてありますが、
この部分を整形(カドを付ける)する別売のパテを売って
いるそうです。
わざわざ買うほどもありませんので、ウチではデブコンを
使いました。2液混合のエポキシ系ですが主剤に金属粉が
入っています。

12092401

プリントしたレンガを先に貼り付け、それを巻き込むように
パテを流し込みます。そのあとにヤスリ仕上げ。

12092402

しかし、目の粗いヤスリを使ってゴリゴリと削るとカド落ち
させてしまいました。
実物もモルタルのカド欠け、よくある話ということで、、、

12092403

中々雰囲気が出てきました。全景が見えるのが楽しみです。

2012年9月23日 (日)

きょうはお初の!!

きょうは奥さんと仁川の遊技場へ行きました。
阪急電車でお出かけです。

12092311

お迎えはいつもの彼です。

12092312

今回は、初めて来賓席です。

12092313

眺めは最高です。抽選で当たりました。

12092314

こんな感じで見ることができます。

12092315

やっぱり普段の目線が良い感じです。

12092316

そしてお土産は?
阪急バスです。

12092317

宝塚ホテルのドーナッツです。

12092318

結果は?
(∩゚д゚)アーアーきこえなーい

12092319

そしてこんな宝物を手に入れました。
結果はともあれ、楽しい1日でした。

2012年9月22日 (土)

ED60を作りますねん その11

棒はんだを買ってきました。
最近はホームセンターや三宮のハンズでも置いていません。
唯一置いていた所で購入です。

12092201

下回りの塗装をしました。
まずは台車です。ホワイトメタルのヘロヘロですが、
使ってみました。

12092202

そして、ボロクソに言われているギアも組み込みました。
上下の遊びが少ないので花月園は走破できないかも・・・

12092203

方台車一極の集電では厳しいので集電ブラシを追加です。

12092204

試作品ですが、こんな形状です。
材料はリン青銅のt0.15mmです。

12092205

ギアボックスにねじ止めする穴を開けるスペースがないので
先日、”ほこたて”で見た強力な両面接着剤を使いました。

12092206

しっかり脱脂しての取り付けです。

12092207

さてお次は上回りです。

12092208

苦手の色塗が待っています。

2012年9月21日 (金)

ある衣替え

今朝の貨物列車は西日本では少ないEF66の初期型でした。

12092106

こんなことでも幸せになれてありがたいことです。
今日のネタです。もう何年履いていたでしょうか?
毎日、どこでも履いていた靴です。
履いた当初は足に合わずに靴擦れができました。

12092101

履き替えの原因はこの穴です。

12092102

そして新しい靴です。
実は同じ靴なんです。色、形ともにえらい違いです。

12092103

履き潰しとはこんなものなんですね。

12092104

履き替えた原因は火曜日の雨です。

12092105

新しい靴はちゃんと靴擦れを作ってくれます。
靴底を交換も考えています。あの履きなれたくつの・・・

2012年9月20日 (木)

三木よりのお便り!!ストラクチャーはいかが?転車台の巻その7

三木の干し殺しさんの転車台工作レポートもピットに
移るようです。もうすぐ全貌を見ることができそうですね。

さて、続いてピットの製作。円レールは紙に円を描いて
直径を決めてしまいます。

12092001

枕木の下塗り。100個ほどあったかな?塗るだけでも手間です。

12092005

ここで、トクイ村職人さんの収集写真の再掲。
ピットの立ち上がり部分(壁)ってレンガ積みなんですね。
まあたしかに時代物ですから。当初はコンクリ壁で済まそうと
思っていましたが見てしまったらしゃーない、表現しましょう。

12092002

こんなものはストラクチャー関係で売っているはず、
ありました、通販でゲット。HOサイズの立体塗装の
レンガ積みです。

12092003

しかし、手にとって買ったわけでないのが失敗。
レンガ1個が大きすぎる。ブロックなみ、Oゲージサイズでも
どうかな、という大きさ(写真右下)。
しゃーないのでパソコンで作りました(写真左上)
ほぼこれが16番サイズです。最初からそうすればよかったです。
でも色が薄かった!まあ、ゆるせ!

12092004

ヘボな写真でも役に立つことがあるようです。( ^ω^ )

2012年9月19日 (水)

ED60を作りますねん その10

阪神三宮駅の工事が少し進捗していました。
梅田行側のホームで以前空いていたスペースに
階段ができていました。

12091901

こんな感じでまだ完成していません。

12091902

エスカレータも新設されるようです。

12091903

天井側は鉄骨がむき出しの部分もあり、まだ工事は続く
ようです。

12091904

完成予想図を見るとほぼ形状はできているようですが
さていかにです。

12091905

そしてED60は?
スカート部のコックを付けました。
ハンドル部を付けるべく努力しましたが・・・無理でした。
まあ、こんなもんでしょう。

12091906

そして配線関係をでっち上げました。
パンタ側の引き込みです。割ピン1つで0.3mmの線材を
2本取り付けました。

12091907

中央部の配線も同じく2本の線材を割ピンで取り付けました。

12091908

ここは少し手を加えました。

12091909

避雷器周りの配線も適当です。

12091910

取りあえず、上回りは塗れるところまできました。

12091911

思ったより手が掛かりました。
あとは下回りの工作を少しです。

2012年9月18日 (火)

ED60を作りますねん その9

予定は配線でしたが・・・
目についた床下機器を触ります。といってもこれだけです。
はっきり言って全然違います。

12091801

エアタンクの所はスカスカなんですよね。

12091802

そこで削りました。

12091803

こっちもこんな感じです。

12091804

そしてデティールもそれらしく。

12091806

しかし、半田がヘロヘロです。

12091805

裏側は手抜きですね。

12091807

まあ、とりあえず見えるようになりました?

12091808

もう少し細かい作業が続きます。

2012年9月17日 (月)

ED60を作りますねん その8

飾り帯を作りました。
0.2×1.8の洋白の帯板です。

12091701

適当に曲げて付けます。

12091702

なかなか綺麗には付かないですね。
悪戦苦闘しました。

12091703

屋根上のデティールも配線を残すのみ

12091704

明日は配線を適当に取り付けます。

2012年9月16日 (日)

ここんところ

ここのところネタが模型ばかりでしたので少し気分転換です。
例によって通勤路の風景です。
近所の柑橘系の木にいました!!
アゲハの幼虫です。もうしばらくでサナギになりそうですね。

12091601

そして途中の駅のムカゴです。
この下を掘れば・・・お芋さんが出てくるはずです。

12091602

そして金曜日は会社の呑み会!!
最近はお酒の量が本当に減りました。

12091603

そして呑み会の帰りは家族へのお土産を買います。
これは我家の基本です。

12091604

そんなことをしていると良いこともあったりして

12091605_2

ということでお休みの午前中です。
子供たちを連れて、有馬富士公園へ

12091606

子供たちは、自然と戯れています。
息子はアキアカネを

12091607

末娘はイナゴを

12091608

そしてオンブバッタを

12091609

長女はトカゲを捕まえていました。

12091610

もちろんキャッチアンドリリースです。
趣味以外も結構、充実した日々を過ごしています。

2012年9月15日 (土)

三木よりのお便り!!ストラクチャーはいかが?転車台の巻その6

転車台の工作はギミックの組み込み編のようです。
その工夫はいかに!!

牽引車内の照明、この「あかりちゃん」を使おうと思いましたが、
あれあれ、取り付けるスペースがありません。

12091501

しかたないので回路のみパクリました。別途このような
部品を集めて、

12091502

基板も散らして作り、そのあいだは燐青銅線で配線します。
パイピングに見せかけますが、そんなパイピングあったの??
その突っ込み、無視します。

12091503

基板裏側の撮影です。

12091504

それらの基板を転車台フレーム下側のスキマにねじ止めします。
上からは目立ちません。

12091505

こんな感じです。ここでは施錠部材の駆動リンクも仮組
されています。

12091506

次回はピット編です。

こんな感じに入れることができるのですね。
確かに配管のように見えますね。上から見るのが楽しみです。

2012年9月14日 (金)

ED60を作りますねん その7

そろそろ早いところは稲刈りも始まっています。

12091401

夕日もきれいになりました。

12091402

機器吊りを取り付けです。
0.5mmのドリル刃をスペーサにしました。

12091403

こんな感じです。当人的には満足です。( ^ω^ )

12091404

0.7mmのドリル刃をスペーサに前面側の手摺も
取り付けました。

12091405

これで屋根上は配線を残すのみです。

12091406

前面の手摺は1.5mmのドリル刃をスペーサにしました。

12091407

ドアノブも0.3mmの線材で製作。

12091408

側面側の工作は完了です。
週末には生地完成といきたいですね。

2012年9月13日 (木)

ED60を作りますねん その6

機器釣りを作ります。
出来上がりはこんな感じです。

12091301

0.3mmの線材で作りました。
0.5mmのドリル刃をガイドに曲げます。

12091302

こんな形になります。
もちろん長い方を切って整えると

12091303

完成です。

12091304

手摺類も完成させました。

12091305

さて、明日は車体に取り付けます。

2012年9月12日 (水)

三木よりのお便り!!ストラクチャーはいかが?転車台の巻その5

だんだん形が見えてきました転車台の工作記です。
ここからは例によって作者様のコメントです。

牽引車を組みます。

12091201

異なる角度からの撮影です。屋根に釣り環を追加しております。
さらに私的オプションの追加です。それは、

12091202

室内灯(LED)です。組説では運転室と下部の機械部は
ハンダ組ですが、分解できるようにしました。で、給電は?
当初、キット内の集電ブラシで余裕があるとみたのですが、
組説では走行電源の給電を重視するよう組め、とあり、
それに従うと牽引車室内灯への給電ができません。
となると線路から電源を引くことになりますが、転車台旋回中は
給電できませんね!
DCCならなんとでもできるのですが。旋回中に消灯では
話にならん。

12091203

で、これを使いましょう。むかし、ツバメ屋さんで入手した
「あかりちゃん」ようするに、蓄電式です。
機関車が転車台に進入しているあいだに充電します。

12091204

こういう工作はギミックという味が楽しいものなんでしょうね。
ヘボ職人には難しい世界ですけどね。

2012年9月11日 (火)

ED60を作りますねん その5

帰りの風景が暗くなってきました。
夜は長くなってきましたね。

12091101

帰宅後、工作です。
屋根上の機器釣りや手すりの穴をキサゲます。
そしてキサゲ針でグリグリとしてポンチ穴替わりにします。

12091102

そして拡大鏡を使って穴開けです。
これがないと見えません (;´Д`A ```

12091103

モニタは写真と睨めっこして穴位置を決めます。

12091104

パンタ下の機器釣りや手摺の穴を開けます。

12091105

まあこんな感じですね。

2012年9月10日 (月)

三木よりのお便り!!ストラクチャーはいかが?転車台の巻その4

ヘボ職人のアバウトな工作ではなく、ビッシリ作りこまれた
転車台の工作をごらんください。

レールに乗っかる部分。玉軸受けを使用しており、
そのホルダー(黒い部品)が中心で旋回するように
なっています。

12091001

反対側の玉軸受けのホルダーは同じ部品ですが、
固定され旋回しません。すなわちレールに乗っかる
車輪(玉軸受け)は4個になりますが、三点支持となっています。

12091002

フラットバーに付いている丸棒(バーにハンダ付けされます)は
転車台の旋回中心となる部分ですが、フラットバーとともに
上下にスライドできるようになっています。
(上記の玉軸受けがレールに追従するように考えられています。)
誰の設計でしょうか、よくできています。その出来、
昔のベースキットにもほしかった。

12091003

施錠棒を駆動させるリンクも組み込みます。

12091004

大きな形に細かい工作!!良い感じですね。
実物を見るのが楽しみです。

2012年9月 9日 (日)

ED60を作りますねん その4

今日は17時から工作です。
まず、運転室窓の雨どいが長すぎるのでカットです。
取り付ける前に気付くべきでした。

12090901

そしてエッチングで表現されている屋根の雨どいを帯板で
取り付けます。0.3×0.5mmの洋白を使用します。

12090902

結構目立つのでこれは省略できませんね。

12090903

そしてモニタの空気取り入れ口です。
0.7mmのドリルをスペーサ替わりに固定です。

12090904

そしてモニタの妻面を取り付けます。
段差が大きいです。

12090905

そして車体に置いてみると・・・・
えらい隙間があいています。

12090906_3

この裏側を車体に合わせないといけません。

12090907

ジャンク箱にある車体の屋根に120番のヤスリを両面テープで
貼ってひたすら削ります。

12090908

何とかそれらしくなりました。

12090909

それらしくなってきました。

12090910

ほぼストレートですが、変な手間がかかりますね。

12090911

あとは細かいデティールの取り付けですね。

2012年9月 8日 (土)

ED60を作りますねん その3

今朝はこんな部屋で口を開けていました。

12090822

こんな物を食べると通うことになるのでしょうか?
しかし、この味は・・・やめときました。

12090821

今日の工作はまず端材を切り出しました。

12090823

取り付けたのは妻板の取り付け部です。
これで、外れなくなります。・・・たぶんね。

12090824

そして、ストレートに組むことにしました。

12090825

不評の貫通路も使います。
ヘボ職人は好きだったりして。

12090826

いまなりには分厚い雨どいやツララ切りですが、
これも味ということで進みます。

12090828

床下ですが、形状はあまりにも違いますがこれを使います。
ちょっとしなの式のギアにチャレンジしたくてね。

12090827

さて動くのでしょうか?

龍田車輌さんの台湾みやげ 8月分

龍田車輛さんから8月台湾旅行のお土産が来ました。
台湾の空港ですね。
この飛行機!!ウニエアー(たぶんユニでしょうか)色と
言い雲丹ですね。

12090811

南の海の風景!!
これだけなら涼しそうに見えますね。

12090812_3

駅の風景は日本とそう変わりはないですが、機関車は
アメリカ型です。客車は現役のようですね。

12090813

ここからは龍田車輛さん自らのレポートをいただきました。

「彰化機務段(機関区)」の見学から。
1.多数の現役機関車が見られ、扇状庫・ターンテーブルも
 残っています。
 チョットした観光地、夏休みの為か?、学生さんや家族連れ
 で賑わってました。

12090801

2.復活した蒸機(D51type)が居りました。

12090802

13.構内の奥、立入禁止場所にソーット。クレーンが居りました

12090803

14.旧いボイラ。残念ナガラこれ以上は近付けなかった。

12090804

15.操車掛さん。制服・制帽ですが、制マスクでは無いと
  思います(タブン)。

12090805

「終端駅時代の旧台東駅」
高雄までの線路延長で新駅に移り、旧駅構内はキレイな
公園に整備されています。
21.旧花東線当時の保存車輌。台車はサブロクですが車体
  寸法はナロー。

12090806

22.広い構内ターンテーブルも保存され、駅の雰囲気が
  残っています。

12090807

22.ホーム・建家・ターンテーブルも保存され、駅の雰囲気が
  残っています。

12090808

「台糖の台東廠跡」
台東市内で偶々通り掛った工場跡は見学自由で車輌も
残ってました。
31.C型のDL、キレイな状態で保存されてます。

12090809

32.木造貨車も8台有りました。

12090810

日本の昔の風景に似てますね。
特に最後貨車たちは気になりますね。
日本製でしょうか?しかし、台湾は飛行機が苦手な
ヘボ職人には遠いところですね。
お土産ありがとうございます。

2012年9月 7日 (金)

三木よりのお便り!!ストラクチャーはいかが?転車台の巻その3

セミの声が消えてから、まだ暑さは残りますが、周りでも
工作のエンジンが掛かってきたようです。
特にこちらは全開ですね。ここからは本人様のコメントです。

続いて、フレームの組立です。

12090701

側板を取り付けます。

12090702

ねじれなきように組み立てなければなりませんが、、、
治具も準備されていますが難しいです。

12090703

こんな感じです。

12090704

いやー!!良い感じになってきましたね。
秋には機関車が乗った姿を見ることができそうですね。
楽しみ (・∀・)イイ!

2012年9月 6日 (木)

ED60を作りますねん その2

今朝は珍しくシラサギがいました。
家族でしょうか?

12090606

帰宅後、ED60とお風呂に入りました。
25年ぶりの地肌というところでしょうか?

12090601

当時からハンダはたっぷりです。
ある意味進歩していませんね。

12090602

2か所ほど外れていました。
今なら裏側に必ず補強を入れます。ここは進歩という
ところですね。( ^ω^ )

12090603

これだけハンダは流しているんですけどね。

12090604

オデコは大丈夫なようです。

12090605

さてどう料理しましょうか?

2012年9月 5日 (水)

工作開始です。

元町駅のポスターが変わりました。
ドロンジョ様です。深キョンではありません。

12090501

とうとうセミの鳴き声が聞こえなくなりました。
イトトンボが群れていました。かわゆいですね。

12090502

ここのところ、こんな本を見ています。

12090503

そして取り出したのはこれです。
しなのマイクロのED60です。30年前に購入したものです。
当時の14,300円は私には高価でした。

12090504

で、状態は?
例によって仕掛です。

12090505

25年はこの状態でした。
止まった理由はこれです。

12090506

エアタンクの処理をどうするかです。
さて、これを料理する予定ですが・・・他の部品がおません。
これから工作部屋という樹海を探索します。 (;;;´Д`)ゝ

2012年9月 4日 (火)

三木よりのお便り!!ストラクチャーはいかが?転車台の巻その2

三木のお方から こちらの方へのアンサーネタが飛んできました。

この写真は転轍機の仮組の再掲ですが、実は次の写真が刺激、
元ネタとなっています。

12090411


昨年、トクイ村の職人さんが福知山で撮影され、ブログアップ
した写真でした。
う~ん、、見てしまったら最後、つくらなしゃーない。

12090412

でもたいへん参考になりました。トクイ村の職人さん、
ありがとうございました。

ヘボ写真でも役に立つことがあるんですね。
なんか面はゆいですね。 (*´v゚*)ゞ

スイーツ三昧!!

少し涼しくなりましたが、9月に入ってもセミが頑張っています。
結構元気ですね。

12090406

帰り道の溜池の風景です。

12090405

秋が見えます?
そして、ここのところブログではご無沙汰なスイーツです。
しっかり食べています!!
この2週間に食べたスイーツたちのご紹介
まずは御影の王道 御影高杉のミルフィーユです。
遠方から食べに来られるほど有名なスイーツです。

12090401

一緒に行った娘はクレープを食べました。

12090402

そしてミント神戸で食べたパフェです。
2人用ですが・・・と言われましたが、一瞬で消えました。
あっさりとした味です。

12090403

そして三宮の不二家のチョコレートパフェ
たまにはこういうブランド物も良いです。

12090404

そして血を引いたのか末娘はウメ地下

12090111

やっぱりスイーツは最高ですね!!

2012年9月 3日 (月)

三木よりのお便り 転車台の製作開始!!

三木よりお久の便りが来ました。
転車台の工作を開始されたそうです。

皆さん残暑厳しい中、製作の方は進んでいますでしょうか?
たまには息抜きにストラクチャーに挑戦です。
(いつも息抜きばかりですが!)珊瑚模型の下路式転車台です。

Dsc000

側板を組みます。

Dsc001

早くも私的オプション追加です。棒が突き出ていますが、
これはパイプで転轍機の軸受けになります。
久しぶりにリベットも埋め込みました。

Dsc002

反対がわの側板にも私的オプションを追加。電線管支持台を
くっつけます。

Dsc003

電気の継電箱も追加します。

Dsc004

このように電線管(もちろん管でなく燐青銅線です)を配置します。
ガラスエポキシで受けていますので電気的に絶縁させています。

Dsc005

こんな感じです。

Dsc006

とりあえず側板は完成。

Dsc007

私的オプションの転轍機の仮組状態。転轍機はロスト製。

Dsc008

次回はフレームの組立です。

最近はジオラマなどを気軽に作られる方も多いのか
こういう模型も増えていますね。本当に精密にできている
物です。

2012年9月 2日 (日)

夏休みの宿題!ラストスパート!!その4

今日はお買い物でお出かけです。
まず御影でレンタルビデオを購入して、元町へ

12090201

昨日からアルコールを嗜み始めました。
体調が少し良くなってきたようです。昼食はそこで行きつけの
丸玉食堂へ行きました。

12090202

いつもの生腸と豚足にビール!!黄金SETです。

12090203

ふと気づくとお品書きが・・・
30年通って初めて見ました。もうビックリです。
え?今まで無かったの?
はい、ありませんでした。

12090204

常連のお店だったんですね。
帰宅後は最終日を迎えた工作です。

12090205

お尻からジェット噴射です。
白サフェで下地&帯作りです。

12090206

ヒゲのテンプレートは作ってやりました。

12090207

あとは聞きつつの工作です。

12090208

一生懸命のマスキングです。

12090209

そして塗ってドキドキのマスキング剥がしです。

12090210

ジャーン!!吹き込みはありますが、まあまあでしょうか?

12090211

正面は?ちょっと左にズレがありますが、こんなもんですね。

12090212

そして組み立てて完成です。

12090213

何とか完成しました。
ディテールは写真を見ながら彼なりのアレンジです。

12090214

今回は箱まで工作できませんですので、100均の箱に
入れてやりました。昨年に続いての自由工作です。

12090215

小学生の工作としてはちょっと贅沢な箱です。
カッコで行きましょうというところでしょうか?
次作は運転会までに阪神電車を作るそうです。

2012年9月 1日 (土)

今日はピカチュー!!

夏休みも最後ということで、子供たちとおでかけです。

12090101

目指すはピカチューです。
JRのスタンプラリーに参加しました。

12090102

昼食はこれも子供のリクエストでマクドです。
(こちらではマクドナルドをマクドといいます)

12090103

長女はドナルドと並んでポーズです。

12090104

芦屋駅でスタンプ待ちの際に来た貨物列車を1枚

12090105

大阪駅でもスタンプラリーです。
ポケモンの前で1枚

12090106

鉄道プラザにはこんな大型模型も展示されていました。

12090107

と、晴れていた空から大量の雨が!!突然です。
大阪はゲリラ豪雨が多いそうです。

12090108

またまたポケモンで記念撮影です。

12090109

大阪駅を見下ろす自由通路で1枚
全然変わりましたね。

12090110

ポケモンセンターで買い物の後はデザートです。
末っ子の要望でパフェです。

12090111

ペロッと食べてしまいました。
そして、帰りは阪神です。

12090112

ヘロヘロになっての帰宅です。(父ちゃんは!!)
そして戦利品を一部。
エコバックです。

12090113

そして文房具。(あとノート、鉛筆、下敷きもあります)

12090114

留守番のお母さんへのお土産はリクエストのあった
赤福です。

12090115

この後、お父さんは夕食まで爆睡タイムに入りました。
やっぱり歳? (;´Д`A ```

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

ウェブページ

ブログパーツ

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

  • いぶき工房
    バス・鉄道を紙技を駆使してカッコ良く作られています。一度失敗したらやり直しが効かない接着剤!!紙挫折経験を持つ金属工作派の私からすれば、まさに神業です。ウィットなブログ(お茶の間にて)もGOODです。
  • 茶の間にて
  • レールギャラリー六甲(六甲模型教材社)
    幼いころから通い詰めた模型店です。 豊富な部品在庫でいつも助かっています。 休日にフラッと私が出掛けるというのは、ココというぐらい自分の生活の一部になったお店です。
  • 岡山模型店DAN
    付き合い始めて30年以上。訪問した際にはお喋りを楽んでいます。店主の写真や色のこだわりにはいつも感嘆しています。
  • LazyJack
    こだわりが凄い!!どの製品も実物と見紛うばかり。 レイアウト関係部品では有名ですね。車輌関係部品も秀逸で、実物どおりの釣り掛けモータなどもあります。 トクイ車輌では繊細ですが固定しやすい国電の窓枠を特に愛用させていただいています。
  • You-enてっど
    このページの管理人の方とは、通勤時に一緒になることがあります。その際には、いつも楽しい時間を過ごします。「熊本市周辺の鉄道のちょっと古い時代から現在までの写真と1/80鉄道模型」の渋いこだわりを感じるHPです。
  • メジロのめ次郎ホームページ
    ネコさんのCRAFT MODELS 6に掲載の蒸気機関車の質感に引き寄せられて訪問しました。私の目からウロコがドバッと落ちた情報があり、大変感謝しています。今後も掲示板での情報や、工場での製作内容も大いに参考にさせていただきます。
  • RailModel& café くろがねや
    京都の哲学の道にある”くろがねや”さんです。 人柄の良い店主さんです。模型の腕も一流です。 へぼ職人とはえらい違いです。 近くへ行かれた方はぜひ和んでください。
  • HINODE MODEL&岸日の出堂
    佃煮と鉄道模型を扱っているお店です。 人の良い店主さんやっておられます。 3丁目の夕日に出た”こだま”号の作者で、 阪神百貨店の鉄道模型フェアの顔にもなった スッゴイ腕前です。長田に行かれた際には 是非立ち寄ってください。
  • 鉄道模型NEXTホームページ
    その昔、銀河模型からの昔馴染みが社主をされています。センスの良くちょっとマニアックな模型たちが良い感じです。 ヘボ職人は、社主の作られた山陽電鉄3000系の型紙にチャレンジして、見事玉砕した思い出があります。 そろそろ、ペーパーにリベンジなんて考えているヘボ職人には気になるメーカーです。
  • 切粉だらけの工作室からⅡ
    卓越した技術を持っておられるクモハ32000さんのブログです。ヘボ職人のお手軽とは逆の世界を見ることができます。
  • 阪鉄車輛
    コメントのやり取りをきっかけに親しくなった阪鉄車輛さまのHPです。容量が一杯になったそうで、freemlでブログを展開されています。丁寧な工作、美しい塗装、隠れたるギミックと羨ましい腕の持ち主です。これだけで一見の価値があります!!
  • H5の工作日記
    たぶん、この国のどのモデラーもこの方の作り方には目を丸くすること請け合いです。是非みなさんもH5ワールドを体験してください。
  • 汽車をつくる
    ブログの主は30年前ぐらいから存じ上げています。さらに共通の友人もイッパイ!!ただ、ヘボ職人とはラベルが違う達人のお一人です。貨車関係の技術的アプローチなど楽しませていただいております。
  • 汽車好きクラーケン
    冗車会会長のクラーケンさんがブログ開始です。汽車好きなんてカワユイ名前ですが、中身は・・・これからのお楽しみ。
  • E.NUKINAの60's鉄道模型コレクション
    古い物、特に鉄道模型社の話題でお付き合いしていただいています。奥が深い世界にドップリと浸かっておられるお方のホームページです。
  • イヌゲージ鉄犬
    このページは禁断のページです。(爆)っと咳をするイヌフルエンザがうつる可能性があります。行く場合は心してください。なお、その件に関する苦情は一切受け付けません。^^
無料ブログはココログ