養殖海坊主殿

2014年6月13日 (金)

これも先日の呑み会です。

こんな駅のある近くで冗車会のメンバーで呑みました。

14061301

養殖海坊主さんが持ってきたのはこれです。
先日、chitetsuさんから譲っていただいた車輛とのことです。
窓枠がプレスなのでピノチオ製だったようですね。

14061302

反対側はまだ未加工でした・・・
って、これ窓枠プレスちゃうぞ

14061303

で、窓枠の裏を覗くと・・・

14061304

埋め込まれていました。
谷川フジモデルの車体にピノチオの窓枠です。
殆ど飽きれながら痛飲しました。
それからみなさんご期待の三木の干し殺しさんの
4500もあったのですが、写真がブレブレでした
申し訳ありません。それもこれもこの客車のせいです。
そういうことにしておいて下さい。m(_ _)m

2014年2月26日 (水)

養殖海坊主さんの(オハフ61)進捗!!その4

養殖海坊主さんの進捗連絡です。
生地完成のようです。相変わらずヘボ職人とは対極です。

端梁まわり、給水検水コックの工作も終了し、
生地完成状態になりました。
車掌室がでかすぎるのは目をつぶったのですが・・・
やっぱりいまいちです。
そのほかにもアラはいろいろありますが、これで
良しとします。

14022601

14022602

14022603

14022604

14022605

14022606

14022607

14022608

実家で塗装が出来なくなったので、塗装場所考え中です。
思い切って会社に持って行って塗るか?

会社で?
どこぞで聞いたなー^^

2014年2月16日 (日)

養殖海坊主さんの(オハフ61)進捗!!その3

養殖海坊主さんの進捗連絡です。
今回は全貌が見えてきました。

ステップ、空制配管の工作が終了しました。
あとは端梁まわり、給水検水コック位で生地完成予定です。

14021601 14021602 14021603 14021604 14021605 14021606 14021607

形式がわからないので上回りの写真も撮影しました。

14021608 14021609 14021610
写真を見てなんかイメージが違うなぁと思ったら、
なんと車掌室の寸法がスハフ42になっていて、
オハフ61よりずっと大きいです。
キットのエラーですね。
ここまで作ったのにどうしようかと悩んでます・・・・

私にはサッパリわかりません。
よろしいんじゃーと言ってみます。^^

2014年2月 7日 (金)

養殖海坊主さんの微進捗!!その2

養殖海坊主さんの進捗連絡です。
そろそろエンジンが掛かったでしょうか?( ^ω^ )

前回載せていただいてから、工作すること約10時間。
やっとここまで出来ました。

14020601

14020602

14020603

14020604

14020605

14020606

14020607

14020608

あとは水タンク周り、空制配管、ステップと端梁周辺です。
ちょっと先が見えてきました。

しかし、どんどん薄汚れてきたような・・・

何が汚れてんねん!!と突っ込んでみる^^

2012年11月 8日 (木)

冗車会の運転会2012 その7

今日の紹介は海坊主軍団の番頭養殖海坊主さんです。
総帥と同じく客車部会らしからぬ機関車の紹介です。
珊瑚のDB10です。
当工場よりバラのまま移籍した物です。
すっきりと組まれています。

12110802

とにかく丁寧でまっすぐなところはまっすぐ!!です。
実機に合わせて反対側のラジエターは塞がれています。
わざと蓋を残すように見せたそうです。

12110801

しかし、真骨頂は客車ですね。
今回も息子さんの運転で疾走していました。

12110803

こちらで製作風景を見ることもできます。

2011年12月14日 (水)

クハ79の工作その4そして養殖海坊主さんも開始

養殖海坊主さんから進捗連絡が来ました。
「クハ79のお面ができてきたんで、こちらも進行中のお面を。
今年は脱・客車で行こうと思っていましたが、やっぱり
戻ってきてしまいました。」

11121401

やはりシャープなできです。

そして今日は予定通り乗務員ドア付近を作りました。

11121402

扉は少し背が高いので加工しましたが、まだ少し窓の位置が
高いようです。
ぎりぎりセーフでしょうか?

11121403

勢いに乗って前面も取り付けました。
ピッタリです。

11121404

正面の手摺はφ0.3で乗務員ドアの手摺はφ0.4と
しましたが、少し乗務員ドア側は太かったようです。
そしてお風呂に入れてやりました。

11121405

ピカピカになりました。
ここまでは順調です。

11121406

明日は雨樋を付ける予定です。

2011年9月26日 (月)

養殖海坊主さんの今年の完成報告

養殖海坊主さんのこれこれが完成したそうです。
昨年に続き完成報告です。

「運転会に向けて各方面から進捗連絡がありますのでこちらも少し。
生地完成になっていた客車2両が完成しました。

11092601_2

ヘボの声・・・スハ43?

11092602

11092603

写真では分りにくいですが、今回も塗装がいまいちです。
特に屋根が塗料の濃度調整に失敗してまだらになってます。
昼から天気下り坂と言うことであせりがでたのか原因かも。
次回塗装時に手直しすると言うことで現状このままです。

11092604

ヘボの声・・・オハ61?

11092605

さらに、塗装後の吊り下げ乾燥中にオハ61の床板が落下し、
ステップがひん曲がると言うダメージが発生。
ヤットコで何とか修正してパクトラタミヤでごまかしてます。
ここも次回再吹き付けです。
塗装以外にもいろいろアラがありますが、やっぱり完成すると
うれしいですね。

え、お題は貨車?それは・・・・」

貨車?( ̄○ ̄;)!

大丈夫、誰も作っていないです。

2011年5月15日 (日)

姫路市営モノレールを見た帰りに

姫路モノレールを見た帰りにクラーケンさん邸で
ダベリ会に参加しました。

11051508

そこに養殖海坊主さんが、客車を持ってきていました。

11051504

今年は43系らしいです。

11051505

製作後につねに磨いているだけあって、どこぞの粉を
吹いているEF13とはえらい違いです。

11051506

オリジナルの厚板補強です。
ようこんなに上手く貼れるもんです。

11051507

樋部分も手抜きなしですな。
そんな中、姫路モノレールの現役時代の写真です。

11051501

車両によってモケットの色が違ったようです。

11051502

居酒屋の上を走行していますね。

11051503

雰囲気からしたらこのあたりでしょうか?

11051108

ほんとにヘロヘロになりました。

2011年3月 9日 (水)

お久の養殖海坊主さんです。

甲子園の養殖海坊主さんからお久の製作レポートです。
例によってご本人の弁
花粉症がいよいよ本格的になりつつあります。
その前に10月からお休みだった工作、なんとか1両完成です。
去年のへんなスハ32シリーズはいったん終了、
今年は切妻客車シリーズと思っていましたが、
このペースではあと何両できるのか・・・

11030901

たぶんオハ61でしょう・・・疎くてごめんなさい(u_u。)

11030902

ピノチオ製の客車キットのはずです。( ̄▽ ̄)

11030903

例によって繊細な床下です。

11030904

60Wの半田ごて一本の技とは・・・

11030905

なんでハンダが見えないのだろうと不思議に思うヘボ職人
でした。
数だけでも負けないようにがんばるぞ・・・前にも言った?

※今日の体重は94kg・・・昼ごはんを減らしているのにー

2010年10月18日 (月)

完成・・・養殖海坊主さんより

甲子園の養殖海坊主さんからスハ32シリーズ完成との
連絡が入りました。
前回に続いて良い味を出しています。
まずは、旧樺太向け車

10101801

そして戦災復旧で絞り切妻屋根に変わった車両

10101802

本人のコメントです。
「へんなスハ32シリーズの続きです。
 塗装剥離していただいた旧樺太向け車の再塗装と、
 戦災復旧で 絞り切妻屋根に変わった車両を新規製作
 しました。
 塗装表面がちょっとザラツキ気味ですが、前回の
 ダメダメ塗装よりは塗膜は丈夫なようです。
 塗装は難しいですわ。
 旧樺太車の所属標記が欠品で急遽通販中ですが運転会
 に間に合うか?です。
 2両並ぶと普通じゃないでしょ?
 運転会はへんな32系7両編成で出走します。
 牽引機はDF50・・・?」

で、2両の並びを

10101803

私の苦手な茶色塗装が綺麗です。

10101804

私の電気機関車にも引かしてください。です。

ウェブページ

ブログパーツ

  • ミニチュア風のしゃれた動画
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りリンク

  • いぶき工房
    バス・鉄道を紙技を駆使してカッコ良く作られています。一度失敗したらやり直しが効かない接着剤!!紙挫折経験を持つ金属工作派の私からすれば、まさに神業です。ウィットなブログ(お茶の間にて)もGOODです。
  • 茶の間にて
  • レールギャラリー六甲(六甲模型教材社)
    幼いころから通い詰めた模型店です。 豊富な部品在庫でいつも助かっています。 休日にフラッと私が出掛けるというのは、ココというぐらい自分の生活の一部になったお店です。
  • 岡山模型店DAN
    付き合い始めて30年以上。訪問した際にはお喋りを楽んでいます。店主の写真や色のこだわりにはいつも感嘆しています。
  • LazyJack
    こだわりが凄い!!どの製品も実物と見紛うばかり。 レイアウト関係部品では有名ですね。車輌関係部品も秀逸で、実物どおりの釣り掛けモータなどもあります。 トクイ車輌では繊細ですが固定しやすい国電の窓枠を特に愛用させていただいています。
  • You-enてっど
    このページの管理人の方とは、通勤時に一緒になることがあります。その際には、いつも楽しい時間を過ごします。「熊本市周辺の鉄道のちょっと古い時代から現在までの写真と1/80鉄道模型」の渋いこだわりを感じるHPです。
  • メジロのめ次郎ホームページ
    ネコさんのCRAFT MODELS 6に掲載の蒸気機関車の質感に引き寄せられて訪問しました。私の目からウロコがドバッと落ちた情報があり、大変感謝しています。今後も掲示板での情報や、工場での製作内容も大いに参考にさせていただきます。
  • RailModel& café くろがねや
    京都の哲学の道にある”くろがねや”さんです。 人柄の良い店主さんです。模型の腕も一流です。 へぼ職人とはえらい違いです。 近くへ行かれた方はぜひ和んでください。
  • HINODE MODEL&岸日の出堂
    佃煮と鉄道模型を扱っているお店です。 人の良い店主さんやっておられます。 3丁目の夕日に出た”こだま”号の作者で、 阪神百貨店の鉄道模型フェアの顔にもなった スッゴイ腕前です。長田に行かれた際には 是非立ち寄ってください。
  • 鉄道模型NEXTホームページ
    その昔、銀河模型からの昔馴染みが社主をされています。センスの良くちょっとマニアックな模型たちが良い感じです。 ヘボ職人は、社主の作られた山陽電鉄3000系の型紙にチャレンジして、見事玉砕した思い出があります。 そろそろ、ペーパーにリベンジなんて考えているヘボ職人には気になるメーカーです。
  • 切粉だらけの工作室からⅡ
    卓越した技術を持っておられるクモハ32000さんのブログです。ヘボ職人のお手軽とは逆の世界を見ることができます。
  • 阪鉄車輛
    コメントのやり取りをきっかけに親しくなった阪鉄車輛さまのHPです。容量が一杯になったそうで、freemlでブログを展開されています。丁寧な工作、美しい塗装、隠れたるギミックと羨ましい腕の持ち主です。これだけで一見の価値があります!!
  • H5の工作日記
    たぶん、この国のどのモデラーもこの方の作り方には目を丸くすること請け合いです。是非みなさんもH5ワールドを体験してください。
  • 汽車をつくる
    ブログの主は30年前ぐらいから存じ上げています。さらに共通の友人もイッパイ!!ただ、ヘボ職人とはラベルが違う達人のお一人です。貨車関係の技術的アプローチなど楽しませていただいております。
  • 汽車好きクラーケン
    冗車会会長のクラーケンさんがブログ開始です。汽車好きなんてカワユイ名前ですが、中身は・・・これからのお楽しみ。
  • E.NUKINAの60's鉄道模型コレクション
    古い物、特に鉄道模型社の話題でお付き合いしていただいています。奥が深い世界にドップリと浸かっておられるお方のホームページです。
  • イヌゲージ鉄犬
    このページは禁断のページです。(爆)っと咳をするイヌフルエンザがうつる可能性があります。行く場合は心してください。なお、その件に関する苦情は一切受け付けません。^^
無料ブログはココログ