私鉄電気機関車

2015年4月21日 (火)

買っちまった。^^

溜池に一羽のカモが居ました。
仲間はどうしたのでしょうか?

15042101

帰宅後、ブツが届いていました。
相鉄の電気機関車です。

15042102

出来は値段的にまあまあというところでしょうか?

15042103

ズボッと下回りが抜けます。
機器や台車は使えそうです。

15042104

車体の裏側は透けて見えますね。

15042105

内側に塗装が必要なようです。
お気軽工作で完成させる予定です。

2014年9月 4日 (木)

東武ED5050を引っ張り出しました。 その3

さて説明書どおり付けるかと思っていて・・・

14090401

この図面を見つつ違和感が・・・

14090403

つい実車の写真を見ました。
写真はED5060ですが、この辺の配管は共通のようです。

14090402

全然違います。への字型!!
キャー!!見てしまった物は仕方がない。
固定方法を検討します。

2014年9月 3日 (水)

東武ED5050を引っ張り出しました。 その2

国道沿いの溝です。

14090301

覗いてみると動いています。
ドジョウでした。実は1匹の写真を撮ったつもりでしたが
かえって確認してみると、2匹居ました。

14090302

帰宅後は工作です。
端材に穴を開けてタップを切ります。

14090303

線材をグルグル。

14090304

ほどいて確認です。
整えれば使えそうですね。

14090305

床下の工作を始めました。

2014年9月 2日 (火)

東武ED5050を引っ張り出しました。

電車は休みの日に完成させるとして、
電気機関車を1両作ります。

14090201

目に留まったのがED5050です。
あと少しなので軽く作ります。

2013年11月28日 (木)

小田急デト1を作ります。その5

今日は床板を作り始めました。
0.8×33mmの板を狭めます。

13112801

取りあえず基材ができました。

13112802

こう見ると短く見えますね。合っているのか??

2013年11月27日 (水)

小田急デト1を作ります。その4

昨日作った手摺を取り付けます。
隙間は厚紙で決めます。ほとんど、福原さんの線材に
付属の物かKSに付属の物で間に合わせています。
KSの方が薄目なのでその辺を使い分けています。

13112701

上から同じ厚紙または指で直接押さえています。
指で押さえるのは痛いですのでお勧めしません。
そして出来上がり!!

13112702

ヘッドライト以外の上回り完成です。

13112703

13112704

そして恒例の裏側は

13112705

相変わらずハンダで一杯です。\(;゚∇゚)/

2013年11月26日 (火)

小田急デト1を作ります。その3

例によって微進捗です。
ボンネットにある手摺を作りました。
まず、穴の間隔をノギスで計ります。

13112601

そして0.3mmのシャーペンに入れた真鍮線を曲げます。

13112602

そしてノギスの段差を活かして長さを合わせます。

13112603

そしてもう一回クニッと曲げて出来上がり。
あとはひたすら量産です。
しかし、なんでこんなに手摺があるのでしょうか?

13112604

こちらは足場がなさそうなので乗ったのでしょうか?

13112605

謎が多いですね。

2013年11月24日 (日)

小田急デト1を作ります。その2

昨日の状態ですが、ボンネット前の隙間の工作をしました。
なんとか板とハンダで合わせようとしましたが・・・
無理でした。

13112309

取りあえず外しました。

13112401

そして結局外して作り直します。
もちろん現物合わせです。

13112402

無事、箱になりました。

13112403

ボンネット脇の点検扉げ変ですね。
反対側はまずまずです。

13112404

そして窓上の雨樋などエッチング板に付いていた
車体用の部品を全て付け終わりました。

13112406

屋根上はこの通りです。

13112407

正面側?中々イカツイですね。

13112408

ボンネット脇の点検扉は別板を貼りました。

13112409

あと、手摺ですね。
こいつはイッパイ付いているので作り甲斐があります。

2013年11月23日 (土)

小田急デト1を作ります。その1

今週の初めに偶然手に入れた小田急デト1を作り始めました。

13112301

すぐにバラバラにしました。

13112302

そして悪戦苦闘しながら曲げました。

13112303

こんな感じです。

13112304

そして手摺穴が目印はあるものの穴が開いていないので
穴を開けました。

13112305

あんまり、見た目では判りませんね。

13112306

そしてボンネットを止めるスリットも抜きます。
0.5mmの穴を開けて糸鋸で開けます。

13112307

そしてボンネットなどを曲げます。

13112308

ちょっと隙間が開いたりするのは、ご愛嬌です。

13112309

さて資料が無いので写真を探して進めます。

2013年8月 5日 (月)

物欲が・・・

通勤路の田んぼに彼らが居ました。
まだ私は経験ありません。

13080501

帰宅の際の寄り道で衝動買いです。
近江のED31の元ですね。たぶん

13080502

こちらは正調GEです。芝浦製やおません。

13080503

模型は日本製です。
つぼみ製でしょうか?

13080504

このままで色を塗るか日本調にするか悩ましい限りです。

より以前の記事一覧

ウェブページ

ブログパーツ

  • ミニチュア風のしゃれた動画
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りリンク

  • いぶき工房
    バス・鉄道を紙技を駆使してカッコ良く作られています。一度失敗したらやり直しが効かない接着剤!!紙挫折経験を持つ金属工作派の私からすれば、まさに神業です。ウィットなブログ(お茶の間にて)もGOODです。
  • 茶の間にて
  • レールギャラリー六甲(六甲模型教材社)
    幼いころから通い詰めた模型店です。 豊富な部品在庫でいつも助かっています。 休日にフラッと私が出掛けるというのは、ココというぐらい自分の生活の一部になったお店です。
  • 岡山模型店DAN
    付き合い始めて30年以上。訪問した際にはお喋りを楽んでいます。店主の写真や色のこだわりにはいつも感嘆しています。
  • LazyJack
    こだわりが凄い!!どの製品も実物と見紛うばかり。 レイアウト関係部品では有名ですね。車輌関係部品も秀逸で、実物どおりの釣り掛けモータなどもあります。 トクイ車輌では繊細ですが固定しやすい国電の窓枠を特に愛用させていただいています。
  • You-enてっど
    このページの管理人の方とは、通勤時に一緒になることがあります。その際には、いつも楽しい時間を過ごします。「熊本市周辺の鉄道のちょっと古い時代から現在までの写真と1/80鉄道模型」の渋いこだわりを感じるHPです。
  • メジロのめ次郎ホームページ
    ネコさんのCRAFT MODELS 6に掲載の蒸気機関車の質感に引き寄せられて訪問しました。私の目からウロコがドバッと落ちた情報があり、大変感謝しています。今後も掲示板での情報や、工場での製作内容も大いに参考にさせていただきます。
  • RailModel& café くろがねや
    京都の哲学の道にある”くろがねや”さんです。 人柄の良い店主さんです。模型の腕も一流です。 へぼ職人とはえらい違いです。 近くへ行かれた方はぜひ和んでください。
  • HINODE MODEL&岸日の出堂
    佃煮と鉄道模型を扱っているお店です。 人の良い店主さんやっておられます。 3丁目の夕日に出た”こだま”号の作者で、 阪神百貨店の鉄道模型フェアの顔にもなった スッゴイ腕前です。長田に行かれた際には 是非立ち寄ってください。
  • 鉄道模型NEXTホームページ
    その昔、銀河模型からの昔馴染みが社主をされています。センスの良くちょっとマニアックな模型たちが良い感じです。 ヘボ職人は、社主の作られた山陽電鉄3000系の型紙にチャレンジして、見事玉砕した思い出があります。 そろそろ、ペーパーにリベンジなんて考えているヘボ職人には気になるメーカーです。
  • 切粉だらけの工作室からⅡ
    卓越した技術を持っておられるクモハ32000さんのブログです。ヘボ職人のお手軽とは逆の世界を見ることができます。
  • 阪鉄車輛
    コメントのやり取りをきっかけに親しくなった阪鉄車輛さまのHPです。容量が一杯になったそうで、freemlでブログを展開されています。丁寧な工作、美しい塗装、隠れたるギミックと羨ましい腕の持ち主です。これだけで一見の価値があります!!
  • H5の工作日記
    たぶん、この国のどのモデラーもこの方の作り方には目を丸くすること請け合いです。是非みなさんもH5ワールドを体験してください。
  • 汽車をつくる
    ブログの主は30年前ぐらいから存じ上げています。さらに共通の友人もイッパイ!!ただ、ヘボ職人とはラベルが違う達人のお一人です。貨車関係の技術的アプローチなど楽しませていただいております。
  • 汽車好きクラーケン
    冗車会会長のクラーケンさんがブログ開始です。汽車好きなんてカワユイ名前ですが、中身は・・・これからのお楽しみ。
  • E.NUKINAの60's鉄道模型コレクション
    古い物、特に鉄道模型社の話題でお付き合いしていただいています。奥が深い世界にドップリと浸かっておられるお方のホームページです。
  • イヌゲージ鉄犬
    このページは禁断のページです。(爆)っと咳をするイヌフルエンザがうつる可能性があります。行く場合は心してください。なお、その件に関する苦情は一切受け付けません。^^
無料ブログはココログ