鉄道実物

2017年3月28日 (火)

山陽電鉄の3500

山陽電車の3050系の付随車となっている

17032801

3500が入っています。

17032802

窓は復元整備された3000ちょうどに合わせた
分割したユニット窓となっています。

17032803

ちょっと判りにくいですが他の車輛は繋がった
ユニット窓です。

17032804

せっかくのデザインなのでもう一度3000ちょうどに
入れて4連化なんてのはないでしょうか?^^

17032805




2017年1月22日 (日)

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。m(_ _)m
このところ仕事がバタバタで何もする気が出ない日々
が続いております。
まあ、何か病んでいる訳ではないのでご安心を
ただ、4月ぐらいまで更新は今の感じになりそうです。

で、今日はお出かけ後、六甲道駅のホームドアが撤去
されているのを見ていました。

17012202

と、列車線に列車が来るとのアナウンスが
貨物かな~とワクワクして待っていると・・・
瑞風が~~~~

17012201

色が変わる前に見ることはないな~と諦めていました。

17012203

何か嬉しい。
で、昨日の高速神戸では3000ちょうどが居ました。

17012204

何か色に深みが増していてカッコ良かったです。

17012205

つい、ゲイジツに走りました。
私の現時点のベストショットに認定!!
おそまつ様でした。

2016年11月13日 (日)

先週は^^

先週の日曜日はこんな車両?を見ていました。

16111303

何に使ったのでしょうか?

16111304

この後ろにも何か居ます。

16111302

線路を走って何するの?

16111301

そんな感じの車両が好きです。

2016年11月10日 (木)

加越能鉄道の時代の写真です。^^

龍田車輌さんから万葉線の昔の写真が飛んで来ました。^^
で、ご紹介です。

トクイ車輌さんのブログ見て思い出しました。
私も高岡付近で同様の写真を撮っています、
撮影日は 1973/05/21、七尾線のC56撮影の帰路に高岡に寄り道、
当時は「加越能鉄道」だったと記憶してます。

1.高岡駅前:当時の駅前は人や車も多く賑やかでした。

16111001

2.車庫:車庫の雰囲気や線路配置は当時も同じですね。

16111002

3.除雪用の5022:当時も車庫の端に居りました。

16111003

4.車庫近くの停留書所:7073は今も現役で頑張ってますね。

16111004

高岡駅の場所以外は大きく変わっていませんね~
何か嬉しくなりました。^^

2016年10月16日 (日)

そろそろ活動開始ですね。

ここのところ更新が滞っています。
忙しいというのが実際で中々難しいところがあります。
そんな中ですがボチボチ工作もしています。
で、クモエ21を作るべく保存車を調査してきました。

16101601


16101602

もちろんクモハ14のエッチング板から作る予定です。
これもボチボチ進めていきます。^^

2016年9月11日 (日)

万葉線に行って来ました。番外編その2

駅前で万葉線も撮っていました。

16091101

万葉線となっているので80年以降ですね。
たしか83年だったかと

16091102

雰囲気は今とそんなに変わりませんね。

16091103

ただ、たった数枚の写真しか撮っていません。
当時、今のデジカメがあればといつも感じます。

2016年9月10日 (土)

万葉線に行って来ました。番外編その1

35年前の高岡の写真が出て来ました。
70系救援車です。スエ78でしょうか?

16091001

そしてEF70です。
私が写した現役唯一の写真です。

16091002

10系寝台も居ました。

16091003

16091004

彼らが現役か休車かは?です。

2016年9月 9日 (金)

万葉線に行って来ました。その6

車庫前でしばらく走行写真も撮りました。
ちょうど専用線と併用線の境なので両方の写真が
撮れます。

16090901

まず来たのは全面広告車です。

16090902


16090903

そしてオリジナルが

16090904


16090905


16090906


16090907

え~感じで写真が撮れました。^^

2016年9月 8日 (木)

万葉線に行って来ました。その5

射水線からの生き残り5022です。
今は車籍もなく無番としてすごしています。

16090801

ラッセルヘッドが物々しいですね。

16090802

同系の車両は野上電鉄にも居ました。

16090803

相当やれています。

16090804

正面のお顔はTHE地方電車です。

16090807

模型資料として数枚

16090806


16090808


16090809

末永く保存して欲しいですね。

2016年9月 7日 (水)

万葉線に行って来ました。その4

米島口です。

16090701

こじんまりとした車庫ですね。

16090702

周囲からの写真撮影の許可を頂いて

16090703

目的の車両に向かいます。

より以前の記事一覧

ウェブページ

ブログパーツ

  • ミニチュア風のしゃれた動画
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入りリンク

  • いぶき工房
    バス・鉄道を紙技を駆使してカッコ良く作られています。一度失敗したらやり直しが効かない接着剤!!紙挫折経験を持つ金属工作派の私からすれば、まさに神業です。ウィットなブログ(お茶の間にて)もGOODです。
  • 茶の間にて
  • レールギャラリー六甲(六甲模型教材社)
    幼いころから通い詰めた模型店です。 豊富な部品在庫でいつも助かっています。 休日にフラッと私が出掛けるというのは、ココというぐらい自分の生活の一部になったお店です。
  • 岡山模型店DAN
    付き合い始めて30年以上。訪問した際にはお喋りを楽んでいます。店主の写真や色のこだわりにはいつも感嘆しています。
  • LazyJack
    こだわりが凄い!!どの製品も実物と見紛うばかり。 レイアウト関係部品では有名ですね。車輌関係部品も秀逸で、実物どおりの釣り掛けモータなどもあります。 トクイ車輌では繊細ですが固定しやすい国電の窓枠を特に愛用させていただいています。
  • You-enてっど
    このページの管理人の方とは、通勤時に一緒になることがあります。その際には、いつも楽しい時間を過ごします。「熊本市周辺の鉄道のちょっと古い時代から現在までの写真と1/80鉄道模型」の渋いこだわりを感じるHPです。
  • メジロのめ次郎ホームページ
    ネコさんのCRAFT MODELS 6に掲載の蒸気機関車の質感に引き寄せられて訪問しました。私の目からウロコがドバッと落ちた情報があり、大変感謝しています。今後も掲示板での情報や、工場での製作内容も大いに参考にさせていただきます。
  • RailModel& café くろがねや
    京都の哲学の道にある”くろがねや”さんです。 人柄の良い店主さんです。模型の腕も一流です。 へぼ職人とはえらい違いです。 近くへ行かれた方はぜひ和んでください。
  • HINODE MODEL&岸日の出堂
    佃煮と鉄道模型を扱っているお店です。 人の良い店主さんやっておられます。 3丁目の夕日に出た”こだま”号の作者で、 阪神百貨店の鉄道模型フェアの顔にもなった スッゴイ腕前です。長田に行かれた際には 是非立ち寄ってください。
  • 鉄道模型NEXTホームページ
    その昔、銀河模型からの昔馴染みが社主をされています。センスの良くちょっとマニアックな模型たちが良い感じです。 ヘボ職人は、社主の作られた山陽電鉄3000系の型紙にチャレンジして、見事玉砕した思い出があります。 そろそろ、ペーパーにリベンジなんて考えているヘボ職人には気になるメーカーです。
  • 切粉だらけの工作室からⅡ
    卓越した技術を持っておられるクモハ32000さんのブログです。ヘボ職人のお手軽とは逆の世界を見ることができます。
  • 阪鉄車輛
    コメントのやり取りをきっかけに親しくなった阪鉄車輛さまのHPです。容量が一杯になったそうで、freemlでブログを展開されています。丁寧な工作、美しい塗装、隠れたるギミックと羨ましい腕の持ち主です。これだけで一見の価値があります!!
  • H5の工作日記
    たぶん、この国のどのモデラーもこの方の作り方には目を丸くすること請け合いです。是非みなさんもH5ワールドを体験してください。
  • 汽車をつくる
    ブログの主は30年前ぐらいから存じ上げています。さらに共通の友人もイッパイ!!ただ、ヘボ職人とはラベルが違う達人のお一人です。貨車関係の技術的アプローチなど楽しませていただいております。
  • 汽車好きクラーケン
    冗車会会長のクラーケンさんがブログ開始です。汽車好きなんてカワユイ名前ですが、中身は・・・これからのお楽しみ。
  • E.NUKINAの60's鉄道模型コレクション
    古い物、特に鉄道模型社の話題でお付き合いしていただいています。奥が深い世界にドップリと浸かっておられるお方のホームページです。
  • イヌゲージ鉄犬
    このページは禁断のページです。(爆)っと咳をするイヌフルエンザがうつる可能性があります。行く場合は心してください。なお、その件に関する苦情は一切受け付けません。^^
無料ブログはココログ