ノスタルジックカー

2013年6月30日 (日)

彦根にて その2

ボンネットバスを見に来ました。
以前も見ましたが、今日は絶好の撮影日和です。

13063001

お尻はマンマルです。

13063002

カワイらしいです。

13063003

バックモニタが付いているのは今風です。

13063004

反対側は停留所で見難かったです。
1ドアということは2マン専用?

13063005

鼻筋はちょっと不細工?

13063007

運転席は以外に広いです。

13063009

と、後を見ると最後部が私を呼んでいる。

13063008

ということで乗り込みました。
出発←クリックで動画へ
彦根城前です。城自体は見えませんでした。

13063010

雰囲気は感じます。

13063012

カーブミラーも時代に合わせたものです。

13063011

銀行もレトロです。

13063014

中にはいろいろな場所の説明があります。

13063015

20分のクルーズも終わりです。

13063017

ドア側も撮影しました。

13063018

20分200円の巡回バス!!
手頃なアミューズメントでした。

2013年6月13日 (木)

お茶会

こちらが遊びに来られると某運転会の最中に連絡が来たので
そこに居る冗車会のメンバーに声をかけて集まりました。
月曜日の夜のことです。
これはタバコ屋さんの阪神の旧型電車を更新していたら
とのことで、キットを改造された電車です。
昔、ゲストのお方が見られた思い出のモデルとのことで持参
いただきました。

13061101

お次は佃煮屋さんのOゲージの電車です。
綺麗に作られています。大きさは圧巻ですね。

13061102

そしてゲスト持参の事業車たちです。
昨年、当方で製作したクヤに刺激を受けたとのこと
刺激返しですね。作りたくなりました。

13061103

あと、帆船さんと養殖海坊主さんで2時間強のおしゃべりでした。
そして解散!!ではなく、佃煮屋さんの長年の愛車てんとう虫の
見学会です。

13061104

ちょいカスタムですが、渋いできです。

13061105

幌をみかん色に塗りたくなるのは私だけ??

13061106

幌を開けた姿もカッコよろしい!!

13061107

なんとも味がありますね。

13061108

ゲストを乗せて夜のトバリに消えていきました。

13061109

さて目的地に無事着いたのでしょうか??

2013年4月18日 (木)

備後地方の保存車めぐり その4

今日は有料ゾーンです。
こんな車がイッパイです。

13041801

かっちょよいオープンカー・・・たぶんフェアレディ( ^ω^ )

13041802

左ハンドルということは逆輸入車ですね。

13041803

思わず乗ってポーズです。
ここの特徴は触って乗れてです。どこぞの博物館とは
えらい違いです。

13041804

そして観音開きも居ました。

13041805

この扉を閉めた時の重厚さは最近の車にはないですね。
感動物です。

13041806

そしてアポロ式の方向指示器もキュートです。
もちろん第一人者の解説付きです。

13041807

そしていぶきだんなさんが好きそうなワゴンもおました。

13041808

こんな見たことない3輪や

13041809

バタバタのタクシーまで

13041810

本でしか見たことのない車体がイッパイです。

13041811

マックイーンが乗っていそうなサイドカーがと
隣にはアポロ式の実演が!!

13041813

もちろん第一人者のお方が写真を撮っておられました。

13041814

十分満喫して表でもタンクを1枚

13041815

本当におすすめの博物館です。

13041816

ということで後にしました。

2013年4月17日 (水)

備後地方の保存車めぐり その3

なんやかんやで前回からネタが飛びましたが備後行脚の
ご紹介です。
井原から313号線で福山まで来ました。
そして初見の福山自動車時計博物館に行きました。
まず居たのはおなじみ3輪です。
幼少のころにはゴロゴロしていましたが見ませんね。

13041702

そしてフェアレディとマツダの3輪です。

13041703

そして同じくマツダの360ccですね。

13041700

そして向いにはボンネットバスが居ました。

13041704

その隣にはチチヤスのトラックです。
この辺の権威でもあるタバコ屋さんの解説で贅沢な時間です。

13041705

なんとこいつには木炭ガス発生装置が付いていました。
実際にこれでデモンストレーション走行をしていたそうです。

13041706

そして私が好きな丸っこいお尻も見学です。
非常口もカワユイですね。

13041707

他には、ルパン3世にでもでそうなこんな車や

13041708

こんなトラックが居りました。

13041709

このバスを見るだけでも楽しいのに、

13041710

こんなテントウムシや消防車もありました。
車種にもこだわっているようです。(タバコ屋さん談)

13041711

雪上車や

13041712

怪しげな車輛を見たのちに

13041713

本館に入ります。

13041701_2

ここまでは無料ゾーンでここからは有料です。

2013年4月 1日 (月)

昨日のできごとです。その1

昨日は濃い1日でしたので3部作にしました。
家に向かっている途中
目の前をこんなものが!!

13040101

派手な色のボンネットバスです。

13040102

あ°!!!

2013年3月31日 (日)

備後地方の保存車めぐり その2

次の目的地へ向かう道中、なんぞ見つけては写真を
撮っていました。
まずはベレットです。

13033101

朽ち方が何とも言えませんね。
後は土に返っていくだけですね。

13033102

そしてバスです。
観光バス落ちで高校の送迎バスに使われていたようです。

13033104

色は井笠のバスのようですので、委託されていたのでしょうか?

13033105

ステップバンや

13033103

マティボーイはなんか新しい部類に感じました。

13033106

井原鉄道の車庫を見学した後

13033108

目的地である9号機関車にたどり着きました。

13033109

おじちゃん3人が子供の遊び場侵入です。

13033110

保存車というより、公園の遊具となっている感じに見えます。

13033111

やはり社章は笑っていました。

13033112

3人で腹減ったと言いつつ、次の目的地へ向かいました。

2012年3月25日 (日)

龍田車輌さんの台湾みやげ その2

さすが龍田車輌さん。ヘボ職人の好みを良く知っておられる!!
との写真で一杯です。
まずはこりゃ何じゃーです。

12032501

なんと車椅子用バイクらしいです。
車椅子ごと乗って運転??
ある意味究極のバリアフリーでは??

12032502

最近、日本でも見かけるようになったような三輪車ですね。

12032503

これも障がい者用らしいです。

12032504

ちゃんとウインカーまで付いていますがナンバーがおません。
バッテリー車でしょうか?

12032505

そして怪しい荷車付です。
こんなのが荷物を載せて走り回っているそうです。

12032506

ここからは地方編です。
ナンバーなしでこんなのも走り回っているそうです。
なんか、木曽森でも走っていそうです。

12032507

台中駅の弁当屋です。
一瞬、人形がガキデカに見えました。
鉄道関係の物が売られていますね。

12032508

そしてまさに原動機付自転車ですね。
50年代の日本に多く走っていたタイプですね。

12032509 

そして、日本でもたまに見かける2人乗りです。
しかし、子供が小さすぎ!!何か落下防止の紐でも
付けているのでしょうか?

12032510

そしてカブ改造と見えるオート3輪車です。

12032511

しかし、何㏄でしょうか?
しかし、怪しい台湾みやげを頂いて感謝感謝です。

2011年5月14日 (土)

姫路市営モノレールを見に行きました おまけ

訪れた手柄山の広場には旧車会が催されていました。

11051120

これも私の琴線を爪弾きました。
マツダの3輪です。

11051121

使用感たっぷりです。

11051122_2

運転席をじっくり見たのは初めてです。

11051123

昔は良く見かけました。聞いた話に拠ると、小回りは最高
だったらしいです。
そして大好きなイセッタもいました。

11051124

オーナーお手製のライトカバーが楽しいです。

11051125

後にはバッグが・・・これで旅ができたら楽しいでしょうね。

11051126

運転席を上から覗きました。
先日BSで見たドイツのバルーンカーフェスタを思い出しました。
そしてスバル360です。でもこれは珍しいタイプです。

11051127

なんたってハッチバックタイプです。

11051128

もちろんノーマルもいました。

11051135

で、もう一つ大好きなミゼットのバーハンドルです。

11051129

レストアされた車体が美しいです。

11051130

後姿もかわいいです。

11051131

バーハンドルもピカピカです。
もちろんおなじみのミゼットもいました。

11051138

そんな中にいたホンダのZは最新式の車ですね。

11051136

特徴ある水中メガネもキュートです。

11051137

おかげで楽しめました。

11051140

2010年5月17日 (月)

昔の写真 その3

昔の写真をスキャンしていますが、こんな写真もあります。

10051601

20年前のツーリングで見かけたバスです。
白布温泉の中屋のバスです。
4輪駆動の強力車で雪道に強い車です。東北には結構残っていたようです。
岩手でも見かけたのを覚えています。

10051602

備北バスの高梁車庫にあったボンネットバスです。
25年前ぐらい前でしょうか?もうすでにナンバーはありませんね。
まだ他にもあったと思いますが、以前の災害でネガを無くしたようです。
これらの車輌は残っているのでしょうか?

2010年4月24日 (土)

新車購入

ここのところ、体調不良が続いており、工作から離れております。
そんなこんなで、お久のネタです。
新車購入です。

1004231

トクイ村内を走っているバスです。(神戸市バス 1/80)
濃緑が欲しいところですが、発売されるだけ感謝ですね。
もっと贅沢を言えば、我が村内(石屋川車庫)の所属なら申し分なしですが、
落合所属でした。
そしてイセッタ。(1/72)
バスの10分の1の価格です。

1004232

アップにすると精密感はそれなりですが、雰囲気はGOODです。
そして、以前購入したデカイのとお決まりのショット。

1004235

合計価格500円+α リーズナブルです。

我が家のアイドルバスラマ君(1/76)と並んで1枚

1004233

スケールはバラバラですが、ありですね。
イセッタが最も大きいスケールとは見えませんね。
オマケでバスラマ君(国鉄バス)のショット。

1004234

神戸市バスより安価ですが、作りのレベルが違います。
アイドルの座は安泰です。

より以前の記事一覧

ウェブページ

ブログパーツ

  • ミニチュア風のしゃれた動画
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入りリンク

  • いぶき工房
    バス・鉄道を紙技を駆使してカッコ良く作られています。一度失敗したらやり直しが効かない接着剤!!紙挫折経験を持つ金属工作派の私からすれば、まさに神業です。ウィットなブログ(お茶の間にて)もGOODです。
  • 茶の間にて
  • レールギャラリー六甲(六甲模型教材社)
    幼いころから通い詰めた模型店です。 豊富な部品在庫でいつも助かっています。 休日にフラッと私が出掛けるというのは、ココというぐらい自分の生活の一部になったお店です。
  • 岡山模型店DAN
    付き合い始めて30年以上。訪問した際にはお喋りを楽んでいます。店主の写真や色のこだわりにはいつも感嘆しています。
  • LazyJack
    こだわりが凄い!!どの製品も実物と見紛うばかり。 レイアウト関係部品では有名ですね。車輌関係部品も秀逸で、実物どおりの釣り掛けモータなどもあります。 トクイ車輌では繊細ですが固定しやすい国電の窓枠を特に愛用させていただいています。
  • You-enてっど
    このページの管理人の方とは、通勤時に一緒になることがあります。その際には、いつも楽しい時間を過ごします。「熊本市周辺の鉄道のちょっと古い時代から現在までの写真と1/80鉄道模型」の渋いこだわりを感じるHPです。
  • メジロのめ次郎ホームページ
    ネコさんのCRAFT MODELS 6に掲載の蒸気機関車の質感に引き寄せられて訪問しました。私の目からウロコがドバッと落ちた情報があり、大変感謝しています。今後も掲示板での情報や、工場での製作内容も大いに参考にさせていただきます。
  • RailModel& café くろがねや
    京都の哲学の道にある”くろがねや”さんです。 人柄の良い店主さんです。模型の腕も一流です。 へぼ職人とはえらい違いです。 近くへ行かれた方はぜひ和んでください。
  • HINODE MODEL&岸日の出堂
    佃煮と鉄道模型を扱っているお店です。 人の良い店主さんやっておられます。 3丁目の夕日に出た”こだま”号の作者で、 阪神百貨店の鉄道模型フェアの顔にもなった スッゴイ腕前です。長田に行かれた際には 是非立ち寄ってください。
  • 鉄道模型NEXTホームページ
    その昔、銀河模型からの昔馴染みが社主をされています。センスの良くちょっとマニアックな模型たちが良い感じです。 ヘボ職人は、社主の作られた山陽電鉄3000系の型紙にチャレンジして、見事玉砕した思い出があります。 そろそろ、ペーパーにリベンジなんて考えているヘボ職人には気になるメーカーです。
  • 切粉だらけの工作室からⅡ
    卓越した技術を持っておられるクモハ32000さんのブログです。ヘボ職人のお手軽とは逆の世界を見ることができます。
  • 阪鉄車輛
    コメントのやり取りをきっかけに親しくなった阪鉄車輛さまのHPです。容量が一杯になったそうで、freemlでブログを展開されています。丁寧な工作、美しい塗装、隠れたるギミックと羨ましい腕の持ち主です。これだけで一見の価値があります!!
  • H5の工作日記
    たぶん、この国のどのモデラーもこの方の作り方には目を丸くすること請け合いです。是非みなさんもH5ワールドを体験してください。
  • 汽車をつくる
    ブログの主は30年前ぐらいから存じ上げています。さらに共通の友人もイッパイ!!ただ、ヘボ職人とはラベルが違う達人のお一人です。貨車関係の技術的アプローチなど楽しませていただいております。
  • 汽車好きクラーケン
    冗車会会長のクラーケンさんがブログ開始です。汽車好きなんてカワユイ名前ですが、中身は・・・これからのお楽しみ。
  • E.NUKINAの60's鉄道模型コレクション
    古い物、特に鉄道模型社の話題でお付き合いしていただいています。奥が深い世界にドップリと浸かっておられるお方のホームページです。
  • イヌゲージ鉄犬
    このページは禁断のページです。(爆)っと咳をするイヌフルエンザがうつる可能性があります。行く場合は心してください。なお、その件に関する苦情は一切受け付けません。^^
無料ブログはココログ