鉄道実物

2018年6月10日 (日)

加古川線の125系です。

ここの所バタバタでブログが月報になってしまいました。
少しペースを上げないと~と感じています。
で、クモハ125の写真を~とのリクエストを貰ったので
昨春に加古川線に行った時の写真を掲載します。

18061001

一応、模型化資料ということで真正面

18061002

横~
反対側を写してなかったです。(>_<)

18061003

屋根上~

18061004

反対側~

18061005

今度、時間がある時にしっかり取材します。m(__)m

2018年4月23日 (月)

今週のビヨ~ン

何の変哲もない機関車の写真ですが・・・

18042301

良く見るとビヨ~ンとパンタが上がってます。
模型ならアカンやつや~と友人が言ってました。

18042302

これはコンテナを積み込むためにここだけ架線が
高く上げられているための様です。
ただ、シングルアームはそんなに違和感がないです。

18042303

EF66もビヨ~ンと上がっています。

18042304

ただ、EF210がすごいですね。
ずっと昔からこんな感じだった様ですが、
今まで毎日見ながら気づきませんでした。
まだまだ知らないことも多い様です。^^

2018年4月 9日 (月)

南海汐見橋線の探訪 その2

木津川駅から電車に乗ります。
乗車は後側カブリツキです。^^

18040901

しばらく直線の複線が続きました。

18040902

津守駅を撮り忘れ、西天下茶屋です。
汐見橋行きホームには小さな駅舎が有りました。

18040903

駅はここも地方鉄道の香りがします。

18040904

そして岸里玉出に到着。
1995年にできたので近代的な駅ですね。

18040905

そして戻ります。
西天下茶屋駅です。今度は岸里玉出行きのホームです。

18040906

何となく味を感じますね。

18040907

駅舎もしっかりした物でした。

18040909

そして行きに撮り損ねた津守駅
芦原町駅と同じく比較的新しい簡素な駅舎でした。

18040910

ホームは西天下茶屋駅と同じような感じですね。

18040911

そして木津川駅の椅子です。
木製の椅子がやっぱり温かみが有りえ~ですね。

18040912

そして川の無いガーター橋
下はどうなっているのかは?です。

18040913

そして汐見橋駅に
元々は左側に貨物駅もあったらしいです。

18040914

そして到着。

18040915

比較的他の交通とも相性が良い線なのになぜか
閑散とした感じが有ります。
なんかもったいないような気がしました。
ただ、遊びで乗るには楽しい路線ですね。
楽しい時間を過ごせました。

2018年4月 3日 (火)

南海汐見橋線の探訪 その1

金曜日に大阪で少し時間があったので汐見橋線を
探訪しました。
阪神桜川駅のエスカレーターを上がるとすぐに

18040201

汐見橋駅が佇んでいました。

18040203

構内には人も居らずヒッソリとしています。
シャッターの閉まった売店には高野線の再開を
知らせるポスターが有りました。

18040204

ここを今使っている人でここが高野線の始発駅だった
と知っている人は何人居るでしょうか?
有名だった路線図が無くなり何だか寂しい感じもします。

18040205

行き止まりのホームが始発駅の匂いを感じさせますね。

18040206

電車が来るまでに時間が有ったので2駅ほど
歩いてみました。
赤い車止めや

18040202

ホームを見ながら歩きます。

18040207

立派な複線が往時の雰囲気を教えてくれます。

18040208

架線柱もえ~感じですね。

18040209

プラプラ歩きます。

18040210

環状線の高架の下をくぐり

18040211

芦原町駅が見えてきました。

18040212

比較的新しい駅舎ですね。

18040213

ホームは古い様に見えます。

18040214


18040215


18040216

そして先に進みます。
元々は川だったのかガーター橋が見えます。

18040217

しばらく行くと貨車の倉庫が並んでいました。

18040218

そして木津川駅に着きました。
この駅は古いようですね。

18040219

小さい駅舎です。
地方鉄道の香りがします。

18040220

線路は分岐跡が認められました。
貨物駅でも有ったのでしょうか?

18040221

この路線では唯一の島式ホームです。

18040222

そして電車を待ちました。

18040223

ここから先は電車で向かいます。

2018年3月 5日 (月)

ちょっと福井へ

土曜日に息子と一緒に18切符で福井に行って来ました。
福井駅でえちぜん鉄道に乗り換えです。

18030501

今は、後に新幹線の福井駅になるところを
えちぜん鉄道の仮駅があります。

18030502

そしてその隣にもうすぐできるえちぜん鉄道の駅が
着々と作られていました。

18030503


18030504

そして出発~
私はカブリツキで楽しみます。

18030505

雪国ならではの設備がえ~ですね~

18030506

なんやかんやで終点の勝山へ

18030507

すぐ脇にはテキ6が居ました。
下回りが観察できないのは少し残念です。^^

18030508

そして恐竜博物館へ!!
実はここが今回の目的地です。思った以上の
充実した展示物に圧倒されました。

18030509

さすが有名なだけは有ります。
そして勝山で軽く撮影

18030510

これもえ~感じでした。
で、久しぶりに福井鉄道にも乗って

18030511

福井駅でそばを頂いて帰宅路に

18030512

もちろん帰りの電車ではこの時期の名物の
水羊羹を頂いたのは言うまでもありません。

18030513

楽しい1日でした。
その反動で日曜日はヘバッテいました。^^;




2018年1月23日 (火)

山陽電鉄の惜別電車に会いました。

今朝は山陽電鉄で通勤でした。
で、出会ったのが彼です。3621が居ました。

18012301

今月イッパイで引退らしいです。
旧塗装の装いの看板を掲げていました。

18012302

降りた駅で反対側の3202も撮影

18012303

走り去って行きました。また会えるでしょうか?

18012304

帰りに衝動買い。楽しい車輛がイッパイです。

18012305

そして全く関係ない101系の塗装準備。

18012306

塗装できる春が楽しみです。

2017年11月23日 (木)

惜別!山陽3000ちょうど!

今日で山陽電鉄の3000系のトップナンバーである
3000ちょうど(山陽電鉄社内での呼称らしいです)
が引退しました。
52年の長きにわたり走ってきた車輛で通勤に
使っていた私にとっては引退というのはピンと
きませんね。

17112301

で、山陽電鉄のフェスティバルでの晴れ姿と

17112302

私が撮影する定点での太い線時代を載せます。
引退運転は人が多いので敬遠した私は昔の写真での
惜別です。^^

2017年9月 9日 (土)

可児の運転会に行って来ました。 その2

新鵜沼からは名鉄です。
やっぱり赤い電車ですね。

17090901

向かいにはパノラマカーの新色が居ました。
これで黄色なら近鉄ですね。

17090902

やっぱりこんな窓の赤いのがえ~です。

17090903

途中は犬山城や

17090904

モノレールの廃線の痕跡を探したり

17090905

そんなこんなで西可児です。

17090906

ビーバー君も健在でした。

17090907

無事予定通りに到着しました。

17090908

これから運転会への突入です。

2017年9月 8日 (金)

可児の運転会に行って来ました。 その1

先々週の早朝です。18切符を握りしめて東へ

17090801

山科付近で朝食です。

17090802

踏切の不具合で抑止などが有りましたが
米原では遅れた一本早い電車に乗れて予定通り
の行程でした。

17090803

岐阜で乗り換えて

17090804

鵜沼に無事到着しました。^^

2017年9月 2日 (土)

ちょっと和歌山へ その4

最終回は遺構です。
金屋口駅前です。

17083014

左にあるのは本社社屋でしょうか?
有田鉄道株式会社の屋号が見えます。

17083015

そして駅舎です。

17083016

中には昭和5年の路線図がありました。

17083018

駅は往時のままの様です。

17083019

駅名票もそのままです。

17083017

そして出口へ
こちらが線路跡です。

17083020

D51が鎮座しています。

17083021

そして線路跡は遊歩道となっていました。

17083022

本当は間近で見たかった旧富士急のキハ58です。
車庫に入って居ました。

17083011

反対側はこんな感じでした。

17083012

近場で食事を済ませて帰路につきました。^^

より以前の記事一覧

ウェブページ

ブログパーツ

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入りリンク

  • いぶき工房
    バス・鉄道を紙技を駆使してカッコ良く作られています。一度失敗したらやり直しが効かない接着剤!!紙挫折経験を持つ金属工作派の私からすれば、まさに神業です。ウィットなブログ(お茶の間にて)もGOODです。
  • 茶の間にて
  • レールギャラリー六甲(六甲模型教材社)
    幼いころから通い詰めた模型店です。 豊富な部品在庫でいつも助かっています。 休日にフラッと私が出掛けるというのは、ココというぐらい自分の生活の一部になったお店です。
  • 岡山模型店DAN
    付き合い始めて30年以上。訪問した際にはお喋りを楽んでいます。店主の写真や色のこだわりにはいつも感嘆しています。
  • LazyJack
    こだわりが凄い!!どの製品も実物と見紛うばかり。 レイアウト関係部品では有名ですね。車輌関係部品も秀逸で、実物どおりの釣り掛けモータなどもあります。 トクイ車輌では繊細ですが固定しやすい国電の窓枠を特に愛用させていただいています。
  • You-enてっど
    このページの管理人の方とは、通勤時に一緒になることがあります。その際には、いつも楽しい時間を過ごします。「熊本市周辺の鉄道のちょっと古い時代から現在までの写真と1/80鉄道模型」の渋いこだわりを感じるHPです。
  • メジロのめ次郎ホームページ
    ネコさんのCRAFT MODELS 6に掲載の蒸気機関車の質感に引き寄せられて訪問しました。私の目からウロコがドバッと落ちた情報があり、大変感謝しています。今後も掲示板での情報や、工場での製作内容も大いに参考にさせていただきます。
  • RailModel& café くろがねや
    京都の哲学の道にある”くろがねや”さんです。 人柄の良い店主さんです。模型の腕も一流です。 へぼ職人とはえらい違いです。 近くへ行かれた方はぜひ和んでください。
  • HINODE MODEL&岸日の出堂
    佃煮と鉄道模型を扱っているお店です。 人の良い店主さんやっておられます。 3丁目の夕日に出た”こだま”号の作者で、 阪神百貨店の鉄道模型フェアの顔にもなった スッゴイ腕前です。長田に行かれた際には 是非立ち寄ってください。
  • 鉄道模型NEXTホームページ
    その昔、銀河模型からの昔馴染みが社主をされています。センスの良くちょっとマニアックな模型たちが良い感じです。 ヘボ職人は、社主の作られた山陽電鉄3000系の型紙にチャレンジして、見事玉砕した思い出があります。 そろそろ、ペーパーにリベンジなんて考えているヘボ職人には気になるメーカーです。
  • 切粉だらけの工作室からⅡ
    卓越した技術を持っておられるクモハ32000さんのブログです。ヘボ職人のお手軽とは逆の世界を見ることができます。
  • 阪鉄車輛
    コメントのやり取りをきっかけに親しくなった阪鉄車輛さまのHPです。容量が一杯になったそうで、freemlでブログを展開されています。丁寧な工作、美しい塗装、隠れたるギミックと羨ましい腕の持ち主です。これだけで一見の価値があります!!
  • H5の工作日記
    たぶん、この国のどのモデラーもこの方の作り方には目を丸くすること請け合いです。是非みなさんもH5ワールドを体験してください。
  • 汽車をつくる
    ブログの主は30年前ぐらいから存じ上げています。さらに共通の友人もイッパイ!!ただ、ヘボ職人とはラベルが違う達人のお一人です。貨車関係の技術的アプローチなど楽しませていただいております。
  • 汽車好きクラーケン
    冗車会会長のクラーケンさんがブログ開始です。汽車好きなんてカワユイ名前ですが、中身は・・・これからのお楽しみ。
  • E.NUKINAの60's鉄道模型コレクション
    古い物、特に鉄道模型社の話題でお付き合いしていただいています。奥が深い世界にドップリと浸かっておられるお方のホームページです。
  • イヌゲージ鉄犬
    このページは禁断のページです。(爆)っと咳をするイヌフルエンザがうつる可能性があります。行く場合は心してください。なお、その件に関する苦情は一切受け付けません。^^
無料ブログはココログ