偏酋長さん

2012年7月16日 (月)

お久の偏酋長さまよりのお便り

久しぶりの偏酋長さまよりのパワフルな工作ネタです。

「皆様、お久しぶりです。

宮沢2900レストア以来、ROM状態でしたが、活動休眠
ではなくC51を作っておりました。

小生も世の模型ファンのご多分に漏れず、キットが
溜まっており、なんとか効率良くつくれんものか、と、
無謀にも C51の4両同時製作 にかかっております。

珊瑚の中古キットベース1両、
キットが入手できず、珊瑚部品を寄せ集めた1両、
若い頃、ろっこうさんで買ったアダチキット1両、
それにヤフオク落札の鉄道模型社エッチング板
(+アダチ動輪)1両、です。

珊瑚動輪18本スポーク、アダチ動輪17本スポークも
勘案し、悩んだ挙げ句、
C51207、C51225、C515、C5180 とし、いずれも
戦前の姿にします。
そのため、西尾さんのライカ判写真集、雑誌のスクラップ
など動員しデティールを決めました。

12071601

写真は現在の状況です。
テンダの内側など、半田付けの下手さがばれてしまいますね。

アダチは、ボイラ径がオーバーだったので縮めました。
珊瑚のは、長さが2mmオーバーですが、これはそのまま。
鉄道模型社は、何かと非難されますが、いざ触ってみると
スケールに忠実で
「キットと思うから、腹が立つ。自作素材と思えば、役に立つ」
と思うようになりました。

ランボード、実車は3”(76mm)のアングルを使っており、
キットのt0.8ではD51、C57の65mmアングル向けで、
C51には薄いと考え、t1+t0.2網目板に作り替えています。

C515 は原形でキャブ奥行きが1930mmと短い初期型を
延長改造した形で、前窓の吹き寄せが狭いため、
【この分析はクラーケン様のご協力の賜で、感謝いたします】
 キットも含め、使えるパーツがありませんので自作です。
(寸法は鉄博で実測してきました)
また、戦前は給水ポンプをランボード下に吊っていますので
これも再現します。

等々、調べ過ぎて自ら難関を作り出し、まさにドツボに
ハマッておりますが、頑張って作りますので、
気長~~に?お待ち下さりませ。」

すごいバイタリティですね。
しかし、鉄道模型社が寸法的にあっているとは面白いですね。

2011年10月20日 (木)

宮沢製2900のレストア?手記・・・こりゃレストアやおません!!

クラーケンさんのお知り合いからの作品紹介です!!
いやー穴があったら入りたい気持ちになりました。

「皆様、はじめまして。愛知県在住の”偏酋長”と申します。
鉄道模型を10歳に始めて、今年で44年になりました。
たまたまクラーケン様の知遇を得まして、愚作を発表
させていただきます。

ネタは宮沢2900形のレストアです。
1970年2月に模型屋で購入。当時、中学の入学祝いで
買ってもらった西尾克三郎氏「記録写真 蒸気機関車」の
写真に触発され、CやDの付かない古典機が欲しく、
同時に模型屋に入荷したトビー4030とどっちを買おうか
迷い、もし4030にナンバープレート
が付いていたら文句なく4030を買っていたでしょう。
ところがナンバーが無かったので2900を
選んだのです。これが苦労の始まりでした。
で、皆様ご存じの通り、組立の悪さにオーバースケール、
高校生時代に早くも不満が高まり、イラスト(暇だったのネー)
のように改造するプランも立てたのですが、

2900

1980年には廃車、ジャンクとして分解されてしまいました。

それから30年、備南鉄道さんのサイトなどでレストア例を目にし、
一方、当鉄道は”模型の墓場”じゃないか? と深く反省、
今年4月に残骸を工作台上に引き出し、展望の無いまま
勢いだけで改造に着手しました。

BEFORE(白黒) 

11101922 

と AFTER(カラー) 

2900_111008_02

2900_111008_06

の写真をお目にかけます。

改造の概要は下記の通りです。
・設計 金田さんの1/80形式図集を基本。台枠、シリンダ
     を一部CADで作図(寸法出し)
・サイドタンク 下1/3でカットし縮め、スケール17mmに。
         縦リベットは間引き。
         乱れていた縁取りエッチングパターンを削り、
         Φ0.6で縁取り。キャブもカットし上下短縮。
・妻板 両サイドをカットし、幅をスケール約29mmに短縮。
・ボイラ t0.3を焼き鈍し厚いウレタンゴム板上で丸め。
     加工硬化するので追加で2回鈍したら1時間で丸まり
     ました。意外に簡単。
・煙室部 t0.3を丸め、段差はt0.6を丸め継ぎ足しスケール
      より1mmオーバー
・台枠  オリジナルはコ字曲げで形状が不安定のため廃棄、
      t1より自作。意外に簡単。
・動輪  オリジナル。軸箱可動(線バネ式)のため動輪を抜いて
      軸箱挿入
・ロッド  サイドロッドは第2動輪部で切り離し関節化。クロスヘッド
      は珊瑚5900用を流用
・シリンダ 7mm角棒 +東京の素材メーカー取寄せの特殊寸法
       パイプΦ7.5 より自作スライドバーはNゲージ洋白
       レールより。ガイドヨーク追加。
・後部砂箱 細いです。オリジナルの頂部をドリルレース成形し、
        Φ7丸棒を継ぎ足し
・エアタンク パイプ+真鍮釘成形で自作。バンドがオフセット
         しています。
・駆動部分 ギヤ付き動輪を第2動輪に移動、オリジナルの
        ギヤをアダチD51ギヤBOXを加工して収容。
        モーターは秋葉原200円モーターPPN13を、
        斜めの台に強力両面テープで固定。ジョイントは
        シリコンゴム。
・サウンド   PFMサウンド対応。Φ20スピーカー(8Ω、0.1W)を
        薄手の自作エンクロージャー
        に収容。コンタクトホイールはサカツウ製で第3動輪装着
・その他のオリジナル流用部品 煙室扉、蒸気溜、煙突、従台車
・主な交換部品 <珊瑚> B6用砂箱、安全弁、2500用送水パイプ、
               2500用キャブステップ、96用ブレーキシュウ
            <だるまや>ナンバープレート
           <ニワ>ブレーキシリンダ
・塗装前処理 ミツカン酢による酸洗+液体クレンザージブ
          +中性洗剤 
・塗装  トビカ トップガード。ウエザリングブラック擦り込み
      +パステルで粉塵汚れ

サイドタンク切接ぎの裏打ちt0.3使用 が最大の失敗で、平面性が
悪くて継ぎ目を隠しきれず、リベットも一部失いました。
右側(機関士席側)下部にエアータンクからエアー管がキャブに
這っているのは、継ぎ目隠しです。
といった具合で、D級機がせいぜいC級機になった程度で、
皆様の作品に比べたら月とすっぽんですが、「こんなこともする奇特
な御仁もおるんだ」とご笑覧いただけたらと思います。」

手間が凄いですね!!その成果も良い感じで・・・
私の腕では無理!!
我家にもある2900のジャンク!どこにでもある?

11101921

素直にゆるーくレストアします。ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

ウェブページ

ブログパーツ

  • ミニチュア風のしゃれた動画
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入りリンク

  • いぶき工房
    バス・鉄道を紙技を駆使してカッコ良く作られています。一度失敗したらやり直しが効かない接着剤!!紙挫折経験を持つ金属工作派の私からすれば、まさに神業です。ウィットなブログ(お茶の間にて)もGOODです。
  • 茶の間にて
  • レールギャラリー六甲(六甲模型教材社)
    幼いころから通い詰めた模型店です。 豊富な部品在庫でいつも助かっています。 休日にフラッと私が出掛けるというのは、ココというぐらい自分の生活の一部になったお店です。
  • 岡山模型店DAN
    付き合い始めて30年以上。訪問した際にはお喋りを楽んでいます。店主の写真や色のこだわりにはいつも感嘆しています。
  • LazyJack
    こだわりが凄い!!どの製品も実物と見紛うばかり。 レイアウト関係部品では有名ですね。車輌関係部品も秀逸で、実物どおりの釣り掛けモータなどもあります。 トクイ車輌では繊細ですが固定しやすい国電の窓枠を特に愛用させていただいています。
  • You-enてっど
    このページの管理人の方とは、通勤時に一緒になることがあります。その際には、いつも楽しい時間を過ごします。「熊本市周辺の鉄道のちょっと古い時代から現在までの写真と1/80鉄道模型」の渋いこだわりを感じるHPです。
  • メジロのめ次郎ホームページ
    ネコさんのCRAFT MODELS 6に掲載の蒸気機関車の質感に引き寄せられて訪問しました。私の目からウロコがドバッと落ちた情報があり、大変感謝しています。今後も掲示板での情報や、工場での製作内容も大いに参考にさせていただきます。
  • RailModel& café くろがねや
    京都の哲学の道にある”くろがねや”さんです。 人柄の良い店主さんです。模型の腕も一流です。 へぼ職人とはえらい違いです。 近くへ行かれた方はぜひ和んでください。
  • HINODE MODEL&岸日の出堂
    佃煮と鉄道模型を扱っているお店です。 人の良い店主さんやっておられます。 3丁目の夕日に出た”こだま”号の作者で、 阪神百貨店の鉄道模型フェアの顔にもなった スッゴイ腕前です。長田に行かれた際には 是非立ち寄ってください。
  • 鉄道模型NEXTホームページ
    その昔、銀河模型からの昔馴染みが社主をされています。センスの良くちょっとマニアックな模型たちが良い感じです。 ヘボ職人は、社主の作られた山陽電鉄3000系の型紙にチャレンジして、見事玉砕した思い出があります。 そろそろ、ペーパーにリベンジなんて考えているヘボ職人には気になるメーカーです。
  • 切粉だらけの工作室からⅡ
    卓越した技術を持っておられるクモハ32000さんのブログです。ヘボ職人のお手軽とは逆の世界を見ることができます。
  • 阪鉄車輛
    コメントのやり取りをきっかけに親しくなった阪鉄車輛さまのHPです。容量が一杯になったそうで、freemlでブログを展開されています。丁寧な工作、美しい塗装、隠れたるギミックと羨ましい腕の持ち主です。これだけで一見の価値があります!!
  • H5の工作日記
    たぶん、この国のどのモデラーもこの方の作り方には目を丸くすること請け合いです。是非みなさんもH5ワールドを体験してください。
  • 汽車をつくる
    ブログの主は30年前ぐらいから存じ上げています。さらに共通の友人もイッパイ!!ただ、ヘボ職人とはラベルが違う達人のお一人です。貨車関係の技術的アプローチなど楽しませていただいております。
  • 汽車好きクラーケン
    冗車会会長のクラーケンさんがブログ開始です。汽車好きなんてカワユイ名前ですが、中身は・・・これからのお楽しみ。
  • E.NUKINAの60's鉄道模型コレクション
    古い物、特に鉄道模型社の話題でお付き合いしていただいています。奥が深い世界にドップリと浸かっておられるお方のホームページです。
  • イヌゲージ鉄犬
    このページは禁断のページです。(爆)っと咳をするイヌフルエンザがうつる可能性があります。行く場合は心してください。なお、その件に関する苦情は一切受け付けません。^^
無料ブログはココログ