« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

来年への準備でした。

私の屋号にもなっている徳井村の徳井神社で
新年の準備の手伝いをしてきました。

13123101

甘酒を振る舞うテントと

13123102

御神酒やおみくじのテント
そして、しめ飾り

13123103

焚火の準備も万端です。

13123104

つつがなく準備ができました。

13123105

今年は拙ブログに多くの方から訪問いただき感謝です。
来る年が良い年でありますように。

2013年12月30日 (月)

北海道遠征です。その3

札幌では路面電車を見に行くのに地下鉄を利用しました。
タイヤで走る電車!ここだけですね。

13123001

帰りは東豊線で帰りました。

13123002

そして札幌駅ではこんな編成も見ました。
なんか得した気になりますね。

13123003

そして次の日からはお仕事なのでほとんど写真を
撮っていません。
極寒地へ移動中に数枚撮りました。

13123004

旭川は高架になっていました。

13123005

なんか雪も見えないので見た目寒さは感じませんね。

13123006

本当は寒かったんですよ!!( ^ω^ )

2013年12月29日 (日)

年末のお仕事

年末の時間でパソコン関係を整理してフィルムスキャンを
できるようにしました。
昭和49年に東京へ行った時の写真です。小学生でした。
ボンネットタイプが全盛でしたね。

13122901

181系も走っていました。

13122902

そしてEF80もゆうづるを牽引していました。

13122903

そんな中、銀河の写真が
当時は10系寝台でした。今なら目いっぱい撮っていただろう
けど、このときはたった1枚でした。

13122904

もちろん20系も現役でした。

13122905


2013年12月28日 (土)

忘年会もあと3回!!

今日から本当の正月休みです。
そんな中、出張で伸び伸びになっていたクリスマス会を
開催です。
今回のケーキはこれです!!
巨大なシフォンケーキ。大柄ですが味はアッサリしていて
上品な味でした。
子供もペロッと平らげました。

13122801

そしてそのあとお出かけです。

13122802

行先は聖地じゅうろく堂!!

13122803

今回はワンワン抜きでの集まりです。
こちらこちらと模型界の超大物さんでした。
そこでワンワン会のパクリを1枚!!

13122804

まずは超大物さんの作品で一杯!!

13122805

そんなこんなでみんなの作品がどーーんと
イッパイ飲めました。

13122806

色々な濃い話ができて大変充実した時間が過ごせました。

2013年12月27日 (金)

80系を作っています。その5

出張を終えて今日からお休みです。
夕方までなんやかんやと家のことをやって夕食後の工作です。
連結面をそれっぽく作りました。

13122701

KSモデルのキャンパス押さえを取り付けて

13122702

0.4×1mmの帯板で縦樋をでっち上げました。

13122703

雨樋を折り込んで固定しました。

13122704

2両がそれっぽくなりました。
お久の工作ができるお休みになりそうです。

2013年12月26日 (木)

北海道遠征です。その2

札幌で食事を取ってそのあとは路面電車を撮影に
雪の中を行きました。
まず来たのはガーナチョコレートです。
北の大地ではちょっとミスマッチ?

13122601

お次はなんか介護施設のようです

13122602

そして唯一の広告レス電車です。

13122603

リボンシトロン電車です。
これは北海道ならではですね。もちろん飲みました。

13122604

パチンコ屋さんかなーと思ったら、不動産屋さんのようです。

13122605

そして今回の一番はこいつです。
なんとも不気味です。テレビ局でしょうか?

13122606

化粧品の電車です。
なんともシックです。

13122608

最後は雪ミク電車です。

13122609

冬の札幌市電の看板ネタらしいです。

13122610

結構こいつの写真を撮っている人が多いですね。

13122611

良い時間になったのでホテルに帰りました。
すると、道端にクロネコさんが

13122612

北海道にも野良さんが居るんですね。

2013年12月25日 (水)

北海道遠征です。

今日まで出張で北海道に行っていました。
寒かったです。

13122501

やっぱり普段見ることのない車輛たちで刺激的ですね。

13122502

DD51重連の迫力は格別です。

13122503

近くからでは判らないですが、
ちょっとロングで撮ると雪でした。

13122504

なんやかんや騒がしいJR北海道ですが
車輛たちは良い感じです。

13122505

こんな電車が臨時特急で走っていました。

13122506

飛び乗りたい衝動を抑えながら楽しみました。

2013年12月24日 (火)

今年もあと少し

今日はバタバタでネタがおません。
ということでここのところの風景を
先日、こんな朝焼けを見ることができました。

13122401

綺麗なーーと思ったら1枚写真を撮る。
少し前ならありえないことです。
そしてパッチワーク電車です。
いつ居なくなってもおかしくない感じです。

13122402

そして毎年某駅の窓から見えるツルです。
ムカゴは今年もしなびています。

13122403

いつもと変わらない風景!!
これを愛おしく感じる。歳でしょうか?
平穏に年を越す。これが一番の幸せと感じています。

2013年12月23日 (月)

岡山へ行ってきました。

嫁さんの実家のある岡山に行ってきました。
お買いもののお付き合いの合間の撮影で211系の
中間車改造先頭車が見えました。
中々、狙っているときには来ません。

13123101

そしていつもの朝の撮影ポイントです。
煉瓦の橋脚は山陽鉄道時代からの物です。

13123102

迫力あります。
踏切で見る貨物列車は何歳になっても良いものです。

13123103

ええ感じです。

13123104

今回はカラシしか来ませんでした。
なんか寂しいですね。

13123105

でも2ドア入りの4両ぐらいは欲しくなってきています。

13123106

しかし、彼らの姿はあと何年見ることができるのでしょうか?

13123107

いつもと変わらない風景の方が好きですが・・・
そうはいかないでしょうね。

2013年12月22日 (日)

80系を作っています。その4

そしてシルヘッダーを付けます。
もちろんシルは1.7×0.2mmの洋白です。
私の場合は点々と車体側を温めつつ付けて
あとはスーーーと半田ごてをあてて流します。

13122201

ちょっと失敗したところもありますが、許容範囲でできました。

13122202

そしてモハ80は妻板なしのジャンクなので、
妻板を作ります。

13122203

これで箱になります。

2013年12月21日 (土)

80系を作っています。その3

寸法を測っていましたが、まずはオデコの処理です。
ハンダモリモリです。

13122101

ただひたすら削ります。
単目のヤスリで荒削りをします。

13122102

そして400番の紙ヤスリをあて木に両面で貼り付けて
ひたすらスリスリです。

13122103

そんなに手間はかからないんですよ。

13122104

達成感はありますね。

2013年12月20日 (金)

80系を作っています。その2

80系を作っていて、昔からの懸案がありました。
せっかく近くにあるのに本から寸法を類推していたことです。
ということで先日の科学館で採寸しました。
まず、シルです。
140mmです。1/80すると1.75mmです。
塗膜などを考えて1.7mmで決定です。
これは今まで作っていた80系も1.7mmを使用していました。

13122001

お次はヘッダーです。
これは80mmということで1mmですね。
いままで1.2mmを採用していましたが、1mmに変更です。

13122002

縦樋は?90mm1.125mmですね。
悩ましいですが、いままで採用していた1mmとします。

13122003

10mm浮いていて20mmの厚さです。
0.125mm浮かせて0.25mmの板ですね。
ここは0.3mmの板を0.2mm浮かせていました。
悩ましいですがいままでどおりとします。

13122004

こんな取手もえーなーと思っています。

13122005

ふと、雨樋を計っていないことを思い出しました。
取りあえず、いままでどおり0.7×0.4mmでいきます。
こんなことがお気軽でできるのもあとわずかです。

2013年12月19日 (木)

交通科学博物館へのお勧めの道 その2

安治川トンネルを出ると堤防の上を環状線に向けて歩きます。
すると昭和高度成長期の風景のはじまりです。

13121901

こんな建物も結構ありましたね。
そして極め付けはこれです。

13121902

何かの積み下ろしをしていた場所でしょうね。

13121903

貨物駅に通じる雰囲気を持っています。

13121904

そして写真映えのする環状線安治川鉄橋です。
手前の砂利運搬船が良いアクセントです。

13121905

そしてこういう所でおなじみの廃車も鎮座します。

13121906

環状線に突き当たると線路沿いを歩きます。
しばらく行くと波除公園に付きます。

13121907

小山のある雰囲気の良い公園です。

13121908

いつもこの山頂でドリンクタイムです。
木陰を電車が走るロケーションです。

13121909

休憩後、線路沿いを進むと・・・
ワム8000です。これは珍しいというほどではないですが

13121910

周りには怪しげな荷物があります。

13121911

部材置き場なんでしょうか?
しばらく歩くと赤い車輛が見えてきます。

13121912

結構、外からも観覧できるんですよね。

13121913


13121914


13121915

DD54も全体像が見えます。

13121916


13121917

そして、80系の下半身を覗きつつ正門へ

13121918

ここでワンワンと合流したのは言うまでもありません^^
いえーーーーい!!

2013年12月18日 (水)

交通科学博物館へのお勧めの道

幼少の時より通った交通科学博物館の閉館が来年となり
これから月に1回程度は訪問しようと思っていますが、
そこへ行くお勧めの道をご紹介!!
それは西九条からの徒歩ルートです。
西九条駅を降りて前の広い道を高架沿いに難波方面に
300M行くと、道がいきなり途切れます。
そこには倉庫風の建物が建っています。
これが安治川トンネルです。

13121802

自動車が通っていたエレベーターと

13121803

人や自転車が通るエレベータと人のみの階段があります。

13121804

脇にはこんな感じで説明看板もあります。

13121805

エピソードもこのとおり書かれています。
昭和19年に作られたようです。
私が小学生時代にとおっていたころには車も走って
いましたが、昭和52年に閉鎖されたようですね。

13121807

看板は、右から書かれていることから、建造時のものと
判ります。

13121806

私は降りる時には階段を利用します。
何となく、深さが見て取れて良い感じですので^^

13121809

そしてエレベータ前にでてきます。

13121810

通路は今補修中なので、なんとなく恐い感じがします。
というのも、ここは川の下ですから・・・
真ん中に見える人影は警備員さんです。

13121811

そして反対側にでてきました。

13121812

こちらが九条側です。
車用トンネルの右にあるのがトイレです。

13121814_2

建物としては西九条側とシーメントリーです。

13121815

並べてみると良く判ります。

13121801

薄べったい建物ですね。

13121816

上の方の窓は何のためにあるのでしょうか?
ちょっと覗いてみたいですね。

13121817

脇には阪神難波線が走ります。
ここで電車が見えるような橋だったら最高のロケーション
なんですがね。( ´・ω・`)

13121818

一種の探検気分が味わえます。
もちろん無料です。( ^ω^ )

2013年12月17日 (火)

ブログネタ?

自分のブログを開設しながら、自分のところではおもしろい
展開になっているもんだから、こっちにネタを飛ばしてきた
クラーケンさんのネタです。^^

こちらのブログネタは、もう30年以上も前です。

ヘボ職人から、ハタボウさんの凄いのに対して、
「あんたは?」と聞かれたんで・・・
まぁ小さいという事でご笑覧を。

スクリューカプラーは試作と本チャン、
試作の方は、丸棒(φ1.0)を押しつぶして作ったフックと、
その下のリンクは、ピノチオの電関用吊リンク、その下の
ネジの中間体も電関用吊リンクを曲げた物、そして一番下の
チェーンは丸棒(φ0.5)の端をつぶして平たくすると同時に
大きくしたもの、フックの先端の形が変ですが、
当時考えていた、自動連結開放が出来るスクリューカプラーの
ために、相手のカプラーのフックが上がるようにしたものです。

13121701


13121702


13121703

本チャンの方はカプラー台付、こっちはt1.0の板から
切り出したフックに、丸棒をつぶして平べったくしたところに
別の部材を付けて厚くしました、その下のネジ部は
ドリルレースしたものに帯板を巻きつけて先端に
穴を開けた物、先端のチェーンは丸棒を丸めただけで
手抜きですねぇ。これ、ネジを回すおもりのリンクは
半田が回ってしまって動きません、結局失敗作ですねぇ。

13121704


13121705


13121706

自連は左は改造前、右はちょいちょいっといじった物、
これは両方の連結器を押し当てるとロックして連結状態になって、
下から開錠キーを押し上げると開放します。
まぁ実際には使えないのでお遊びですが・・・

13121707


13121708


13121709

どっちもハタチの頃に腕試しってことで作ったんですが・・・
今拡大して見るとひどいねぇ・・・けど、
今ならこれより良い物が出来るか?・・・まぁ出来るやろね。
自連とスクリューカプラー本チャンはケースに入れてたから
綺麗けど、スクリューカプラー試作は機関車に付けてたので、
古代の釘の様な感じになってますねぇ。
こちらのスクリューカプラー、今から思うと、へったくそやねぇ。
再チャレンジしよっかなぁー

と午前1時半に飛んできました。
すると、ハタボウさんからは午前3時ごろに

まいど

現在、工作時には老眼鏡の上にルーペを付けています

こんなに小さいとその上にもう一枚レンズがいりますなーーー

まあ、見えたとしても、指が動かんけど!

 

ア、、、もう寝ます。

あら今日は早い就寝で
ちなみにこのカプラー、30数年前に見せてもらったなー
と感慨に耽っているヘボ職人でした。( ^ω^ )
で、いつ作るの??

2013年12月16日 (月)

京都よりのお便り「ヒサビサのブログねたです」

京都の師匠からのお便りです。
先日作られたカプラーです。

「なんかバタバタで6500は進んでいませんでしたが
リンクカプラー、修正をして完成です
しかし、連結の仕方ですがこんなもんでしょうか???
ようワカラン

13121601

次回作様に量産しました(時間がちょっとたったらどうやって
作ったか忘れてしまいますので)

13121602

3台分出来ました。」

カッコ良いですね。しかし、こんなカプラーの実物を繋ぐ
のは至難でしょうね。
昔は連結時に事故も多かったとのこと。
でも、客車の乗り心地はこちらの方が良かったとも聞きます。
こんなカプラーはOJならではでしょうか?
作る?クラーケンさん^^

2013年12月15日 (日)

今日も外で遊んでいました。

今日はいつもの遊技場にいったあと、塚口で看板電車を
撮りに行きました。

13121501

もうここも絶滅危惧と聞きます。
このすっきり感は良いですねー
無くなる物への感傷と言われればその通りと答えます。
素直に浸っていました。

13121502

去りゆく電車を眺めて、

13121503

帰ってきた電車を見終えて帰路に着きました。

13121504

帰りは阪急六甲から徒歩です。

13121505

帰宅して1時間後
明石での呑みです。
今回の呑み仲間はクラーケンさんとひからびさんです。
いつもの玉子焼屋さんです。

13121506

美味しくいただきました。

13121507

そして村由丸で鴨鍋のSETを堪能しました。

13121508

13121509

頭もお腹も満腹で帰路に着きました。

2013年12月14日 (土)

お久の工作です。

お前工作記事は!!と先日のワンワン会でも言われました。
まあそれだけのためではないですが、工作です。
こんな物が出てきました。
以前、80系は全て作りきったつもりでしたが・・・
ありました。大昔にジャンクで購入したものです。

13121401

パッと見にはしっかり作られているように見えます。

13121402

でも前面を付けた段差がしっかり見えます。
そして、シルヘッダーが厚ぼったいです。

13121403

ヘボ職人仕様にします。
前面をバラシテ、プレスの返りを直します。

13121409

そして組み上げです。
下端の補強は必須です。

13121410

もちろん、屋根裏にも補強をします。

13121411

取りあえず、組み立てました。

13121412

昼ごはんは先日行った燕三条のラーメンです。

13121413

美味しくいただきました。
午後は子供たちと遊ぶ時間なので今日はここまでです。
さて続くか??

2013年12月13日 (金)

今日は会社の忘年会!

今朝の朝焼けは綺麗でした。
その分、寒かったですね^^

13121301

いつものように駅でEF66の貨物を見送り

13121302

パッチワークを見て

13121303

駅に着いたらまさかの雨!!
忘年会で荷物を持たない私は、濡れて会社へ行きました。
そして職場の忘年会を無事お勤め!!ということで、
明日からは工作をと考えながら寝ます。

2013年12月12日 (木)

そろそろ工作を!!

いつものムカゴも枯れてきた今日この頃です。

13121201

先日のワンワン会でも数人に指摘されましたが、
ここのところ工作記事がない!!
確かにネタが豊富にあったのも一因かと思いますが
マンションの大規模修繕でただでも雑多な部屋がエライこと
になっています。
その修繕もそろそろ終わりに掛かります。
そこで、気分転換の工作品探しです。
エッチング板引出を引っ張り出しました。

13121202

何となく候補を数量。
まずは誰も作らないシリーズ。
しなののキロハ25です。
前面のアールどないすんねんとエッチング板に突っ込みたく
なるものです。今では誰も手を付けないでしょうね。

13121203

そして京福のデナです。
由緒正しいエッチング板です。このまま観賞用としても
良いぐらい出来がよろしいです。

13121204

そしてED15です。
やっぱりエッチング板は穴を開けないとと考えると
今の心境からはこいつが一番手でしょうか?

13121205

結局は別の物を作るかもしれませんが、この時間が
楽しい物なんです。^^

2013年12月11日 (水)

ルミナリエ2013年

今日は家族でルミナリエの観覧です。
元町駅から歩きます。

13121101

途中、ケーニッヒスクローネのホテルの脇を通り

13121102

大丸前を右に曲がって

13121103

来ました!!

13121104

今年も無事開催されました。

13121105

綺麗ですね。

13121106

噴水に行くと、今年は鎮魂の碑でした。

13121107

そしてメイン会場へ

13121108

やっぱり華やかです。

13121109

でも、子供たちはリンゴ飴が食べたいという去年からの
目的にまっしぐら!!

13121110

食べている間暇なおやじは少し芸術を楽しみました。

13121111

最後に鎮魂の鐘を鳴らして

13121112

帰宅路に付きました。
今年も無事、年末を迎えることができましたね。^^

2013年12月10日 (火)

解体風景です。

また行ったんかい!!
どこぞのオジサンが言いそうですが気になったもので
屋根が半分無くなっていました。

13121001

相互タクシーの看板はもうおません。

13121002

このとおり詰所も今日まででしょうね。

13121003

ガラスはタタキ割られています。

13121004

結構しっかりした鉄骨ですね。

13121005

だからこそ、阪神大震災もほぼ無傷で乗り越えたのでしょう。
これ以上は寂しいので行きません。

2013年12月 9日 (月)

解体が始まっていました。

昨日、情報発信したからには実際に始まっているか???
を確認しないとということで行ってきました。
食後に車を走らせて確認市に行くと・・・始まっていました。

13120901

まだ、中身の本格的な解体はまだです。

13120903

詰所は?

13120904

良くわからないのでフラッシュを焚きます。

13120905

下の窓ガラスが無くなっています。

13120906

情報が合ってて良かったような残念だったような
複雑な心境です。

2013年12月 8日 (日)

明日、解体らしいです。

先日知り合いとなったこちらの方からの情報で走ってきました。
摂津本山駅の相互タクシーの営業所が明日解体される
とのことでした。
特徴はカーブガラスを使った詰所ですね。

13120801

吉ヶ原、修善寺、川越などでも撮影していましたが、
近場は盲点でした。

13120802

全景です。一昔前ならなんてことない風景です。

13120803

曲面ガラスが大きな特徴です。

13120804

端っこにトイレが2個ありますね。

13120805

偶然、運転手さんが使われたのでお願いして撮影です。

13120806

そして営業所があったころの掲示です。
電話番号も桁が少ないです。

13120807

詰所脇には不思議なスペースが?
これも便所だったのでしょうか?

13120808

詰所の中です。
奥のハシゴが気になりますね。

13120809

横から見ると小さいスペースなのが判ります。

13120810

今日までの風景です。
そこのあなた!!どないです?

2013年12月 7日 (土)

高度成長期の塗料でしょうか?

先日、ジャンクで入手した物です。
自分があまり知らない塗料だったのでご紹介です。
まずは、SAKURA POSUTER COLORです。

13120701

たぶん、株式会社サクラクレパスの物でしょうね。

13120702

会社名にはSAKURA & CO.LTDとなっています。
会社沿革にはない名称でした。

13120703

お次は高級ラッカー セロバスターです。
なんか怪しい名称ですね。

13120705

でもこいつはセメダイン株式会社の物でした。
なんか付きが良さそうに感じるのは私だけでしょうか?

13120706

そしてアーテックスという塗料です。

13120707

こいつにはイッパイのバリエーションがありました。

13120708

この最後の瓶あたりが古そうに感じます。

13120709

イサム塗料株式会社という会社で現在は自動車用塗料が
多いようですね。

13120710

ただ、沿革に無かったイサム模型塗料株式会社なんて
記載もあることから、昔は模型用塗料にも力を入れて
いたのでしょうね。

13120713

メーカーを探し回ったSIKISAI KAGAKU KOUGYOU
CO.LTD製のポスターカラーです。
ターナー色彩株式会社の物かと思われます。
1958年に会社名から化学工業の名前が消えていることから
それ以前の物と思われます。

13120711

50年以上前の物ですね。

13120712

そしてSANという会社のプラカラーです。
これに至っては全くの謎です。

13120704

とまあ、鉄道模型のジャンクで出てきたので車輛用に
使われたと思いますが、さすがに全て使えそうにありません。
懐かしい!!なんて方もおられるかもとこれに紹介しました。
ただ、場所の問題もあり、もったいないけど処分することに
なると思います。

2013年12月 6日 (金)

まだ、紅葉を狙っています。

今週は良い天気が続きました。
明石に103系が居たそんな日に

13120601

紅葉を狙いに行きました。
まずは新幹線です。500系が来るはずの時間でしたが
来たのは700系でした。

13120602

そしていつもと違う赤い葉っぱをアクセントにしてみました。

13120603

221系の白が合いますね。

13120604

そしていつものアングルです。

13120605

追いかける方が水面に車体がしっかり写り込みます。

13120606

腕はまだまだですが、朝の通勤の合間に撮ることができる
大変恵まれた環境に喜んでいる今日この頃です。

2013年12月 5日 (木)

くろがねやさんの秀作です。

先日の忘年会で話題となった9600の写真を
くろがねやさんのご主人にいただきましたので
ご紹介します。まずご本人の弁より!!

「今年当初から製作していました9600原型 竣工時?
が完成いたしました。
ベースは珊瑚ですが、色々やらかしてしまいましたので、
えらい時間がかかってしまいました。」

ここからは蒸気機関車に全然詳しくないヘボ職人の
解説です。

まず。台枠です。あっさりとしてそうですが、
手間が掛かっています。

13120501_2

横から見ると追加した部品が結構見えるものですね。

13120502_2

メカニカルな感じはよろしいですね。

13120503_2

動輪の前後でニナイバネの位置が上下違うんですね。
知りませんでした。

13120504_3

煙室扉の中ですね。こんな形状になっていることも
知りませんでした。
パイプの形状やカバー類など私の知らない世界です。
細かいボルト類が多く付いた配管は作られたのでしょうか?

13120505_2

先輪のイコライザーなども細かく再現されています。
ガッチリ組まれており、好きな工作です。
ただ、出来るかと言われると・・・・^^

13120506_2

ここからは完成車体です。

13120507_2

13120508_2

13120509_3

13120510_2

13120511_2

13120512_2

13120513_2

13120514_2

カッコよろしいねー忘年会でルーペを使われたのが
わかります。
これらの写真で蒸気機関車も作りたくなってきました。
ありがとうございました。

2013年12月 4日 (水)

ワンワン主役の桃太郎一行 IN 岡山 その3

3時のおやつは吉備SAでいただきました。
ジョージアの中国地方限定コーヒーぶちです。
岡山弁ではでーれーですね^^
一緒にモミジ饅頭とクリームパンを美味しくいただきました。

13120401

そして、岡山名物万歩書店本店へ

13120402

みんな楽しく古本を観覧、購入しました。
お次は東山車庫です。
偶然ソラビを見かけて喜んでいたのは私だけでした^^

13120403

まずクロです。

13120404


13120405

さる人の計らいで車庫内も見学しました。
目的は日光色の電車です。

13120406

13120407

13120408

工作機器

13120409

トラバーサーもよろしいね

13120410

最後にMOMOさんも撮影できました。

13120411

日が傾いてきたので急いで西大寺鉄道の後楽園あとへ

13120412

こんな写真の場所をさがします。

13120413

この左の建物の雰囲気が上の写真に合致しました!!

13120414

さらに廃線跡に向かいます。

13120415

踏切跡を見学したり

13120416

森下駅の跡地と思われる場所を探索し、納得した一行は

13120417

定番、岡山模型に行き、ここでも西大寺ネタで
盛り上がります。

13120418

もちろん模型も購入する人も居ました。

13120419

上を飛ぶ複葉機に見守られながら

13120420

岡山地場の居酒屋、成田屋でドンチャン!!
ウーロン茶でベロンベロンです^^

13120421

楽しい一日が過ごせました。
おしまい

2013年12月 3日 (火)

ワンワン主役の桃太郎一行 IN 岡山 その2

西に向かった一行は笠岡の地に降り立ちました。
そして着いたのは井笠鉄道記念館でした。

13120301

上を見て信号を見上げる信号好きのお兄さんも居ますが
メインは車輛!!ということで進むと・・・

13120302

寂しく佇むオッサンが居ます。

13120303

その目線を辿ると!!臨時休館中の文字が

13120304

気を取り直して、車輛を柵の外から拝みます。

13120305

13120306

このままでは物足りないので笠岡駅へ
そこには建築学科の教授風の方とそのゼミ生風の方が
建物を見ながら語らっていました。

13120307

その目線の先にはいにしえの建造物が並んでいました。

13120308

そしてその近くのホジ9の観覧です。

13120309

正面の柵が落ちたり痛みが激しいです。

13120310

近くの古い建造物を見ていると、ワンワンがラーメンやー
さっき見かけた店に行くぞー!!
俺の鼻を信じて付いてこーーいということで

13120311

中華そば専門店 坂本へ

13120312

笠岡ラーメンです。アッサリとした醤油ラーメンを
いただきました。
はい、ワンワンの鼻には恐れ入りました。

13120313

井笠鉄道の笠岡駅跡を見たあとは、

13120314

13120315

最終目的地でもある岡山市内へ向かいました。
続く

2013年12月 2日 (月)

ワンワン主役の桃太郎一行 IN 岡山 その1

忘年会の次の日、桃太郎、ワンワン、ヘボサル、キジジャック
養殖カバ、抹茶パンダ一行で岡山廃線探索ツアーに
行ってきました。
ちなみに私ヘボサルは運転手としての参加です。
まず西大寺へ・・・とカバさんが何か駅票が!!
ということでワンワンから戻れ!!との指令が
戻ると西大寺鉄道の大多羅駅の駅舎でした。

13120201

こういう物が残っているのは知りませんでした。

13120202

一行は舐めまわすように探索していました。

13120203

そして西大寺駅へ・・・・
この川に線路跡がないか!!と桃太郎とワンワンが
で見つけた廃線跡です。
みんな飛び込もうとしてるわけではありません。

13120204

しっかりと元の橋脚台を見つけていました。

13120205

ここから車庫までどのくらい??と聞かれた私は地図を
確認、500mぐらいと言うと、ワンワンが歩くぞ!!
で運転主の私は車を車庫に回します。
そしてショッピングセンターの屋上から高見の見物です。
見えてきました。御一行!!

13120206

西大寺駅の事務所と移設された財田駅の駅舎に向かいます。

13120207

本当に駅舎だよねーーとみんなで本を確認中。

13120208

そんな中、私はこんな物を見ていました。
丁寧な言い回しのバスです。

13120209_2

そして今日初めての鉄道車両の見学です。
キハ7です。なんと屋根ができていました。
※以前の風景はこちら

13120210

大事にされていますね。

13120211

そのあと、長船の下津井を見学

13120212


13120213


13120214

通りがかりの万富駅で跨線橋を見学。

13120215

貨物列車も来ました。

13120216

そしてお次は西に向かいました。

2013年12月 1日 (日)

恒例の忘年会です。

この週末、京都に向かいました。
吹田の583は先頭車が居なくなっているのを確認。
そのあと、向日町に583のオリジナル色がはるばる
東北から来ていましたが、写せませんでした。

13120101

目的地はいつものくろがねやさんです。

13120102

少し早めに着いたので人数は少な目でしたが、

13120103

少しづつ増えて、

13120104

宴の開催です!!

13120105

美味しい食事とこれが肴です。

13120106

神々しいまでの9600は店主殿の作品です。

13120107

この辺になると虫眼鏡やルーペが活躍します。

13120111

そして、汽笛です。こちらの作品です。

13120108


13120109


13120110


13120112

これを見るのは私のカメラが活躍しました。

13120113

古典機関車の研究をされるこちらに紹介さてている方は、
クラーケンさんの刺激でナロー機を作って来られていました。

13120114


13120115

みんな、鉄道話に花が咲き・・・たまに脱線もしますが、

13120121

良い刺激になります。
そして気になったのがこれです。トイレのドアです。

13120117


13120118

トイレのドアですが、気動車のドアノブと鉄道フォントで
作られた鍵で雰囲気抜群です。
行かれた方は是非見てください。

13120119

アッという間に時間が過ぎて帰途に着きました。
本当に今年もありがとうございました!!
おまけは京都駅で見たチンドン編成。

13120120

色変わりの過渡期ですね。
充実した一日です。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

ウェブページ

ブログパーツ

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

  • いぶき工房
    バス・鉄道を紙技を駆使してカッコ良く作られています。一度失敗したらやり直しが効かない接着剤!!紙挫折経験を持つ金属工作派の私からすれば、まさに神業です。ウィットなブログ(お茶の間にて)もGOODです。
  • 茶の間にて
  • レールギャラリー六甲(六甲模型教材社)
    幼いころから通い詰めた模型店です。 豊富な部品在庫でいつも助かっています。 休日にフラッと私が出掛けるというのは、ココというぐらい自分の生活の一部になったお店です。
  • 岡山模型店DAN
    付き合い始めて30年以上。訪問した際にはお喋りを楽んでいます。店主の写真や色のこだわりにはいつも感嘆しています。
  • LazyJack
    こだわりが凄い!!どの製品も実物と見紛うばかり。 レイアウト関係部品では有名ですね。車輌関係部品も秀逸で、実物どおりの釣り掛けモータなどもあります。 トクイ車輌では繊細ですが固定しやすい国電の窓枠を特に愛用させていただいています。
  • You-enてっど
    このページの管理人の方とは、通勤時に一緒になることがあります。その際には、いつも楽しい時間を過ごします。「熊本市周辺の鉄道のちょっと古い時代から現在までの写真と1/80鉄道模型」の渋いこだわりを感じるHPです。
  • メジロのめ次郎ホームページ
    ネコさんのCRAFT MODELS 6に掲載の蒸気機関車の質感に引き寄せられて訪問しました。私の目からウロコがドバッと落ちた情報があり、大変感謝しています。今後も掲示板での情報や、工場での製作内容も大いに参考にさせていただきます。
  • RailModel& café くろがねや
    京都の哲学の道にある”くろがねや”さんです。 人柄の良い店主さんです。模型の腕も一流です。 へぼ職人とはえらい違いです。 近くへ行かれた方はぜひ和んでください。
  • HINODE MODEL&岸日の出堂
    佃煮と鉄道模型を扱っているお店です。 人の良い店主さんやっておられます。 3丁目の夕日に出た”こだま”号の作者で、 阪神百貨店の鉄道模型フェアの顔にもなった スッゴイ腕前です。長田に行かれた際には 是非立ち寄ってください。
  • 鉄道模型NEXTホームページ
    その昔、銀河模型からの昔馴染みが社主をされています。センスの良くちょっとマニアックな模型たちが良い感じです。 ヘボ職人は、社主の作られた山陽電鉄3000系の型紙にチャレンジして、見事玉砕した思い出があります。 そろそろ、ペーパーにリベンジなんて考えているヘボ職人には気になるメーカーです。
  • 切粉だらけの工作室からⅡ
    卓越した技術を持っておられるクモハ32000さんのブログです。ヘボ職人のお手軽とは逆の世界を見ることができます。
  • 阪鉄車輛
    コメントのやり取りをきっかけに親しくなった阪鉄車輛さまのHPです。容量が一杯になったそうで、freemlでブログを展開されています。丁寧な工作、美しい塗装、隠れたるギミックと羨ましい腕の持ち主です。これだけで一見の価値があります!!
  • H5の工作日記
    たぶん、この国のどのモデラーもこの方の作り方には目を丸くすること請け合いです。是非みなさんもH5ワールドを体験してください。
  • 汽車をつくる
    ブログの主は30年前ぐらいから存じ上げています。さらに共通の友人もイッパイ!!ただ、ヘボ職人とはラベルが違う達人のお一人です。貨車関係の技術的アプローチなど楽しませていただいております。
  • 汽車好きクラーケン
    冗車会会長のクラーケンさんがブログ開始です。汽車好きなんてカワユイ名前ですが、中身は・・・これからのお楽しみ。
  • E.NUKINAの60's鉄道模型コレクション
    古い物、特に鉄道模型社の話題でお付き合いしていただいています。奥が深い世界にドップリと浸かっておられるお方のホームページです。
  • イヌゲージ鉄犬
    このページは禁断のページです。(爆)っと咳をするイヌフルエンザがうつる可能性があります。行く場合は心してください。なお、その件に関する苦情は一切受け付けません。^^
無料ブログはココログ