« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

東西融合ワンワン会 運転会その5

車輛基地で出発を待つ急行列車
養殖海坊主さんの客車です。

14043004

こういう雰囲気がぴったりですね。
なんか香りが漂って来ます。

14043005

昔の車輛の独特な香り・・・今成には^^

14043006

天賞堂のDF50牽引で気持ち良く走っていました。

14043007

最後に私の車輛です。
貨物列車を走らせました。

14043001

当鉄道の主力EC40が疾走します。

14043003

お約束のこんな事故も起こしました。

14043002

これ以外は機嫌よく走ってくれたので満足できました。

2014年4月29日 (火)

東西融合ワンワン会 運転会その4

6時すぎになると、他の方々も出てこられました。

14042901

養殖海坊主さんのDB10や

14042902

阪鉄さんの近鉄も線路で走り始めました。

14042903

近鉄はいさみやの吊り掛け動力で始動には手間
取りましたが快調に走っていました。

14042904

駅にchitetsuさんの片町線があったのでそれっぽく
撮影です。

14042905

この雰囲気が活きますね。

14042906

ええ感じです。作ろうかなー^^

14042907

雰囲気ピッタリの車輛を見ながら和んでいました。

2014年4月28日 (月)

東西融合ワンワン会 運転会その3

お次は机にあった車輛たちです。

ニッポンで一番有名な電車のモケー!!

3040年以上のブランクを経て真鍮工作に復帰した
ワンワン殿の佳作です。

14042801

復帰作のノウハウを元に進んでいる2作目たちもいました。

14042803

ニッポンで一番有名な電車の作りかけモケー

14042803_2

もう完成しているかもしれませんね^^

14042804

chitetsuさんの片町線オレンジ旧国です。
クモハ31など1両を除いてペーパー製らしいです。

14042805

手が入っています。

14042806

微妙な違いが楽しい車輛たちです。

14042807

そして阪鉄さんの高校時代の作品です。
いさみやのペーパーです。
私も、完成させて持っていましたが、阪神大震災で
紙に戻りました。(;;;´Д`)ゝ

14042808

可部線といえば西で最後まで17m残った車輛です。

14042809

後にピノチオ製も完成させておられます。

14042810 14042811

そして阪鉄さんの近作の近鉄です。

14042812

手間を掛けた狸顔塗装がええですね。

2014年4月27日 (日)

東西融合ワンワン会 運転会その2

朝、5時に目が覚めて運転会場へ
線路に乗っている車輛を撮影しました。
まず、持参したオリエンタルのキハ81と阪鉄さんの
キハ81の並びです。
全然違いますね。^^

14042701

何となくオリエンタルの方がスマートに見えます。

14042702

谷川製が出るまで市販唯一のキハ81でした。

14042703

そしてこれも阪鉄さんこだわりの113系です。
実際にあったバラエティある編成を作られたそうです。

14042704

そしていさみやのペーパーキットからできた12系です。
私はこの変顔を初めて知りました。

14042705

牽引機はムサシノのEF66です。客車のできに負けない
機関車としてはベストチョイスですね。

14042706

キハ81はかっこ宜しいですね。

14042707

くろしおで1度だけ、和歌山-天王寺を乗りました。

14042708

遠い昔の思い出が蘇ってきます。

2014年4月26日 (土)

東西融合ワンワン会 夕食編

お楽しみ、夜の宴会です。
場所はまつ屋さん。修善寺に来るときは必ず行く店です。
(写真はこちらよりのコピペです^^)

14042601

そして・・・
 
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪

(写真はこちらよりのコピペです^^)

14042602

ここから写真はオリジナル!
前菜です。サケのはらすに時期野菜。
美味しかったです。

14042604

アジのフライ!!
サクサクあっさりかつボリューム満点!!

14042606

そしてメインの金目の煮付けです。
さすがの絶品でした。

14042605

牛タンのせのサラダ

14042607

山菜の天プラ!!

14042608

お酒は焼酎ボトルキープ!!

14042603

今回も堪能しました。

2014年4月25日 (金)

東西融合ワンワン会 運転会その1

到着後、各々車輛を出します。
今まで花月園経験者は私だけです。
でも・・・いつも永鉄社長におんぶにだっこ^^
さっぱり動かし方が判りませんでした。

14042501

今回のメンバーは
ワンワン会王様のワンワンさん
東の大物chitetsuさん
最近近鉄を作っておられる阪鉄車輛さん
当ブログでもお馴染み養殖海坊主さん
そしてヘボ職人
の5人でした。
まず、chitetsuさんの片町線オレンジ旧国です。

14042502

その横をボンネットが開く阪鉄車輛さんのキハ81です。

14042503

chitetsuさんの電車はいつの間にか飯田線へ

14042504

御二方が何か楽しそうに語り合っておられます。

14042505

養殖海坊主さんの客車群です。
彼のクオリティにビックリしていました。

14042506

阪鉄車輛さんのこだわりの113系です。
KS製キットからの製作ですが、手の入り方が半端では
ありません。

14042507

DF50が牽く養殖海坊主さんの客車の長編成。
重量感ある客車が転がりも良く疾走します。

14042508 14042509

ふと見るとこんな感じで写真集に群がっていました。

14042511

話題はこの風景はどこ?でした。
さて、どこでしょう??

14042510

私が整備したEF55ですが、動きが悪かったです。
結局、パワーパックの容量不足だったようです。

14042512

chitetsuさんの片町線が駅に
活きた風景に見えますね。

14042513 14042514

ワンワンさんのニッポンで一番有名な電車のモケーが
疾走です。
前後は早くも台車が付いたTQ達です。
手の速さにビックリです。

14042515

アッという間に夕食の時間です。
ということで夕食編へ行きます。

2014年4月24日 (木)

東西融合ワンワン会 道中編その3

道中で古いかっこ良い三輪車が居たので1枚です。

14042401

そんなこんなで落ち合う所の修善寺駅へ

14042402

駅舎が変わっています。
駐車スペースはかわって無かったです。

14042403

約束の電車が来るまでにお腹を作ります。
駅と言えば・・・

14042405

駅そばです。珍しく山菜そばをチョイス。
美味しく頂きました。

14042404

お腹ができてから改札口へ・・・

14042406

来ました。
オッサン二人が楽しそうに写真を撮っています。

14042407

合流後、最終目的地へ
もちろん花月園です。

14042408

さて、遊びます!!

2014年4月23日 (水)

東西融合ワンワン会 道中編その2

入り瀬駅からの通り道に岳南鉄道の富士岡駅が
あったので軽く立ち寄りました。
なんと、電気機関車が全部集まっていました。
まずはED29です。

14042301

そしてED40です。

14042302

そして唯一模型で完成させたデキ501です。

14042304

他にワム8000

14042303

仮台車

14042305

97式軽貨車

14042306

博物館のような廃車置き場のような今後が心配です。

14042307

唯一ED40の1両だけが現役のようです。

14042308

そして駅を見学後近くの踏切へ

14042309

電鈴式踏切は健在でした。
↑をクリックすると以前の動画へ
車庫の道路側を見ると社章があるではないですか
かっこ宜しいです。

14042310

そして落ち合う場所へ向かいました。

2014年4月22日 (火)

東西融合ワンワン会 道中編その1

お久でワンワン会です。
今回は東西融合ということで養殖海坊主さんと東に
車で向かいました。
まずは大好物の大あんまき調達です。
あれ?少ないと思っていると・・・

14042213

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

14042212

会場分と車で頂く分を無事、入手しました。^^
そしてお初の新東名へ
SA好きの私は途中の真新しい浜松SAを堪能です。

14042214

ただ、この道は風景は楽しめませんでした。
そしてお約束の寄り道です。
身延線入山瀬駅脇で電車を撮影
前パンです。

14042210

入山瀬駅です。

14042211

そして横の入山瀬公園へ
まずはD51です。

14042201 14042206

そしてオハ35です。

14042202 14042205 14042203 14042204 14042208 14042209 14042207

じっくり実車を堪能して次の目的地へ

2014年4月21日 (月)

三木よりのお便り!!国鉄4500型の巻その22 完結編!!

端梁が赤いドレスアップの701号はスケール通りの
φ12.5動輪(←クラーケンさん提供)、右は鉄模社の
φ11.5動輪です。この写真では違いが
よくわかりませんけど。

14042103

14042104

14042105

ドレスアップ機(動輪径12.5)

14042106

14042107

動輪径12.5ですが容姿はヨーロピアン。スポーク本数も
多いようです。

14042108

さわり倒している間に黒染め部分がはげている!
タッチアップしようかと思うけど、今のところ気力なし。

14042109

14042110

14042111

下からのぞく。ブレーキロッドと通電線が重なって
見た目はもうひとつか。でも動くことに重点。

14042112

14042113

手前が動輪径11.5の4500(鉄模社純正)

14042114

あっさりしすぎたというのか。マッフィイの銘板がほしいな。
またシリンダブロックがサイドタンクより外へ大きく
張り出しています。
(ここではわかりにくい角度の写真で撮影)
これには幻滅するという方も多いかと。確かに、その点に
ついては狭める努力はしませんでした。
16番ではしかたないか、と思っているところへ13mmの
悪い誘惑が。ま、ともかく、カッコ悪いけども作った者の勝ち。

14042115

動輪径11.5の4500です。

14042116

14042117

14042118

完成が近づくとエイヤの悪いクセがでてきます。
とにかくめんどうくさかった。やれやれ、4台分作った
感じです。クラッチ付きで手押しで動きますが
クラーケンさんのようにスカスカな軽さはありません。
どうも自分のイメージとは異なる感のある完成となりました。
いつものことですけど。
これでやっと作業台回りの整理と掃除ができました。
ご覧頂きありがとうございました。

完結編!!お疲れ様です。
ええ感じですねー!
私も完結編したーーい^^

2014年4月20日 (日)

三木よりのお便り!!国鉄4500型の巻その21

下回りに続きです。
前部台車の端梁

14042001

後部台車の端梁

14042002

後部台車の余り写真を挿入です。

14042003

14042004

14042005

14042006

ブレーキロッドです。引きロッドは前部台車まで延ばします。

14042007

ブレーキ関係、後部台車は上回り取り付け前に
組み込みます。シューが車輪踏面に触れているかも
しれませんが気にしません。

14042008

引きロッドがキャブ内に突き出ますので
ブレーキハンドル(エコー)でかぶせておきます。

14042009

前、後部台車を上回りとドッキング。前部台車の
ブレーキ関係もここで組み込みます。
しっかりと事前仮組確認したつもりですがいろいろ
問題が出てきました。
塗装後に発生するのはイヤですね~サイドタンクは
最後に組み付けです。

14042010

14042011

2014年4月19日 (土)

三木よりのお便り!!国鉄4500型の巻その20

さて、最後の難関、集電です。
マレー型の場合、一般的に前部台車、後部台車で
それぞれ集電します。しかし、B+Bなのでそれぞれ
+、-集電に有効な車輪は各2枚にすぎません。
絶縁車輪が遊んでいます。この方法では
ドライブラインも絶縁しなければなりませんが、
当初から台車間、ドライブラインの絶縁は
考えていませんでした。
考えていたのは絶縁車輪と非絶縁車輪を含めた
「全輪」集電です。

その理由は
*確実な集電をねらう。
*とくに非絶縁側は、何となく接触して導電している、
  と言う感がぬぐえません。
  ましてイコライザー付きとなると。確実な集電ルートを
   設けたい。
*また玉軸受けを使っているため、軸受けの
  外輪-玉-内輪の間に電気を通したくない。
  産業界では禁止事項です。一度スパークしたら
  一気にボロボロになります。(とはいうものの、
   問題ないことはクラーケンさんが実証していますけど。)
 そこで、絶縁車輪はすべて同じ側にそろえました。

集電はこのような部品で、

14041901

車輪フランジ内側から「集電ピン」を燐青銅線で
押し当てます。

14041902

しかし、同圧で押しつけるべく複数個の燐青銅線細工が
かなわん。車軸も若干ながら横動があり、その動きで
接触圧が変化し、押し当てストロークが少ないと接触すら
しないことも起こる。失敗!

そこで、予定変更で以下のように押しつけるようにしました。
コイルばねで「集電ピン」の頭から両側に押し出します。
「集電ピン」の頭で絶縁しています。このようにしますと、
車軸の横動があっても、ばねと「集電ピン一式」も
いっしょに動きますので集電接触圧が一定に保たれる
理屈です。

14041903

14041904

さらに、各「集電ピン」から電気をかき集めなければ
なりませんが、電線を引き回すスペースがありません。
また見た目にも悪いでしょう、で以下の写真の通りに
なりました。これは後部台車用ですが、これをフレームに
組み込みます。組み込み時、写真中の赤矢印の部分を、

14041905

フレーム下面に設けられた穴に差し込みながら
組み込みます。

14041906

組み込み状態です。

14041907

さらに、この穴(パイプ)は、台車上部側に続いております。
(矢印部分)

14041908

モーター側はこのように作ります。この矢印部分が
さきほどの穴に差し込みます。

14041909

後部台車にモーターを搭載した状態です。
電線の使用はモーターから出た部分のみになります。
後部台車で回路は完結していますので、この状態で
線路に乗せると走行可です。

14041910

14041911

これはモーター搭載前ですが、矢印の部品はクラッチの
振り子ギヤのかみ合いを制限するものです。

14041912

前部台車の集電は少々ややこしくなりました。写真は
前部台車の後側車軸用「集電ピン」です。
スペースがないため分割式になってしまいました。

14041913

それを前部台車の後部に組んだ状態です。

14041914

14041915

その前部台車の後側車軸用「集電ピン」ユニット端部の
パイプ穴があって、

14041916

写真は前部台車の前側車軸用「集電ピン」ユニットです。
この先端(矢印部分)を上記パイプ穴に差し込むように
組みます。

14041917

組み込んだ状態です。

14041918

14041919

14041920

通電経路は前部台車の後ろから尽きだしている矢印の
燐青銅線2本が、

14041921

後部台車に仕組まれている穴に差し込みます。

14041922

このように連結しますが、この燐青銅線、前部台車からの
通電だけでなく前部台車の復元作用を助けます。
(このように、と言っても見えていませんが)

14041923

14041924

2014年4月18日 (金)

三木よりのお便り!!国鉄4500型の巻その19

手が止まっている私に助け舟というところで
三木の干し殺しさんから、お久で進捗レポートが来ました。

上周りです。
IHヒーターに水を入れたボウルとヤカン。

14041801

これ、ウェイトの充填です。低融点合金を使っています。
ボイラ内に突起があっても流し込みしますのでフルに
充填できます。比重は鉛より小さいですが同じ容積なら
ミクロェイトを充填するより重いと思います。
また何かある場合、熱い風呂にいれたらドロドロと
出てきます。なんといっても鉛を型に入れて作るよりも
安全。
もちろん、コールバンカ、サイドタンクにも充填します。

14041802

14041803

手すりの製作。普段は少し作るくらいでは治具など
作りませんが、曲線が続く形状ですので治具を作りました。

14041804

手すりとステップです。

14041805

上周り、チャチャっと生地完成。サイドタンクは脱着式。
このキット、大事な部品がもともと入っていません。
しかたないのでインジェクターは思いっきり適当に
してしまいました。またこの機関車の実機、窓ガラスが
はまっているのでしょうか?わかりません。
実機写真を見る限りなさそうですが。

14041806

14041807

14041808

14041809

ここからしばらく連載です。^^

2014年4月17日 (木)

やっと体調が上向きです。

今朝はクシャミが出ない朝でした。
本当にお久です。セキも少なくなりました。
花粉が減ったのでしょうか?
今朝の通勤です。まずEF66の貨物列車
今日は100番台です。

14041701

そしていつもの並走はEF210でこれも100番台
でした。

14041702

ここのところ気になっているコンテナはやっぱりネコさん

14041703

白いのはクールでしょうか?

14041704

パッチワークはやっぱり籠の中です。

14041705

良い雰囲気で仕事完了。
しかし、窓セルは出てきません。あっ台車もです。
もうしばらく探します。

2014年4月16日 (水)

今日も車輛整備です。

今日も整備です。
昨年のグランシップに合わせて作ったクハユニ56です。

14041601

窓セルが入って無く、台車も一つ行方不明です。

14041602

取りあえず、窓セルを探しています。

14041603

先日引っ張り出した柵を印刷された窓セルが・・・
ない (;´Д`A ```
樹海を探索中です。^^

2014年4月15日 (火)

車輛整備です。

ここのところのパッチワークは定位置の籠の中です。

14041501

運転会シーズンも始まるので車輛整備を開始です。
EF55を整備します。
以前走らせた際に動きが悪かった車輛です。

14041502

車体を外して観察します。

14041503

前側のボルスタ部は長穴で動く幅を広くしています。

14041504

サクサクとばらします。
内部のグリスを取り除いてシリコングリスに置き換えました。

14041505

取りあえず動作しました。

14041506

実際には線路上で確認予定です。
集中力は落ちていますが、この程度ならできるようです。

2014年4月14日 (月)

今日は出張でした。

今日は日帰り出張でした。
朝、新大阪の27番ホームから御堂筋線を
眺めていました。

14041401

ひかりに乗って目的地へ
浜松の留置場にはなんも居ませんでした。

14041402

富士山も見えず

14041403

帰りの電車で気になっていた自販機を確認。
撤去はされず貼紙だけです。

14041404

出張は無事?完了して帰宅です。
トンボ帰りため鉄ネタはなしです。^^

2014年4月13日 (日)

結局 ( ´・ω・`)

今朝から両肩がカピカピで動かなくなりました。
毎週土曜日のリハビリ通院が原因のようです。
五十肩を直すためには致し方なしです。
ということで、一ミリも工作は進みませんでした。

14041301

今週も月曜日から仕事が忙しい状態です。
もう腹を括るしかないようですね。(謎

2014年4月12日 (土)

結局・・・

今朝は50肩のリハビリ、家族で恒例の花見
ヘロヘロになりながら初1000系で帰宅です。

14041201

そのあとは昼寝で夜になってしまいました。

14041202

もう頭の中では完成しているのですが・・・^^

2014年4月11日 (金)

出張でした。

先週から今週にかけて、こんな電車が走っている
所にいました。

14041101

仕事の合間の休憩はこんなところで和んでいました。

14041102

ちょうど桜も見ごろで良かったです。

14041103

やっぱりD52はカッコよろしいなー^^

14041104

花粉にもまみれたので、体調はボロボロです。
明日には模型製作ネタに戻る予定です。

2014年4月10日 (木)

春のおまけ2014年!!

最近バタバタしており、模型は全然です。お尻に火が
点いていますが。もうあきらめモードです。
そんな中、今朝の桜は散り始めています。

14041001

帰りの電車は223系の官兵衛ラッピングでした。

14041002

中間車は黄色なんですね。
編成で写真を撮りたいですね。

14041003

そしておまけです。
ダイドーブレンドです。

14041004

光岡自動車です。

14041005

ゼロワンです。
なんとなくロータススーパー7みたいですね。

14041006

オロチですね。
コブラのイメージでしょうか?

14041007

ヒミコです。
何でそんな名前?

14041008

と、息子が握ってしばらくすると、色が変わっていました。

14041009

微妙なシリーズです。
ただ、大きさが1/80に近いようです。

2014年4月 9日 (水)

十三クラブの運転会その7

ハタボウさんのB20です。
何とフルスクラッチです。

14040901 14040902 14040903 14040904 14040905 14040906

これがまたスムーズに走ること!!
次回までには私も走る車輛を作って参加したいと
思っております。

2014年4月 8日 (火)

十三クラブの運転会その6

railtruckさんの力作をご紹介
圧縮空気機関車たちです。

14040801

14040802

14040803

14040804

14040805

14040806

この機関車たち。本当に小さいのですが、
みんなスムーズに疾走します。

14040807

ふと見ると人が集まってきており。

14040808

撮影会が始まりました。

14040809

みんな一言、( ゚д゚)ホスィ…

2014年4月 7日 (月)

十三クラブの運転会その5

2日目です。
H5さんのキハ81がカッコ良かったです。

14040701

有りそうで無い南海電車との並びです。

14040703

上から写真を撮ると狭い線路が際立ちますね。

14040704

サイドビューも良いですね。

14040705

塗りが面倒な1次流電の初期色や

14040702

H5さんのEF18

14040706

60年代の花形車輛の競演

14040707

思わず、( ゚д゚)ホスィ…

2014年4月 6日 (日)

十三クラブの運転会その4

今回は参加された方々の楽しんでおられる風景を
お見せします。

14040601 14040602 14040603 14040604 14040605 14040606 14040607

判る方には判るという世界です。
そしてもちろん夜は本番の宴会です!!

14040608

Tさんのご講話をいただいて

14040609

かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪

14040610_2

十三クラブだけに呑み会は十三
二次会に向かうオジサマ達!!

14040611

もう訳判りません!!

14040612

楽しんだ後も撮り鉄している方をパパラッチしながら

14040613

初日は終わりました。

2014年4月 5日 (土)

十三クラブの運転会その3

今回の運転会では楽しい実演を見せていただきました。
出てきたのはこの工具です。
プロクソン ミニサーキュラソーテーブルをカスタマイズ
されたものです。
その先生はもちろんH5さんです。

14040501

こんな感じで治具が作られています。
もうビックリするような精度とスピード。
私もやりたくなりました。

14040502

そしてさるお方に見せていただいたネジです。

14040503

最少は0.3mmの物もあるとか!!
もう驚きの時間でしたね。

2014年4月 4日 (金)

十三クラブの運転会その2

そんな中、C54祭りが静かに開催されていました。
天賞堂、フォムラス、宮沢製が並んでいます。

14040401

写真の腕試しにちょっと遊んでみました。

14040402

確かフォムラス製だったと思います。

14040403

黒い車体には目で見ても汚れは見えませんでしたが

14040404

結構ホコリが見えるものですね。
あっ!!運転会から外れてしまった。^^

2014年4月 3日 (木)

十三クラブの運転会その1

お誘いいただいて3月21・22日に開催された
十三クラブ(通称^^)に行ってきました。
楽しい時間を過ごさせていただきました。
例によって連載です。
一番に目に入ったのはてつさんの419系です。
パンタ車は?すぐ近くで改軌の真っ最中でした。

14040301

そして気持ち良く走ってきたのは主催の一人Tさんの
ブルートレインでした。

14040302

その横をマッハさんの80系は早くも疾走していました。

14040303

阪鉄車輛さんの車輛も大活躍でした。
ペーパーのクモニ13

14040304

南海22001系!!綺麗にできています。

14040305

天プラ改の南海電機たちなどが活躍。

14040311

そしてお誘いいただいた碓氷車輛さんの碓氷峠の
車輛たちです。

14040306 14040307 14040308

クラーケンさんは4ミリ径のモータを組み込まれた
インスペクションカーも疾走です。

14040310

さるお方のこんな物が走る訳はない!!
と叫ばれていました。

2014年4月 2日 (水)

今年の桜!!

今日は運転会のご紹介の予定でしたが、
今日が一番の見ごろとのニュースから観桜です。
まず、私の基準木を一枚!!
今年も咲いてくれました。

14040230

そして川から1枚

14040231

仕事先近くの公園は5分咲きです。

14040232

500系を背景に1枚です。

14040233

そして近場のお寺のライトアップです。

14040234

見ている最中に小雨が降ってきました。
花散らしの雨でしょうか??

2014年4月 1日 (火)

神戸鉄道模型ショー

本当はもっと早く紹介する予定でしたが、10日以上前の
ネタを続けます。( ^ω^ )
神戸で唯一の鉄道模型ショーはジョーシンで開催
されます。
ゆるいショーです。

14040201

気になった物をご紹介。
Nゲージですが、ターンテーブルです。

14040202

一部で話題になっているトミカサイズの路面電車です。
ロモジだけならありかもしれませんね。

14040203

Nゲージならではのストラクチャーも何気に気になります。

14040204

EF58や

14040205

江ノ電なんかもありましたが、イマイチ盛り上がりません。

14040206

私は買うことは無さそうです。萌え系でしょうか?

14040207

こんな中を走らせるのも良いですね。

14040208

一番の目的はこのおっちゃんの慰問です。

14040210

世間話をしたあとここを離れて、運転会に向かいました。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

ウェブページ

ブログパーツ

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

  • いぶき工房
    バス・鉄道を紙技を駆使してカッコ良く作られています。一度失敗したらやり直しが効かない接着剤!!紙挫折経験を持つ金属工作派の私からすれば、まさに神業です。ウィットなブログ(お茶の間にて)もGOODです。
  • 茶の間にて
  • レールギャラリー六甲(六甲模型教材社)
    幼いころから通い詰めた模型店です。 豊富な部品在庫でいつも助かっています。 休日にフラッと私が出掛けるというのは、ココというぐらい自分の生活の一部になったお店です。
  • 岡山模型店DAN
    付き合い始めて30年以上。訪問した際にはお喋りを楽んでいます。店主の写真や色のこだわりにはいつも感嘆しています。
  • LazyJack
    こだわりが凄い!!どの製品も実物と見紛うばかり。 レイアウト関係部品では有名ですね。車輌関係部品も秀逸で、実物どおりの釣り掛けモータなどもあります。 トクイ車輌では繊細ですが固定しやすい国電の窓枠を特に愛用させていただいています。
  • You-enてっど
    このページの管理人の方とは、通勤時に一緒になることがあります。その際には、いつも楽しい時間を過ごします。「熊本市周辺の鉄道のちょっと古い時代から現在までの写真と1/80鉄道模型」の渋いこだわりを感じるHPです。
  • メジロのめ次郎ホームページ
    ネコさんのCRAFT MODELS 6に掲載の蒸気機関車の質感に引き寄せられて訪問しました。私の目からウロコがドバッと落ちた情報があり、大変感謝しています。今後も掲示板での情報や、工場での製作内容も大いに参考にさせていただきます。
  • RailModel& café くろがねや
    京都の哲学の道にある”くろがねや”さんです。 人柄の良い店主さんです。模型の腕も一流です。 へぼ職人とはえらい違いです。 近くへ行かれた方はぜひ和んでください。
  • HINODE MODEL&岸日の出堂
    佃煮と鉄道模型を扱っているお店です。 人の良い店主さんやっておられます。 3丁目の夕日に出た”こだま”号の作者で、 阪神百貨店の鉄道模型フェアの顔にもなった スッゴイ腕前です。長田に行かれた際には 是非立ち寄ってください。
  • 鉄道模型NEXTホームページ
    その昔、銀河模型からの昔馴染みが社主をされています。センスの良くちょっとマニアックな模型たちが良い感じです。 ヘボ職人は、社主の作られた山陽電鉄3000系の型紙にチャレンジして、見事玉砕した思い出があります。 そろそろ、ペーパーにリベンジなんて考えているヘボ職人には気になるメーカーです。
  • 切粉だらけの工作室からⅡ
    卓越した技術を持っておられるクモハ32000さんのブログです。ヘボ職人のお手軽とは逆の世界を見ることができます。
  • 阪鉄車輛
    コメントのやり取りをきっかけに親しくなった阪鉄車輛さまのHPです。容量が一杯になったそうで、freemlでブログを展開されています。丁寧な工作、美しい塗装、隠れたるギミックと羨ましい腕の持ち主です。これだけで一見の価値があります!!
  • H5の工作日記
    たぶん、この国のどのモデラーもこの方の作り方には目を丸くすること請け合いです。是非みなさんもH5ワールドを体験してください。
  • 汽車をつくる
    ブログの主は30年前ぐらいから存じ上げています。さらに共通の友人もイッパイ!!ただ、ヘボ職人とはラベルが違う達人のお一人です。貨車関係の技術的アプローチなど楽しませていただいております。
  • 汽車好きクラーケン
    冗車会会長のクラーケンさんがブログ開始です。汽車好きなんてカワユイ名前ですが、中身は・・・これからのお楽しみ。
  • E.NUKINAの60's鉄道模型コレクション
    古い物、特に鉄道模型社の話題でお付き合いしていただいています。奥が深い世界にドップリと浸かっておられるお方のホームページです。
  • イヌゲージ鉄犬
    このページは禁断のページです。(爆)っと咳をするイヌフルエンザがうつる可能性があります。行く場合は心してください。なお、その件に関する苦情は一切受け付けません。^^
無料ブログはココログ