« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

彦根にて その2

ボンネットバスを見に来ました。
以前も見ましたが、今日は絶好の撮影日和です。

13063001

お尻はマンマルです。

13063002

カワイらしいです。

13063003

バックモニタが付いているのは今風です。

13063004

反対側は停留所で見難かったです。
1ドアということは2マン専用?

13063005

鼻筋はちょっと不細工?

13063007

運転席は以外に広いです。

13063009

と、後を見ると最後部が私を呼んでいる。

13063008

ということで乗り込みました。
出発←クリックで動画へ
彦根城前です。城自体は見えませんでした。

13063010

雰囲気は感じます。

13063012

カーブミラーも時代に合わせたものです。

13063011

銀行もレトロです。

13063014

中にはいろいろな場所の説明があります。

13063015

20分のクルーズも終わりです。

13063017

ドア側も撮影しました。

13063018

20分200円の巡回バス!!
手頃なアミューズメントでした。

2013年6月29日 (土)

きょうは彦根へ!!

今日はお誘いもあって、彦根に向かいました。
まず阪神で三宮へ

13062901

三ノ宮からは新快速で直通です。

13062902

途中吹田工場にいた583系を発見です。


13062903

1両は博物館行きでしょうが他は・・・

13062904

そして彦根に到着です。

13062905

思ったより早く着いたので撮影タイム!!
まずはEF200
なかなかの汚れっぷりですね。

13062906

そしてEF210です。シングルパンタでした。

13062907

そしてEF66です。

13062908

ふと上り側ホームの片隅に古いレールを発見。

13062909

探索しました。
詳しくないですが年号は判ります。
これは1922年大正11年製です。

13062910

お次も1922年製です。メイドインUSAです。

13062911

これは1919年?大正8年ですね。

13062912

そして1928年昭和3年ですね。

13062914

全て年代物でした。
そして近江鉄道の車輛も撮影です。

13062915

手頃な編成がイッパイです。

13062916

こんなのにのんびり乗るのも楽しそう

13062917

なんて見てたら・・・・
ん!!

13062918

ボンネットバス発見!!\(^o^)/

2013年6月28日 (金)

ちょっと九州へ行ってきました。その8

門司港駅前から踏切を渡って着いた先は

13062701

九州鉄道記念館です。

13062702

駅前には”じも”の駅票がありました。

13062703

そして目に入ったのはC591です。
西尾さんの竣工写真が目に焼き付いています。
ツルツルテカテカに整備されています。

13062704

ちょっと気になった標識が付いていました。
リンゲルマン煙色濃度計です。

13062705

そんなの見ながら煉瓦造りの本館に向かいます。
遠くからしか写真を撮っていなかったです。

13062707

脇には鉄博にもあったこんな車輛が走っていました。

13062706

中に入ると客車がいました。
九州鉄道から流れて耶馬溪線に居た車輛のようです。

13062708

内部はこれもレストアされています。
耶馬溪ではロングシートだったようです。

13062709

手頃な客車です。

13062710

こんな小物が飾っています。

13062711

井笠の記念館の方が生きている感じでした。

13062712

そして客車の下回りを観覧です。
シュー式ではなかったようです。

13062713

床下は?
木がまだ新しいですね。

13062714

つい覗いてしまいます。
そして交通科学館で言えばパノラマです。

13062715

走る車輛にはやはり九州のこだわりがあります。

13062716

こういう色が出ているのは良いですね。

13062717

お次は展示車の観覧です。

2013年6月27日 (木)

絶滅危惧種!!

今日は今年の初コガネムシに遭遇しました。
オムレツハヤシとは関係おません。( ^ω^ )

13062721

絶滅危惧種というとこいつもそうですね。

13062723

ただ今回は違います。
遠足や修学旅行の団体臨時列車です。
117系のオリジナル6両編成が走っていました。
昨日の朝に発見です。

13062722

なんと夕方にも遭遇です。
   ↓
 動画へ
そこで今朝は狙いました。
新快速と入れてほしいところですが、団体でした。

13062724

と後ろから見るとなぜか回送です。

13062725

と反対からEF66も走ってきました。

13062726

そして会社帰りにも狙いました。

13062727

今回も両側の表示が違いました。

13062728

と、帰宅後に車番を確認すると。

13062729

第1編成ではおませんか!!

13062730

こんなことでも喜んでいるお子ちゃまでした。

2013年6月26日 (水)

ちょっと九州へ行ってきました。その7

さて思い出の車輛に会いにこいつに乗ります。
前回来た時はDD51が走っていました。
高千穂を走っていた機関車だったそうです。

13062601

途中ゆるキャラがいました。

13062602

門司港名物のバナナも居ました。

13062603

お初のトロッコ列車です。

13062604

トンネルに入ると、天井に絵が現れました。

13062605

そして終着駅に着くと大好きなEF30が居ました。

13062606

昔、一杯写真を撮ったので今回は程々です。

13062607

後の客車も居ます。
無茶苦茶綺麗になっていました。

13062608

以前は・・・・廃車寸前というかもうスクラップでした。

13062609

中も綺麗です。レストア恐るべしです。

13062610

中の売店でクッキーをお土産に買って帰りました。

13062611

こんなクッキーです。( ^ω^ )

13062623

EF30ももう少しレストアしてほしいですね。

13062612

帯の復活も熱望です。

13062613

客車との手入れの落差を感じつつここを離れました。

13062622

トロッコから1枚!!惜別です。

13062614

関門海峡大橋を眺めつつ。

13062616

出光美術館前で途中下車です。

13062617

気になっていた”こがねむし”にやってきました。
外観と違って純喫茶でした。

13062618

そして大好物のとろ~り卵のチーズオムレツハヤシをいただきました。

13062619_2

本当に堪能しました。
次回は焼きカレーも頂きたいと思っています。

13062620

町を散策して

13062621

のんびりとお次の目的地に向かいました。

2013年6月25日 (火)

ちょっと九州へ行ってきました。その6

黒崎駅のホームには白いペッタンコが居ました。
見る電車が全て新鮮ですね。

13062301

次の目的地に向かいます。
途中、製鉄所の専用線を通過します。気になりますが・・・
時間の関係もあり、諦めました。

13062302

途中、EH500に会いました。九州にも居るとは知りませんでした。

13062303

関門トンネルの入り口を横目に

13062304

到着したのは門司港です。
20年ぶりぐらいです。この辺の雰囲気は変わりませんね。

13062305

こんな電車の並びがありました。
国鉄残党&JR組ですね。

13062306

なんか良い感じです。
ターレットなんかが走っていたら最高ですね。

13062307

蛇口なんぞも時代を感じます。

13062308

端っこも雰囲気が良いですね。

13062309

電車の停まっている雰囲気も良いです。

13062310

駅前にはこんな車輪が居ました。

13062311

門司港駅は工事中でした。

13062312

どんな感じになるのでしょうか。
その手前のクレーン車は往年のベネトン車みたいですね。

13062313

ここから、思い出の機関車に向かいました。

コーヒーゼリー!!

朝まで待ちきれなくて出してきました。
良い感じです。

13062411

ミルクを掛けて

13062412

頂きました。
固さも良い感じです。苦味もGOODでしたが・・・

13062413

1/3程度でギブアップ (≧∇≦)
アイスを追加してまろやかな味になり完食!!

13062414

苦味の効いた大人の味で美味しかったです。

お湯100ccでゼラチン2袋を溶いて、コーヒー400ccを
混ぜて冷やすだけです。
しばらく楽しめそうです。

2013年6月24日 (月)

今日はおまけの元と工作です。

今日はこんな物を買ってきました。
ゼラチンです。

13062402

そしておまけの元です。
今年はブラックばかりに付きます。少し苦手な私はシロップ
なんぞを混ぜています。そこでふと気づいたのがコーヒー
ゼリーなんですね。苦くてもアイスなんかと合わせればOKです。

13062403

取りあえずチャレンジです。100ccのお湯で溶いたゼラチンと
混ぜました。

13062401

明日の朝が楽しみです。
そして工作。雨樋を半分付けました。
写真で見るとトボケタ顔に見えますね。( ^ω^ )

13062404

愛用のピノチオのプレスタイプの前面雨樋はサイドの作りが
甘いですね。

13062405

そこで0.8×0.4の帯板を付けてごまかします。

13062406

ごまかしが効いています?

2013年6月23日 (日)

今日は工作と娯楽です。

今朝、サッカーを見て寝なおしての工作です。
前面を作ります。本当に適当にケガキました。

13062321

いつもの洋白0.15板を貼ってHゴムなどを作りました。

13062322

端っこに裏打ちして朝の部終わりです。

13062323

そしてお出かけです。

13062324

いつもの仁川の遊技場です。

13062325

彼らを見に行きました。

13062326

十分堪能できました。

13062327

3000系に乗って帰りました。

13062328

正面扉を改造です。

13062329

扉に通風口を追加しました。
そして正面に取り付けです。

13062330

正面はここまで。

13062331

連結面も改造です。
トイレ側の窓を塞ぎました。

13062332

適当に仕上げた妻板です。

13062333

そして箱にしました。

13062334

連結面もこのとおりです。

13062335

サクサクと削って仕上げました。

13062336

ここまで来ました。

13062337

お次は雨樋です。

工作もやっているのですが・・・

近所の葉っぱの幼虫も大きくなってきました。
もうすぐ糞柄から緑のイモムシに変態ですね。

13062220

ここのところ休みの日はイベント続きでしたが、今週から
平穏になりました。
ということで電車の工作です。
ジャンクで入手しましたが、ピノチオのオデコがこのとおり
合いません。

13062221

そこで、いじくって合わせちゃいます。
まず、長さ方向をケガキました。

13062222

切り取った部分はオデコに合わせてかさ上げします。

13062223

このとおり隙間ができるので

13062224

0.8×0.4の帯板で塞ぎます。

13062225

そして愛用のダイソーヤットコでこねくり回して屋根の形状に
オデコを合わせます。

13062226

合ったところで、補強を先に付けます。
オデコが車体より内側に入ると修正が難しいので、車体側に
補強を付けました。ちなみに補強は合わせるために切り取った
部分です。

13062227

そしてオデコを付けました。
この時の注意は一皮分オデコ側が車体より外側に出る感じです。
これでオデコ側を削れば、継目は消えてなくなります。

13062228

継目消しとしてハンダを盛ります。

13062229

裏側もサイド側も含めて補強を入れます。
これで経年劣化でも外れません。

13062230

運転台側も出来上がりです。

13062231

ちなみに妻板は新規作成します。
クハ55の400番台になる予定です。

2013年6月22日 (土)

ちょっと九州へ行ってきました。その5

スペースワールド駅で電車待ちの間も特急が頻繁に
走っていました。新幹線との並行区間でも減っていないのですね。

13062201

それと以外だったのが併結が多いことです。
なんかスタイリッシュだから統一されていそうだったのが
こんな感じで楽しめました。模型向きですね。

13062202

そして到着したのが黒崎駅です。

13062203]

そして昔乗り損ねた筑豊電鉄に乗りました。

13062204

さすがに最近の車輛ばかりです。

13062205

一瞬、直方行もよぎりましたが・・・

13062206

熊西で降りてこんな電車を見つつ
帰りの電車を待ちました。

13062207

こんど来たのは黄色いのでした。

13062208

黒崎ではこんな電車もいました。
正面窓には休車なんて貼っていました。

13062209

途中駅でこんな青いのも撮りました。

13062210

近くのバスの車庫を見学の後

13062211

次の目的地へ移動しました。

2013年6月21日 (金)

ちょっと九州へ行ってきました。その4

駅の裏側のもう1両の観察です。
このカマはフェンスの中ですので軽くです。

13062101

日立の比較的新しい物です。

13062104

ここからはコメントなしです。

13062102


13062103


13062105


13062106


13062107


13062108


13062109


13062110


13062111

ちょっと少な目ですが、フェンス越しですのでこの程度です。
そしてスペースシャトルを横目に

13062112

次の目的地へ向かいました。

2013年6月20日 (木)

ちょっと九州へ行ってきました。その3

東田第一高炉史跡広場のもう1両トーピードカーをご紹介。

13062006

そして今回も資料ということでコメントなしです。

13062001


13062002


13062003


13062004


13062005


13062007


13062008


13062009


13062010


13062011


13062012


13062013


13062014


13062015

ということで、史跡を1周して

13062016

次の車輛に向かいました。

2013年6月19日 (水)

ちょっと九州へ行ってきました。その2

まずは最初の目的地、東田第一高炉史跡広場です。

13061901

圧倒される感じでした。

13061902

そして目的の物を発見!!

13061904

構内用車輛です。

13061905

大連の写真を見たことがありますが、同タイプに見えます。
ここからは模型用資料ということでコメントなしです。

13061906


13061907


13061908


13061909


13061910


13061911


13061912_2


13061913


13061914


13061915


13061916


13061917


13061918


13061919


13061920


13061921


13061922


13061923


13061924


13061925


13061926


機関車はこれでおしまい。

2013年6月18日 (火)

ちょっと九州へ行ってきました。その1

先日、ちょっと九州へ行ってきました。
まずは新神戸からのぞみに乗りました。

13061801

外を見るだけで楽しいです。
まずは岡山の機関区です。

13061802

そして広島では紅葉機関車

13061803

そして気動車と電車

13061804

いました!!EF210の300番台です。

13061805

広島駅では500系を抜かします。

13061806

そしてアッという間に小倉に着きました。
待っていたのはキハ47・・・・その前に1が付いていたような??

13061807

そして赤いペッタンコ

13061808

白いイモムシ?

13061809

チタン色のスマートなのなんて目新しい車輛たちに目移りしつつ
最初の目的地に到着です。

13061810

ここでまず保存車にご対面!!

2013年6月17日 (月)

最近は三ノ宮で乗り換えています。
昔からこの雰囲気は変わりません。

13061601

先日から急に夏の日差しになりました。
三ノ宮の朝は曇りの方が雰囲気の良い写真になります。

13061602

そして晴れたら山陽電車です。
5000系の色が映えます。

13061603

そして小動物たちです。
お食事に向かうてんとう虫や

13061606

愛を語らうトンボ

13061607

水辺の魚も増えてきました。

13061608

そして一番の楽しみの田んぼです。

13061609

ホウネンエビはお出ましです。

13061610

あとはカイエビとカブトエビです。

2013年6月16日 (日)

ちょっと北の方へ行ってきました。

以前も掲載した三木鉄道のレールバスです。

13061501

反対側にはコンテナが置かれています。
フロントガラスも割れていますね。

13061502

色褪せが酷くなってきました。

13061503

そして北条鉄道の法華口駅です。
結構有名な駅です。
こちら側からはリニューアルされています。

13061504

反対側は昔を残しています。

13061505

そしてエキナカのパン屋さんがありました。

13061506

残念ながら売り切れていました。

13061507

ちょっと喫茶店風です。
駅の雰囲気も残っており好感ありです。

13061508

構内は良い雰囲気ですね。

13061509

昔ながらの駅です。

13061510

この駅名は戦前から使われていたのでしょうか?

13061511

小私鉄です。

13061512

いつまでもこの雰囲気を残してほしいものです。

2013年6月15日 (土)

路面電車です。

これも6月4日のことです。
ちょっと時間があったので見学しました。
明石にある電車会館です。

13061405

保存状態は・・・・ですが、神戸市電です。
945番とあります。

13061412

反対側の窓は埋められています。

13061401

一応部品はそろっているようです。

13061402

こちらはまだましな方です。

13061403

このアングルでは電車の面影がおません。

13061406

神戸のマークは健在です。

13061407

クーラー装備です。

13061408

広告を入れてほしいですね。

13061410

どういう形であれ残っていることが大事ですね。

13061411

そんなことを感じました。

2013年6月14日 (金)

6月4日のことです。

朝の通勤路での撮影です。
まずはスーパーはくとです。

13061301

そして221系

13061302

唸り声を上げつつ225系は飛ばしていました。

13061303

しばらくして、狙いのトワイライトがやってきました。

13061304

両数もコンパクトです。

13061305

模型的には手頃な編成ですね。

13061306

今回はすれ違いは遠かったです。

13061307

通勤路の遊びとしては贅沢ですね。

2013年6月13日 (木)

お茶会

こちらが遊びに来られると某運転会の最中に連絡が来たので
そこに居る冗車会のメンバーに声をかけて集まりました。
月曜日の夜のことです。
これはタバコ屋さんの阪神の旧型電車を更新していたら
とのことで、キットを改造された電車です。
昔、ゲストのお方が見られた思い出のモデルとのことで持参
いただきました。

13061101

お次は佃煮屋さんのOゲージの電車です。
綺麗に作られています。大きさは圧巻ですね。

13061102

そしてゲスト持参の事業車たちです。
昨年、当方で製作したクヤに刺激を受けたとのこと
刺激返しですね。作りたくなりました。

13061103

あと、帆船さんと養殖海坊主さんで2時間強のおしゃべりでした。
そして解散!!ではなく、佃煮屋さんの長年の愛車てんとう虫の
見学会です。

13061104

ちょいカスタムですが、渋いできです。

13061105

幌をみかん色に塗りたくなるのは私だけ??

13061106

幌を開けた姿もカッコよろしい!!

13061107

なんとも味がありますね。

13061108

ゲストを乗せて夜のトバリに消えていきました。

13061109

さて目的地に無事着いたのでしょうか??

2013年6月12日 (水)

某所・運転会2013!その3

今回は東の車輛特集ですね。

13061002

新旧の踊り子号ですね。

13061008

交流と交直流車です。

13061013

不思議な配列の電車たちです。

13061019

メインは一部を除きメジャーな車輛たちです。

13061021

運転会と言いながら実態は・・・
楽しいコミュニケーションがあります。部屋の外ではいろんな
サークルができています。

13061027

この運転会もNゲージが盛んです。

13061012

関西系の電車が中心ですね。

13061029

16番の車輛とも不思議にマッチします。

13061030

いにしえの新快速もいます。

13061031

こんな感じで運ばれるのはNゲージならではですね。

13061034

凄いスピードで疾走しています。

13061036

まったりとした時間が過ごせました。

2013年6月11日 (火)

某所・運転会2013!その2

今回、初めてお会いした方の作品です。
大阪地下鉄の4連です。中々地下鉄の模型は見ませんね。
パンタのない電車ですが不思議な感じがします。

13061016_2

そして卵型電車です。近鉄でしょうか?

13061018

近鉄の旧型電車も快走していました。

13061032

そしてお馴染み山陽電車です。
こちらこちらの3000型です。

13061022

2300型も配管の具合が楽しいですね。

13061023

そして通風器です。

13061024

この辺までこだわるとはですが、製品化されない模型作りの
醍醐味でもあります。

13061025

2300型には一回り小さい物が搭載されていました。

13061026

東二見の片隅のような風景も見られました。

13061039

そしていつも楽しみにしているこちらの代名詞といって過言では
ないバスたちです。

13061037

シンプルに見えますが、奥の深い作りなんです。

13061040

このような造形ができるセンスが自分にあればといつも思い
ますが・・・・

13061041

まあ、今持っている中でそれなりに楽しんでいるヘボ職人
なんでした。^^

2013年6月10日 (月)

某所・運転会2013!その1

花月園の次の週、某所での運転会がありました。
こちらの路面電車です。
鉄道模型社の都電400のエッチングキットを完成させたそうです。

13061001

後輩を追いかけまわしていました。

13061033

そして西鉄200です。ペーパー製らしいです。
この車両は私も大好きです。

13061005

宮地岳線の300型ですね。

13061006

そして熊延鉄道ヂハ201型です。これもペーパー製です。

13061009

そのなれの果てを作られた江若鉄道キハ51との奇跡の
ツーショット!!

13061017_2

そして西鉄2000形です。これはUトレインの完成品らしい
です。

13061014

そしてお誘いしたこちらのED46とキハ66&67です。
ちなみに前は拙作のED71.5です。

13061003

屋根上までしっかり作りこまれています。

13061004

この辺の塗装は特にかっこよろしいですね。

13061007

キハ40を従えて疾走です。

13061010

実車は見たことがありませんが、気になる車輛ですね。

13061011

珍車の重連も楽しみました。

13061015

九州の香りがする車輛たちですね。

2013年6月 9日 (日)

ここのところ

花月園ネタが続いていたので、ここのところのご報告です。
相変わらず、通勤路で楽しんでいます。

13060902

最近は帰り時間も明るく、こんな臨時列車も撮影できます。

13060903

レール輸送用の編成は圧巻ですね。

13060904

そしてボチボチ運動もしています。

13060905

もちろん、昆虫や小動物観察も楽しんでいます。

13060901

先週のことですが、溜池から水が放流されて、

13060906

田んぼに水が入りました。
もうすぐ田んぼ系の小動物も観察できます。

13060907

亀の動きも活発になりました。

13060908

水鳥は減りましたが、たまに名前も知らない鳥がいます。

13060910

溜池脇の家には大きな声で自分を主張している小鳥が
います。

13060909

なかなかの大声ですが、大きさは雀程度です。

13060911

で、模型はというと、昨日になって再開です。
ジャンクで手に入れた車輛に窓枠が足らなかったので
作りました。

13060912

そしてできた車輛です。
サハ75100のつもりで落札したのですが・・・・
サハ85100でした。完全にバラシテ組み直ししました。

13060913

そしてオハニ61も組みなおしました。
あと雨樋関係を付けると上回り完成です。

13060914

ちょうど良いリハビリです。

2013年6月 8日 (土)

2013年 春のりゅーでんさんの運転会 帰宅編

修善寺駅でタップリお土産を購入して電車に乗り込みました。

13060801

昔ながらのシートです。

13060802

途中、すれ違いの踊り子を1枚です。

13060803

三島で乗り換えて沼津へ
三島駅の引き込み線の反対側トンネルを1枚。
木で良く見えませんね。

13060804

沼津でお昼をいただきます。
お任せの海鮮丼です。

13060805

ボリュームが凄いのなんの!!

13060806

堪能した後は、静岡まで行きます。

13060807

ここからは新幹線です。

13060808

N700系と700系で微妙に鼻筋?が違います。

13060809

と通過線のガイドレールにSLの文字が!!
何となくニヤッとしてしまいました。

13060810

そして帰りのこだまが来ました。

13060811

浜松の廃車たちです。

13060813

117系で一杯です。
旧塗装もいました。

13060814

岐阜羽島には以前豊橋で見たレール運搬用列車がいました。

13060815

そんなこんなで阪神です。
夢から現実に戻ってきます。

13060816

御影に着くと・・・THE 現実です。

13060817

帰りに阪神国道を渡っていると、御影の地車が元気に
曳かれていました。

13060818

これで2013年春の部はおしまいです。

2013年6月 7日 (金)

2013年 春のりゅーでんさんの運転会 その9

恒例の朝の散歩です。
最終日は修善寺詣りです。

13060701

荘厳な雰囲気を漂わせます。
宗派を替えながら保ってきた寺とのことです。

13060702

手水も立派です。

13060703

なんとこんな看板が!!
通常はこの水は温泉ですからですが、この表記は、さすが
寺の名前の温泉地です。
はい!!もちろんいただきました。

13060704

お百度もあります。

13060705

お祈りをしての風景です。

13060706

そしてこの地を訪れてまずの風景も1枚。

13060707

十分堪能して宿に戻りました。
片付けも始まっています。

13060708

そんな中、快調に走る機関車です。

13060709

たぶん、こちらの編成です。

13060710

そしてこんな編成も、ラストスパートです。

13060711

そんな楽しい時間もフィナーレです。

13060712

楽しい時間は短いものです。(ブログは長過ぎ??)

13060713

名残惜しく帰途に着きました。

2013年6月 6日 (木)

2013年 春のりゅーでんさんの運転会 その8

3日目も白々と明けました。
蚊取りが部屋にあることを教えていただき、気持ちよく寝る
ことができました。
待機中の車輛たちです。

13060601

何回見てもカッコよいですね。

13060602

そしてエンドウから出ているカシオペア用予備電源車らしいです。

13060603

京急1000も準備完了でした。

13060604

そしてこちらの天賞堂のク5000です。

13060605

ミニのピックアップが収まっていました。

13060606

そして阪和の社型です。

13060607

こちらの名車も1枚。

13060610

こんな車輛が全て揃ってしまいそうですね。

13060616

そして、こちらの逸品も観察させていただきました。

13060611

ミュースカイです。紙と判っていても持ち上げた時の重さに
対する違和感!!こんなのを作れたら!!

13060612

そして名鉄車です。

13060613

こちらはパノラマのようですね。

13060614

最近名古屋に行くと見かける顔もありました。

13060615

みんな”たぶん”紙製です。
そして自分の車輛もラストスパートをしました。

13060617

お約束の好きなポイントでの記念撮影です。

13060618

さすがにEC40には違和感が ( ^ω^ )

13060620

私の天賞堂の古い青大将と濃い青大将の2ショットです。
これほどいろいろな濃さの車輛がある機関車もありませんね。

13060621

そして試験色のバラエティ!!

13060622

と良い時間になってきたので、散歩に出かけました。

2013年6月 5日 (水)

2013年 春のりゅーでんさんの運転会 その7

2日目も夕時になってきました。
で、互助会です。これはみんなの出品を買うものです。

13060501

そしてお楽しみの夕食です。
この日も絶品でした。

13060502

十分に堪能したあとは、ナイトランです。

13060503

カメラで遊んでいました。

13060504

中々、実物では難しいアングルが撮れます。

13060505

しかも実物と見まごう雰囲気です。

13060506

今回も楽しめました。

13060507

その後も運転は続きます。

13060508

そして最後は試験車での確認です。^^

13060509

入念な線路の確認のあと

13060510

車庫に入った車輛たちをよそに

13060511

2次会で盛り上がったのは言うまでもありません。
(v^ー゜)ヤッタネ!!

2013年6月 4日 (火)

京都よりのお便り「ご無沙汰、、、ひさびさのブログねた」

3か月ぶりに京都の師匠からのお便りです。
ほんと、何じゃこりゃーです。

各位様

早、6月、、、

呑み会が忙しくなかなか工作が進みません、、、、が!!!

6500、何とかバルブギアーが形になって来ました、、、、

13060431

13060432

13060433

13060434

まだ、いろんな所で当たっているらしく、スムーズに動きません

自動で前後切り替えをと思っていましたが、どうせそんな動きは

見えませんので前進位置で固定を考えています。

年内に未塗装完成まで持って行きたいと思っていますが、、、

と白馬の匠からメッセージが!!

工作が忙しく なかなか呑み会に参加できずアルコールが
切れてからだがスムーズに動きません・・・・・・なんて
書き出しが希望ですがキャブの逆転レバーとつないで 
このレバーで前進後進の切り替え可動にしたうえで 
レバーを前進位置にしておけば 楽しめるんじゃあないですか。
やってみろと言われても困るんですが 
ハタ坊さんなら簡単でしょう。

・・・・さていかに ( ^ω^ )

2013年 春のりゅーでんさんの運転会 その6

今回は車輛見学です。
まずはいつも刺激をいただいているこちらのEF65です。

13060401

作りこまれています。
私は省略した縦樋の入口は配管類がカチッと決まっています。
塗装も綺麗でカッコ良いですね。

13060402

こんなこだわりの機関車も良い物ですね。
私にはまだまだです。

13060403

こんな並びに入れてもらえる車輛を作りたいですね。

13060404

そしてこの並びに居るEF62は大御所でもあるこちら
作品です。イコライザーが効いた強力機です。

13060418

C58が引く80系準急草津も疾走していました。

13060410

そしてTMSの特集でも表紙を飾ったEF58です。

13060415

なんたって6モーターの強力機です。

13060416

これはクラーケンさんも通じる世界です。
2人が酒を酌み交わしたら濃い内容になりそうです。

13060417

そしてこちらの名鉄車も逸品です。

13060405

今、手を付けられている東の車も持参されていました。
完成が本当に楽しみです。

13060408

そして、こちらのこだわりの車輛たち
いつもの試験車だけでなく

13060412

いにしえの天プラのリファインや

13060413

こんな廃車体まで、良い味を出されています。
この辺のセンスは私の母のお腹に忘れてきたものですね。

13060414

チップ車もありました。
いつも伯備線に留置してあったのを覚えています。

13060411

そしてゲスト出演はタバコ屋さんのクモヤ22です。
こちらのリクエストでお借りしてきました。

13060409

そしてお題のハユニです。
当方からはサロハユニフ101とクハユニ56の出場です。

13060406

大集合はEF58です。

13060407

50両弱が集まりました。
そんなこんなで2日目も夜となってきました。

2013年6月 3日 (月)

2013年 春のりゅーでんさんの運転会 その5

お腹を作れたのでみなさんの走行車輛の観覧です。
あの荷物列車を再現ですね。

13060301

機関庫にも続々機関車が増えていきます。

13060302

そしてこのお方のパノラマカーが居ます。
なんと先頭がブラスで中間がペーパーらしいです。
私にはその差が見えませんでした。w(゚o゚)w

13060303

そして山スカ編成も激走です。

13060304

いろいろな列車が走ります。

13060305

プラ+ブラスの3重連らしいです。
うまく協調して走っていました。

13060306

そしてEF50が14系を引いて走っています。
違和感はありませんね。

13060307

EF63+189系もカッコ良いです。

13060308

名鉄や

13060309

私鉄気動車など普段見ない車輛もあります。

13060310

それぞれ個性があり楽しい走行風景でした。

2013年6月 2日 (日)

2013年 春のりゅーでんさんの運転会 その4

食後は腹ごなしに散策をしていました。

13060201

さすがに観光地です。雰囲気は最高でした。

13060202

そして戻ってくると、こちらの方が買ってこられた大好物の
あんまきがありました。感謝です。

13060203

この袋だけでテンションが上がります。

13060204

中を見ると見慣れない包みがありました。

13060205

知立のあんまきの元祖らしいです。

13060206

ちょっと小ぶりです。

13060207

餡子の甘さがちょうど良く美味でした。

13060208

そしてこちら大あんまきです。
こちらはいつものとおり塩梅がよろしいですね。

13060209

朝のモスキート爆撃で落ちたテンションが十分上がりました。
本当に感謝です。

2013年6月 1日 (土)

2013年 春のりゅーでんさんの運転会 その3

朝食後の運転です。
つばめの茶色編成です。この編成がどうかは?ですが、
天プラができて身近になったようです。

13060101

そして駅の風景は車輛密度が上がりました。

13060102

なかなか壮観です。

13060104

DD16の引く12系列車も走ってきました。
12系は私も持っていますが、何にでも合う便利な客車です。

13060103

と朝ですがあけぼののフル編成が出没

13060105

その昔、東京出張に愛用していた銀河も発車です。

13060106

レイアウトには時間は関係おません。

13060107

そして机の上に増えた車輛たちも見学です。
D51です。カンタムでしょうか?

13060108

快走していたC62です。

13060109

DD16の重連です。トラム製でしょうか??
パッと見で真鍮やプラの見極めができません。

13060110

水野のEF50です。調整により快走していました。

13060112

こちらの東武5700系です。

13060111

かっこよろしいですね。

13060113

大集合も増えてきました。

13060114

そんな中、昼食です。

13060116

数人でお出かけです。

13060117

今回はラーメンをいただきました。
つづく

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

ウェブページ

ブログパーツ

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

  • いぶき工房
    バス・鉄道を紙技を駆使してカッコ良く作られています。一度失敗したらやり直しが効かない接着剤!!紙挫折経験を持つ金属工作派の私からすれば、まさに神業です。ウィットなブログ(お茶の間にて)もGOODです。
  • 茶の間にて
  • レールギャラリー六甲(六甲模型教材社)
    幼いころから通い詰めた模型店です。 豊富な部品在庫でいつも助かっています。 休日にフラッと私が出掛けるというのは、ココというぐらい自分の生活の一部になったお店です。
  • 岡山模型店DAN
    付き合い始めて30年以上。訪問した際にはお喋りを楽んでいます。店主の写真や色のこだわりにはいつも感嘆しています。
  • LazyJack
    こだわりが凄い!!どの製品も実物と見紛うばかり。 レイアウト関係部品では有名ですね。車輌関係部品も秀逸で、実物どおりの釣り掛けモータなどもあります。 トクイ車輌では繊細ですが固定しやすい国電の窓枠を特に愛用させていただいています。
  • You-enてっど
    このページの管理人の方とは、通勤時に一緒になることがあります。その際には、いつも楽しい時間を過ごします。「熊本市周辺の鉄道のちょっと古い時代から現在までの写真と1/80鉄道模型」の渋いこだわりを感じるHPです。
  • メジロのめ次郎ホームページ
    ネコさんのCRAFT MODELS 6に掲載の蒸気機関車の質感に引き寄せられて訪問しました。私の目からウロコがドバッと落ちた情報があり、大変感謝しています。今後も掲示板での情報や、工場での製作内容も大いに参考にさせていただきます。
  • RailModel& café くろがねや
    京都の哲学の道にある”くろがねや”さんです。 人柄の良い店主さんです。模型の腕も一流です。 へぼ職人とはえらい違いです。 近くへ行かれた方はぜひ和んでください。
  • HINODE MODEL&岸日の出堂
    佃煮と鉄道模型を扱っているお店です。 人の良い店主さんやっておられます。 3丁目の夕日に出た”こだま”号の作者で、 阪神百貨店の鉄道模型フェアの顔にもなった スッゴイ腕前です。長田に行かれた際には 是非立ち寄ってください。
  • 鉄道模型NEXTホームページ
    その昔、銀河模型からの昔馴染みが社主をされています。センスの良くちょっとマニアックな模型たちが良い感じです。 ヘボ職人は、社主の作られた山陽電鉄3000系の型紙にチャレンジして、見事玉砕した思い出があります。 そろそろ、ペーパーにリベンジなんて考えているヘボ職人には気になるメーカーです。
  • 切粉だらけの工作室からⅡ
    卓越した技術を持っておられるクモハ32000さんのブログです。ヘボ職人のお手軽とは逆の世界を見ることができます。
  • 阪鉄車輛
    コメントのやり取りをきっかけに親しくなった阪鉄車輛さまのHPです。容量が一杯になったそうで、freemlでブログを展開されています。丁寧な工作、美しい塗装、隠れたるギミックと羨ましい腕の持ち主です。これだけで一見の価値があります!!
  • H5の工作日記
    たぶん、この国のどのモデラーもこの方の作り方には目を丸くすること請け合いです。是非みなさんもH5ワールドを体験してください。
  • 汽車をつくる
    ブログの主は30年前ぐらいから存じ上げています。さらに共通の友人もイッパイ!!ただ、ヘボ職人とはラベルが違う達人のお一人です。貨車関係の技術的アプローチなど楽しませていただいております。
  • 汽車好きクラーケン
    冗車会会長のクラーケンさんがブログ開始です。汽車好きなんてカワユイ名前ですが、中身は・・・これからのお楽しみ。
  • E.NUKINAの60's鉄道模型コレクション
    古い物、特に鉄道模型社の話題でお付き合いしていただいています。奥が深い世界にドップリと浸かっておられるお方のホームページです。
  • イヌゲージ鉄犬
    このページは禁断のページです。(爆)っと咳をするイヌフルエンザがうつる可能性があります。行く場合は心してください。なお、その件に関する苦情は一切受け付けません。^^
無料ブログはココログ